randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

スキーとスノーシューの週末(その2)

めったにない土日休みだったので近場のスキー場に出掛け、子供たちがスキーを楽しんでいる間にわたしは向かいにある山にスノーシューをしに行きました。
元旦のハイキングでも通った湖を目的地にしました。その時は別の駐車場から上ったのでコース自体は初めてです。
その1では湖の畔にある避難小屋が見えてきたところまで書きました。


お昼くらいからどんどん曇ってきましたが雨(雪)の予報は出ていません。ただ、ものすごく風が強くて寒いです。


同じ小屋を元旦に通ったとき。まだ雪も少なかったです。そしてお天気もよかった・・・


おお~~。前回は確か鍵がかかってて開かなかったのですがダメ元でノブを回してみたら開きました!とっても風が強くて寒いので小屋の壁にくっついてお昼ご飯にしようと思ってたのですが、開いているならもちろん中で食べます♬ まさに避難小屋に避難、です
(;´∀`)


学校で使っていた机と椅子っぽいです・・・阪神タイガース折り畳み座布団がこの上なくサイズぴったりでした(^^;


あ~風のないところで休憩出来て幸せ・・・
外は風がゴウゴウいってます。外出るの苦痛~~。。でもここわたしんちじゃないし帰らないとね(;´Д`)
2階もあったのに見に上がるの忘れました。マットレスあったんかな~??
ここなかなかいい立地なので一度泊りに来たいです。


さて、簡単なお昼ご飯を済ませて外に出ます。
避難小屋から少し上に尾根になってるところがあるのでそこを歩きつつ(少し遠回りにはなる)周回してスキー場のある村まで戻ろうかなと思っていたのですが、この唸り声をあげて吹き荒れる風の中尾根を歩く気は起りません・・・大人しく今登って来た谷を下ることにします。


何も見えないけど、一応これがブルフィエ湖。


お正月に通った時のブルフィエ湖。


自分の歩いてきたトレース通りに下りようと思ったら、強風のためたった1時間やそこらでかなりかき消されていました。なのでまあ適当に下りていきました。


途中川に落ちないように気を付けます(^^;)


一つ目の避難小屋まで下りてきました。あんなに苦労して登ったのに下りるのは滑り降り出来る場所も結構あり、あっという間でした。


小屋からすぐのところに水飲み場。しかも凍らずに流れていました。


思ったよりだいぶ早く一つ目の避難小屋まで戻って来たのでここから村までは行きと違うコースを歩きたいと思います。


これこれ。このスノーシューのマーク。「スノーシューのやつは低い辺りウロウロしとけよ」コースです。「森の中を歩くだけなんて」と今までどこで見かけても無視だったんですが、どっちみちもう森の中なのでこれに沿って帰ってみたいと思います。


思ったよりきれいなところを通らされました。なかなかやるな…「スノーシューのやつは低いあたりウロウロしとけや」コース。


これは・・・なんだろう?ベビーカーの人でも歩けるよコース??まさかね。。


スキー場のある村の近くまで下りてきました。村の中心を通ってスキーリフトのあるゾーンまで徒歩10分くらいです。


子供たちと合流しホテルにチェックインです。小さなスキー場のため、ホテルは1軒のみで、しかもリフトの目の前です。


ホテルのベランダから。奥がリフト、手前がスキーを借りたレンタル屋。小さいスキー場は何もかもが一か所に集中していて話が早いです。


翌朝。除雪車の音で目が覚めました。


ホテルをチェックアウトして今日も雪遊びです。今日も待ち合わせは17時ね~


今日は別の場所を歩きたいのでまずは移動です。


そろそろ眠くなってきたので今日はここで終わりです。その3に続きます!