randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

南仏アルデーシュ峡谷でカヤック(後編)

子供たちと1泊で出掛けた南仏アルデーシュ峡谷。お目当てはカヤックです。去年同じところで初めてやってとっても楽しかったのでまた来たいと思っていたのです。今の時期、山はまだ雪が結構多く残っており子供たちが嫌がるので山はもう少し後に行くことにして今回は川遊びに没頭します!


借りてるキャンプ場のプレハブ小屋の窓から。峡谷の岩が見えています。


子供たちがまだ爆睡中なのでひとり川辺に散歩に。といってもキャンプ場内です。


うちの子たちみたいな組み合わせの兄弟がペタンクをして遊んでいました。


キャンピングカーの人、普通の車+キャラバンの人、テントの人・・・色んな人があります。


さて、いくら待っても起きそうにないので起こして朝ごはんです(^^;
キャンプ場に2、3匹いるうち1匹の猫ちゃんが遊びに来ました。
朝食後は荷造りをして車に積んだ後、昨日言われた通りに貸しカヤック屋の前に9時15分に集合です。


参加する人たちにコースの説明、アドバイスがあります。昨日終着点だったところが今日の出発点となるのでワゴン車でみんなして連れて行ってもらいます。


今日も昨日と同じで好きなところで好きなだけ休憩しつつ、待ち合わせの河岸に4時半に迎えに来てもらいます。


待ち合わせ場所に早くに着き過ぎたくないし、かと言って遅れたら他の人の迷惑になるので時間配分に気を付けながら、それでもいい感じの場所があれば5分10分降りて休憩します。


洞窟みたいなところは子供たちもわたしも大好き(^^;) カヤックを付けられそうであればもれなく休憩していきます。


あっ、なぜかケルンがありました(;´Д`)



迫力の岩壁です。


見ていて飽きません。いちいち降りたくなって大変です(^^;


水草にも花が咲いています。


さすがに山に咲いている花とはちょっと違います。


ゴールが近いです。疲れているのでほっとするのと同時に終わってしまうのは寂しいです・・・


この日の1日コースは参加した人が多かったためカヤックなどを積む作業に時間がかかったことや、行きみたいにワゴン車2台でなく大型バス1台に乗ったため、峡谷沿いの細い道路でバス同士がすれ違うのが大変でキャンプ場に帰るのにとても時間がかかりました。バスの中では疲れてウトウトしていたのですが、バスが他のバスとすれ違う際、岩壁に近寄り過ぎて天井の辺りを岩にこすりつけてガリガリガリ~~となったのでしっかり目が覚めました(~_~;)


さて、眠いとは言っていられません。帰りはほとんど渋滞もなく約2時間半、夜9時ごろに帰ることができました。行きとは別の道で高速に入るまでは緑がまぶしい南仏のブドウ畑のなかを時々走りました。去年はラベンダーがちょうど見ごろでしたが、まだ早すぎて咲いていませんでした。


さて、まだ5連休のうち2日が終わっただけです。残りの3日はひとりで山に行くことにしたので、帰宅後速攻ご飯を作って食べ、解いた荷物を片付けたり洗濯したり山どこに行くか考えたり、ザックに荷物詰めたりでこの日は寝るのが午前2時になってしまいました。