randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

メルカントゥール最終日

3泊4日の南仏メルカントゥール遠征も最終日です。標高1900m近い集落の民宿で朝を迎えました。朝ごはんは7時半でまだ時間があるので少し民宿の周りを散歩してみます。


教会の向かいが民宿です。


民家が数軒・・・
30秒で1周できてしまいました(;´Д`)
7時になったばかりです。寝室はまだみんな寝てるし(相部屋)、民宿のご夫妻の姿もまだありません。一階のダイニングスペースに座ってるのも「お腹空いた~早く朝ごはん食べたい~~」と言ってるようなものなので(実際その通りですが)、置いてあったここの地方のハイキング関係のパンフレットなどを持って外に出て教会の前(=民宿の前)で読んでました。
7時15分くらいに民宿の方が現れ、早めに下りてくる人などもありようやく安心してダイニングテーブルに着席しました。


昨日は見かけなかった民宿のワンちゃん。


フロマージュ・ブランとミューズリー。


トーストしたパン・・・


手作りジャム。
左からスモモ、オレンジ、ルバーブ。オレンジはニース産のものだそうで、スモモとルバーブは自家栽培のもの。どれも絶品😻 特にスモモが酸味もあり絶妙のおいしさで、これが食べたいがためにトーストを何枚もおかわりしてしまいました(^▽^;)


みんなハイキングをするので食欲旺盛です。


さて、おなかもいっぱいになったところで出発です。今日の予定としては午前中簡単なハイキングをして、お昼からぼちぼちと帰途につきます。行きは高速と国道、県道中心に6時間半かけて来ましたが、のんびりとこの辺りをつなぐいくつもの峠道を通ってリヨンまで帰ろうと思います。


これは道路地図ではなく、ハイキング地図なのですが・・・
黄色い線はわたしが引っ張ったものです。もともと黄色で表示されてる道路ですが、薄くて見づらいので。右の端が民宿のある集落、標高約1900m。グネグネと曲がる峠道路を通って北上していきます。この地図のエリアを出た後も、峠道路をハシゴしていきます。2週間ほど前ならば、これらの道路はほとんどすべて冬季閉鎖中でしたがここ1、2週間でほぼ全てが開通したところです。


メルカントゥールへの旅行自体決定したのが2日前だったので、どこに泊まるかを決めるだけで精いっぱい、ハイキングする場所とかは事前には見る時間がほとんどありませんでした。この日の午前中のハイキングの場所も、単に帰り道に位置していることや地図上に載っている標高差の感じだけで決定、どんなところなのかは検討もつきません(^^;


すぐに標高2000mほどに。下手したら普段ハイキングしてる場所より標高高いです💦


なんか不思議な小さな建物の群れがあります。なんだろ・・


元軍隊の駐屯地だったようです。現在は廃墟と化していましたが、丁度修復工事中でした。


まさにここが今朝のハイキングの出発地点でした。駐屯地のすぐ裏に駐車場があるように地図には載ってますが、工事関係の車両が何台か停まってあるので少し離れたところに駐車しました。


今走ってきた道路を眺めて。


今まで見たことのないような不思議な景観が広がります。


すぐに国立公園ゾーンに入ります。国立公園内での禁止事項が書かれた看板があります。


サクシフラージュがびっしり。まだ普段行く山では見かけていません。南なだけあります。


間もなく行き先案内板のある分岐に到着です。フルシュ峠です。
・・・ってわたしの行きたい山、行先に入ってないやん(@_@)


まあいいです、方向は分かるので適当に歩き出します。


プルサチーユがいっぱいです。


シャモアが何匹も寛いでいました。携帯のカメラではズームに期待できないのが残念です。


かなり急よね・・


ズルズル滑りつつ登ります。


急です。意地でガシガシ登ってましたが、ふと地図には途中で左に曲がることになっていたことを思い出し、そっち方向を探すと・・・


ありました。少し下りたところの左側に、めっちゃ分かりやすい道(^▽^;) どうやってこれ見逃したんだろう・・・上ばっかり見てたんでしょうね💦


はい、気を取り直して正しい道を歩きます。
雪はほとんど融けてしまってましたが、ところどころにこんな塊が残っていました。


このあたり、マーモットが半端なくたくさんいて道路わきにも「マーモットに注意」という標識があったくらいです。こんな風にマーモットの穴がいたるところにあります。


頂上はもうすぐっぽいです。
何か建物のようなものが見えます。お城?チャペル??


要塞の廃墟でした。ってか、よく見ると地図にも頂上付近に書いてました(^^;
そんなものあると思って登ってなかったので、ビックリできてよかったです。
とりあえず、シーム・ド・プルゼット(2757m)に到着。といっても出発地点は2261mなので400m登っただけです。後で聞いたらフランスで2番目に標高の高い場所に作られた要塞だそうです。


窓もドアもなかったり開いていたりで、中には雪が積もって残ってました。


屋上部分に登ってみます。
要塞の基盤の部分と山は一体化している感じです。


これもサクシフラージュの一種です。
登ってる最中には全く見かけなかったのに、要塞の屋上と反対側の斜面にはたくさん咲いていました。


屋上からの方が景色はいいです。


このまま尾根を伝って隣の山まで歩いて行けそうですが今日はいいです(^-^;


携帯を置く場所がいくらでもあったのでセルフタイマーで撮っておきました。


さて、ぼちぼち駐車場に戻ります。同じ道から帰ります。


行きは初めの辺り道でないところを歩いたので、帰りに初めて出会う景色もありました(^^;


車を停めている地点まで戻ってきました。あっ、誰かわたしの隣に停めてます~会わなかったな、車の持ち主・・・
峠道はサイクリストに人気なので何度も見かけました。




メルカントゥールシリーズ、次回が最終回になります!