randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ベルドンヌ第3弾

7月中旬に子供たちと1泊で出掛けたベルドンヌ山塊。シリーズ3回目にして初めて2日とも晴れました。
今回行ったのは一番北に位置する部分で、県的にはサヴォア県になり(ベルドンヌ山塊は多くの部分がグルノーブルが県庁所在地になっているイゼール県に含まれます)、すぐ真向かいにはサヴォアのボージュ山塊が見渡せます。
同じベルドンヌでも南側はポピュラーな山や湖が多く、グルノーブルなどからの登山客が多いのですが、中部から北部にかけては特に手つかずの自然の残るセクターです。

駐車場周辺。
この日も土曜日仕事の後の出発だったので、歩き始めは17時くらいでした。幸い7月は日が長いので午後を有意義に使えます。

パラグライダーを楽しんでいる人たちがいました

登り始めてまだ30分だというのにもう景色が山らしくなってきました

さすがにまだ7月、お花だらけです

お兄ちゃんはどんどん進んでしまい取り残された弟

ヤマツツジが満開です

野性のルバーブもいっぱいです


まもなくお目当ての無人山小屋に到着

山小屋の中にトランプが置いてあったので早速遊ぶ子供たち

小屋の前の水飲み場。ルバーブだらけ、、

子供たちがトランプに興じている間にわたしは散歩

夏の間よく見られるjoubarbe。日本語ではヤネバンダイソウっていうみたいですね、今調べました。色んな種類のものがあります。

なかなか可愛いです

21時07分。
夕食の後に少し高いところに登ってみました。ルバーブ畑?に日が沈む…

21時18分。
奥はボージュ山塊

モンブランも遠くに見えます

21時53分。
山小屋に下りてきました。
奥はシャルトルーズ山塊。手前右の明るいのは山小屋に泊まっていた若い4人組のキャンプファイヤー

翌朝5時46分。
夕暮れ時と同じ場所に登ってみました。しかし撮れた写真は夕暮れ時のものとほとんど同じ(汗)時刻が情報として入ってなかったらどちらか全然分かりません。。
左手は今日登る予定のLes Grands Moulins(2495m)

小屋に下りてきました。子供たち起きてるかな…(答え→爆睡してました)

山小屋に戻り朝ごはんを食べてから出発です。大きな荷物は山小屋に置いていきます。

サクシフラージュ

山の南側から登る一般的なコースもあるのですが、北東の稜線からアプローチするこちらのコースのほうが登り甲斐があるので下りは一般コースを使い周回することにしました。

めっちゃ直角みたいなところもあります


頂上(2495m)に到着

頂上にいた登山客からサヴォアの白ワインとボーフォール(サヴォアのチーズ)などを勧められました。眼下に見えるのはサヴォア県の県庁所在地、シャンベリー。その奥はボージュ山塊

下りるのは一般コースから


帰り道。駐車場はもうすぐそこです