フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

セカンドオピニオン

今まで左足に刺さったままの固定器具のせいで、途中で診てくれるお医者さんが見つからなかったのですが、来週ようやく外してもらえることになったため、続きを診てもらえそうなお医者さんを探しています。
セカンドオピニオンというか、手術以来治療を受けている病院の外科医以外と初めてじっくりと話す機会がありました。


リヨン市内にある私立のクリニックの外科医に会いに行きました。公立の病院では惜しげもなく!?バンバン出してくれる介護タクシー代がここでは手術時以外は出ないそうです。奴隷は日本に帰っているので、夏休み中の友達に頼んで運転してもらいました。


駐車場から。
こじんまりとしたクリニックです。普段行ってる大学病院とは全然雰囲気が違います。


待合室からはリヨンの町のシンボルともいえるフルヴィエール寺院と鉄塔が臨めます。


40になるかならないかというくらい若いドクターでした。とても感じの良い方で、じっくりとこちらの話を聞いてくれる姿勢が嬉しいです。最近のレントゲンがなかったので(今週撮ったものは手術のためなので病院でストックされててわたしの手元にはない)「すぐ下の階で撮ってきて下さい。それを見てこの後もう一度話をしましょう」
それでしょ、そうでしょΣ(´∀`;)これがグルノーブルだったら「レントゲンの処方箋を出しますから、撮ってからまた診察の予約を取って下さい」って言われることは確実です。これで1週間2週間と無駄に時間が経つんですよね・・・


レントゲンは1階です。ぬぬっ!?待合室には奇麗なお山の写真がっΣ( ̄□ ̄|||)
お山の麓の病院、グルノーブルにはそこら中の壁にお山の写真が飾ってあるんですけど、ここにもお山好きなドクターがいるのでしょうか。


少し待ってレントゲンを撮ってもらいました。


このレントゲン写真を持って階上に上がり再び外科医と話をします。
「もう手術から4か月も経ってますから、固定器具と中の釘類を抜くのは当然の処置ですね(来週に予定されている)。その後、次の手術に踏み込む前にリハビリをしてみます」
おっ?意外にも先週グルノーブルの病院で外科医のチーフが提案したのと同じことを言っています。リハビリが上手くいかなければ足首を固定する手術をしましょう、と先週言われたのです。
ただしその手術では足首を完全に固定してしまうため、柔軟性がゼロになってしまうので、最後の手段ということです。これは出来る限り避けたいので今回は器具や釘を外すに留めるということらしいのです。


「リハビリがうまくいかなかった時点で、完全に固定してしまう手術の他の手術方法があるかもしれませんが、今の時点ではまだはっきりした事は決められません。レントゲンやCTを見る限り、骨は確かに不安定な状態のようだし、なにせ足首を4か月間も使ってなかったわけだからリハビリは痛みを伴った厳しいものになるかもしれません。それでも一応頑張ってみて、上手くいかないならその時CTを新たに撮った上で最善の解決策を考えましょう」


こういうちょっとした説明をグルノーブルの病院ではしてくれなかったのでした。
方針としては先週、グルノーブルの病院でチーフの外科医が決めたことと大体同じとはいえ、説明がきめ細やかで話し方も全然違います。


そして秋に撮る用のCTの処方箋も既に書いておいてくれました。
グルノーブルの病院だったらおそらく手術後1度目の診察に行ったときにCTの処方箋が出るという流れだと思います。つまり1回目の診察が資料が十分にないまま(=かなり無駄に)行われ、その次の診察までの間、2週間だとか(CTもすぐに予約が取れるとも限らないので)が無駄に流れていく・・・というデジャヴ過ぎることになるのは目に見えています。


大きな公立の病院は仕事量が多くて、先生たちもオーバーワーク気味で苛立っているんだろうと思います。ささくれ立った態度も要領の悪さもきっとそこから来ているのだろう、と察します。
保険で全額払われず自費の部分が出てきたとしても、心穏やかに治療を受けリハビリに専念できるここのような私立のクリニックで続きを診てもらいたいです。


「器具類を外した後、夏の間リハビリをしてみてまた秋に診察しましょう」と言ってもらいました(´▽`) ホッ


うちに帰ったのはお昼時だったので、友達にはうちでご飯を食べて行ってもらいました。わたしも、今子供たちがいなくてひとりでご飯を食べるのは寂しいのでちょうど良かったです。



あんまりないような気がしていたワタスゲちゃんたちの写真ですが、少ししか咲いていないものや逆に枯れた後のものなんかも合わせると案外出てきました。そんなわけで第4回目です。


セルス山塊、2018年7月
子供たちと長男の彼女とで3日間かけて周回ハイキング。3日目にだいぶ駐車場に近い辺り(といってもこの後2時間近くはかかったかな・・)まで下りてきたところで通りがかった湖の畔にはポツポツとワタスゲのつぼみが。


