randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

バスク地方から帰ってきました

昨年度の有給の残りを利用した2週間のバカンスの後半は8泊9日で友達のいる仏南西部バスク地方沿岸部に遊びに行っていました。
2か月前に行った時は行きは電車、帰りはライドシェアリングでしたが8時間近くかかるので、今回早く購入するとかなり安いエールフンスのローコスト便(片道50ユーロから)を利用。行きは1時間10分、帰りはジャスト1時間という速さ💜


内容はボチボチ書くとして、バスクの前に次男といったハイキング記もまだ書き終えていないし、今回はまだ新鮮なうちに行き帰りの様子だけでもアップしておきたいと思います。


リヨン郊外に位置する国際空港。リヨン出身の作家、サン・テグチュペリの名前が付けられています。市内からはトラムで約30分。



わたしの乗る便はビアリッツに21時20分着。友達がご飯は準備してくれるそうですが、遅くてお腹が空きそうなのでうちからサラダと菓子パンを持参。ローコスト便なのでご飯は出ません(;´・ω・)半分くらいがハーブという爽やか過ぎるサラダ。なぜなら・・・
1週間以上うちを留守にするにあたって冷蔵庫の食材は計画的に使い切っていったのですが、どーしても使い切れなかったものが👇

ディル、パクチー、ミント(^^;)


予定時間を20分過ぎての出発でした。到着は15分遅れ。


預ける荷物があると15ユーロ余分に払わないといけないので、今回大きい方のザックが旅行鞄です(^▽^;) 1泊でピレネーにハイキングに行く予定なので、旅行鞄にザックを入れるとか考えると頭クラクラしてきて、それなら直接ザックでいいんじゃ?という結論に。


ローコストだけど、座席の前が広い!ここだけでなくて、どの席でも広かったです。幅は普通なんですが。。


先日のハイキングで出会った「ブロッケン現象」は飛行機から見られることもある、とネットで見たので時々見下ろしてたんですけど、遭遇できず。


出てきたものはこれだけです。まぁローコストでなくても、1時間程度の便だとそんなもんなんでしょうけど。


予定を少し過ぎた夜の9時半過ぎにビアリッツの小さな空港に到着。友達が車で迎えに来てくれました。


自宅に直行かと思ったら、海辺に近い見晴らしの良いところにやってきました。クーラーボックスに何やら飲み物が💕


ビール、白ワイン、ラム酒ベースのカクテルとサラミ&ピーナッツ(≧∇≦)


ひょえ~~キレイ😻
友達曰く、飛行機が時間通りだったら別のもっといい場所から日の入りがギリギリ見えたんだけど、もうそっちは間に合わないからここに来た、とのこと。地元民だけあって日の入りビューポイントを知り尽くしています。


ビアリッツの灯台の近くです。


日が完全に暮れるまで案外長く、1時間近くここでピンク色の海岸線と白い波を見つめながら近況など語り合いました。


海岸から友達のうちは車でほんの数分という近さ。夜遅いのでライトな晩ご飯を準備していてくれました。ありがとう、友達(*^▽^*)



・・・で瞬く間に1週間ちょっとが経ち最終日、今朝になりますΣ(´∀`;)


友達が思い出にと、ビアリッツの海岸の砂と海水、人工コルク栓をカッターで切り抜いて作った魚でアクアリウムを作ってくれました。魚は糸でネジのような金属のちいさな重しに括り付けられていてプカプカと水に浮いています。思い付きで色んなものを作ってしまう創作力のある友達です。


午前中はかなり強い雨が降っていましたが、お昼にはほとんど止んできました。1時40分の便になります。


お昼ご飯は友達んちで食べていたのでコーヒーをもらいました。リンゴ味のサブレが出てきましたが・・


それは食べずにもらっておいて、朝のうちに地元で評判のパン屋さんに行った時に購入したブリオッシュをお供にしました。とってもキメの細かい食感の滅多にないレベルのおいしさでした。


帰りは最後部席。ブロッケン現象もなし。


バスクに滞在中に勤務先から来月のシフト表が送られてきました。木曜(今日)までがバカンスで明日・明後日仕事で日曜休みだと思ってたら、今週の休みがバカンスに入ってなかったみたいで、それプラス今月一度祝日に働いた日があったのでその代休ということでさらに金土日が休み(゚Д゚;)



飛行機の帰りの便は予約変更不可能なので予定は変えずにそのままリヨンに帰ることにしましたが、あと3日間休み!どうする?何する?とパニックに。


バカロレア試験などで来月末までは勉強が忙しい長男には声を掛けず次男に「お山・・行く??」と聞いてみると「まあ・・そんなに大変なところじゃなかったら。避難小屋とか楽しいところに泊まるんだったら」との返事。
リヨンに帰って、荷物を一度うちに置いてから山グッズ屋さんへ。
今年はまだまだ残雪が多くて、雪に悩まされることはまあ確実なので次男の分もアイゼンを買いました。わたしのより少し手軽な1万円くらいのものを選びました。ついでに、最近一本ひん曲がってもう一本は一部紛失(先っぽどっかで落とした)ということになっていたトレッキングポールも新調。前よりもいいやつを買ってやりました。・・って実のところわたしのが壊れた時にでも使えるように、という魂胆です(≧∇≦)


アイゼン入れも買ってやりました。わたしはそれ用のケースは買ってなくて、布製エコバックを利用しているんですが。


そういうわけで、明日午後、次男の高校の授業が終わるのを待ってどっかの山に出発する予定です。どこに行くかは明日の朝決めるつもりです。まだバスクから戻った荷物も片付けてないので、今晩はそっちに集中です(^^;









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。