フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

同僚S君と頂上ランチ&下山編

同僚のS君と中3日で近場のタイユフェール山塊の最高峰ル・タイユフェール(2857m)にやって来ました。1700mの駐車場から休憩(5分くらい)込みでジャスト3時間でした。稜線の部分ではアップダウンもあったし、わたし一人だともっとゆっくり歩いてるはずです💦
ちなみに、雪の少なかった2017年元旦にソロで周回したのと全く同じコースです。S君は初めてだそうです。


だだっ広い頂上にはいくつものケルンと鉄製の可愛い像があります。聖エロワといって炭鉱夫や鍛冶屋の守護聖人です。この地方がかつては鉛の炭坑で栄えたことに由来しています。


👇冬に来た時


誤差は50m強(;´・ω・)


お天気はいいし、気温も高いんですが風がきつい!
こういう風よけがいくつも作られてあったので、一番良さそうなのを見繕って中に入りました( ̄▽ ̄;)


椅子まであります✨


今日は調理系のものはなしです。


S君持参のサラミは激ウマ(゚д゚)! 食いしん坊かつグルメなので食材のセレクションは信頼できます💕生ハムは薄く切るのは難しいのでちょっと厚切りになりましたが15か月熟成のスペイン製で深い味わい(*´ω`)


ひとりで頂上に到着したハイキング客の兄さんがいたので挨拶しました。S君も挨拶・・だけではなく、食事にもご招待します(^^;


お言葉に甘えて少しだけ・・という兄さん。今から山を下りて友達のうちに遅めの昼ごはんを食べに行くそうで軽くつまむだけでした。そういや、まだ11時過ぎなんですよね。


デザートにはマドレーヌと板チョコ(左の包み)。


・・・とS君が持って来てくれたリンゴです。
ゆっくりとご飯を食べることもできたし、そろそろ下りようか・・・


頂上からの景色も名残惜しいですがお別れです。北エクランの美しい山たち・・・


あれ・・その手前にあるのは・・も、もしやっ!?Σ( ̄□ ̄|||)


👇うちに帰ってから確かめました。やっぱり、2週間前の日曜日に最後まで登れなかったロシャイユ(3022m)です。

2週間前の写真。冬になる前にリベンジしたいと思っています(-_-;)


こちら側に下りていきます。行きはプチ・タイユフェールを含む稜線伝いに歩いてきたのですが、谷に直接下りようと思っています。


先ほど歩いてきた稜線。


下り初めに小さなお子さんをふたり連れたご夫婦が。お子さん達はグズりかけています。
ガンバレ、頂上までもう少しだよ!


ザレ場の華、レノンキュール・デ・グラシエ。色んな色があります。


セレスト、ワスレナグサ、サクシフラージュ、タブレ


こんなところをひたすら下りていきます。


水溜りみたいな湖いくつかを通過します。


👇同じく2017年元旦



ちょろちょろと流れるミニ滝


で、また上り(;´・ω・)


わたしが遅いので待ってくれてます💦


峠(パ・ド・ラ・ミーヌ)に到着しました。



稜線をぐるっと回って下の湖に寄って帰るつもりです。


グングン下りていきます。


ブルフィエ湖に着きました。しばし休憩です。湖の水で頭を濡らすS君。


ジョンシアン・シャンぺートル


湖から少し上がったところに小屋があります。


👇2017年元旦に来た時の写真です。

元旦にすればとても少ない雪です。が、この1週間か10日後にどっさりと積もりました。


まだ登るのか💧


ひとしきり上ると、あとは緩やかな下りです。


また帰りにラズベリーをつまみ食い(^^;


ブルーベリーの葉が紅葉してきているのもありました。


頂上では思いっきり誤差があったのですが、駐車場では完璧に誤差なしってのはどういうことなんだろう。。



S君とのタイユフェールハイキング記はこれでお終いです。S君とは・・なんと昨日の日曜日もご一緒しましたΣ(´∀`;) 3連チャンです💦



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。