フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

再びセルス山塊へ(その1)

日月の2連休のうち日曜は悪天候のため1泊お出かけプランはなし。月曜は地方によってはお天気回復の様子でした。特に良さそうだったのが北東方面。
そして今の時期、雪のあるところに行くのかないところに行くのかをきちんと選びたいところです。スノーシュー持って行ったはいいけどほとんどずっと背負ったまま、というのは避けたいパターンです。アイゼンくらいなら持って行って使わなくても重たくないからまあいいんですが。
少し考えた挙句、もうじきお別れすることになる雪景色を楽しみたい気持ちの方が強かったので雪の多いところを探しました。


雪のある時期に山に行くときはチェックが欠かせないメテオ・フランスのサイト。
雪崩情報と積雪量が毎日更新されます。


雪崩リスクは5段階で前日の3から2に下がっています。リスクが1という場所もあったんですが、雪自体があまりなくなっていてスノーシューで歩けるほどは期待できません。


少し遠いのですが、サヴォア県の中でもあまり行かないエリアに決めました。
片道約200キロ2時間半のドライブ、窓からの見慣れない景色にワクワクです。


運転すること2時間ちょっと、ツール・ド・フランスがよく通るテレグラフ峠に到着。


マイヨ・ジョンヌ(チャンピオンが着る黄色いシャツ)を着たサイクリストの像があります。


ここにはトイレがあるのでちょっと休憩。同じ有名な峠でも先月訪れたロ―タレ峠がシケた場所だったのに比べると、日本みたいに売店や自動販売機はないもののピクニックエリアや広い駐車場もあり、比較的ツーリストを意識した造りになっています。


昔のツール・ド・フランスの写真が看板にありました。


7時過ぎ。ちょうど日が昇るところです。2週間前に夏時間になり、夜明けの時間が少しずれました。
綺麗でうっとり・・・してる場合ではありません。ハイキング出発地点に向かわねば。

そこそこ大きなスキー場、ヴァロワールを通過します。


さらに10分ほど走ると・・・標高1730mの「おやすみ(Bonnenuit)村」に到着です。何の冗談かと思うような名前です(「おやすみ」はbonne nuit。周辺におはよう村やこんばんは村はありません)。11月にこの村からエギーユ・ド・レぺスール(3230m)に登りました。
この道路の先は峠道で今の季節は封鎖されており、これが最後の集落(ほんの少し先に数軒の観光関係の建物はある)なのでもしかしてここ以降除雪されてないかも、と思っていたのですがまだ少し行けそうなので先に進みます。


500mくらい進んだだけですが、さすがにそろそろ・・・


道路に車が数台停まっています。どうやらそこが限度のようです。
エギーユ・ド・レぺスールはおやすみ村から西側にあってグランド・ルース山塊に属し、今日行くのは東側でセルス山塊になります。この辺りがちょうど境界線になっているようです。セルス山塊デビューは先月の友達とのハイキングでした。その時は山塊南部に当たるオート=ザルプ県側、エクラン国立公園との境い目辺りを散策しました。



広くなっており一応駐車場のようです。
車を停めて歩く準備をします。


7時45分。出発しようとした矢先、、
え???
軍隊のトラックが( ゚Д゚)
地図上の本日の目的地近くにCampという表記の建物の集まりがあり、昔軍隊が所有していた何かの建物が今も残っているのかな~くらいにしか思っていませんでした。どうやら昔、でなく現役みたいです(◎_◎;)
そんな山奥の駐屯地など実際に目にしたことがないのでどんな感じなのか想像ができません。


車は進入禁止、・・・えっ、人もだめ!?
道路歩いて行こうと思ってたんだけど・・・
左手に道路に並行した小路があるみたいで地図にも載っています。道路の右側にも夏用ハイキングコースがあります。右側を今通って、帰りに向かいの道を歩こうか・・・


看板が立ってるところから下りられるようです。


下りてきました。川があって、それに並行した道を歩くようです。


深くはなさそうで、凍っています。久し振りに結構寒くて、この辺りの朝の最低気温は1度でした。


右手に別の谷があり、こちらに行くハイキングコースもあるようです。


さてわたしはそのまま川に沿って行きますが、沿うと言っても川ギリギリのあたりは大きな岩だらけで歩けないのでもう少し歩きやすい(そして道があると思われる)山の斜面を歩きます。トレースがないのに加え、雪で道の形も見えないため自分でよさそうなところを探して歩くしかありません。


