フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

バスクでの休日 1日目

有給1日使って日曜~水曜にかけて仏南西部、バスク地方に住む古くからの友人のところに遊びに行ってきました。 
行きの移動の様子だけ日曜日に現地から投稿しましたが、一応簡単に最初から(^^;


前日土曜日の午後仕事の後にでも出発したかったんですが、あいにく便がなく日曜午前も直行便はなくてパリ経由です。前回と同じくエールフランスのローコスト、「HOP!」で。


リヨン~ビアリッツは1時間強なのですが、リヨン~パリの1時間強+パリ~ビアリッツの1時間強という残念なフライトです。南西方向に向かうのに北上してから南西に向かうという全然エコロジーじゃないことになりました。
アルプス山系が綺麗に見えていました。


パリからビアリッツに到着します。海と山(といってもそんなに高くない)が近い辺りは日本のようです。


ビスケー湾(フランスではガスコーニュ湾と呼ばれます)を旋回しつつ空港へ。
かなり曇っています。


この日の天気予報はフランス中ほぼ全域で晴れだったのですが、スペインとの国境辺りだけ天気が悪いという・・・そしてわたしの滞在中のお天気は全体的に曇りと雨がほとんど(;´・ω・) バスク地方、フランスではブルターニュ地方と並んで雨が多いことで有名なのですが、そのとおり毎回あまりお天気には恵まれていません。


ビアリッツの空港には友達が迎えに来てくれました。小さい空港で、友達のうちからは車で15分ほどです。


お家に着くと、飼い犬のチキータちゃん(ボーダーコリーの雑種、雌の2歳)が迎え入れてくれました。めっちゃ飛び掛かってきます(^▽^;) わたしも会うの楽しみにしていたので嬉しい♬


覚えててくれたんかなぁ・・?いっぱい遊ぼう(#^^#)


友達には息子さんと娘さんがいます。台所の一角にはサラミを吊るすコーナーが設けられています(;'∀')


もうすぐ12時になろうとしていたので荷物をおろして早速アペリティフタイムです。
当然わたしの足元にスタンバイのチキータちゃん。


わたしを迎えに行く前からオーブンに鶏肉を入れてくれていました。
控えめな位置で鶏を観察するチキータちゃん。


わ~い✨
いただきます💕


チーズとチョコレートをお土産に持って来たので、デザートに早速チョコレートを。


心配していたお天気ですが、曇っているものの雨は降っていません。車で5分ほどの海岸へみんなでお散歩です。


お天気良くないし寒くて遊具も濡れてるのに小さなお子さん連れの方が多くて驚きました。お疲れ様です・・・昔子供たちが小さかったとき、冬に公園のベンチで震えながら座って待ってたことを思い出しました(^_^;)


休みの日はいつも山ばかりに行きますが、海もたまに来るといいものですね。


波を見ていると落ち着きます。


落ち着く・・というかまぁちょっと荒れてますけど(^▽^;)
大西洋なので波が高い日が多いのです。ビアリッツはフランスではサーファーの集まるメッカになっています。


早速お友達を見つけたチキータちゃん。


しばらく一緒に遊んでいました。


砂のゾーンが多いのですが、時々細かい石のところもあります。貝殻を探す友達の娘さん。


いろんな色の石や貝殻が混じっていて見ていて飽きません。てか前回来た時はなかり本気できれいな石を探しちゃいました😅


帰りには少し青空さえ広がってくれました。このまま晴れるの?と思いきや、うちに戻るなり雨に。助かった・・・沿岸部のため天気の移り変わりが激しいようです。


肌寒いので薪ストーブに火をいれよう、という友達。


幸せ✨


娘さんも暖かいところで学校の宿題を始めました。


なんとバスク語の宿題らしい(゚Д゚;)
お父さん(友達)に教えてもらっています。
バスク地方では必須科目なんだとか・・・



2日目に続きます(^^♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。