フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

3週末連続の避難小屋泊ハイキング

先月、避難小屋に泊まるのが大流行していた時のハイキング記です。
前の週は18歳の次男が付き添ってくれ、地元に住む友人が避難小屋に合流してくれましたが今回はソロです。


出発地点の駐車場のハイキング客用の看板。
この日の出発地点は標高1600m台とかなり高い目です。


初めは林道をしばらく歩きます。


駐車場でも遠くからカラン・・コロン・・とカウベルの音が聞こえていたのですが、唐突に牛さんたちが林道のわきに佇んでいました。


かかっ、可愛い😻
肉牛として名高いシャロレーズの若い牛さん達でした。


ワンちゃん連れでテント泊しているご夫婦と少し会話を交わしました。
駐車場自体の標高が高いので、重たい荷物持ってたくさん登らなくてもテント泊するのにいい感じの場所に来られるのが魅力的なエリアだと思います。


後ろから「ヤ―、ヤ―」とドイツ語らしきものが聞こえてたと思ったら大学生くらいのカップル二組でした。なんと荷物はすべて男の子が持ち、女の子はふたりとも手ぶら( ゚Д゚)レディファーストにもほどがありますっ(羨ましい)



しばらく木の少ない視界の開けたところを歩いていましたが、このあと普通の森の中の登山道になります。


あまり面白いとは言えない森の中をひたすら登っていきます。
唯一の癒しはラズベリーです。この日も前の週やその前の週に続いていっぱいあるエリアでした。すべての山にあるわけではないんですよね、土壌とかが関係あるんだと思います。
ちなみにこの日歩いているのは、面積も狭くマイナー気味なタイユフェールという山塊です。


1時間半くらい登ったでしょうか。
これは振り返った景色です。視界が広がってきました。


これは向かっている方角の景色。日向になり始めて白っぽいお山が暖かい色にほんのりと染まっています。長くは続かない、朝の好きな風景です。


平たい盆地のような地形の場所に出ました。
あちこち、地べたが赤っぽくなり始めています。


ブルーベリーの葉っぱ。
緑から直接赤になることが多いのですが、たまにオレンジになっているのも見かけました。


ここは標高2000~2100mほどの広い盆地であらゆる方向にハイキング道が出ています。
地図に載っている正式なものの他にも、小さなものがいっぱいあるのでハイキング客は思い思いの方向を散策することができます。



湖がたくさん集まったエリアとして知られています。
これは一番大きなフーシュ湖。この辺りには夏に3回くらい、冬に2回ほど来たことがあります。ただし盆地の反対側の駐車場から来たこともあったし、こちらの駐車場から来た時も一度は後ろにある山の稜線に直接向かったので、今来たのとまったく同じように歩いてきたのはかつて1度だけでした。


休憩しとこうか・・・
泊りの時に使うオスプレーの38リットルのザックです。


まだ歩き始めて2時間くらいだけど、うちで朝ご飯を食べたのは6時前だったので既にお腹が空いています。おやつタイムにすることにしました。


インスタントカフェオレと、前の日に焼いたクランベリーと胡桃入りのチョコレートケーキでした。
20分ほど休憩しました。この日は避難小屋まで行って、午後は軽く周辺を散策するだけの予定なのでゆったりです。


荷物をまとめて歩き始めます。
フーシュ湖のそばにある小さな湖(池?)を眺めつつゆっくり進みます。


メインハイキングコース上にある湖のひとつ。
透明感にうっとりです。


ところで、この日泊まるつもりの避難小屋は今まで通りがかって中を覗いたり、小屋の前で休憩したりしたことはあるのですが、いずれも違う方の駐車場から来た時で、しかも小屋自体メインハイキングコースから若干離れていてちょっと見えにくい場所だったことを覚えています。最後に通りがかったのは雪のいっぱいある時で、3年以上前。こちらの駐車場から歩いて行って見つけることが出来るのかどうか、軽く不安だったりします(^-^;