登りはじめ。振り返って。


これは道路(川)の反対側。


道路わきにさっきの軍隊トラックが停車しています。


地図を見ると簡単そうかと思った道ですが、結構起伏も傾斜もあって滑りやすいので注意深く歩かなければいけないところが多かったです。雪がなかったらどうってことない道なんだろうけど…


靴では滑るので既にスノーシューを履いてます。
今日もアイゼンも持ってきてますがどうせこの後スノーシューを履くしスノーシューの歯で十分間に合います。


地図を見ると川幅が狭まり、谷の傾斜も緩く反対側に渡れるようになってるところがあります。つまりそこをハイキングコースは通るのですが、何せ雪で全く見えてません・・・どうやらこの辺りのようなのでそこを目指して下りていきます。歩きにくくてちょっと怖い場所から解放されて(´▽`) ホッ。


はい、無事道路に戻りました。
…既に1時間40分が経過しています(;´Д`) 初っ端からやたら苦労しました。帰りはもうこっち歩かないからな~!!


ガリビエ峠(2642m)への峠道はこれもツール・ド・フランスでおなじみです。平均斜度7パーセント、最高斜度12度という難所なのです。そしてそのまま進めば前述のロータレ峠へ下りることになります。ガリビエ峠はサヴォア県とオート=ザルプ県の県境になっており、国内で5番目に標高の高い峠道だそうです。


峠に向かう道路。ここから峠までさらに700m上るのです(@_@) 11月初めから5月下旬にかけて、実に1年の半分以上の期間通行止めになります。


夏の間だけ開いてる売店か何かでしょうか。わたしは峠道とは反対側に進みます。意外なことに峠道を上っていく山スキーヤーのトレースが結構ありました。


天気の悪かった前日、この辺りでは結構降ったみたいです。ここら辺では標高1900mあたりが零下になるラインという前日の予報だったので新雪を期待してたのですが、その通りで嬉しい♬


ここを出発点としたハイキング道の概要が記された立派な看板があります。


新雪っぽいのに既に山スキーヤーのトレースがあります。駐車場に何台か停まっていたのでその人たちのものでしょう。




・・・ここまでで一旦投稿します。お天気が良くてテンション高く、写真がいっぱいあるので3回くらいに分けるつもりです(^^;

2連休なのに大雨・・・_| ̄|○

せっかくの2日連続(日月)休みなのに初日の今日は大雨・・・でもまあ既に昨日から天気悪かったから諦めも付きます。前日まで晴れてたのに~ってわけじゃないので。。
でも月から金までは晴天だったんだけどな!!


上の写真はおととい、まだ天気が良かった金曜日の朝。出勤前に用事があったのでいつもと違う道を歩きました。15分ほど時間に余裕があったので川沿いのカフェに少し座りました。ローヌ河の左岸ですが、遊歩道になっていてジョギングやサイクリング、または普通に散歩する人が多く見られます。


このように船が何艘も泊まっていて、この地区のものはほとんどがカフェとして使われています。中にも席があるし、気候のよい季節にはテラス席がたくさん出ます。日没が遅い夏の夕暮れ時を過ごすのにリヨンっ子たちに人気のゾーンです。

もう少し中心から離れた場所に泊まってるものは住居(!)として使われているものが多いです。


いつもと違う道を通ると・・・なんとハードロックカフェができていた( ゚Д゚)
真新しい感じだし、開店直後?いやもしかして工事終わったところで開店準備中??と思い(時間的にはまだ朝なので閉まっていて)後で調べたらなんと去年の秋にオープンしていました。どんなけ情報に疎いんでしょうか。しかも職場からも遠くないという・・・


おっ、目の前を歩く初老のマダム、春らしい素敵な装いです。


か、かわいい・・・これと分かるブランド物を持ってるわけでもなく自分のおしゃれを楽しんでる感じです。ジャケットが薄手の皮で素敵でした。



で、ここから日曜の今日です。
土砂降りの雨なので山に行けないから仕方なしに買い物ですよ。家から車で10分(車を車庫から出す時間、空いてる場所探して路駐する時間含む。徒歩でも15分くらいとあまり変わりません💦)のところのマルシェへ。


仕事へは徒歩だし、山に行く以外は日常ほとんど車には乗りません。月に2度くらいスーパーマーケットに買い出しに行くのと天気の悪い日曜日にマルシェに来るくらい・・・
いつもは大自然のなかの伸び伸びした駐車場にしか停まる機会がないうちの子がこの日ばかりはこんな狭苦しいところに挟まっています(;´Д`)


天気が悪いのと9時くらいと時間が早い目なこともあり人が少なくて買い物しやすいです。ここのマルシェは安いので普通の日曜日の10時11時以降に来るとごった返してるし車も近くに停められないしで大変です。


