フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

撤退しても雪山ラーメンでご褒美

最後、頂上の部分約80mくらいが登り切れなかったロッシュ・ア・トマの中腹に下りてお昼ご飯です。


景色の良いところに陣取りました。


最近流行りの兆しを見せている「賞味期限切れグルメ」です。
里帰り時に日本で買って「これという山に登った日のために置いておこう・・・」と大事にし過ぎて賞味期限を過ぎてしまったカップ麺などがいくつもあります。案外賞味期限短いんですよね・・・


お・おいしいっΣ(゚Д゚) 汁がこってりしてるのがまたいいです。毎回だと飽きそうですが・・・特にこの日はちょっと寒かったので温まりました。


2、3日前に南仏のマイナーな山に遠征した帰りに買ったチーズとドライフルーツ入りパンも持って来ました。


わたしがご飯の準備をしている頃、3人組の若い山スキーヤーが下から登ってくるのが見えました。わたしがさっき初めに挑戦した岩場の手前で立ち止まり話をしているのが少し聞こえます。結構距離があるのですが、山ってやまびこというくらいで、話し声がよく響いて案外遠くまで聞こえてきたりします。特に前を歩いてたふたりが3人目に向かって大きな声で話しているうちはほぼ全部聞こえました。こんな内容です。
「これ、このあとどう登るんだ?」「トレースあんじゃん。スノーシューだけど。ここまで俺たちがついてきたのと同じ人のみたいだよ」「よし、スノーシューのやつに登れたんだったらいけるにきまってるな」
みたいな感じでひとりふたりとわたしと同じところから挑戦しているのが見えます。
わわ。どーなるんだろ。わたしには無理っぽくて諦めたけど、彼らだったらなんとかしちゃうのかな・・
間もなく予想されていたとおりのセリフが聞こえてきました。「ゲッ。こいつここで諦めてお尻で滑り降りてやがる!」「ここ急すぎるって。おれはやめとくよ」
あ、やっぱり怖いもの知らずのイメージの山スキーヤーたちにもここは危ないという認識なんですね。わたしが登れなかったのも当然か・・・


しかし、先を行ってたスキーヤーはそのままものすごい急斜面を登り始めたのです(゚Д゚;)
あとのふたりは待っとくという選択のようで、下から見守っています。

すげえ・・・
危ない・・気を付けてよ・・・と願わずにはいられません。
こういうスペクタクルを見つつの豚骨ラーメンでした💧


わ・・・ほんとに登った・・・


かなり時間をかけてだけど登り切りました。(´▽`) ホッ。
この先にさらにある岩場には興味がないようです。頂上を目指したいんでなく、この急斜面を滑り降りたいだけでしょうから当然です。


この後は彼のお楽しみタイムです。


しかし雪も硬くてガリガリなのによっぽど上手なんでしょうね。


下の方まで無事下りてきました。改めて(´▽`) ホッ


彼が急斜面を半分ほど下りたところでお友達はすでに出発していました。そこに合流する怖いもの知らずの彼。
あ~ドキドキするもん見せていただきました。。


さて、わたしもそろそろ腰を上げよう・・・
帰りは行きとは違う場所を通りたいんですが、ここら辺を行きと違うように下りるというのもひとつの選択。


それとも、さきほどロッシュ・ア・トマに「こっちがダメならあっちか」と反対側から登ろうと試みた時に進んだ方向のその先は窪みになっていて、地図を見てもそっちからも帰ることが出来そうです。その方が行きと全く違う場所を通ることが出来ます。前述のパターンだと、行きと似たような景色のところを歩くことになってしまいます。


そう決めたら、再びロッシュ・ア・トマの中腹のあたりを奥の方まで進みます。


これは振り返って。さっき挑戦した攻略法その2(いや、攻略できてないけど)の斜面が右手に。


無念のトレースが残っています^^;


はい、ここですよ。ここを下りて右手にさらに下りれば方向的にはOKなはずです。


これまた急ですな・・・


もう・・今日こんなんばっかりです💦


山スキー一人分のトレースがあるのみ。
急なのでジグザグ気味に下りかけたけど、ここはやっぱり・・・


お尻で一気に滑り降りました\(^_^)/
最後は傾斜が緩くなって滑らなくなり、スノーシューでドタバタと走り下りましたがかなり長く滑り降りられて面白かったです。


滑り降りてきた窪みは手前の岩に隠れて見えなくなってきました。



この回で最終回にしたかったのですが、ちょっと長くなりそうなので2回に分けることにしました。














×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。