フランスで山歩き

仏リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

山スキー&ロードバイクの鬼カップルんちに招待された

「レべチな人たち」としてブログに度々登場している友人Mさん、Fさんカップルのおうちに、友人Oさんと共に晩ご飯に招待されました。


Mさんはスキー・アルピ二ズム(山スキー)の女子スプリント部門の現ヨーロッパチャンピオンで、先月行われたロードバイクのふたつのヒルクライムレース、7月末のトレラン大会でも優勝していますΣ(´∀`;) Fさんは最近はレースにはほとんど出ていませんが、Mさんと同じかそれ以上の体力・テクニックの持ち主です。


Oさんは何度も来たことがあるという二人のおうち。
かなり山奥にある集落です。
車を停めて・・・「ほら、ここ」
えっ、でもこれって教会よね(◎_◎;)?


あ、違った、その隣の建物だそうです。
郵便受けもありました。
でも教会と何となく繋がってる感じ💦


門から入ると、おお、生活感ありました。
でも建物の形といい、以前は教会の一部だったんじゃ??という疑問が消えません(;^_^A
ほら、上の窓なんて、昔はステンドグラスがはまっていたのでは、という形をしています。
MさんFさんカップルには残念ながらそこのところ、聞くのを忘れました。


Mさんが出迎えてくれました。
しばらくおうちの中でおしゃべりをした後、「ねえ、わたしの鶏たちを見たい?」と鳥小屋に連れて行ってくれました。


うわΣ(´∀`;)
めちゃくちゃいっぱいいる・・・
玉子には困らなさそうですね。
「わたしの家庭菜園も見て行ってよ」とMさん。


黄色いラズベリーを味見させてくれました。
普通のよりも甘くて、酸味が少ない気がしました。


ニンジン引っこ抜き中のMさん。口にする野菜や果物の大半は自分で育てたものなんだそうです。山スキーにロードバイクにトレランにと国内(&ヨーロッパ)トップレベルのMさんの健康管理には、食べ物の質も大事なポイントなのかもしれません。
それ以前に、土いじりが大好きというのが伝わってきました(*^^*)


わたし達が到着したときに、Mさんがオーブンに入れたキッシュ的野菜のタルトが焼き上がりました。


Fさんがテーブルの準備を進めます。


生春巻きはわたしが作って持って来たものです。


野菜タルトの付け合わせは完熟トマトと黄色いインゲンのサラダ。


お庭に置いてあるバーベキュー台で焼いたソーセージ類。
友達や親戚で集まって、お庭でバーベキューはフランスの夏の定番です。


最後にチーズ。
どれも地元のチーズです。手前の半球体は山羊チーズです。地元の農家が作っているそうで、こんな形のものは初めて見ました。


デザートです。
麺棒にしか見えないかもしれませんが😅Mさんの故郷、スロバキアの伝統菓子なんだそうです。クレープのような生地に、レーズンや蜂蜜を混ぜたフレッシュチーズを入れてくるくるっと巻いてあります。


帰り際に、Mさんが「これ、わたしのお古なんだけど、よかったら」とサイクリングシャツなどをプレゼントしてくれました✨
ご利益あったらいいんだけど(≧∇≦)


地元丘陵地サイクリングをしたときに、早速サイクリングシャツを着てみました(*´▽`*)
Mさん、ありがとう💖


お読みいただいてありがとうございました。

グラノン峠下りてピクニック&午後の部

今年のツールドフランス第11ステージのゴール地点になったグラノン峠に登った時のお話です。
こんなに可愛くない峠道です。
👇

ヒルクラム専門サイト「Alpes4ever アルプ・フォーエバー」よりお借りしました。
平均9,3%が12㎞続く恐ろしい峠道なので、今までチャレンジできずにいましたが、今回この峠で行われるヒルクライムのレースに出る友人カップルに「車両通行止めになるから、またとないチャンスだよ」とそそのかされ、レースが始まる前に一足早くに友人Oさんと一緒に登ったのでした。


最近この辺りの2,3の峠に新しく作られた立体的な看板(オブジェ)前にて、マイバイクを記念撮影。


峠では20分ほど休憩というか散策しました。
先月のお話なんですが、結構寒くて上着を着ています。
わたしもサイクリング用の上着は持っていなくて、ハイキング用のを着ていましたが、Oさんはもっとひどいです。自宅で寛ぐときの上着です。サイクリング歴が長いのに、なんかテキトーです・・・


最初に、峠のすぐ下にある軍事施設を通り抜けます。


こうやって見ると、別に急な感じはしないんですけど、ほとんどの部分が9~10%です。
少し前までは、とっても舗装状態が悪かったんですが、ツールドフランスが通るということで初夏に大急ぎで工事してかなり綺麗になっていました。ただし、あまりにひどかったところが直されただけで、全ての部分が上の写真みたいにツルツルなわけではありません(^-^;


ひとつ上の写真の地点で振り返った景色。
「もう一回登れと言われても無理だな」という思いです。


走って登ってくる人達とすれ違いました。
ヒルクライムのレースだと書きましたが、トレラン部門もあるのです。スタートは自転車よりも早くに設定されており、コースも少し違うみたいでした。