フェンネル、ニンジン、チコリ、アボカドなどの野菜とオレンジ、バナナ、リンゴを買いました。量り売りのより籠に盛ってあるものの方が安いのですが、同じ野菜や果物を2キロ3キロと買うことになります(^^;


リンゴは一盛りが3キロ、2種類の品種を一盛りずつ買いました。だって一盛り1ユーロです(@_@) いつも買う生産者なのですが、小さいものだけ安く売ってるのです。
もう少しの間旬が続くオレンジ。フランス産は少なく大抵はスペインなどからきています。これは3キロで2ユーロでした。
バナナはスーパーで買うと大きくて皮が厚い(運輸に向いている)コートジボワール産が多いのですが、カリブ諸島やインド洋諸島産のものの方が小さいけれど味はおいしいです。この方達はドミニカ共和国からおいでです。しかも家に帰ってから見たら有機栽培でフェアトレード!最強バナナがこの量で2ユーロです。
いや~たまに雨降ってくれるおかげでこの安いマルシェに来られて幸せ。。ってことにしときます。



・・・そして先週はバカンスで1週間オート=サヴォア県にスキーへ行ってた同僚がいいものをくれました。


丁寧に新聞紙に包んであります。


サヴォアの方で読まれている地方紙です(^^;)


同僚がスキーに行ってたアラヴィ山塊はルブロッションチーズの里です\(^_^)/
子供の頃からこの地によく家族でスキーに行くのでおいしい生産者を知っていて今回もその中の1軒で買ってきてくれました。
「今すでに食べごろだから1週間以内に食べて。温度が低すぎるから冷蔵庫には入れないで」というアドヴァイスをもらい、ひとつは地下カーブに。もうひとつは子供たちと3回で食べきりました。
クリーミーで味わい深く・・・今までの人生で一番おいしいルブロッションでした。子供たちは普段は食後のチーズはあまり量食べないのですが「衝撃のおいしさ」とどんどんおかわりしてました。そして「お母さん、次のご飯ではメイン少なくして。チーズいっぱい食べたいから」というリクエストまで(^^;
お代は受け取ってもらえなかったのですが、こんなにおいしくてひとつ6ユーロ弱らしいです。同僚はチーズ好きなのでわたしが普段ハイキングの帰りに買ってくるチーズを味見用によく少し分けてあげるのでそのお返しのようです。
アラヴィ山塊は今までハイキングで行ったことがない地域なのですが、この夏はぜひこちら方面にも行って帰りにこの農家(包装紙に住所が印刷されてます)に寄らないと・・・と目標がひとつできてしまいました。
・・・カーブにあとひとつ残ってる(^^♪ 外は相変わらずの雨だけど幸せ💖



それにしてもバナナたくさん有りすぎなので…


うちにあるクルミ(原産地保護制度に指定されているグルノーブルのもの)を混ぜて子供たちの大好きなバナナケーキを早速焼きました。


山に行かなかったらいっぱい時間あります^^;

ハプニングで始まったベルドンヌ山塊ハイキング(後編)

情報収集不足により、1000mの高低差を林道で上がるところから始まったベルドンヌ山塊でのハイキング。もはやハイキングというより何かの特訓のようです。
ショートカットを試みて小さな道に入るも荒れ果てていて通りにくく、何の近道にもなりません(;´Д`) 3時間半かけて去年の夏に子供たちと来た時に停めた駐車場(1720m)に到着した後は、景色を楽しみつつゆっくり歩きます。


駐車場から1時間ちょっとでペリエ―ル山小屋(1832m)に到着。7月に子供たちと1泊した避難小屋です。避難小屋としては比較的きれいで気持ちよく滞在できました。


小屋に向かうウサギの足跡1匹分と山スキーヤーのトレース一人分がありました。


山小屋を正面から。


1階部分。大きな暖炉があります。誰かが切ってきてくれた木の枝がありました。


2階部分。マットレスがあります。10人ほど泊まれる比較的大きな小屋です。7月にわたし達が泊まったのは土曜の晩だったこともあり、他に若い4人組(フランス人とイタリア人)が滞在していました。みんな就寝していた夜11時くらいになんとふたり組の男性が到着!わたしたちとは反対側から歩いてきて迷っていたそうです。わたしもその日の前の週だったかに友達とふたりで1泊で出掛けて悪天候の中、日が暮れてきて避難小屋が見つからずに大変な思いをしたところでした。


1階に置いてあった思い出ノート。クリスマスや大晦日に来た人もいます。羨ましい~!
前回は何も書かなかったけど、1月半ばから2か月以上誰も書き残していなかったので、メッセージを書いておきました。


