randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

里山っぽい馴染みの山頂でおやつタイム&下山

ヴェルコール山塊北部のピック・サン・ミッシェル。一応2000m近くあるけれど駐車場から700mくらいの高低差でポピュラーなハイキングコースであることや、わたし自身が何回か来たことがあってお馴染みになってきたという意味で里山と呼ばせてもらっています(^^; 
自宅から1時間半ほどと遠くないしお手軽コースの割に見晴らしがいいので時間があまりないときやたくさん運転したくないときに最適です。


1700m台のアルク峠を経由して稜線に近い位置を登ってきました。


雪が全くなくて夏山そのもの、みたいな場所もあります。


振り返って。


後半100m弱は雪を避けて通ることができません。今日はスノーシュー持って来ていませんがこのくらいは覚悟していました。


気温が上がってきているので雪は柔らかく足がはまり気味です。


少しでも雪のないところがあればできるだけそっちを選んで歩きます。


稜線に近い辺りの部分の方が雪が融けていることが多いので端っこに近い部分を歩くことが多かったです。


もう一頑張りです。その岩のてっぺんが山頂になっています。


到着\(^_^)/


ピック・サン・ミッシェル(1966m)頂上。
ヴェルコール山塊の南の部分まで見渡せます。


北方面。眼下に広がるのはグルノーブルの町です。
奥は隣の山塊、シャルトルーズになります。この辺りまではギリギリ見えてますが、さらに遠い辺は気温が高かったせいか霞んでしまっていたのが残念でした。


すると3人組の男性ハイキング客が登ってきました。全員スノーシューをザックに引っかけています。「使いましたか?」と聞くと「いやー、なしで全然いけたね。帰りは雪の多いところわざわざ通ってみるとするよ」と(^▽^;) いやー、気持ちは分かります!


この人たちは一通り写真を撮るとまた下りて行ってしまいました。ほんの数分すると今度は男子二人組が登ってきました。

お、いいカメラで写真撮ってます。きれいな写真撮れるんだろうなー・・・
この人たちはしばらく山頂に滞在してサンドイッチやリンゴを食べていたのでこの近くの山のことなど話をしました。稀に見る低山男子?で会話に出てくる山はわたしが行こうとも思ったことのない低い山ばかり・・・返事に困りました(・_・;)


この日は朝寝坊したことやあまり朝お腹が空いてなかったので(滅多にないことですが)朝ごはん抜きで出発しました。峠でシリアルバーを食べただけです。遅いお昼ご飯に友達ん家に招待されているんですが、まだだいぶ時間が先の話ですのでガッツリ目の朝食兼おやつということで・・・


にゅう麺です(;´∀`)
揖保乃糸ですよ✨ ベランダで勝手に伸びてる青ネギも。


あとはコーヒーと前日に焼いたチョコレート入りバナナケーキです。


さて、お昼過ぎまでにうちに帰らないといけません。そろそろ下りようか・・・
あ、今度は男性がひとり登ってきました。多分70代くらいに見えるのですがスノーボードとスノーシュー引っかけてますΣ( ̄□ ̄|||) 


すれ違いざまに少し会話を交わしました。もうシーズンも終わりだけど雪の多く残ってる場所もあるし少しでも滑れたら、と思ってやって来たんだよ、とのことですぐ麓の町に住んでおられるそう。こんなに体力のあるまま歳を重ねることが出来るなんて素晴らしいです。


峠を通らずに近道で帰ることに。適当に下りていきます。なるほど、この斜面は結構雪あるのでスノーボードもできるかもしれません。


すぐ岩や木の多いゾーンまで下りてきました。


石垣みたいになった、しかし決して石垣ではない😅岩の間を下りていきます。


最後は雪のない斜面になってます。砂になっていて早く歩くと滑りやすくドキドキしました。雪のあるところばかり半年間歩いていたので普通の状態の山道をどう歩くのか忘れてしまったようです(;´・ω・)


最後は行きに通った森の入り口の辺りに合流。ハイキング客がぼちぼちいます。


山小屋レストランの横を通って駐車場までもう少しです。


そこら中に咲いているクロッカス、さっきは閉じていましたがお昼前になり全部開いていました。


駐車場から家族連れのハイキング客が歩いてきました。雪の上を歩きそうにない格好ですので、きっと山小屋周辺の草原でピクニックでもするのでしょう。


やれやれ。駐車場で靴を履き替えます。
スノーシューの時、特に雪が多くて土のところ歩きそうにもないときはハイカットのシューズ(しかし靴底は凸凹が少なく信用できず)を合わせていました。これは久々に履きました。すり減っていた靴底を先日替えてもらったばかりです。
👇

新品同様になりました(#^^#)


お昼過ぎに帰宅、すぐに友達んちに出掛けました。


アペリティフにはイタリアワイン。そのあとマコン近くの白ワイン。さっぱりしすぎてなく存在感のあるシャルドネでした。ワイン好きの夫婦のためいつもおいしいワインばかり出てきます。
旦那さんは日本食レストランのシェフをしているため、普通にはなかなか売っていない食材も購入できるのでいつもご馳走が出てきます💖この日はなんと、うな重❢
若いカブの柚子&昆布マリネは衝撃のおいしさです。味付けももちろんのこと、柔らかくてとてもおいしいカブです。これを売ってる生産者の方が来られるマルシェを教えてもらったので、ぜひ買いに行かねば・・・
デザートはパイナップルとオレンジ、手作りのイチゴのシャーベットでした。
ご馳走様でした💕




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。