フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

一泊で南仏デヴォリュ山塊へ(その1)

今週は日月が休みだったので、1泊でどこに行こうかぎりぎりまで迷った結果、南仏寄りにある山、デヴォリュ山塊に久しぶりに遠征してきました。
前回前々回の山がモロに正統派?アルプス~な感じのところだったので全然雰囲気の違ったところに行きたかったというのが大きいです。あと今ヴァカンス時期なのでスキー場の多い方面は道が混むし人も多そうなので避けたいというのも。デヴォリュにもスキー場はありますが少ないし規模も小さいです。
子供たちも先週今週と学校がお休みなのでおじいちゃんおばあちゃんのところに遊びに行っており、日月では同行者を見つけるのも難しくひとりで行ってきました。


早朝運転していて楽しみなのが朝焼け。ここの道からは特にきれいです。


日が完全に昇ってしまったあと。山塊最高峰、オビウの近くを走ります。2週間前に眺めた時よりかなり雪が減っています。



ガソリン入れ、高速でのトイレ休憩を含み2時間40分で目的地の村に到着。
思ってたハイキング出発地点は全然車停められそうなところがなかったので最寄りの村(標高1250m)に停めました。地図を見る限りこちらからでも出発できそうです。
県もイゼール県(リヨンと同じくオーヴェルニュ・ローヌ=アルプ地方)からオート・ザルプ県に入ります。この県はプロヴァンス・アルプ・コート=ダジュール地方の管轄。その響きだけで遠くに来たような気になります。


重大な問題点がひとつ・・・
雪全然ないけど!?村にもありませんがここから眺める2000m以上ある山にも雪はあるにはあるものの、融けてしまって山肌が見えまくりです。
どうする?ほんの少し最後にある雪のためだけにスノーシュー担いで持ってく??
まさかな・・・よし、もう今日はスノーシュー諦めます。うちを出発直前に思い付いてザックに詰め込んできたアイゼンが役に立ちそうです。


まずは村から出ている林道を進みます。


林道を少し歩いたところでこの車に抜かされたので(この道、車入れたのか・・)ハイキング客かなと思って覗いたらもう無人。そして車に「アイ・ラブ狩猟」みたいなステッカーが貼ってあったのでおそらく狩りに来たのでしょう。
背景にはモンターニュ・ド・フォロー(2362m)。いかにも登れなさそうですが、きついけれど何とか登れるらしいです、アルピニストでなくとも。


山スキーヤーが来たので少し話をしましたが、この雪の少なさを嘆いていました。わたしが行こうと思っている山のもうひとつ先の山まで行くつもりだそうです。


森ゾーンから野原ゾーンへ。
雪も少しずつ増えてきてます。


地図にも載っている避難小屋がありました。
背景にはピック・ド・ビュール。


さて、恒例の山小屋チェック~~


薪ストーブあり。


テーブルと椅子あり。


屋根裏は・・・


1枚、それにとっても薄いけど一応マットレスもあり。


ここ、いいやん~♬ いつか泊りにこれそう・・
と思ったのは一瞬。窓がない~~これは夏でも寒そう😱


このあと勾配が少し急になってくるので(画像の右上方向)、アイゼンの登場です。
実に元旦ハイキング以来です。


トレースも特にないので適当に登っていきます。


なんだか分からないうちに結構な傾斜になってきてます。


登ってる最中左側に見えていたのは「エトワール(星)尾根」。上を歩いたりは出来なさそうですが・・・


上の方は雪がありません。途中雪があって頂上周辺にないのはよくあることです。


ケルンがあったけど頂上のケルンでなく「この道であってますよ」ケルンでした(-_-;)。先にはまだ続きがありました。新たに雪のあるゾーンを通ります。


あと少し・・・が案外長い・・。


さすがにもうすぐ頂上みたいです。


はい、何もないけどこれ以上進んだら落ちます(^^;
ということで、テット・ドリオル(2334m)頂上\(^_^)/


延長上にはテット・ド・ロペ(2627m)。朝話した山スキーヤーたちはこれを登ると言ってました。めっちゃ急勾配。登れたとしても下りが怖すぎます。スキーなら滑れるからいいけれど・・・


