フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

リハビリスキー合宿に来ています

前ブログに書いた山スキーヤーのOさんは自ら若い時に足首を複雑骨折した時、なかなか治癒しなかったものの山スキーや自転車でひたすらリハビリしてほぼ完治した経験から、わたしに山スキーを教えてくれ始めました。


前回は急に決まって半日しかレッスンができなかったので、数日間まとめてリハビリ合宿してもらうことに。南仏のお山地方、オート・ザルプ県です。


スキー板と靴を合わせてもらいます。踵の留め具が硬くて、わたしの不安定な足首では力が入らなくて止めらないので、チタン製のものに代えてもらいました。


Oさんはバカンス中ではないけれど仕事の時間に融通が利くので、山スキーレッスンの時間を作ってくれます。


しばらく天気が良過ぎて雪が少ないので、毎回行き先はスキー場です。スキー場はいっぱいある地方で4日間で3つのスキー場に行きました。


行き先はスキー場ですが、リフトには乗りません(つまり無料)💦山スキーの特徴は自分の足で登ることです。滑り止めの帯を貼り付けます。


雪の上をスッスッと板を滑らせつつ登ります。Oさん曰く、この運動がリハビリに良かったそうです。


登る登る💦今日は合計高低差900m登りました。
確かに靴やスノーシューで登るよりは痛くありません。でも怪我以降あまり運動してなくて体力的にキツい!


これは、2度行ったオーシエールというスキー場。自然の地形を利用した日当たりの良いスキー場で気に入りました。


これは今日お昼ご飯を食べた山小屋前です。



また帰ってからゆっくり報告したいと思います。お読みいただきありがとうございました、