フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

再びグルノーブルの病院へ

先日の記事「みよんが立った(^^♪」にたくさんのお祝いコメントをいただいてとても嬉しく思っています。ほんとうにありがとうございました。この場で色んな方と交流し、励ましていただき長い治癒・リハビリ生活の元気の素となっています。


右足首は軟骨の損傷、と軽度の骨折であったため治癒も早くリハビリに入ることができましたが、左足首は複雑骨折(今は開放骨折というそうですね。折れた骨が皮膚を突き破った状態😓)だったため、まだまだ時間がかかりそうです。


先日自宅近くの病院に診察に行った際に外科医に「よそで手術を受けた患者は診ない」と言われ(予約時に電話でちゃんと説明していたのに)、他の病院やクリニックに電話をかけまくりましたが「うちでは診れない」または「予約が1か月半以上いっぱい」という返事_| ̄|○ 仕方なく手術&入院していたグルノーブルの病院に舞い戻ることになりました。事情を説明すると早い目(電話から1週間後)に予約を入れてくれました。


みよんは立った・・んですけど、左足は相変わらず絶対に地面に着けては行けないので(~_~;)相変わらず車椅子のお世話になっています。
・・・なので最近お願いしている看護タクシー会社に来てもらいました。予約が10時20分なのに「9時に行きます」と。うちからその病院までは渋滞なしで1時間15分くらい。「ちょっとギリギリじゃないですか」と言っても「大丈夫です」


9時5分前に来てくれましたが、環状線に入ると早速の渋滞・・・
あれあれ、2車線しかないのにその真ん中を走っていますΣ(゚Д゚)


そのあと順調、というか追い越しぶりから見るとかなりのスピードで飛ばしてグルノーブル近くまで来た時に大渋滞。事故があったようです。2車線とも全然動きません。で、路肩をグングン走る:(;゙゚''ω゚''):


シャルトルーズ山塊のすぐ麓。グルノーブルはもうすぐです。お山に行くときに2回に1回は通る道だけど、ここら辺を走るときはまだ真っ暗なことがほとんどです(^▽^;)


市内に入ってもそこそこ混んでいて、サイレン鳴らして赤信号無視&道を譲ってもらってほぼ時間通り・・かと思ったら、リヨン近郊の病院は知り尽くしている介護タクシースタッフもグルノーブルの病院は初めてで救急車&介護タクシー用の入り口が分からずに少し時間をロスして10分ほど遅れで到着です。途中病院に連絡をして「大丈夫ですよ」と言われていたのでそんなに焦りませんでしたが運転がちょっとドキドキでした(;'∀')


わ~懐かしい(*'▽')退院して5週間半です。その時はまた来ることになるとは思っていませんでした。。


壁がハイキング地図のエレベーターも懐かしいな( ̄▽ ̄;)


わたしを手術してくれたお医者さんを待つ間に、自宅から持ってきた抗凝固剤の注射を看護師さんに打ってもらいました。いつもは訪問看護師さんが打ってくれるのですが今日は来てもらえなかったので・・・


レントゲン写真を見てもらい、あと6週間後に来てください、と言われました😞
あと6週間このメカを付けとくなんて~~
2本折れているうちの太い方(脛骨の付け根の辺り)は大体いい感じにくっついてきてるんですけど、細い方(腓骨)は素人のわたしが見ても「えっ?」と思うほどずれてくっついてきちゃってるんですね・・・ずれてるので、くっついてる面積が狭いので時間がかかりそうなんです。
お医者さんは「俺ちょっと失敗した」とは言わず(当然)、「良くなってきてる、完璧じゃないけど」とお茶を濁したような言い方でした。
わたしとしてはこのずれてるのがとても気になるので、今の時点でもう一回はずして!?ちゃんと付け直すという選択はないのかとも聞いたんですが「これでもいけるかもしれんから、様子を見る」ということでした。


病院の駐車場。ベルドンヌ山塊が美しいです。ちなみに今いた病棟も「ベルドンヌ病棟」という名前が付けられています。エレベーターのハイキング地図ももちろんベルドンヌ山塊のものです😅


はーーっ。あと6週間・・・
昨日はうちに帰ってもガックリで家事もあまり出来ずに、退院したての時のように洗い物なんかも子供たちにお願いしてしまいました。



さて、フランスの峠道路シリーズ。標高1位から始まって前回は標高4位、わたし的には一番美しいと思うガリビエ峠でした。今回は標高5位のイゾアール峠です。


ツール・ド・フランスにもよく登場するイゾアール峠は標高2360m。オート・ザルプ県のブリアンソネ地方とケラ地方とを繋ぎます。昨年秋から積雪のため閉鎖されており、除雪作業が進んでいます。来週前半には再開通の見込みだそうです。


冬の通行止めの時期のイゾアール峠。左奥の窪みがそれです。画像の中心に写っているのは創業19世紀のナポレオン山小屋。
冬季最終駐車場からスノーシューで森の部分から登り、山小屋の辺りで道路に合流、峠まで行き山小屋でお昼を食べて道路を通って下りました。2017年12月撮影。


峠から少し上がった展望台から北(ブリアンソネ地方)方面を見下ろして。2018年8月撮影。


同じく、ナポレオン山小屋の少し手前。峠道路が閉鎖される数日前に来た時はカラマツが暖かい色合いに色付いて美しかったです。このあと悪天候であっという間に数十センチの雪が積もったそうです。


ナポレオン山小屋(Refuge Napoléon)。
ナポレオン3世の時代にオート・ザルプ県の5つの峠に作られた旅籠で現存する2軒のうちのひとつです。


峠道路がオープンしている時期(約5か月間)と冬季のバカンス時にも山スキーヤーやスノーシューのハイキング客向けに営業しています。
入り口には歴代ツール・ド・フランスのイゾアール峠を含んだコースの勝者の写真が。


温かみのある内装、ご飯もとっても美味しかったです。もちろん宿泊することもできます。


峠のシンボルである大きな塔。先ほどのニュースの画像の除雪車の後ろにもこの塔が写っています。夏には観光客やツーリング客、サイクリストさん達で賑わいます。


峠からブリアンソネ~エクラン山塊方面。右は8月に来た時の夕暮れ時。気温9度、強風でものすごく寒かったです。一気に3枚くらい着こみました(^^;)


ツール・ド・フランスのコースによく組み入れられるだけあり、斜面の勾配を記した看板が。南側(ケラ山塊側)の方が傾斜がきついことが分かります。


2017年度のツール・ド・フランス第18日目には峠としては珍しくゴール地点に設定されました。


峠から秋色に色付くケラ山塊を眺めて。


峠からケラ山塊側に下りると不思議地帯になっています(;゚Д゚)


ケラ山塊側から峠に向かって走った時。サイクリストさん頑張れ~(^^)/


峠道路のブリアンソネ地方側の終わりに近い部分。カラマツの森の中を道路が抜けます。気持ちいい!


ほぼ同じ場所か、その少し前くらいの冬の景色。写真の左下の端に道路の部分が写っていいます。
ここに限りませんが、同じ場所の夏と冬の景色の違いを見るのは大好きです(#^.^#)



今日も最後まで見ていただいてありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。