しかも向かいの山に登るにはこの下の凸凹の部分に一度下りてそこから登りなおす必要があります。この辺りは雪も多く残っていてかなり時間かかりそう・・・わたしは今日はここまででいいです(;・∀・)


左手に見えるのは山塊で2番目に高いグランド・フェランとプチ・フェラン。
去年の秋に登りました。

今来た方向にはピック・ド・ビュール。その形から戦艦とも呼ばれています。


朝からずっと見えているモンターニュ・ド・フォローの後ろにはエクラン。


本日のジェットボイル。


北方面。


美しいエクランの山々。



また零時を過ぎたのでここで一度投稿します。明日以降に続きは書きますね。

スイスに近い方面に初遠征(後編)

うちから高速代が高いことや、イケイケなリゾート地(シャモニやムジェーヴなど)なイメージがあることから今まで避けてきたオート=サヴォア県。モンブランがあるのもフランス側ではこの県になります。
先週日帰りでこちら方向にデビューしてきました。雪が少ない今年の冬のフランスですが、オート=サヴォア県は比較的北に位置していることから同じ標高で比べた場合、ほかの山塊に比べるとまだ雪はあるほうですのでスノーシューするのには十分でした。


標高1350mの小規模なスキー場から歩き始め、2257mのアンテルヌ峠が第一目的地で最終目的地はそこからさらに登ったテット・ド・モエード(2459m)だったんですが、出発点近くで会った地元のおじさんに峠まで行くと言うと「わーそれは遠いよ!」と言われ、かなり不安に。まあ最悪峠までということで…スノーシューは山スキーと違って下りるのにも時間がかかるのでそれも計算しないといけません。


数頭のアイベックス達(しかも角の立派なオス)に出会って幸せな気分で再び歩き始めます。しかし、ただでさえ出発直後に道を間違えて1時間くらい時間を無駄にしたのに加え、アイベックスに近付くためにコースを外れ写真を撮りまくってたのでまたそこでも時間ロス。最終目的地が危うくなってきたような気がします・・・


景色は素晴らしいです。来た甲斐がありました。
エギーユ・ルージュ山塊(手前)、奥の高い山はエギーユ・ヴェルト(4122m)。フランスの4000m級はモンブラン周辺に集まっているのです。オート=サヴォア県以外でフランスで4000mを超える山はエクランの最高峰、バール・デ・ゼクラン(4102m)のみです。


来た方向を振り返って。


この日のコースの半分の時間はこの岩の塀のようなロシェ・デ・フィズの麓をあるくことになります。


このあと峠に向かうので少しずつ高い位置を歩いて行きたいと思います。トレースは結構何種類もある(スノーシューのトレースはゼロですが(;´Д`)。。)ので、その中で高めにあるものを参考にします。


かなり急な坂を峠に向かって山スキーヤーが上っていきますが、わたしが行く予定なのはこのすぐ隣にあるもう少しなだらかなやつです。ここから登るとわたしがその後行きたい頂上には行けない若しくは非常に難しいと思います。


ちょっと歩く位置が悪かったです。急すぎてしかも岩が結構出っ張ってるところに来てしまったので位置を修正しないといけません。


・・・これが結構大変で、特にこの日気温が高くて昼前になるにつれてさらに歩きにくくなってきて、いつもならどうってことない(と思われる)坂で滑って数メートル滑り落ちました(;´Д`)  いっぱい登った後でめちゃくちゃ暑かったので上着を脱ぎ、手袋もしばらく外して歩いてたのが災いし、左手の甲の皮を擦りむきました。割と慎重なので普段ほとんど怪我をしたことがないのですが、すごく怖かったです。
教訓「暑くても手袋外すな」・・・