小さなお子さんを連れた若いお父さんがいました。今到着したばかりで、今晩はここでテント泊する予定なんだそうです。大きな岩が風よけになるんだとか・・・


最後の湖。
正面にはモン・ド・ランス氷河やメイジュといった北エクランの高い山々が。


湖畔まで下りてきました。
左奥にはエギーユ・ダルヴやエギーユ・ド・ゴレオン。3500m前後のお山たちです。


一見必要なさそうなところが鎖場になっていました。
湖や小川で湿った土地なので、きっと寒い時期だと、凍り付いて危ないんでしょう。


どこに避難小屋があるのか分からなくなり(やっぱり)、この激坂を登りましたが、違ってすぐに下りてきました(;^_^A


地図を見ながら「ここら辺しかあり得んだろ」というところを5分ほどウロウロしていると見つかりましたε-(´∀`*)ホッ


ラ・ジャス避難小屋です。


正式にはベルジュリー(羊飼い小屋)・ド・ラ・ジャス。
標高2000m台になります。


1日目午後編に続きます。
お読みいただいてありがとうございました。



自転車とリヨンの町の日常風景

避難小屋泊ハイキングが続き過ぎるので、リヨンの街角の風景で一息入れることにします。
今月は自転車が大ブームなので(^^♪ 週末などまとまった時間がある時は近郊の丘陵地へ行くこともあるし、1~2時間でリヨンの町の坂道をコースに取り入れて自転車を楽しんでいます。


最近考え付いたいいコースを紹介します。
自宅から10分ほどでまずは市内北東部に位置するテット・ドール公園の正面入り口前に。
117ヘクタールという広大な敷地内には無料の動物園やバラ園、ボート遊びもできる池などがあり、市民の憩いの場になっています。


さて、公園には今日は用がないので、橋を渡ってローヌ河の反対側にある上り坂をアタックします。長さ800mほどの坂で、平均勾配10パーセント、最大14パーセントになるのでトレーニングには最適です✨
この坂を登りきると、クロワ・ルスと呼ばれる市内北部の住宅街に到着します。大きなマルシェが月曜以外は毎日(特に週末は店が多い)出ることでも有名です。


マルシェの出る大きな通りを走り、ソーヌ河側に下りる坂道をダウンヒル!?
途中で見晴らしのいいスポットで相棒を激写。
そのまま下り続けると、中心街に到着します。


ソーヌ河岸からすぐのところにだまし絵のある観光名所にもなっている建物があります。
有名なのは、リヨン出身の著名人がずらりと描かれた一面ですが、なんかの撮影をしていたので、違う一面で撮りました。


リヨン名物の料理や食材が描かれています。
書かれている名前はすべて実在するお店や生産者の名前です。


老舗ショコラトリーの名物ガトー「プレジダン」もあります。
料理書も、ポール・ボキューズやアラン・シャペルなどリヨンやその周辺のシェフやお店のものです。


撮影がほぼ終わりかけてたので、控えめにボキューズシェフと一枚撮らせて頂きました。


この日は全体像が撮られなくて残念だったので、以前に撮ったものを載せておきます
👇うちの子(デミたん)の写真ですけど、どっちかというと(^▽^;)

「星の王子様」の著者サン・テグチュペリや映画の生みの親リュミエール兄弟など歴史に名を残したリヨン出身の著名人がバルコニーに佇んでいます。
さて、このすぐ裏にいいお店があるので寄っておきましょう。


見た目もクラシックでおしゃれなパン屋さんです。
昔からここにはパン屋さんがありましたが、時々持ち主が変わり、今のお店になったのは1年前からです。お店の名前は、この歴史あるパン屋さんをリスペクトしてるのか、常に同じ「ブーランジュリー・サン・ヴァンサン(河岸の名前)」となっています。


