フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

1泊で南仏ケラ山塊へ(その4)

今回が2度目の遠征となった南仏ケラ山塊。イタリアとの国境の峠周辺を散策したのち予約している民宿へと向かいます。


ハイキングをする際に停めた駐車場からは約15分間の道のりです。景色がいいし時間もまだ夕方5時半なのでゆっくり走ります。


村に着く少し手前。スキーリフトがありました。


アブリエスの村に到着。小さな村で民宿は3軒しかありません。特に住所は聞いてませんでしたがぐるっと1周して見つかりました。右手がそれです。


おおっ、宿の前に白と赤のGRのペンキマークがΣ(゚Д゚)
GR(Sentir de Grande Randonnée 「大きなハイキングコース」)とは町や村の間をつなぐその地方ごとに設定されている長いハイキングコース。この日も山の中でこのペンキマークがありましたが、こうやって宿泊しながら数日間で縦走できるようにと考えられているため、麓の村や町中でも見られることがあります。各コースには数字が付けられています。ここのはGR58。もっとも有名なものはコルシカ島を1週間前後で縦断するGR20でしょう。


宿の前にちょうど奥さんが出てきてて庭仕事をしておられました。「今晩予約してるんですけど」と話しかけると、わたしは聞いてないけど、と言うので「えっ、、電話では男の方でした💦」と答えます。「大丈夫ですよ。どうせ他に誰もいないですから」
やっぱりか・・・スキーシーズンが終わりまだ夏のハイキングシーズンには早い今の季節、閉まっている民宿がほとんどで開いてるところを探すのに苦労したのでした。3連休の真ん中の日曜日だというのに…どんなけ人気ないんだ(;´Д`)
今の季節お客さん少ないからご飯は出してないというので素泊まり(21ユーロ)で予約してあります。


gîte(ジット)と呼ばれる相部屋形式の民宿です。今回誰も他に宿泊客がありませんでしたが通常数人が一つの部屋で寝ます。ここは二人部屋ですが4~6人部屋ということが多いです。


台所は勝手に使っていいとのことです。ひとりなので夜は簡単に自炊。朝は2回も3回も飲み物を作りながらのんびりだらだらと朝ごはんを食べることができました(^^;


荷物を部屋に入れ軽く整理し、暖かい飲み物を作って一休みしてもまだ6時半です。まだしばらくは外が明るいので(現在の日没は21時ごろ)軽く村を散歩しようと思います。


教会の壁には日時計。


村のメインストリート(^-^; 1分でぐるっと回れてしまいます。
でもちゃんとインフォメーションセンター(手前右)まであります。閉まってましたけど。


村のおっちゃんが集まるカフェ。小さい村なので山の中同様、すれ違う人とは全員挨拶します。小さい子供でもみんな「ボンジュール」と言ってくれます。


ケラ地方の産業は観光と林業。木を使った工芸品も多く見られます。昔この地方を回っていた相乗り馬車を再現した作品が村の入り口にありました。


可愛い薄ピンク色の郵便局には木の装飾が。クリスマスっぽいけど通年もののようです(^-^;


全てがこじんまりとしています。こちらは図書館。サーモンピンクです。この辺りの村や小さな町を通り抜ける時に気付いたのですが、ピンクや水色や薄黄色など結構カラフルな壁の建物が多いのです。わたしが普段行くアルプス山系でも北のほうは村がもっと地味です。カラフルな建物は南仏の村によく見られるのですが、山の中とはいえ一応南仏という自負?があってのことなのかもしれません。


可愛らしい一軒家のお菓子屋さんがありましたが残念ながら閉まってました。「ケラ風タルト」と書かれているのが気になります。日曜の午後はフランス、このように基本ほぼ壊滅状態です(~_~;)  スキーシーズンとかなら開いてたのかもしれません。


こちらは村はずれ。スキーシーズンになると週単位で貸し出すシャレータイプのアパルトマンが並んでいました。それなりにスキー客が来るのでしょう。


ここの村に限らず、山の麓の村でたくさん見かけるのはToyotaに限らず日本メーカーのピックアップや四駆。かなり古いパジェロなんかも現役で活躍してるのをよく見かけます。


木の工芸品が特産の地方とはいえ・・・民芸調の郵便箱バトルといった感じです(◎_◎;)


民家のリンゴの木の花💖


カフェのほかに唯一開いていたのが個人経営のスポーツ用品(というか服中心)店で、お店のご主人とこの地方の話、ハイキングコースの話などをしました。最後に「ひとりで危ないところ行かないでね」と念を押されました^_^; 
まだ7時半にもなっていませんが、村が小さすぎてこれ以上時間をつぶすのは不可能(-_-;)
大人しく民宿に帰りぼちぼちご飯でも作って明日行くハイキングコースでも考えようと思います。明日のために考えていたコースがあったのですが、今日一日歩いてみてこの雪の量ではそのコースは無理そうな感じなので(10時間以上かかりそう)別のを考える必要があります。
先ほど話したスポーツ用品店のご主人がここの近くから行ける簡単でリスクゼロというコースを提案してくれたのですが、駐車場の近くの森と野原をぐるっと回って帰ってくるという2時間くらいで終わりそうなものです。さすがにそれはちょっと(;´Д`)