こちらがわたしの目的地の方のアンテルヌ峠です。
手は皮がむけてる部分があるので痛いはずなのですが、冷たさで麻痺しているようであまり何も感じません。


眼下に見えるのはモエード・アンテルヌ山小屋。


少しずつ近付いてきました。初っ端の道間違え、アイベックス写真撮影大会でかなりの時間ロスしたところに手を怪我したことが加わり(滑ったことで恐怖心も芽生え‥)峠に登ってる最中は、その後の頂上はもういらん、という気分でした。


あとほんの少しです。


あ~着いた。峠です。今日初めて見るオフィシャルな看板が立ってます。


え~と、わたしが出発点にしたスキー場までは帰るのに2時間半…スノーシューなら3時間くらいか、、結構かかりそうです。


このエリアは自然保護地区のようです。


峠の十字架、ひっくり返ってます・・・
左の端らへんはモンブラン山塊の一部、グランド・ジョラス。モンブランはフランス最高峰の山の名前であるのと同時に、それを取り巻く山塊の名前でもあります。


ふと右を見ると・・・むむぅ、お主か、テット・ド・モエード。


案外傾斜緩やかよね・・・山スキーヤーのトレースもあることだし、行ってみる??


おお~華麗なシュプールが残されています・・・かっこいいな~


で、それで誰?傾斜緩やかとか言ったの・・・(~_~;)


しんどかったですがテット・ド・モエード(2459m)頂上に到着~~


正面の景色。先ほどと大差ないですが、エギーユ・ヴェルトがさっきより下まで見えます(それだけ??)。


頂上でお昼にしようと準備しかけたのですが、風が強くて寒すぎる・・・ちょっと移動することにします。今来た方に少し戻りたいと思います。


ちょっと風よけのような形の地形になってるところでお昼ご飯休憩。頂上よりましとはいえ、ここでも風はあったので(寒がりで風も大嫌い。ていうか風のあるところでご飯食べるのがイヤ)、20分前後くらいでもう立ち上がってました。まあいいや、帰りにもっと下の辺り、例えば行きに通ったシャレーがいっぱいあった集落らへんとかでコーヒー休憩しよう。。と思いつつ時間がなくて(子供たちと一緒に晩御飯を食べたいので遅くなりたくなかった)結局この日はお昼の約20分間しか休めませんでした。自業自得ですが(;´Д`) まあ服の着脱や写真撮ったりするのに立ち止まる機会はたくさんあるので小さな休憩はいっぱいしているとも言えます。


山スキーヤーの足跡、わたしの足跡、アイベックスの足跡が平行しています。


峠の反対側に戻り、もう一つの峠の方に歩いていると・・・


あ~、山スキーヤーが。


カッコいい~~


行きと同じルートですが日が傾いてきて、しかも薄い雲がかかってきていて朝とは別の景色に見えます。


シェパードを連れて山スキーをしている人がいました。


お日様がだいぶ低くなっています。
朝通った水汲み場、集落を通ります。


森の部分を通り・・・


スキー場に戻ってきました。朝はまだ営業前だったので誰も滑っていませんでしたが、スーヤーとぶつからないよう気を付けてゲレンデを横断します。


スキー場の中心地に戻ってきました。


うお~~っ、満車です。


バカンス中の地方があるので子供を連れた家族連れが多いです。


高速道路から。自分で運転してこの辺来たの初めてなのでグーグルマップに帰り方を教えてもらったのですが・・・


行きと違う道だし、なんかスイスナンバーの車ばっかり走ってるなーと思ったらジュネーブ経由(正確には町中は走りませんけど)でした(・_・;) こちらの道のほうがスキー場が少なくて、混雑してなさそういう理由が考えられます。


