randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

初冬のボージュ山塊へ(番外編)

近場の山、ボージュ山塊で先週半ばに周回コースでハイキングをしたことを3回に分けて書きましたが、今回は番外編です。
というのも、行き先にもよるのですが、わたしのハイキングはチーズやらなんやら地元のおいしいものを買って帰るというもうひとつの目的が含まれていることが多いのです。
ボージュ山塊は夏には牛の放牧が盛んでハイキングコースでもそういうところを通ることが多く、チーズ作りが伝統的に行われている地方ですので山を下りた後の買い物はとっても楽しみです。


周回コースにありがちなことですが、出発地点とは別の駐車場に下りてきました。車を停めている場所までヒッチハイクでもしようかと考えてたのに車の一台も通らず(´Д⊂
道路と大体平行したハイキングコースもあるのですが、そんな悠長なことはいっていられず、ただひたすら道路を駆け下りました(^^;



ようやく一つ目の村に到着。しかしわたしが車を停めた村ではありません。そして村といっても農家が何軒かあるくらいです。わたしが駐車しているのは教会とかもあるもう少し大きな村でした。
・・・急いでいるのにどうしてロバの写真など撮っているのか自分でも分かりません。


これがわたしが車を停めた村です。ここの反対側の村の入り口近くの教会の前に停めたはずです。


あ~ありました、わたしの車。いい子に待ってくれてました。
ちなみに1枚前の写真にも十字架が写ってますが、すぐ上の写真の十字架とは別のものです。よっぽど信心深いのでしょう。


おおっ、、、向かいの家にすごい車が停まっています。
ボンネットだけでなく屋根にもペイントされています。よっぽどファンなのでしょう。
♪ハーイウェイ・トゥ・ヘェェ~~ル♬


馴染みの2軒の農家に寄るのでさっさと靴を履き替えハンドルを握ります。
幸いどちらもすぐ近くです。


まず近いほうの1軒に到着。暗くなってきているけれど電気をつけて作業中です。
ここの農家は大きくて1日中誰か働いているので電話しないで直接来てもチーズを売ってもらうことができます。


いつも買ってるグリュイエール・ダルパージュ。夏の放牧牛のミルクを使ったものでおいしいのにキロ9ユーロと格安なのでフォンデュ用にいっぱい買います。今回は穴がたくさん開いていました。夏の間、暑くなり過ぎたのが原因だそうですが、味に変わりはありません。これからどんどん寒くなってフォンデュをすることも多くなるので今回は3,5キロ買いました(^^;


他にもいくつかチーズを作っていて、わたしがいつも買うのは決まっていて左下に並んでいる羊のトム(山のチーズ)と右下のシェーヴル(山羊)のトム。こちらはもう少し高くて羊のトムがひとつ15ユーロほど、山羊のトムが10ユーロほど。今回もひとつずつ買いました。若い目のを包んでもらったのでアパートの地下のカーヴに1か月かもっとおいてから食べようと思います。というのも今うちにチーズがたくさんあり過ぎるので食べごろのチーズを買うわけにはいけないのです💦
あと、いつもあるわけではないのですがシェーヴルの乳清で作ったフレッシュチーズを買いました。リコッタのような感じなのですがサヴォアではシェーヴルに限らず乳清で作ったチーズをセラックと呼びます。
それとサラミを1本。これはここの人たちが作ってるのではないのですが、同じサヴォア県でもエクス・レ・バンという温泉町近くの農家で作られたものでシンプルなのですが深みのある味わいで毎回1、2本買います。


一つ目の農家から車で10分ほどのところにあるもうひとつの馴染みの農家に到着するころにはもう完全に真っ暗でした。
こちらは少し規模が小さいので朝夕の搾乳の時間帯には2、3人が働いていますが(もう全員顔なじみ・・ファーストネームまで知っているという^^;)、 昼間とかは誰もいないことも多いのでチーズを買う際は前もって連絡しなければなりません。


食べごろのをひとつ、あと二つは若い目のを選んでもらいます。


まさに搾乳真っ最中でした。
ここの農家は2年ちょっと前に子供たちと1泊でボージュに来た時に泊まった民宿のご主人が連れてきてくれたのが最初で、以来ものすごいリピートしています。そこの民宿は宿泊客の朝ごはんにその朝搾乳したてのミルクを出すためにわざわざ毎朝、車で5分ほどのこの農家まで買いに来ていたのでしたΣ(´∀`;)


2軒分の農家のチーズが入ってます。なんと8キロ以上あります(^▽^;)


うちに帰ったらとりあえずカーヴに直行です。
切っていない、丸のままのチーズはここに置いておきます。
みなさん、食べごろになるまでここでスタンバイしておいてください~~
 

こないだ開けておいしかった白と同じ生産者の赤が出てきました。味見して買ったはずなのですが、あまり覚えていません💦
とりあえず持って上がります・・・


長くなりましたが番外編を含んだ初冬のボージュ山塊ハイキング記はこれでおしまいです。 読んでくださった方、どうもありがとうございます(*‘∀‘)








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。