麓の村が近づいてきました。
そろそろロードバイクのレースがスタートしている頃だと思うので、適当なところで止まって友人たちを応援したいと思います。


やって来た✨
強者たち✨カッコいい💖
Oさん「うわっ、ジャニー・ロンゴだ!」
大勢のサイクリストさんに混じって、少し年配の女性が黙々と漕いでいます。
サイクリング歴が短すぎて&自転車レースに興味があんまりなくて、恥ずかしながら全然知らなかったのですが、フランス女子サイクリング界でもっとも有名人、現在63歳でもちろん引退されていますが、50歳の頃、まだトップレベルだったんだそうです。
皆さんが登っていかれたのを見送って、駐車場まで下りました。


しばらく駐車場近く(スキー場の一部)で休憩していると、MさんFさんカップルが戻ってきました。


Mさんは女子部門優勝だったそうです💖
57分とか言ってたかな?
相変わらず、カッコいい😻
「いやー、ジャニー・ロンゴが参加してたから、さすがに緊張した」と言ってました。
Fさんはあまり調子が出なくて、タイム的にMさんとほぼ同じ、つまり男子としては上位入賞はできなかったみたいでした。それにしてもすごいカップルです。


「で、みよんのタイムはどうだった?」と聞かれたので「1時間20分(うち上着脱ぎ休憩4~5分)」と答えると、参加するのに決まりとかはなくて(誰でもエントリーできる)、一番遅かった人は1時間40分くらいだったから、君も参加したらよかったのに、と言われましたたが、そこまで差があると、あんまり参加する意味ないかと(参加者の9割以上はかなり上級レベルの方たちです)💦💦


スキー場を少し登って、ピクニックにしました。


鶏肉入り穀物サラダ、スイカとメロン、チーズやサラミにパン、ヨーグルト、板チョコ。
写真には写っていないけれど、桃とネクタリンもありました。


たまたま通りがかったハイキング客の方に4人揃った写真を撮ってもらいました。


そこら辺にいくつか割いていた、クロッカスに似たコクリューシュというお花。
クロッカスは春に咲くけれど、こちらは夏の終わりから秋にかけて見かけます。


その後、カフェに入ってFさんがみんなに飲み物をご馳走してくださいました。
ピクニックのものは主にわたしとOさんで準備したので(二人は前日から現地入りしていた)、お礼なんだそうです。


OさんとFさんが「暑いねー。水浴びしたくない?」と言い出し、数キロ先にある、川を広げて池にしてあるところにやって来ました。
写真はわたしの自転車とFさんの自転車。


サイクリングパンツのままずんずん池に入っていく男子たち(;''∀'')
わたしは水際で太ももまで水浴び・・・


間もなく、Mさんは表彰式があるから、Fさんも付き合うということで二人はサイクリングの出発地点の村に戻ると言います。
Oさん「どうする?見に行く?」
わたし「それよりかはサイクリングしたい」


行き先の選択肢はあまりなく、約22㎞先のロータレ峠にしました。
反対側(ブリアンソン側)に進むと、標高的に下がることになるし、スキー場周辺になることから、お店や貸しアパートの類の建物が多くて景色的にもあんまり面白くないんです。
写真はほぼ峠の1㎞ほど手前です。


同じ地点で振り返って。
お水を持ってくるのを忘れたOさんが、どっかの川で水をくむのに少し道路を離れたみたいで、付いてきていません。少し待ちます。


雪崩除けのトンネルみたいなものを抜けた辺り。


着きました、ロータレ峠。


正面にはガリビエ峠(2642m)への道路が出ています。
今日はこっちまで登る元気はありません(;^_^A


カフェで一休みすることにしました。


わたしはレモンシロップ水、Oさんはオレンジーナ。
おやつに持って来ていたドライフルーツでエネルギー補給です。


ロータレ峠からの下り始め。
駐車場からの往復で44㎞、獲得標高は718m。
ちなみに、グラノン峠は23㎞、1030mでした。


お読みいただいてありがとうございました。



グラノン峠登ってみた

グラノン峠(2413m)は、今年のツールドフランスの第11ステージ(7月13日)のゴール地点になりました。峠というには、一方からしか登れず反対側は未舗装なばかりか、軍隊車両以外は通行禁止になっており、下りることが出来ません。そのため、峠道として機能していないとして、標高の高い峠道リストからは外されています。
ちなみに2413mは、フランス国内で4番目に高いガリビエ峠(2642m)と5番目のイゾアール峠(2360m)の間に位置することになります。


車では何度も行ったことがあり、とっても綺麗な場所であることは分かっているのですが、恐ろしく険しい山道なので、今までチャレンジする気が起こりませんでした。
👇

ツールドフランス関係のサイトよりお借りしました。
実質的な山道の部分は11㎞ちょっとと、特に長くはないものの平均9,2%です😱
このブログによく登場するふたつの短いけれど険しい峠道・ノワイエ峠(7㎞、平均8,6%)グレーズ峠(5㎞、平均9,9%)足して2で割らずに、繋げた感じです😂