食わず嫌い?のオート=サヴォア、行ってみたらなかなかきれくて普段見慣れない形の山が並んでいて楽しかったです。高速代がかなりかかるので今度行くときは割り勘できる連れを探して行きたいと思います(;´∀`)

スイスに近い方面に初遠征(前編)

いつもは全く行かないスイス方面のオート=サヴォア県にこのたび遠征してきました。
シャモニから20㎞ほどの地点にあるスキー場が今日のスノーシューでのハイキングへの出発地点となります。
どうして普段全然こちらに来ないかというと・・・
①全体的に遠いうえに高速の部分が長く、料金が高くなる
②インターナショナルな客(ハイキングもスキーも)やリッチ層も多く集まるためスノッブでお高くとまってるイメージがある
③行かないもんだからうちに地図がない💦
まあ、なにせ行き慣れてないから余計に腰が引けてしまうんでしょうね。


でも先週なぜか急にこっち方面に行きたくなり、早起きして日帰りでスノーシューをしに行きました。その数日前に歩いたボーフォータンからモンブランなどこちら側の山がきれいに見えたせいかもしれません。
あ、モンブランくらいならリヨンからでも見えますけど(^^;


地図がないとは言ってられないので買いましたよ・・・。


うちから2時間半かかりましたが、実に高速が2時間強。いつも行く辺りだと2時間の道のりでも高速は1時間前後。そう思うとやはり高速代高かったです・・2、3日間で来ないともとがとれません。


今日の出発地点は標高約1350mにある比較的小規模なスキー場。
スキーヤーだらけで騒がしそうだしゲレンデやリフトといった人工的なものが景観を壊してるというイメージがあり、できたらスキー場からの出発は避けたかったんですが、そこそこの標高まで冬でも道がいい状態なので来やすいというメリットもあります。


到着・・した感じだけど、ハイキングコースがどこから始まるのかまるで分からない。。それ以前に自分が地図上の一つ目の駐車場なのかふたつめの駐車場なのかさえ定かではない(;´Д`) 恐るべし、方向音痴~~ てか方向的なセンスのなさっていいましょうか。。
写真に写っている時間待ちしていたバスの運転手さんに聞いてとりあえず現在地を確認(^^;


あっ、山スキーヤーさんがやってきて準備をし始めました。今日わたしが歩くコースは主に山スキーヤー向けのコースなので彼らが行くほうに付いて行けば間違いありません。スノーシューできるところは反対側にもあるけれど、山スキーしておもしろそうなのはわたしが今日行こうと思っている方向だけなのです。
が、付いて行くつもりが彼らのほうが準備がずっと早くてわたしがもたもたしている間にさっさと出発してしまいました…(つд⊂)💦 
準備を整えて出発できたのは8時前でした。


仕方ない、もう誰もやって来ないので自分で探します・・・
今回大変だったのが、出発地点からして何の表示もなく、その続きもほとんど全く方向案内がなかったことです。それでも村や林道から始まるハイキングコースなら地図と見合わせて大体分かるものだけど、スキー場がわたしのハイキング地図とうまく重なりあわず予想外に手こずらされました。


唯一道っぽく開けていたゲレンデを登ったらすごい傾斜でした。。標高にして軽く200mは登ったと思います。これは登り切って少し進んだところ。
リフトでここまで登ってからスノーシューを始めることもできそうです。まだ時間が早かったので動いていませんでしたが。
が、ここからが道がな~い。。
リフトの点検のおじさんが来たので聞いてみたら「あんた随分高いところまで来ちゃってるよ。山スキーやスノーシューの人が通るところはもっとずっと下だよ」 .Σ( ̄ロ ̄lll)
必死こいて登ってきたのにその仕打ちですか。。


仕方ない・・・今せっかく上った分を下ります。初っ端からエネルギーをかなり無駄に使ってしまいました。。


下りた後も少しウロウロして、ようやく正しい道が見つかりました。最寄りの集落を示す看板もあります。しかし正式な黄色い行き先案内看板ではなくて手作りのものです。
地図にしっかり載っている道の割にはオフィシャルな黄色いハイキング客用看板がひとつも見当たらないのです。