クラシック風なタイルが敷かれている以外はモダンで清潔感ある内装です。
お菓子はともかく、パンまでガラスケースにきっちりと入ってお客さん側と完璧にコンタクトを絶ったディスプレイはフランスでは珍しく感じましたが、コロナ渦以降にできたお店なので、それも当然かもしれません。


色々なパンがあるけど、普通のバゲットも十分においしいのでこれを一本買って帰ります。


クロワッサン類もおいしいのよね・・・


お店の前に停めていた自転車にいそいそと戻ります。
盗難防止チェーンはつけてるけど、街中ではいとも簡単に盗まれたり車輪とか部品だけ外されて持って行かれたりするので気が気じゃありません(・・;)


エスプレッソも買ったのでおやつタイムにしました。
プチ・ヒルクライムしたからお腹が空きました(^^;)


このあと橋を渡ってソーヌ河沿いに下り旧市街地に入り、先日紹介したようにフルヴィエール寺院という高台にある教会に登り(勾配11,50パーセント)下りてきて、おうちに帰る、というのが短時間で行けて適度に上り坂もある楽しいコースで、さっそく2度行ってしまいました。また別の面白いコースを考えたらご紹介したいと思います。


お読みいただいてありがとうございました。



ちょっと怖い山から下山&ピクニック

先月に次男と、知り合って間もない友人Bさんと3人で山歩きをした時のお話です。


Bさんの地元のお山、ロニエ(2341m)に登りました。最後の稜線の部分は急で幅も狭いのが苦手というBさんは遠回りの別のルートから登り、下りもそのように二手に分かれて下りました。


次男もわたしもこういう場所は苦手どころかアドベンチャー感があって好きです。
でも慎重に・・・


Bさんの通る場所は途中からは稜線と平行しているはずなので、姿が見えるはず。次男と探してみます。


あ、いたいた!なかなかきれいな場所みたいで、下りはそっちを通っても良かったかな、と思いました。


Bさんと合流しました。


峠まで下りてきましたε-(´∀`*)ホッ


峠の向かいに丘のような低い山があります。この斜面の下の辺りでランチをすることにします。ブルーベリーの葉の紅葉が始まっていました。


代り映えしない手抜きピクニックです。
1泊ハイキングの2日目。4食目にもなると1日目のようにお肉やパスタは登場しません(^-^;


かっぱえびせんもどき(韓国製)がちょっと嬉しいポイントでした。


Bさんとはピクニックのあとお別れでした。わたし達とは違う駐車場から登ってきたのです。


ここから駐車場まで、昨日来たのとは別の道から帰りたいと思います。昨日は森の中が長いコースでしたが、こちらから下りると草原の部分が多くなるようです。


夏の終わりから秋の初めによく見られるジョンシアン・シャンペートル。


放牧の牛さん達が悠々と寛いでいました。


この貫禄✨
わたしの大好きなアボンダンス種のきれいな牛さんでした。


小さな池・・・
ここは覚えがあります。4年前に来た時に通りました。
写真を撮った記憶があったので、帰ってからグーグルフォトの中から探しました
👇

ほぼ同じアングルで撮ってました。
雪どけ最中の湖とクロッカスが美しかったです。


最後は林道を1時間以上歩きますが、日当たりのよい辺りではラズベリーがまたいっぱいありました。


毎回やってるけど( ̄▽ ̄;)


ラズベリーだけではなく、毒キノコちゃんも✨


なんとなくおいしそうに見えるけど全然分からないキノコ。
他にもいっぱいありましたが、食べられると分かっているやつ(自分でわかるのは3,4種類だけ)はひとつもありませんでした(;^ω^)


林道部分が長くて足首が痛くなってきたので、あと30分くらいだったと思うんですがたまらず休憩しました。


無事デミたんの待つ駐車場へ戻ることができましたε-(´∀`*)ホッ
お天気にも恵まれ、避難小屋もいいところで、北ベルドンヌを代表するお山のひとつにも登ることができていうことなしの週末でした。お付き合いしてくれた次男と新しい友人Bさんに感謝です。


お読みいただいてありがとうございました。