入り口から。


ここでキャンプファイアーができます^_^


セルフタイマーで1枚・・・
飲み物を作っておやつを食べたり思い出ノートを読んだり、ただ景色をボーっと眺めたり、1時間以上休憩しました。


すぐ横には水場もあり、とっても便利です。この日も次の日の朝仕事でなければ泊まりたかったくらい(≧∇≦)


さて、山小屋を出発、峠に向かいたいと思います。山小屋の少し上(画像左端の真ん中よりやや下)に行き先案内があります。夏に来たばかりなのでまだよく覚えています。


峠・・・20分。確かにちょろっと上がればすぐでした。


…が、雪がまだ少し残る部分もあるのでそれよりは若干かかりそうです。
振り返った景色。


先ほどは紫のクロッカスが咲いてましたが、白いのもありました。


グラン・ムーラン(2495m)の麓を通ります。


この山へは南側の尾根が一般的なコース(地図に載っている)ということになっていますが、こちら側(北西側)の尾根は急で岩々していて楽しいので昨夏は子供たちとこちらから登って南側から下りました。


そろそろ峠に到着です。看板は確か少し離れたところにありました。


あっ、ライチョウの足跡。ほんの少し前に鳴き声を聞いたばかりでしたが、この日は姿自体は見られませんでした。その2日前に友人と散策したヴェルコール山塊では見ることが出来ました。


峠の案内板がありました。この辺りは山スキーヤーのトレースが二人分ありました。


ペリエ―ル峠(2003m)の案内板。
雪に埋もれています。


こちら側の丘のような山に続く緩やかな尾根を歩きつつ周回します。


振り返って。グラン・ムーランの頂上部分はまた雲に隠れてしまいました。


丘のような山はふたつ連なっており、さらに進みます。


丘のような山ふたつ目(2041m)に到着。ここがこの日の行程の一番高い部分でした。景色自体はそれまで歩いていたところとそう変わらないので5分ほどだけ休憩してから尾根を延長上に下りていきます。


緩やかな下り坂です。


全然雪がないとことも多いのでスノーシューを外しますが・・・


避けられない部分もあり、少しの距離だけど滑りやすいので面倒がらずにスノーシューつけます。滑って怖い思いしたこともあるので・・・
そういやアイゼンもザックに入ってるんですがスノーシューの爪で間に合うし、この日アイゼンは出さずじまいでした。


さらに下りていきます。


山小屋がひとつ見えてきました。


山小屋前から。


夏に来た時も覗いたのですが・・・


椅子がひとつあるだけで・・


ガラスがなぜかバリバリに割れています(;´Д`)


立地条件は悪くないだけに残念です。


このあとはずんずん駐車場(標高1720m)まで下っていきます。


通常、駐車場に着いたらそこから車ですが。。
この日はこの後が長い!何せ車停めてるのは標高約730mほどの地点です…


1200mくらいまでは雪があるところが多かったですが、ないところでは出来るだけ小走りで下りました。


シャルトルーズ山塊を代表する山のひとつのグラニエ。ここからだとシャンベリー(サヴォア県の県庁所在地)を挟んですぐです。


林道沿いに可愛い山小屋がありました。ここらへんは上りでは近道と称して荒れた山の中を縦断していたので通ってなかった部分でした。


マットレスはないけど木の板が通してあった(写真奥の壁に)のでベッドのように使えそうです。手前にはストーブがあります。木のストックはなしでした。


夕方6時15分。駐車場からジャスト2時間でした。
・・・あれっ、わたしの車のほかにもう一台停まっています(@_@)


くそ真面目に進入禁止の標識に従ってる人が他にもいたとは驚きです。この人も1000m歩いて上ったのでしょうか…誰にも会いませんでしたが他に行くところもないと思うのでその可能性大です。


ハイキング中ずっと真向かいに見えていたシャルトルーズ山塊のすぐ麓を通って高速に近づきます。
この三角にクルクルのマークは最近日本でも増えつつあると聞いているロータリーあり、の標識です。フランスは(たぶんヨーロッパのほかの国も)ロータリーだらけです。


午後8時、リヨンまであと40キロくらいの地点の高速から。数日前に夏時間になったこともあり日が暮れるのが遅くなってきました。遅くまで歩けるようになるので嬉しいです(^^♪


半分以上の行程が林道というとんでもない今回のハイキングでしたが、夏に行ってとても気に入った場所を雪の残る時期に再び訪れるとこができて大満足でした。普段ならない筋肉痛になってしまいましたが・・・すねの筋肉とか(^^;