フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

新しい山友・Bさんと頂上へ

9月に次男と、その1週間前にハイキング中に知り合ったBさんという方と3人で1泊ハイキングをした時のお話です。


まずは、峠っぽくなっているところを目指します。常に急な斜面ばかりです。
Bさんはすぐ麓の町にお住まいなので、このロニエという山にも何度も登ったことがあるそうです。


最後の稜線にアタックする直前にBさんが言いました。「僕は狭い稜線が苦手なんだよ、少し遠回りになるけど左側をぐるっと回って登るから、君らは怖くないんだったら稜線から登ればいい」
この山には4年前に1度登ったことがあり、裏側から登ってこの稜線から下りてきました。確かに、下りるにはちょっと怖い稜線でしたが、登る分には問題ない程度だったと思います。わたしと次男はこちらから登ってBさんとは頂上で待ち合わせをすることにしました。


見上げると気が遠くなるような急な斜面ですが、実際にはちゃんと足を置ける岩や、いい感じに掴める岩があってそこまで大変ではありません。


でも確かにすぐ横が絶壁なので、高所恐怖症の人は気分が悪くなるタイプのコースかもしれません。わたしも登るのに集中していたので、一番怖いところの写真は撮っていません(^-^;


幅の狭い稜線を登り終えると、しばらく普通の上りになります。
振り返って。


頂上は秒読みです。


着きました、ロニエ(Pointe de Rognier,2341m)頂上です。
地味な(メジャーでない)頂上に立派な十字架・・・というのが4年前の記憶でした(;^_^A


立派な十字架だけでなく、周囲の山の説明やここベルドンヌ山塊に見られる野生動物の説明まであります。こんなものはフランスの山の頂上ではめったに見ることがありません。


ほぼ同じアングルで4年前に撮った写真を・・・
👇

5月だったので、残雪のある山々が美しかったです。
美しいのはいいけど、苦労させられたのも事実です(^-^;
👇

裏側から登ってきた、と書きましたが、頂上周辺は雪が多くて時間がかかりました。


さて、先月の話に戻ります。

カッコいいお姉さんふたりとボーダーコリーちゃんが登ってきました。可愛い😻
Bさんがまだ到着しないので次男とおやつを食べて待っておくことにしました。


アジア食品店で購入のカラムーチョです。
コイケヤ・ヨーロッパ(本社はベルギー)の商品です。先日、コイケヤの商品がベルギー製だったと書きましたが会社の住所はベルギーですが、ベトナム製でした。


65g入りと少ないです💦
二人で食べるとあっという間になくなってしまいました。


カラムーチョがなくなると同時にBさんが到着しました。
お姉さん方も交えてしばらくこの近くの山の話などをしていると、別のハイキング客がやって来ました。そんなに広い頂上ではないのでわたし達はそろそろ下りるとしよう・・・


わたしと次男は登ってきたのと同じ稜線から下りることにしました。Bさんはやはり遠回りのコースで下りるそうです。


下り始め。
登るのより下りるほうが怖い急斜面なので慎重にいこう・・・


最終回に続きます。
お読みいただいてありがとうございました。



超地元人・Bさんと山歩き

9月のお話です。1週間前にハイキング中に知り合ったBさんという方と次男と3人で避難小屋泊ハイキングをしました。


Bさんも次男もまだ寝ているので、そーっと小屋を抜け出してマジックアワーを楽しみました。向かいに見えるのはシャルトル―ズ山塊を代表する山のひとつ、グラニエ。
山肌が白っぽく見えるのは、雪ではありません。山が主に石灰岩でできているためです。


Bさんは、このすぐ麓の町にお住まいなので、地元過ぎてこの避難小屋に泊まるのは初めてだということでした。
珍しく、コーヒーではなくスパイス系ハーブティーを準備中です。


山小屋(避難小屋・営業山小屋)泊でもテント泊でも、朝一番の空の色、空気を楽しむため大抵、人より早く起き出しています。


ちょっと小屋の周辺を歩こうかと思ったら、足元がこれでした( ̄▽ ̄;)
とても軽いので飛行機のアメニティに入っていたスリッパを小屋内の上履きとして持って来ています。


昨晩、暖炉をつけたのでチーズやサラミ、バターは外に出しておきました。地べただと野生動物に食べられてしまうかもしれないので、洗濯紐に括り付けておきました。以前、小屋の前に袋に入れて置いていたチーズを夜の間に何者かに(多分、キツネか山小屋の犬か…)食べられた経験があるので注意しています。


次男とBさんが起きて話している声が小屋から聞こえたので、小屋に戻って朝ご飯にしました。


真夏と違って、朝ご飯用にバターを持って来られるのが嬉しいです。


朝食後、荷物をまとめました。
小屋内に箒がないので、木の枝でざっと掃き掃除する次男。ほんとに箒の代わりになっているのかどうかはよく分かりませんが(^▽^;)


