フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

がっかりしました・・・

複雑骨折で2本折れた左足首の再手術をする、と初めに手術を受けた外科医に言われて1週間になります。来週電話をします、と言われ心待ちにしていました。


今朝、見覚えのある番号から携帯にかかってきました。
やった、ついに♪とワクワクして出ると「arthoroscanner(アルトロスキャネール)をまず撮ってきて下さい。処方箋を今からメールで送ります」


・・・はっ?何すか?アルトロ・・?あのー、手術は?
「はい、ですからまずその結果を先生に診てもらいます。その後手術の日を決めていくことになります」
そのアルトロなんとかというのは、造影剤を関節に注射して、普通にはレントゲンやCTに映らない関節部分の映像を撮ることだそう。日本語で関節造影検査と呼ばれるそうです。


_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
なんで先週行ったときに言ってくれなかった?てか、その日普通のレントゲンは帰る前に病院で撮ってもらってるんです。それも出来たんとちがうの??県で一番大きい病院なので出来ないということは考えられません・・・


メールで送られてきたアルトロなんとかの処方箋をプリントアウトしました。
あれ・・よく見ると日付が一昨日になってる・・どうして一昨日に電話してきてくれなかったんだろう?_| ̄|○


出来るだけ早くに予約が取れるところを探すために何軒ものクリニックに電話を掛けました。ネットで医療機関の空き状況が分かり予約が取れる便利なシステムもあるのですが、アルトロなんとかはこのシステムでは予約できずしらみつぶしに次々にかけまくるしかありません。しかもすぐに人が出なくて初めは機械とやりとりをするとことも多くやたらと時間がかかります。何とか来週の火曜に予約を取ることができました。


そのことを伝えるために病院に電話しますが、これが出ない出ない~今回に限ったことじゃありませんが、誰かが出るまで少なくとも7~8回、平均10~15回くらいはかけないといけません。今日は直通の番号と代表の番号とに5分毎くらいに電話して20回目くらいにようやく話すことができました。運よく来週木曜の最後の空きをゲットすることができました。


この外科医はどうやら週1~2日しか診察をしていないので無理だったら次の週になるところでした・・と思いきや、受付の女性「生はその次の週は来られないんですよ」って(@_@) 


じゃあ・・どう見積もっても手術は3週間後以降!!??
早ければ今週中くらいに再手術してもらえると思ってたわたしがとっても可哀そうになりました(つд⊂)エーン


夕方来た理学療法士の兄さんもぶったまげていました。「今頃急に関節って~~!?(一一")」


研修先から帰ってきた長男に話すと「うーん。僕はそれは時間稼ぎだと思うね」
「えっどういうこと?」
「そうやって3週間とか1か月とか意味ありげに待たせてるうちに、今よりもちょっとは治るでしょ、で『くっつき具合はちょっとアレですけど、再手術が必要ってほどでもないですね、ぼちぼちリハビリなり他所探すなりして下さい』とか言うんとちゃうの。手術したくないから時間稼ぎ」。。。
ここまでがっくりさせられ続けていると、こんな無茶苦茶な考えもあながち間違ってなかったりして・・って気になるのが怖いです(-_-;)


ちっちゃい赤ちゃん(16歳の次男)は「母ちゃん・・・大丈夫。もうじき手術してもらえるよ💖」何の根拠もないけど優しく慰めてくれます(;^_^A


わたしよりもとっくに大きい「ちっちゃい赤ちゃん」と😅


とってもがっかりしてしまった1日でした。精神的に打ちのめされたので、今日はお山の写真は1枚だけです。


ベルドンヌ山塊、2017年5月
3日かけて山塊北部を周回した際、2泊目に泊った避難小屋で子連れの若夫婦に出会いました。食事の後お鍋を洗っている一人娘のルナちゃん。かしこい😻
お気に入りの1枚です。


お付き合いくださってありがとうございます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。