ほんのすこし咲き始めたところでした。1週間や10日後にはもっと咲いていたことでしょう・・・タイミングが難しいですね。


セルス山塊、2018年8月
ひとつ上のハイキングの1週間後にひとりでポワント・デ・セルス(3097m)に周回で登った帰り道。コースからは外れた場所でしたがワタスゲが満開だったのが見えたので寄り道していきました。


上の2枚の少し手前。
ワタスゲとネギ(チャイブ。フランス語でシブレット)が混ざって咲いていました(^^;)



今日もお付き合いくださってありがとうございました。

快走!介護タクシー

固定器具を外す手術を来週に控え、今日はグルノーブルの病院まで麻酔医の診察などに行ってきました。


今日も介護タクシーです。グルノーブルに近づくにつれ渋滞がひどくなってきました。嫌だな~遅れるんと違うのぉ・・・
しかし!!何のことはない、路肩を走る走るΣ(゚Д゚)


ゼブラゾーンは車線の一種!?ドキドキΣ(´∀`;) 
最後の手段としてはサイレンを鳴らしてみんなに譲ってもらって街中では信号も無視して疾走するんですけど(以前一度やった)、今日はそこまでせずとも予約の10分前に病院に到着(´▽`) ホッ


今日もお馴染みのハイキング地図エレベーターに。でも行き先はいつもの13階(むむっ、不吉な・・・)ではありません。麻酔医とレントゲン科のある階へ行きます。


感じの良い女性の医師でした。前もって準備してきた問診票を出し、いくらか質問に答えます。


血液検査もするということで看護師さんのいるスペースに回されました。
続けて同じ階にあるレントゲン科に行きます。わたしが受診している間、コーヒーを飲んできた介護タクシーの乗務員ふたりが帰って来てたので付き添ってもらいました。


ごく普通のレントゲンです。ついでにこないだ「再手術に必要」と言われたアルトロCT(わたしがよその病院で撮ってきたものは写りが悪くて使えない、と言われた)も撮ってくれたらよかったのに・・・。それがないせいでプレートを入れる手術は出来ないけれど、この固定器具と、骨を固定している(しかし骨はズレてしまっている)ネジを外す手術をすることになっているのです。
そして、できればその続きはうちから近い別のところで診てもらいたいと思っています。
そのあと、入院手続きも済ませて帰途に着きました。



さて、今日も可愛いワタスゲの写真をいくらか集めてきました。


セルス山塊、2017年8月
日帰りでグラン・ガリビエ(3228m)を周回コースで登った時、行きに通った湖、湿原エリアで。


セルス山塊、2018年7月
前の年にひとりで2泊3日で回ったエリアの一部をほぼ同じ時期に別のコースを組んで通った時に、咲いていたワタスゲ。期待通りに出会えて幸せ✨


2018年7月、セルス山塊
上の2枚の写真のもう少し先で。


一部のワタスゲはつぼみでした。
後ろは息子たちと長男の彼女。


ワタスゲ以外にもお花いっぱいのハイキングでした(*'▽')


セルス山塊、2018年8月
前年に続いて2度目のグラン・ガリビエ。前回とは違う駐車場から出発、高低差も少ない目(1200mくらい)のピストンコースでした。
8月の終わりでしたが、駐車場付近でも霜が降りる寒い朝で、ワタスゲがいくらか残る水溜り的な池の表面も凍っていました。ブルブル・・・



今日もお付き合いくださってありがとうございます。

愛らしいワタスゲたち(続)

子供たちだけで日本に出発して1週間。あと10日で帰ってくる(^^♪


毎日暇なので家の掃除や整理をしていますが、車椅子&杖なので限りがあるし、ひとりなので転んだりすると大変なので無理はしないようにしています。


開かずの戸棚(;'∀')の中から、可愛いものが出てきました(≧∇≦)
息子たちのファーストシューズです。右が長男の、左が次男のもの。ついこないだだったような、大昔のことのような・・・


セルス山塊、2017年7月
3日間かけて大きく周回したソロハイキングの1日目午前中に出会ったワタスゲ。


同じ日の午後もワタスゲだらけの湖をいくつも歩きました。残念ながらお天気が崩れてきて水面に雨粒がポツポツと。


同じハイキングの3日目✨2日目にも湖をいくつも通過したのですが、なぜかワタスゲは咲いていませんでした。


後ろにそびえるのは「白い馬(Cheval Blanc 3020m)」。


同じ日のもう少し歩いた先。少しずつ曇ってきて、この後峠を越える辺りで降られました😓


峠を越えても湖や水溜り、川はあるのですがワタスゲは全く見られない代わりに別のお花が色々咲いていました。斜面が変るだけで土壌も変わるみたいです。



今日もお付き合い下さってありがとうございます。