森の中の道を歩いていてすれ違った山スキーの地元のおじさんと話して分かったことには、スキー場にハイキング用のいろいろな行き先案内看板があると、スキー客の一部は興味本位であちこち行ってしまうからだそうです。そんなことになると安全が保証しきれません。だからむしろ「ここからコース外」の表示はいくつも立っているものの、スキー場でスキーをする客に関係ない行き先案内看板は冬の間取り払われているようです。
・・・ここではっ!と気付きました。
へっぽこアルピニスタさんたちが牛岳に行けなかったのは同じ理由なのでは・・?
スキー場から出発したため、スキー客がそっちに行くのを防ぐため夏の間はあった案内表示が撤去されてしまっていたのではないでしょうか。リベンジできたみたいなのでよかったですが・・・。


はい。まあ気を取り直して歩き続けます。正しい道に入るのにおそらく1時間くらいは無駄にした気がするので(落ち込むので計算したくない(;´Д`)。。)、どうしても早足になります。シャレーが集まるル・シャトレ集落が低いところに見えています。


先ほどのおじさんに「今日はアンテルヌ峠まで登ろうと思う」と言うと「うわっ。遠いよ~!しかも最後きついよ」・・・でも実はアンテルヌ峠というのは最悪時間がなかった場合の目的地。控えめにそれを出してきたんですが、実際の目標はここら辺にくる多くの山スキーヤーが向かうテット・ド・モエードという2459mの山で峠(2257m)からさらに登ります。
そう言われて「あ~やっぱり頂上は無理かな~」と思いつつも最善を尽くしたいのでとりあえず早足で歩きます。


森から出てきて別の集落に到着しました。アイエール集落です。おそらく放牧の人たちが夏に使うシャレーなのでどこも無人のようでした。


シャレーの間を通りつつ先へ進みます。


通りがかったシャレーの中で一番かわいかったのがこれ!


これは確か別のシャレーでしたが絵が可愛かったです。


集落を通り抜けた後にあった水飲み場。大きかったのでおそらく放牧の牛用と思われます。


北側にものすごい存在感で立ちはだかる岩壁、ロシェ・デ・フィズ。ヴェルコール山塊に似ています。このあと右上方向に歩いて行きます。


だいぶ登ってきたところ。このあと左側に回り込みます。どんな景色が現れるのかドキドキ・・・


回り込む途中。北方向を振り返って。


・・・おおお~~っ。。岩の麓にアイベックスがいっぱいいます!しかも雄ばかり。


ここまで近づくのにハイキングコースから離れスノーシューを外し(音がうるさい)、トレッキングポールもほおったらかして(持ったまま写真撮れない)かなり勾配のきつい坂をそろりそろりと登りました。あと下りるのが怖かったです💦スノーシューもトレッキングポールもなく。。


お父さんなのか親分なのか・・・若い雄です。
わたしに気付いても特に動こうともせず(スノーシュー外さなくてよかったかな)、威風堂々。対して子供のアイベックス(みんな雄でしたが)はみんな動き回っていました。


下りてハイキングコースに戻り再び歩き出した後に反対側から見えました。ズームで撮ったもので、実際わたしのほうがだいぶ低い位置にいました。


小川が雪どけ水でかなり強い勢いで傾斜のある部分を滝のように流れていました。なんか完全に春みたいです・・・


いよいよ反対側の景色が見えてきます。


浸食のあとのある岩。


うわ~い💛 オート=サヴォアって感じ(分かりますか・・・?日本人が想像するアルプスっておそらくスイスやオート=サヴォアの風景なんじゃないかなぁって思ってるのですが)です。


今回もとても1回では長すぎて無理なので、続きはまた後日に書きたいと思います。