フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

子供たちと初めてのテント泊(先週末)

先日ダイジェストで報告した先週末のハイキング記です。ハイキングというよりかは今回はテントで寝ることがメイン。出発したのも土曜の午後だったので手っ取り早く標高の高いとことから歩き始めることが出来る峠道路から出発することにしました。


目的地はオート=ザルプ県のグラノン峠(2413m)です。サイクリストさんの姿もちらほら。うちから3時間半近くかかるかなり遠いエリアなのですが、「重たい荷物を背負ってあまり歩きたくないので既に標高の高いところから出発」「テントを張るのに良さげな湖に簡単に行ける」「到着までに森を通過する、もしくは湖の近くに森がある(=焚火をするための木を拾える)」という条件で有名な峠道路を含んだハイキング地図を色々見ていてたまたま見つかったものです。もっと近くでも他にあっただろうけど、新たに色々探す時間ももったいないのでそのままこちらまで来ることにしました。


峠道路や風光明媚な山道などに立ててあるサイクリストさん用の道しるべ。峠までの距離、現地点の標高と傾斜が記されています。


峠の寸前にアルペン猟兵(山岳地帯専門の部隊)の軍事施設がありました。


グラノン峠に到着。2413mとかなり高いのですが、峠までの道はアスファルト舗装されているものの、峠から反対側の道は未舗装のため、峠道路としての役割をちゃんと果たしていないとして、標高ランキングからは外されています。


土曜日で週末とはいえ、夕方の5時なので今頃到着する車はいません。帰っていく車は何台かありました。


この日はお天気はまあまあなものの、ものすごく風がきつかったです。あまりの寒さに「キャンプするのやめて車の中で寝袋で寝ようか。。」と本気で思ったくらいです。


ブルブル。。準備はできましたか~!?



夕方5時過ぎに出発です。クリストル湖とウール湖とあります。


クリストル湖からだと森がかなり近くにあるので焚火のための木を拾うのが簡単そうです。


アルペン猟兵さん達の建物が。ほんと、いいところに建ってますね!


寒いけど、テント泊が楽しみでならない男子ふたり(*‘∀‘)


緩やかな斜面を登っていきます。


凹んでる地点が峠なので、そちらに向かいます。


ススキみたいなフワフワの植物がピンク色に。風になびいて幻想的な雰囲気でした。


立派な山はグラン・タレヴァ。登れないっぽく見えますが、ちょっと裏に回り込んだらいけるみたいで、この峠を左手に少し下りたところからハイキング道が出ています。


峠の手前にまず分岐があり・・


エピローブ・ア・グランド・フルール(オオアカバナ、でしょうか?)


峠に到着します。


相変わらず寒い・・・巾着袋のような男子二人💦


反対側に下ります。そう、100mほどだけ登って(距離はちょっとありましたが)300mほど下ります(^▽^;) まぁその代わりに明日朝登ることになりますけど・・・
しばらくして水溜り的なものは見えてきますが、目的地の湖ではありません。次にもうひとつあるのですが、それも違います。湖の多いエリアなのです。


峠から下りてくると、ハイキング道の右も左もブルーベリーだらけでした(≧∇≦)


湖に着く前から枯れ枝集めに余念がない焚火名人(とそのアシスタント)。


標高が低くなるにつれ、ポツンポツンと木が時々あるので、周辺には小さな木の枝が落ちています。


わたしは食べられそうなキノコ(多分ボレかセップ)を見つけました。


木の枝を拾いつつ、大事に持って歩いてたんですが、万が一違うやつだったら今晩山の中でお腹痛くなったりしても困るので食べませんでした(^^;)


目的地の湖に到着しました。残念ながら風は収まっていません。谷の奥から吹いてきている感じです(;´Д`)


すんごい綺麗😻 
風のないところを探さなきゃ・・・


風さえなければ湖畔の平らな草の地帯にテントを張りたいところなのですが、少し水際から上がったデコボコになった地形のところで、テントをふたつ張れるだけの平らな地面がある所を探します。もう7時になるので急がなきゃ・・・


若干傾斜があるものの、なんとか岩というか引き抜くことのできない石のない地面を確保できる場所があったのでテントを広げだし始めました。ピカピカしてるのはエマージェンシーシートです。地べたに直接テントを張ると湿っぽくなるので敷いています。


もう一つのテント用には大きなビニール袋を開いてガムテープでくっつけたものを利用(翌朝撮影でしっかりと水蒸気がくっついているのが分かります)。十分に役割を果たしてくれました。


ギリギリな感じですがこんなもんですよ。。
子供たちに組み立てさそうと思ってたのに、二人が木の枝拾いから帰って来ないので仕方なくわたしが二つとも大急ぎで組み立てました(;'∀')


テントの前から。湖との距離感はこんな感じです。


子供たちが枝拾いから帰ってきました。
元々風があって気温も高くないため結構寒かったんですが、お日様が沈んできてかなり辛い寒さになってきました。はやく焚火をしよう~!!


次に続きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。