フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

町中でヒルクライムしてみた

まだまだ9月中のハイキング記が溜まってるんですが、山の景色ばっかりで読んでくださる方も書く方も飽きてくるかと思うので(^-^; ちょっとリヨンの街並みを挟みたいと思います。


夏の間はほぼ毎週末ハイキングに出かけていましたが、ここ半月ほどではなんと一度だけ半日ハイキングに行ったのみで、あとは自転車ばかり乗っています。ただ、毎回遠くまで行く時間があるわけではないので、近場で登れる道路がないか考えてみると、市内には2か所、高台になっている場所があることを思い出しました。一つは旧市街地の真上にあるフルヴィエールの丘です。写真は旧市街地にて。


旧市街地の中心地、サン・ジャン(聖ヨハネ)地区。12世紀の建築(完成はもっとあと)サン・ジャン大聖堂の前で。ブログ記事にしようと思って撮ったわけではないので全体像がなくてすみません💦


人んちの前で😅
ブログ記事にする気がない割にはそれなりに写真がありますね(;^_^A
インスタしてるもので・・・



(登りでは写真を撮るために自転車を降りたくないので下りで撮りました)
サン・ジャン大聖堂の裏から、高台まで続く道路は、アルプスの峠道に勝るとも劣らない激坂、傾斜は平均11,50パーセントだそうです。
町中で十分にヒルクライム!?できるわけです(*^^*)


(これも下りで撮った1枚)
最近好んで登っている近郊の山道はどこも平均6~7パーセントくらいまで、最高でも10パーセントほどのところばかりです。しんどくなったら降りたらいいか~、と気軽な気分で登り始めたら・・・
こんな坂、電動自転車以外で登る人は少なくて(もちろんたまに本気の人はいます)、一応ロードバイクに乗っているとはいえ、ジーンズにタートルネックのおばちゃんがゼーゼー言って登ってると人目を引き、ツーリストや工事現場のおっちゃん達から声援が飛んできましたΣ( ̄□ ̄|||)
わたしは全然詳しくなくて、まるで分からないんですが、どうやらツール・ド・フランスの選手の名前らしいものをふざけて次々に叫んでくる人もあります。どどど、どうしよう、降りるに降りられなくなり、最後まで根性で登り切りました(;´Д`)


今まで何度もメトロ(というかこのラインはケーブルカーになってる)、や車、徒歩でも来たことがありますが、自転車で登る日が来るとはおもってもいませんでした(;^ω^)


高台にあるノートルダム・ド・フルヴィエール寺院。パリのサクレ・クール寺院と同じく19世紀後半に建てられた、ネオ・ビザンチン様式の教会です。


あっという間に旧市街地に下りてきました。
峠道と同様に楽しくダウンヒルできるかというと、通行車両もそこそこあるし、カーブも多く、そんなにスピードは出せませんでした。しかも最後らへんは制限時速30㎞(;^_^A


旧市街地にはルネサンス期の建築がたくさん見られます。パリなど、他の町よりも、圧倒的に多いそうです。リヨンはその当時、文化の最先端をいっていたイタリアと距離的に近いため交流が深く、裕福なイタリアの商人や銀行家たちがビジネスの拠点のひとつとして定期的に滞在するために建てた美しい個人邸宅がいくつも残っているのです。


おうちに帰って、こないだ郊外のアジア食材スーパーで初購入した日本のポテチを開けてみることに。湖池屋ですよ~!一流商品です(ただしベルギーが本拠地のコイケヤ・ヨーロッパのものでベトナム製)✨ 
ポテチは普段はお客さんが来たときか、山でしか食べないんですが(太りやすいお年頃なので)、自転車乗るとお腹空くし、まあいいだろう・・・


100gって少なっっ!
酸っぱいもの好きなのであっという間に食べちゃいました。ちょっとがっかりだったのは、確かに酸っぱかったけど、梅干を思わせる酸っぱさではなかったこと(^_^;)


同じ時にアジア食材スーパーで買った日本的なかぼちゃとサツマイモでケーキを作りました。粉少な目でしっとりしたタイプのものです。レシピには書いてなかったシナモンを入れてみたらドンピシャでした(≧∇≦) ナツメグでもよかったかも・・・
アジア食材店に行かなくてもカボチャやサツマイモ(の一種)は買えるのですが、なんか水っぽくてだいぶ違うんですよね。


平凡な日常の一コマでした。
お読みいただいてありがとうございました。
次回からハイキング記に戻ります。



夢の国からの帰還

夢の国、とは大げさに聞こえるかもしれませんが、両足首骨折(うち片足は脛骨、腓骨ともに複雑骨折)の大怪我で2年以上「あの山に、あの小屋にまた行きたい」と思い続けていた場所のひとつにカムバックすることができた喜びは中々言葉では言い表すことができません。


2泊した大好きな避難小屋から駐車場へ戻るのに越える峠で雲海に出会いました。
今まで来た3回とも、この峠を越えてるわけですが、毎回行きは駐車場を午後に出発、翌日の帰りにこの峠を越えるのも午後ばかりでした。雲海は午前の早い目の時間の方が出やすいので、今回初めてこんな風景に出会いました。


峠で羊さん達の見張りをしていた牧羊犬。
写真や動画を撮ったりして数分間休憩しました。それでは下りていくとするか・・・


のんびり草を食む羊さん達。
フランスではハイキングコースが放牧地を通るようになっていることがよくあります。牛さんや羊さんの群れに出会ったときは、できるだけ避けつつ速やかに通り過ぎるようにします。犬と一緒の場合はリードにつないで家畜を怖がらせないようにします。


