フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

またまた同僚S君と(゚Д゚;) 次男も一緒にお山へ

先週の土曜日。仕事場で顔を合わせたS君がそわそわと聞いてきます。「明日はどこか歩きに行くの?」「次男とグラン・ガリビエに行こうと思ってる」「僕も一緒に行っていい?」「いいけど・・わたしたちあんたみたいに早く歩けないよ。次男とふたりの時はいつもダラダラだよ!」「じゃあブラッスリー(頂上のこと。そこでみんなお昼を食べるので)で待ち合わせでもいいやん」「一緒に行く意味ないって」「ウソウソ。ちょこちょこ止まって待つし」
そんなわけで何と3回連続で一緒に山に行くことになったS君。家族状態ですやん。。


S君ちに4時57分に到着。
彼とふたりで行くなら「5時!?早過ぎっ!6時にしよう」って説得してくるはずですがわたしと次男との山行きに乗っかる形になったため、出発時間については異議なしでした。 おまけに「5時だからね?5時10分じゃないよ?」とわたしにくぎを刺されたS君(だっていつも10分くらい遅れるので)、今回はなんとたったの3分遅れで降りてきました(^▽^;)


高速を出て通る初めの町、サン・ミッシェル・ド・モリエンヌでS君が「あ~っ、車停めて!」と言います。パン屋さんでした。1分くらいで出てくるかと思ったら他にお客さんがあったわけでもないのに10分近くかかりました。なにやらいっぱい買っています(@_@)「いや~おいしそうな珍しいパンやお菓子が色々あったから」いかにもS君らしいです(^^;)


リヨンから約2時間、テレグラフ峠直前の山道で日の出が見られました。駐車スペースがいい感じのところにあったので車を停めてしばしスペクタクルを楽しみます。


最近一眼レフデビューしたS君。もちろん山にはカメラ持参です。同じく一眼レフを持ってる次男はいつも重たいという理由で山にカメラは持って来ないんですが、今回はハイキングのあとにフランスで最も有名な峠道路のひとつであるガリビエ峠を通って帰ることになっているので(少し遠回りにはなりますが高速代は行きよりも安くつく)峠道路に来るカッコいい車を撮るためにカメラを持って来ています。


ここ1年ほどで数回通過しているテレグラフ峠。S君はこの辺りに来たことがないらしいので周りの峠道路やスキー場やハイキングコースなどについて解説(バスガイドのごとく(^^;)しつつ運転します。


峠を越えると県道は緩やかに下ってゆき、スキー場として有名なヴァロワールの町に到着します。ここでS君「おれさ・・大事なもの忘れちゃったんだよね。お店開くの何時だろう」「えっなに?」「肝心の・・ワイン忘れちゃったんだよぉ(T_T)」食料品店は8時か8時半といったところでしょうか。今7時半にもなっていません。。


8時開店、と書いてあるお店の中で作業中の人の姿が見えたのでダメもとでアタック(・・;) ちなみに7時22分です💧

ドアをコンコンして店員さんに「ダメですかねー?もし無理なら、どっか他にワイン買える店教えてもらえないですか?ハイキングに行くのにワイン忘れちゃって」「・・・仕方ないわね」


苦笑いされつつ売ってもらいました( ̄▽ ̄;) 他に板チョコ(なぜか製菓用。。「これがおいしい!」そうで)、酒のつまみにするクラッカー菓子もついでに買ってました。
優しい店員さん、ありがとうございました💕


最終駐車場だと思い込んでいたところからさらにもう少し車で進めるということを前回来た時に知ったのでそこまで車で上がってきました。・・・が、石ころだらけ、穴やガタガタだらけで時速10キロも出せないひどい道でした。
8時ごろ路肩の広くなったところに車を停めました。S君が先ほど購入した菓子パンで朝ご飯です。


わたしはこれをいただきました。クロワ・ド・サヴォア(サヴォア十字)というプリオッシュにカスタードクリームが入った菓子パンです。ふんわりと優しい味でほっこりしてしまいました。
それはそうと、問題が・・・あのー。めちゃくちゃ寒いんですけど!?
ワインを買ったヴァロワールの朝の天気予報の最低気温は4度。ここはヴァロワールよりもさらに400mくらい標高が高いので更に寒いと覚悟して来ていますが・・天気予報見ない大人がここに一人。ズボンもひざ丈だし(;´・ω・)


寒すぎて高山植物の薬草で風味を付けた強いお酒「ジェネピ」で温まろうとするS君(+_+) わたしにもひと口分けてくれました。


少し奥に泊まっていた車が2台ゆっくりと走ってきました。霜がいっぱい貼り付いていますΣ( ̄□ ̄|||) ブルブル💦


歩き始めは8時半ちょっと前。とても寒いけれどピーンと張りつめた空気が気持ちいい✨


こういうの見るのも久しぶりです。


ああ~、愛しのブルーベリーちゃんにも霜が降りちゃってます(;´Д`)


ワタスゲが咲いた水溜りも表面が凍っています(+_+)


「ほら見なよ、あそこまで行くと日向に出られるよ」とS君。確かに日陰と日向では暖かさが全然違います。


日陰から日向へ✨


急に景色が天国のように見えてきます💖
いや、寒くてもきれいなことはきれいんですけど。。気分的な問題で(^▽^;)


黄色く枯れた草が霜を被って初秋というよりは晩秋のような色合いです。


日向に出ても「うう~・・寒い」とフードを被ったままの次男(;'∀')


ひとりの男性ハイキング客が猛スピードで後ろから歩いてきたので、挨拶だけ交わしました。この人とはこの日のメインイベント「グラン・ガリビエ」の頂上付近で再びすれ違いました。


そこそこの幅のある小川のこの辺りで分岐になっています。ここからすぐのセルス湖行きのハイキング道と、最寄りの峠、ポンソニエール峠方面とにです。グラン・ガリビエに登るには後者の峠にまず行く必要があります。


斜面をトラバースする形でどんどん峠に近付いてきます。


着きました。ポンソニエール峠(2613m)です。


ここはGR(代表的な大きなハイキング道) も通っているポピュラーな峠ですが、この後グラン・ガリビエまではコース外になるので看板はこれ以降ひとつもありませんでした。


峠から今来たのと反対側に見えているのはグラン・ラック。「大きな湖」という気合の入っていない命名です(;'∀')


次に続きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。