快適な滞在をありがとう、プラチエール避難小屋。


少し高いところから見た避難小屋。


小屋からすぐの斜面を歩き始めたBさんと次男。
放牧の牛さん用の電気柵が見えています。



この日の行き先は少し迷いました。真向いに見えているグラン・ムーランも候補地のひとつでしたが、わたしは2度、次男も1度登ったことがあるので、その左手にあるお山、ロニエにしました。


2016年夏、子供たちとグラン・ムーランに登ったとき👇


長男が撮ってくれた次男とわたし。次男、ちっちゃかった〜😆


ロニエに登るためには、一度峠まで下りないといけません。


峠周辺は緩やかな斜面でした。


気温が高い目で遠くの山がかすんでいるのは残念…それでも峠からはモン・ブランがうっすらと見えました。


今から登っていくお山、ロニエのコースをザッと説明するBさん。わたしは前回、反対側から登ってこちらから下りてきました。


峠以降、岩岩したところが増えてきます。


ブルーベリーがまだたくさんあります。でもBさんを待たせるのが気になって、ほとんど食べられませんでした。


石がザラザラで登りにくいです。


一番厄介だったのがこのサラサラの土の斜面です。石ころ以上によく滑ります。



だいぶ登ってきました。
この山はわたしは以前に一度登っていますが次男は初めて。ちょっとアドベンチャー感がある山なので楽しんでいるようです。


2日目午後編に続きます。
お読みいただいてありがとうございました。



避難小屋にスペシャルゲスト登場

9月に次男と出掛けた避難小屋泊ハイキング記です。
実はこの日、ある方と現地待ち合わせをしていました。


1800m台の牧草地にあるプラチエール避難小屋前の水場。
大抵の避難小屋は、水場または小川が近くにあるので、便利です。


避難小屋にて待ち合わせをしていたのは、この前の週末にハイキング先の湖で出会った現地に住む60歳前くらいの男性、Bさんです。午前中は予定があって昼過ぎに出発する、とのことで夕方になって避難小屋にやって来ました。
地元過ぎて、ここら辺にいくつもある避難小屋には一度も泊まったことがないんだそうです(^-^; 
しばらく次男も交えて小屋前のベンチで話していました。次男が「ねえ、暖炉があるけど夜は火を入れる?」と聞いてきます。


避難小屋の暖炉。木のストックは小屋の外にほんの少しの薪と、暖炉横のこれのみ。
少しは火が起こせそうだけど、ストックを使い切ってしまうのは気が引けます。


避難小屋には一輪車が備え付けられています。次男が先ほど一人で少し散歩したときに、木がいくらか落ちている場所があったので、集めてきてくれるそうです。


放牧の牛さんたちの視線を一斉に集めて帰還の次男(;^_^A


最後はガタガタ過ぎて一輪車が使いにくいので手で抱えて持って帰ってきました。
常に注目を集めている次男。


次男とBさん。


雲の多い午後でしたが、日が沈むにつれ天気が良くなってきました。


3人でベンチに座って変化し続ける空を眺めていました。


そろそろ晩ご飯にしましょう。
9月上旬だったので、7時過ぎでこの明るさでした。
サラミはボーフォール(チーズ)入りのものと普通のものと。


Bさんもサラミやチーズを持って来ていたのでお互い味見し合うことに。
Bさん持参のサラミを切っている次男。



シャルトル―ズ山塊に日が沈みます。


メインにはステーキを持って来ていました(^^♪
わたし達にとってはごくごく普通のことですが、フランスでは山に肉を持って来て焼く人はあまりいないので、Bさんにびっくりされてしまいました(^▽^;)


次男が火を起こしてくれました。
薪ストーブや焚火の火起こしは何度もしてるけど、暖炉は初めてという次男。
でも、考えてみたら暖炉って、ほとんど室内焚火みたいなものですね( ̄▽ ̄;)


上手く火が安定しました。太い木はないのでこまめに木をくべ続けます。
30分ほどでしたが、狭い小屋なのでこれでだいぶ暖かくなりました。


10時半の空。もっと遅い時間の方がしっかりと暗くてお星さまがよく見えるのかもしれませんが、他の人も一緒だと、夜中にゴソゴソと起き出すのは気が引けるので寝る前に観察しただけで我慢しときました。


屋根裏というか中二階というか、寝床です。傷んでたけれど、マットレスがありました。
手前に私と次男、奥にBさんが寝ました。9月の避難小屋だとそんなに寒くないので、夏用シュラフで大抵は大丈夫です。標高の高いところや、建付けの悪い小屋だと分かりませんが…


2日目に続きます。
お読みいただいてありがとうございました。