茶色い子が少しだけ混じっていました。


峠の下では羊飼いさんとボーダーコリーちゃんが羊の群れを見守っていました。
挨拶をしたついでに、しばらくお話をしました。30代くらいの若い方で、もう少し下にある山小屋に夏の間滞在しているそうです。これを書いている今では、麓の村に下りていることだと思います。
ちなみにボーダーコリーちゃん、ブルーベリーをむしゃむしゃと賞味中でした😅


雲の中に突入・・・と思いきや、雲がわたしの歩く速度よりも早く下りていくので、いつまでたっても雲に入ることはありませんでした。


山小屋が2、3軒建っている地点。
このうちのどれかが先ほどの羊飼いさんが滞在している小屋のようです。


長ーい谷を下りていきます。


放牧、林業関係者など許可のある車が来ることができる道になっています。


エリカとブルーベリー。


標高が下がってくるとラズベリーがたくさんあります。


あとはひたすら長い林道を下りていきます。


途中で、林道をショートカットできるっぽい、行きには気付かなかった登山道に入りました。


延々と急斜面をジグザグ道が続き、不安になってきた矢先に木の間から青いものがチラリと見えました(*´▽`*)✨


行きとは違う薮の中!?から駐車場に到着ε-(´∀`*)ホッ


他に一台も停まっていません。来た時もだったけど(;^_^A


下山しつつ摘んだラズベリーとブルーベリー💖


ひどい状態の林道をゆっくりゆっくり下りていきます(^-^;


車に置いていた桃にむしゃぶりつきます(≧∇≦)


うちに帰ってラズベリーとブルーベリーの一部でジャムを作りました。


売ってるのよりずっとおいしいジャムになりました\(^_^)/
大好きなお山の景色を思い出しながら、子供たちにはハイキング中の出来事を話しながら味わいました。


長い長い2泊3日避難小屋泊ソロハイキング記はこれでおしまいです。
お付き合いくださった方、どうもありがとうございました。



また来るよと別れを告げ

一番のお気に入りの避難小屋にひとりで2泊してハイキングしたときのお話です。


いよいよ出発の時間が近づいてきました。
名残惜しく朝ご飯のコーヒーをお代わりして入り口から外を眺めます。


ここに泊まりに来たのは4度目になります。小屋前の朝の景色がたまらなく好みです。


荷物をまとめました。


ふたつある窓の雨戸を閉めます。
箒があるので、小屋内をさっと掃き掃除しました。


いよいよ出発です。
テーブルにカメラを置いてセルフタイマーで撮りました。
実はこのままカメラをテーブルに忘れて出発してしまい、数分歩いてから気付いてUターンしました(;^_^A


小屋前から見た峠方面。中央の峠を越えて一昨日のお昼過ぎにここにやって来ました。


あばよ、my別荘・・・
日本でも同じだと思いますが、避難小屋の状態は使う人のモラルによって左右されるし、どうしても少しずつ傷んだり汚れてくるのでボランティアのグループや、地元の村役場、狩猟会などの人たちが修理をしたり、時々大掃除をしたりしてくれていることが多いようです。
そういう方たちに感謝し、個人個人がきちんと使って、いつまでもこの素晴らしい場所が山が大好きな達たちの心休まる場としてあり続けることを心から祈るばかりです。


帰り道もブルーベリーだらけなので・・・


摘みながら歩きました、最初だけですけど。いつまでも摘んでたら永遠に駐車場に着きません(^^;)


ハイキング客がとても少ないようで、ほとんど誰にも出会わないし、道もはっきりとしなくてすぐに見失ってしまいます。この時も分からなくなって、多くの場所で適当に歩きました。


稜線から日が昇ります。


ところで・・・稜線の右側の凹んだところが一昨日越えてきた峠で、今もそちらに向かいつつあるわけですが、上の写真には入っていない、もっと左側にも峠があり、そこの部分で越えても、同じ谷(=峠の反対側の谷)に戻ってこられるんです。


今までにこちらに来た時も「へーっ、いつかそっちを通ってみたいね」とは思ったことはあるんですが、なにせ普通に駐車場に向かうだけでも結構遠いので、なかなか遠回りをする気になれないのが実情です。


しかし、この日はなぜかそっちからの景色も見てみたい気が強くなり、左側へと足が向かいだしました。


カッコいいギザギザの稜線です。中央の一番くぼんでいるところが峠です。
植物(ほとんどがブルーベリーとジュニパーベリー)が減って、岩と石だらけの世界になってきました。


少しずつ急になってきます。
近づきつつ峠の部分を凝視します・・・げげっ、とんでもない急斜面に見えます(;´Д`)
遠くから見るとそんな感じがするだけで、近づくとそうでもないこともよくあるんですが、この時はちょっと怖気ついてしまいました。なにせ、初夏にプロテーゼ(人工関節)を入れた足首に不安が残るし、今回はひとりだし人もほとんど通りません。それにこの辺りは全く電波がないので何かあっても助けさえ呼べません。


大人しく、元々の予定をしていた峠(写真の真ん中)へと再び方向を変えつつゆっくりと斜面をトラバースしていきました。無駄に遠回りしてしまったけど、安全第一です(^-^;


峠の少し前でハイキング道に合流しました。


峠まで秒読みです。


ふと振り返ると・・・


ずっと遠くが雲海になっています。
あれ、じゃあもしかしたら峠の反対側も・・・(ドキドキ、ワクワク)


ワンちゃんの鳴き声が聞こえてきました。稜線のすぐ手前に大きな白いわんこが座っています。


峠に到着~
ワンちゃん2匹(さっきの子ともう一匹)に迎えてもらいました✨
牧羊犬のようです。可愛い~デカい~💖
しかし、すごい雲海(≧∇≦)


今回で書き終えるつもりでしたが、ちょっと長くなり過ぎるので一度投稿します。
お読みいただいてありがとうございました。