randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

アイベックスの群れに出会う

前から行きたかったグラン・ガリビエ(3228m)に1週間前の日曜日に登ってきました。
出発地点はツール・ド・フランスでお馴染みのロータレ峠から少し下りたポン・ド・ラルプ駐車場(1710m)です。
出発から2時間でポンソニエール峠(2613m)に到着しました。ここから先はコース外になります。


峠から反対側の谷を眺めて。グラン・ガリビエにはこちらから歩いてくる人が大半のようです。駐車場が2100mくらいの地点にあり距離でも高低差でもだいぶ楽なのです。


峠からこっち方面に歩いて行きます。左下にうっすらと道が見えています。


峠までは緑豊かで平和的な景色の中を歩いてきましたが、野性的な岩々したゾーンに入りつつあります。


お酒の風味付けやハーブティーにも使われる薬草。


この辺りはラピアスと呼ばれる雨や水の流れで浸食されて深い溝になっている石灰質の岩になっています。溝は時にクレバスのように深いので雪があるときなどは注意が必要です。


湖が右手にあります。ラック・ブランです。


この日、天気予報では1日中快晴と出ていたのですが、ずーっと曇っています。湖も曇り空だと今ひとつ写真映えしません。帰りに通るときには晴れていてくれたらいいのですが。


しばらくはラピアス地帯です。


この裏側に回り込むようです。土が赤い・・・鉄分を含んでいるのでしょうか。


地面を見ても、時折かなり赤いです。


くるくるちゃん、別名綿菓子花(正しい名前はブノワット・ランポント💦)が辛うじて少し残っていました。旬は既に終わっているようです。


今の時期、咲いている花はかなり限られてきています。もっとも見られるもののひとつはカンパニュル。いくつかバリエーションがありますが、9月くらいでも咲いていたと思います。


コース外だけあって道がよく分かりません。ケルンを探してキョロキョロしながら歩いて行きます。


振り返って。まだ峠から大して進んでないですね。峠までの緑色と、こちら側の白っぽさが対照的です。


残雪に数日前の積雪が重なった2色の雪渓になっています。


目で見て峠っぽい方に向かっていると道になってる部分に戻って来られました(´▽`) ホッ


頼りにしてるケルンたち💙


あっ、出た!ザレ場の華・リュネール。


これは・・めちゃくちゃ小さいですね(@_@)


8月も中旬になり種類はかなり減ってしまったものの、意外とこんな乾燥したところに何種類かはありました。


どうやらここがテルミエ峠(Col de Termier)のようです。コース外なので当然看板のようなものはありません。


幸い人が歩いた跡が薄っすらと道の形になっていたのでそちらに歩いて行きます。


お、眼下に湖が見えてきました。そういえば地図で確認していました。峠のあとに湖の近くを通るということを。


湖までは下りずに登り続けるのですが(帰りには少し遠回りになりますが湖まで下りて畔りをぐるりと回って峠まで戻りました)、湖のまわりを眺めつつ歩いていると・・・


わわわ😻
アイベックスがいっぱいいます~~


わんさかいます。
ザックを放り出してパパラッチに徹することにしました。


彼がおそらく群れのボスで特別に体が大きく態度も堂々としていました。


エクランの山々を背景に悠々とくつろいでいました。



次回はいよいよ登頂編です♫

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。