フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ボーフォータン山塊・駐車場で既に満足(≧∇≦)

記事にアップできないまま時間が過ぎてしまった2月中旬に日帰りで行ったスノーシューハイキングです。


昨年の春に一度来たことのあるグラニエ村が出発地点です。前回は雪降りたてでトレースもない足ズボズボの林道を延々3時間以上歩くという苦行のようなスタートでした。今日はそっち方面には歩きません(^▽^;)


天気は朝のうち少し曇り、昼前から晴天の予報です。そして雪崩危険度はちょっと珍しい5段階の1。しばらく雪が降っていないし、急激に気温が上がったとかもなく、非常に安定した状態です。


曇りってか濃霧でほとんど視界もないです。


村の教会。


村役場と小学校が一緒になっています。田舎ではよくあることです。


村を通り抜けると同時にパァッと靄から出ました。ピッカピカの晴天😻
朝は曇り、というのはここよりも下のもう少し大きな町の予報だったので雲を潜り抜けたってことなのでしょう。


上がってきた方向の道路を見て愕然・・・
既に本日最高のビューポイントであることはほぼ確実


村を見下ろして


正面はヴァノワーズ国立公園北部になります。立派なのは北部では一番高いモン・プーリ(3779m) ボーフォータン北部を歩くと大概、谷の向こう側お目にかかることが出来ます。


奥の空がピンクに染まっている辺りはロジエール山塊やグランド・ルース山塊。
ここや正面も含め、いずれもサヴォア県になります。
ほぼ真正面にはこのエリアでは規模の大きいラ・プラーニュのスキー場になっています。


道路わきから適当に野原を登っていきます。ここの斜面にはリフトがふたつ乗り継げるようになっています。リフトはわたしが車を停めたもう少し先から始まりますが、かなり簡素でそこまで目障りではないとはいえ真下を歩きたくないので少し離れた木の疎らに生えた森と草原の間のような斜面を登ることにしました。



きれいですなぁ・・・
この地点でまだ50mくらいしか登ってないんですが・・・
これが見れるんだったら「スノーシューのやつは低いとこウロウロしとけや」コースでもOKです(;・∀・)


谷の奥のロジエール山塊のピンク色も薄くなり普通の空色に馴染んでゆき、もうスペクタクルも終わりか・・と思っていた矢先。


ああっ、まだありました(;´∀`)
モン・プーリの後ろからお日様が~


お日様がどんどん昇ってきました。


わたしもどんどん登っていきましょう(;´∀`)


隣の山の広い稜線~もう少し上の少しずつ細くなっていく稜線を眺めます。というのも、ここはわたしの記念すべき初ソロスノーシューをした場所だったからです。稜線の一番先にあるギザギザの山はロワニェといって2995mのボーフォータン最高峰になります。ちなみにここまでは雪がなかったとしても稜線伝いには行けません(少なくともハイキングでは)。普通に歩いて行ける最終地点(2461m)まで行きました。

夏山としてしか見たことのなかったヴァノワーズの山々が雪を被った美しいパノラマを目にして雪景色のもつ特別な魅力に気付くことになりました。


ひとつふたつとシャレーの横を通りつつ登っていきます。


すんごい絶景なところにシャレー持ってる人いるんですね(@_@)




野原から再び森に入ります。


トレースがあるので何の疑問も持たずにそちらに歩いて行きます。地図上の山スキーコースともピッタリ一致しています。


また森を抜けました。十字架が雪に埋もれています。



次回に続きます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。