フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ユバイ渓谷でお手軽雪山ハイキング

約1年前の晩秋に訪れてから2度目の遠征になる南仏ユバイ渓谷。フランス国内でもかなりマイナーな地方ですが、最高峰は3400m台あるし3000m級の山もいっぱいある山深い地方です。


ヴァルス峠から少し下りたところに車を停めて歩き始めました。
谷の奥の3000m弱の頂上へと向かう山スキーヤーさんのトレースがいっぱいあります。


振り返って。
次男の登山靴を忘れるという大失態(自分の靴は持ってきた😅ごめんよぉ)。次男には普通の運動靴にゲイターとスノーシューを付けて歩いてもらっています。気温がマイナスなので雪が融けておらずパラパラとしていてすぐには靴が濡れないのが救いです。


谷の左側の斜面だけカラマツ林になっており、そのギリギリのところを歩きます。


どうせわたしの足首の状態では奥の頂上は目指せないので早い時点で谷底に続いているトレースを離れ、左側の高くなっているところに登り始めました。そっちらへんで適当な「本日の頂上」を見つけようと思います。


ちょっと急な斜面ですが、雪にスノーシューをめり込ませて階段的に登れば、あまり曲がらないわたしの足首でも大丈夫です。


谷の左側の稜線まであと少し。そこまで登ればパノラマが開けます。しかし、最後の斜面をトラバースせねばならず、足首の安定の悪いわたしにはちょっと不安です。大人しく稜線の手前で我慢することにしました(._.)


平たいところまで登ってきました。


谷底には山スキーヤーさんやスノーシューのトレースがいっぱいありましたが、この辺りは誰も歩いてなくてまっさらの雪です🎵


パノラマはないけど景色は悪くないです。


ここでお昼ご飯にしよう\(^_^)/


午前中に寄り道したお肉屋さん手作りの生ハムとパンチェッタ、サラミです。
他のものはうちから持って来ました。


別のお山地方、サヴォアからいらしたブルーベリー風味のビールで乾杯~
次男は運転手なのでほんのひと口だけ。残りはわたしが飲んであげました(≧◇≦)


遠景。左の立派なのはブレック・デュ・シャンベロン(3389m)。ユバイ渓谷を代表する山のひとつです。
特に寒くもなく(マイナスだけど)日当たりも良いとはいえ、じっと雪の上に座っているとやはり冷えてきました。そろそろ出発したいと思います。


トレースのいっぱいある谷底まで下りてきました。
風もなくてほんとにハイキング日和。日曜だというのに誰もいないし気持ちいい(≧∇≦)


無事に車まで帰ってこられて(´▽`) ホッ
行きはそこそこのスピードで歩けたのですが、帰りは足首が痛くなってきてスピードダウンしました。短いコースにしておいて良かった・・・


塩カルまみれの可哀そうなデミたんに落書き。帰ったらきれいにしてあげるからね~(^-^;


思ってたよりも早く戻ってきてしまったので、少しドライブしようと思います。
この近くに昨シーズンに一度通ったきれいな道があるのです。


ヴァルス峠道路の終着地点にあるサン・ポール・シュル・ユバイ村まで下りてきました。



次回に続きます。
お付き合いいただいてありがとうございました。