フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

S君とAちゃんとで雪の上でピクニック♡

今月半ばに同僚S君と山友Aちゃんと3人で出かけたハイキング記です。
標高1500m台の村を出発して、2556mの山頂を考えていましたが一昨日昨日に降った雪で1歩1歩が重く、思うようにさっさと進むことができません。おやつ休憩したときに二人と相談しもう少し手前にある2449mの高台になっているところを目指すことに変更しました。


足長な3人の影。右からわたし、S君、Aちゃんです。
楽なところに変更した割には最初に登りきらないといけない急な斜面があって、ヒーヒー言いながら高くなっている部分にまず到着したところまで、前回書きました。いや、まだ山頂じゃありませんよ(^-^; これで、晴れて代理案の山を目指せるわけです・・・


まずはAちゃんが先頭きってラッセルします。続いてS君。


1歩1歩深くはまるのでまさにラッセルする感じです。


しばらくしてトップをバトンタッチ。わたしが栄誉ある先頭です✨ S君が撮ってくれていた写真です。


斜面が急になって来ると同時に積雪量も増えてきなかなか進まなくなりました。同じところでズボズボともがいている感じです💧


S君が今度はトップバッターです。アルピニストでもあるAちゃんの提案「アルピニスム式に歩く順序を交代しながら登って行こう」通りです。


しばらくしてまたAちゃん、そして最後はまたわたしが先頭です。これもS君撮影の1枚。


せっかくだから自分が先頭で歩いてるときに頂上に着きたいのですが、今日も偽頂上に騙され続けます😓左のようなところをどんどん上がっていくと(苦労して)、右のような続きの部分が現れます_| ̄|○
それでも、ようやく・・・


きりの良い高台、プラン・プラダン(2449m)に到着です\(^_^)/
登りはじめ(今回の記事の初めらへんの地点)から1時間15分ほどかかりました。おやつ休憩のときに下から見た感じでは30~40分で登れると思ったのが大幅に狂いました(^-^;
わたしはサヴォアの白ワイン、アプルモン、Aちゃんはロワールの赤ワインを持ってきました。


スノーシュー外すと膝まで沈みます💧


Aちゃんの車のキーホルダーのテントウ虫雪まみれ(;´∀`)


わ~い\(^_^)/
3人でセルフィー✨


雪から飛び出た岩とかなかったので、S君がエマージェンシーシートを広げました😅
ビール好きなS君が普通の店には売っていないどっかの地ビールを2本持ってきましたが、冷え性のわたしは暑いときか暖房が効いたところでないとビールは飲めないので遠慮しました(;´・ω・) サラミは2か月ほど前に訪れたジュラ地方の大好きなお店のもの。


右からAちゃん、S君、わたしのコップ。面白いことに、全部どこかのオリジナルです。Aちゃんはこの夏アルピニストのお兄さんとエクラン国立公園の4000m級に登頂しましたが、その時に前泊した山小屋オリジナルのコップ。S君のはボーフォータン山塊の麓の村で8月に開催されたフェスティバルのもの、わたしは春にバスク地方に遊びに行ったときに訪れたハム祭りのコップです(^▽^;)
Aちゃんのピンクのコップの色が雪に映って綿菓子みたいに見えます(*´ω`)


気圧でパンパンに膨らんでたポテチ(わたし持参)の袋にバランスを崩して尻もちついてしまい、パーーンと破けました( ̄▽ ̄;) こんな意外な裂け方をしました。


この日の3日前にも一人でスノーシューしたんですが、その帰りに買ったボーフォール、そしてずっと前に買って食べ時を完全に過ぎて攻撃的な味になってきたルブロッションチーズを持ってきました。ふたりがジェットボイルを持ってくるというので(ひとつでもいいんだけど、二つあったほうが早く沸くね~ってことで)、その分わたしが少し重い目になるように意識して色々持ってきました。