ノワイエ峠にしても、グレーズ峠にしても、その手前の山道も含めて、足つきなしで登れますが、峠に到着するときには毎回死にそうになっています。なので、このしんどさがもっと長いのは無理だ・・・と思って避けてきていたんですよね。


だって、これですよ!?
しつこく、別のサイトに載っていた傾斜の説明
👇

ヒルクライムの専門サイト「クライム・ファインダー」より。こちらには平均9,3%と書いてあります。麓の村からの高低差は1059mのようです。


それが、少し前のブログに書いた「レべチな人たち」カップルがそそのかしてきました・・・グラノン峠で行われるヒルクライムのレースに出るので、それにわたしや友人Oさんも出んか?というのです。
は??
登れるかどうかも分からない峠道のレースに参加する??
あり得ません🤣🤣
「君の最近の感じだと、余裕で登れると思うけど」とわたしに最近サイクリング用ボトルをくれたFさんが言います。「なんとか登れたとしても、死にそうになってる初心者が、レースに出るのはおかしい」と頑固に拒否するわたしにFさん、「でもこの日はレースの時間帯は車が通行止めになるんだよ。登りやすいから、レースの少し前にでも登ったら?」と妥協策を提案してきました。Oさんもレースはどっちでもいいけど、登ったことがないからせっかくなので、車が走っていないこの機会に登っておきたい、と言います。


そんなわけで、レースの始まる2時間ほど前に出発することにしました。
写真は麓の村の駐車場です。
FさんMさんカップル、特にMさん(女性)は上位入賞を狙っているので、前夜から現地入り、ホテルに泊まっていました。ふたりとはレース後に会って一緒にお昼ご飯を食べることになっています。
これは8月の話なんですが、寒かった朝で、久しぶりに長袖の上着を着ての出発になりました。ちょっと肌寒い、くらいなら漕いでるうちにすぐ暑くなるのは分かっているから、我慢して半袖で出発しますが、あまりにも寒過ぎました🥶


相変わらず、ヒルクライム中の写真はありません。
分かってはいたけど、きつい坂道です。でもツールドフランスでは、ここに登る前にガリビエ峠にも登ってるんですよね(;''∀'') 


森の部分を抜け、日向を漕いでいるとさすがに汗かきかきです。
上着を脱ぐために足つきしたのは、最後の集落を抜けた1900m弱の地点です。
服を脱ぐという名目でしたが、ホッとしたのは言うまでもありません(;^_^A


深く考えずに、いつもより厚い目の上着(全然サイクリング用ではない)を着てきてしまいました。腰に巻こうかとも思いましたが、Oさんが自転車のハンドル周りに巻き付けた方がいいと言います。しかし、巻き付け方が下手過ぎて、このあと立ち漕ぎをする時に邪魔になりました😓でも2回目足つきするのは嫌なので、このまま峠まで登り切りました。


峠に到着です。

しんどかった💦💦


峠では、もうじき開始されるレースの準備が進んでいました。


わたしのLOOKと、OさんのCANYONと。
途中まではほぼ同じスピードで走っていましたが(森の部分はわたしの方が早かった)、最後にダッシュをかけたOさんが2~3分先に到着しました。
車を停めた地点からだと、1時間20分(うち上着脱ぎ休憩数分)でした。
Mさん達は56分とかだったみたいです(レべチの極意ここにあり)・・・


さて、峠周辺はとっても景色が良いので、せっかくなのでウロウロしてみたいと思います。
マウンテンバイク用のビンディングシューズなので、まあまあ歩けるのです。
Oさんは普通のロードバイク用のシューズだけれど、慣れているので結構普通に歩いていました。


ハイキング中の写真、と言ってもおかしくない景色です。


峠のすぐ手前には、軍事施設があります。
アルペン猟兵(かつてイタリアとの国境を監視するのに設けられた山岳エリート部隊)が訓練するのに時々滞在するそうです。


鷲のカッコいいロゴは、正面にあるセール・シュヴァリエのスキー場のマークです。
その岩のテーブルみたいなところに・・・


鳥観図がありました。


一枚撮ってもらいました。
峠に着いた時は汗まみれでしたが、風があり寒くなってきて上着を着ています。


さて、この日のおやつです。
可愛いのが出てきますよ~


どないですか?これ😁
マジパンなんです。つまり、アーモンドとお砂糖なので、カロリー高くてサイクリングにぴったりです。
どんなことになってたかといいますとね・・・
👇

貰い物なんですが、こんな風に詰め合わせてありました。


箱も、フルーツや野菜を入れるような木箱をイメージした印刷がされており、可愛い😊
ちなみに、フルーツ味は付いていなくて、どれも同じ普通のアーモンド味です。


この突き刺さってるやつは、飾りで食べられないので要注意です(;^_^A
このように、まぁどうってことないマジパン菓子なんですけど、わたしの冴えないサイクリングおやつの中ではかなり可愛いので、ちょっと詳しく解説してみました( ̄▽ ̄;)
大事に少しずつ食べて、今ではふたつを残すのみになっています。


ダウンヒル、ランチ&午後編に続きます。
お読みいただいてありがとうございました。