フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

山小屋からプチ湖(2400m)へ

今からちょうど1週間前のハイキング記です。受験を無事に終えた長男も久々に参加して1泊の山歩きです。サヴォア県のタランテーズ地方、有名なヴァノワーズ国立公園の最北部に接しており、イタリアとの国境からもすぐです。


今回のお宿、リュイトール山小屋。夏山シーズン入りしているとはいえ日曜夜だったためか、宿泊客はわたし達3人だけでした。
お昼頃に山小屋に一度戻ってから駐車場に下りるつもりなので、荷物は置かせてもらってわたしだけ小さなリュックを持ち子供たちは手ぶらで散策にでかけることにしました。


行き先はこちらの小さな谷を上がっていったところにある湖です。こちらにはハイキングコース通りに行けて、コースを外れて30分ほど歩いたところにも別の湖がふたつあります。とりあえずコース通りに行ける湖に向かうことにしました。


ちょうど山の裏側からお日様が昇ってきて眩しい✨


緑が深いですが、高い木はなく、山ツツジ、ネズの実(ジュニパーベリー)、ブルーベリー、レザン・ドゥルス(”熊のブドウ”木の実のなる低い木)、あとは草花です。


緩やかでとっても歩きやすいハイキング道です。


常に川のすぐ隣を歩くので気持ちいいです。


川幅が少し広くなる場所もあります。日陰になっている時間帯が長い地点では雪がまだだいぶ残っています。


ちょっとアドベンチャー気分が味わえる岩々地帯になりました。
このあと、ちょっと無理なくらいアドベンチャーっぽくなってきて、というのも川の右側と左側に道があったのですが、気が付くとメインでない方の道を歩いていたようです。雪で見えないところでメインの道を見失っていました。雪融け水で水量が増した川をこわごわ越えて反対に移りメインの道に戻ることが出来ました(;'∀')


雪渓も人が歩いた跡があるので歩きやすいです。次男と春の終わりから何度か雪の多いところを歩きましたが、たいていトレースがなく道が分からないばかりか滑りやすくて大変なところが多かったので(アイゼン必須)、今回のようなところはとても歩きやすく感じます。


とはいえ、少し傾斜もあるのでツルツルと滑りますが、転んだところで危ないことはないのでさっさと進んでいく子供たち。
もうそこをちょろっと上がった所っぽいです。


わわわ。きれいΣ(゚Д゚)

プチ湖(Lac du Petit 2400m)です。


昨日行った湖よりもだいぶ氷が解けています。


長男と。この奥の峠、イタリアとの国境になりますが2705mと手ごろな感じだったので、うちを出る前には湖で子供たちを待たせてひとりで往復してこようかな、とも考えていました。それもあってアイゼン持って来てたんですけど、昨日の晩に調子が悪かったので(朝はほぼ良くなっていましたが)、今回は止めておこうと諦めました。アイゼンも山小屋に置いているザックの中です(^^;
10分ほど座って休憩したり写真を撮ったりしましたが、次のふたつの湖にも行くならあまりゆっくりもしていられません。この日はあとは駐車場に下りるだけとはいえ、翌日から日本に里帰りで朝7時半にはうちを出発の予定。そして荷物の準備は全くできていません(~_~;)いや、山行きの準備が優先になって。。なので、できるだけ夕方あまり遅くならないうちに帰りたいのです。3時間近くかかるちょっと遠い場所だしね・・


ふたつの湖に行くのに道はありません。前夜に管理人さんに聞いたら、まずそこの小高いところを越える必要があるようです。
そっちまでの地形の感じ、歩きやすそうかどうかがよく分からないので長男とふたりで様子を見るために登ってみることにしました。もし止めとこう、となったときにショックが大きいので😅次男にはすぐ下で待っててもらいます。


こうやって見ると人が歩いた跡っぽくなってるところはあります。


えーと、そこら辺の斜面にあるはずなんだけど。どこだどこだ、湖・・・


地図と見比べるとおそらくその窪み当たりのはずです。
そう大変そうではないけれど、山小屋まで即降りるよりは1時間以上は余計にかかるでしょう。わたし的には行きたいし体調も回復してるので長男に聞いてみました。そしたら「うーん、僕はもう昨日と今日で湖二つ見たからもういい。もしお母さん、行きたいんだったら山小屋で待ち合わせしよう」と言われました。見に行きたいのと同じくらい、早くうちに帰って今回の山行きの荷物も片づけて日本行きの荷物も準備したいという気持ちも強いため💧今回は諦めて3人で山小屋まで下りることにしました。


次男を待たせているのですぐに下まで下りました。他の湖に寄らないことで余裕が出来たのであと少しだけここでゆっくりすることに。


わたしひとりだけ意味もなく別の小高い丘に(;・∀・)
そこに浮いている雪というか氷は今日明日にでも融けてしまいそうですね。


水切り大会が開催されましたが、石不足で😅すぐに終了💦


合計30分くらいは湖の畔でゆっくりしました。そろそろ荷物を置いている山小屋まで下りたいと思います。


最終回に続きます。


































×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。