randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ベルドンヌ山塊でスノーシュー(その1)

日本と同じく大寒波が押し寄せているここフランスです。しかも寒がりで冷え性のなのに仕事が休みだった今日は晴天の予報でしたのでベルドンヌ山塊へスノーシューをしに行ってきました。


標高1131mの地点にある駐車場に7時半の到着です。半月のお月様がでています。
しかし、思っていた駐車場までは全然行けませんでした・・・


停めたいところはもしも雪が多かったら無理かな、ひとつ前のところになるかな、くらいの覚悟はしてたのですが、ふたつ前の駐車場になるとは(;´Д`)


だって、これでした👇 林道の入り口

この雪では仕方ありません・・・諦めもつきます。
そのため約3キロ、標高にして250m余計に歩くことになりました。


近くの民家の犬がやってきてスンスン言ってます。


地図を確認し、スノーシューなど準備して出発したのは7時45分頃です。


しばらくは緩やかな登り坂の林道を歩きます。


少しずつ明るくなってきました。しかし森の中を長く歩くことになったせいでせっかくの日の出は山のラインがあまり見えずに残念でした。


次の駐車場に到着。ラ・プラ山小屋の案内がでています。もちろん今の時期は管理人はいませんが。
迷子の犬のお知らせがありました。12月25日にこの近くを散歩中、行方不明になったそうです。悲しくなってしまいました。


歩き始めて約50分で予定していた駐車場(1372m)に到着。


しばらくは森の中を歩きます。木の間からはヴェルコール山塊やシャルトルーズ山塊が覗いています。


雪の量は増えてきます。


それに反比例?して意外な事態が・・・あんなに恐れていた寒さですが、まあまあ急な登り坂が続くので暑くなりました。これ全部いらーん(;´∀`)


最終駐車場から1時間半ほど登ったところ。少しずつ森ゾーンから山ゾーンになりつつある地点です。


ヴェルコール山塊を一望できます。惜しいことに朝焼けのピンクはもう消えてしまいました。


いい場所に山小屋が立っています。


・・・が、残念ながら鍵がかかっていました。
「ここは俺たちんちだぜ」の落書きがあります(~_~;)


相変わらず体を温めてくれる登り坂が続きます。


おっ??これは・・・ペンキマークの付いた石です。前に通った誰かが雪をはらってくれたのでしょう。


わたしもさらにはらっておきました。


10時45分、ひとつめの目的地クロゼ湖(1974m)に到着。
駐車場が遠くなってしまったのと雪の量が結構あるのとで思ったより随分と遅い到着になってしまいました。


続きは明日以降に時間を見つけ次第書きます!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。