randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

今日午後から南仏メルカントゥールに出発

これを書いているのは6月1日(金)のお昼、日本ではもう夜ですが、昨日の夜投稿して時間が経っていないので明日の土曜あたりに予約投稿しておきたいと思います。



8泊9日のバスク滞在中にヴァカンス終了直後に3日間の連休が発生したことが分かりΣ( ̄□ ̄|||) 「どうする?どこ行く?」と焦りつつ昨日午後帰宅。
高校1年生の次男に「金曜日学校終わった後お母さんとどっかお山行く?」と聞くと、「うん、行く」とのこと。今年はどこの山も残雪が多いのでどこに行くかは未定のまま、とりあえず昨日の夕方に息子のアイゼンを買いに行きました。


近場ベルドンヌ山塊(片道2時間前後)とか、もう少し遠いエクラン国立公園北部か中部それともヴァノワーズ国立公園あたり(2時間半くらい)?と夕食後、色々行き先を考えていました。天気予報でひとつの地方だけ天気がいいとかだったら決めやすいんですが、金~日曜の天気はどこも似たり寄ったり。まあまあいい天気だけど午後少し降るかも、みたいな感じで日曜にどこも少しずつ崩れてくる様子。
なかなか決められないまま「まあいいか、次男はどうせ明日2時まで授業だから明日朝にでも考えよう・・」と調べるのをやめようとしたとき、目を引くネットのニュースが。
興味の対象を勝手に探られて、峠道路開通情報とかのニュースが勝手にセレクションされています(^▽^;)


午前1時半・・・はよ寝ろよ(;´Д`)
アルプ=マリチーム県は県庁所在地がニースの南仏の県。海から山に数十キロ向かうと風光明媚なメルカントゥール国立公園に入ります。ここにあるボネット道路は最高2802mでヨーロッパで一番標高が高い道路ということになっており、ボネット峠自体はそのもう少し下で2715m。ガリビエ峠(2645m)とかもっと標高が低い峠道路でも今年は例外的な積雪量(ガリビエ峠周辺にはまだ最高12mほどの残雪)のため、開通は来週あたりに延期されると聞いていたのに、このさらに高いボネット峠が「本日開通」とのニュースでした。


え、ほんとに???
ちょっと信じられなくて峠道路情報サイトを開きます。


うわ。ほんとに開いてるやん(゚Д゚;)


このニュースを読んだ瞬間、近場(まあ2時間半は近場でもないんですが。。日帰りでも行っちゃう距離なので遠い感じはしない)の山は全て吹っ飛んで、去年の同じ時期に3泊4日で遠征したメルカントゥールにまた行きたい、との思いが膨らみました。
元々、今回2週間のバカンスの前半1週間はできることならメルカントゥールあたりに遠出したいと思っていたんですがお天気が悪そうだったことや前述の峠道路がまだ閉鎖されていたので、行くことはできるけど遠回りなうえ、高速と大きな県道中心で運転しててもあまり面白くないこともあり諦めたのでした。あと6月3日まで休みと分かった後も、ボネット峠道路の開通は他の標高の高い峠道路同様、6月8日あたりと見ていたからメルカントゥール方面は想定外だったのです。


翌日(今朝)になってもグーグルマップはボネット峠道路が開通したことをご存じないらしく・・・
👇


遠回りかつ高速代が高いコースやイタリアを通って行かせようとしてきます(;´Д`)


仕方ないので別のアプリ「ワーズ」で
👇

あ、この方は峠開通のニュースをちゃんとご存知でした(;´∀`)


早速1年ぶりにメルカントゥールの地図を出してきます。


去年はこのエリアの山小屋ふたつに泊まり2泊3日で周回したのでした。その後一度村に下りて車でボネット峠道路で700mほど標高を上がった村の民宿に1泊して周辺をハイキングしつつ開通したての周りに雪が残る美しい峠道路のドライブを楽しみつつ帰宅しました。この峠道路のドライブは2泊3日のハイキングに次ぐ素晴らしい思い出になったのです。あそこにまた行きたい!次男にも見せてやりたい!!


ただし、金曜(今日)は次男は2時まで高校の授業があります。去年は4日間ありしかも早朝の3時台とかに出発した記憶があるんですが、今回正味2日半しかありません。
2時過ぎに出発しても着くのは夜です。前回のように着くなり歩き出すことはできないので、去年最終日に泊まった民宿にさきほど電話してみました。道路、開通したばかりだけど営業してるんだろうか・・ドキドキ。


あっ、出ました。「大丈夫ですよ、あいてますよ」
で、少し喋ってて「去年の同じ時期に一人で行ったんです」と言うと「あ、やっぱりね。なんか声とか話し方とか記憶にあるなーと思ったんですよ。よく覚えてますよ」と奥さん。わたしもよく覚えています♪楽しくて優しいチャーミングな奥さん、英語がペラペラで料理上手な旦那さん、それにうちの次男と同い年くらいの男の子がいました。


ほんとはそのおいしい晩ご飯を頼みたかったんですが、民宿の夕食は7時開始。休憩なしでGPSアプリの計算通りにいけたとしても7時ぴったりくらいの到着です。5時間弱の行程で休憩ゼロってのは考えにくいし、遅れるかも、って慌てて運転したくないし晩ご飯は残念ながら頼まずに適当に途中で食べることにして1泊朝食付きで予約しました。
土・日でメルカントゥール国立公園をハイキングしたいと思います。こちらは去年泊まった山小屋のどちらか(まだオープン前で管理人さんはいないけれど鍵は開いているので小切手で使用料分置いて行く)に泊まろうと思っています。


前回もらった民宿のカード。いいところだった・・・


今準備真っ最中です。
これに今日の夕方に道中で食べる軽食を用意したらOK!



それではまた、行ってきまーす(≧∇≦)
(月曜朝ちゃんと仕事に復帰できるのだろうか・・・)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。