Aちゃんがこないだ山グッズ店でセール中だったから買った、というインスタントフード。一袋だったので3人で少しずつ味見しましたが、Aちゃんがちょっとお湯をたくさん入れ過ぎた&風が出てきて超寒くなって、こらえきれずに5分のところを3分くらいしか待たずに食べたので芯がちょっと残るスープパスタといった感じでした(-_-;)


いいもの持ってきたのよ、とAちゃん。近所のスーパーに売ってるらしいインスタントお味噌汁。


そういえば去年の今頃Aちゃんとふたりでヴァノワーズ国立公園でスノーシューしたときもインスタントお味噌汁を持ってきてくれたんです。別に普段から買ってるわけではなく「日本人だからきっとお味噌汁は喜ぶだろう」と思って買ってきてくれてるみたいです。日本に1度2週間の一人旅をしたことがあるS君もお味噌汁は好きだそう。美人なだけでなく気も効く素敵女子Aちゃんです💕


で・・なにこれ?
なんか場違いな可愛いタッパーあるけど。。
S君が子供のころお弁当箱などとして使っていたタッパーらしい・・物持ちいいにもほどがあります💦


で、中にはS君が昨晩調理したという焼き豚みたいなものΣ( ̄□ ̄|||)


山歩き中はチョコレートが欠かせないS君持参のトリュフと板チョコ。
他にAちゃんが前日に焼いたというチョコレートケーキもあったんですが、もう寒くて寒くて(風が厳しかったです)そんな優雅にデザート食べてる余裕はなく、さっさと出発準備に入ります。


エマージェンシーシートが風でパタパタなって畳むのが非常に難しい💦


寒すぎるので出発前に薬草酒ジェネピ(S君持参)をくいっとやります。


Aちゃんが張り切ってすごい勢いで下りて行きます。わたしも、と思うのですが下りでも雪がすごくて思うように進みません。


もっと苦労していたのはスノーシュー初心者のS君です。夏山ではわたしの1,5倍の速度で歩くので置いて行かれてはぜーぜーいって付いていくのですが(;'∀')


傾斜が緩やかになったあたりでは3人揃って歩きました。


S君撮影。


行きに乗ってみた馬さん(薄っぺらい鉄板です)にまたがるAちゃん。帰りということで行きとは反対を向いてポーズしてます(^^;)


もうお日様が山の後ろに隠れてしまいました。朝は10時台くらいにやっとエギーユ・ダルヴ(3つのとがった山)の左端の猫ちゃんの頭みたいなやつの隣からお日様が上がってきたのでした。冬至の3日前という、とっても日の短い時期でした。


平たいところまで下りてくるとS君が元気を取り戻して先頭へ。


そうやって先頭を歩きながら撮ってくれてた写真。


行きに歩いたところよりも効率よく短距離で降りたいのでトレースないところを歩く羽目に。。最後の最後にまたズボズボです。


右を見上げるとポツンと木が。


まもなく村まで戻ってきました。


大活躍のスノーシューたち✨


帰りは目が疲れたというAちゃんに代わってS君の運転です。


わたし持参のマドレーヌにS君持参の板チョコを乗せて食べる🎵甘々&カロリー高過ぎですが、山歩き中と山歩き後は何を食べても太らないということにしています(≧∇≦)


Aちゃんちに寄っておやつ休憩です。山で食べられなかったチョコレートケーキ(中は半生でやめられない止まらないのおいしさ💦)、それにフレーバー緑茶をいれてもらいました。Aちゃんとは会うのが数か月ぶりだったのでもう少しおしゃべりしたい気分でしたが、忙し男子S君が今晩ふたつも予定があるというので30分ほどでおいとましました。


Aちゃんちの前から。シャンベリーの町はずれの高台に住んでいるのでいい眺めです。
停めさせてもらっていたS君の車でリヨンまで1時間強のドライブです。
夕刻でしたが渋滞もほとんどなく8時前には自宅に送り届けてもらうことができました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。