そして翌朝。とても静かでよく寝られたんですが、やはり気が高揚しているのか早くに目が覚めてしまいました。2度寝ができない体質なのでベッドで少しごろごろした後はコーヒーを作ってもう一度ハイキング地図とにらめっこ。この周辺ではちょうど良さそうなのが見つかりません。ケラ山塊の地図は2枚あるのでもう1枚の地図のほうで探してみます。車で40分ちょっとかかる方面ですが通常(夏)は森の中を、そして冬はそれにほぼ平行したスキーのゲレンデを上がるという安全そうなコースがありました。目的地は2500m弱の地点にある湖(たぶん凍ってるでしょうが)で、余裕があればその後峠まで行くことができそうです。峠に登るのも標高線の感じでは緩やかそうで、こちらにも夏のハイキングコースとほぼ同じところを通る山スキーコースが記されています。


朝ごはんを食べ終え、6時過ぎにはもう出発しました。
晴れの予報なのにこんなに雲が。。民宿から出た時には雪もぱらついていました。


早く出た理由の一つはハイキングの前に昨日通ったこのお城のある村を歩いてみたかったからです。


この地方では壁に日時計がある建物がたくさん見られます。伝統なのでしょうか。


村役場の建物。そういえば前日は大統領選挙の第2次投票日でした。日曜日だというのに1日誰ともすれ違わなかったのはそれも関係あるのかな?


目的のお城まで来ました。えーと、開いているのは7月と8月の10時から19時まで(-_-;)
そりゃ早朝は無理だとは思ってましたけど、年に2ヵ月しか開いてないんですね。。
13世紀のお城で、17世紀にルイ14世の時代の有名な建築家ヴォーバンによって要塞化されたそうです。ヴォーバンはフランスのあちこちに要塞を作ったり元々あった建物を要塞化したりした天才的な建築家で今でもフランス各地に彼プロデュースの建築物が残っています。


中に入るのは無理でもちょっと上まで見に行ってみたいと思います。


ハイキング道のようです。


ぜいぜい。。村の観光ごときで疲れるわけにはいけません💦


これ以上は閉まっていて行けませんでした。しばし見上げて周りの景色も眺め、当時の様子を想像してみたりします・・・そういうのが好きです^_^


まだ7時になったところですが、これ以上することもないので目を付けたハイキングコースのある村まで向かいたいと思います。


お城のあった村の標高が1300m台、これから向かう村は1700m前後あります。この写真のような峡谷をしばらく走ったあとはひたすら上りの続く道路でした。行き先はそこそこ大きなスキー場ももつ村なので道路の状態はかなりいいです。ただしかなり急なので2速3速中心で、1速でないと上れないところも数多くありました。
景色のいい山道の運転は大好きだし、祝日の朝ということでほとんど誰もおらずちんたら走ることができました(^^;


7時半。目的地のセイヤックの村に到着。このままハイキング出発点まで同じ道路を進みます。この県道はそこで終わりになっています。


スキーのゲレンデです。よく見ると滑ってる人がいました( ゚Д゚)


まさかの積雪量(◎_◎;) 
2日前に結構降ったようですがこれがまだたっぷり残っていました。替えるの面倒で冬タイヤが付けっぱなしになっていましたが、これが功をなしました(;´∀`) 
それでも最後までは行けなかったので少し手前に停めました。


その4はここまでです。長くなってきましたが、続きもよろしくお願いします<(_ _)>

1泊で南仏ケラ山塊へ(その3)

昨年11月に続いて2度目の遠征となった南仏ケラ山塊。前の週、そして前日にも降った雪が真冬並みに積もっています。この日は標高1700mの集落からイタリアとの国境の峠まで歩いてきました。

ラクロワ峠(2299m)から少しイタリア側に入った地点にある廃墟となった山小屋の中で風をしのぎつつ昼食。


一応地図に載ってるハイキングコースだけあり、何らかの案内があったようです。
小屋同様朽ち果てていますが(;´Д`)
しかしこの日、登山口を始め、今まで案内看板ゼロ。杭のてっぺんは軽く2メートル以上はあるはずなので完全に雪に埋もれることはなさそうなのですが、てっぺんだけ出ていても案内板だとは気付かずに見落としていたのかもしれません。


峠に向かう最中はガスりまくりで軽く吹雪いてもいたのですが、その後天気は回復してきています。小屋に来る前に峠のすぐ隣の高くなっている地点に登ったときはまだガスり中で「ここが本日の頂上ということにしておこうか…」とも思ったのですが、ご飯を食べ終えてまだ1時半を少し回ったくらいで時間は十分にあります。かと言ってイタリア側は下りていくだけになります。地図を見ると一度1800mくらいの谷まで下りて周回してまた別の峠からフランス側に戻ってくることもできそうですが、そこまでは張り切っていません。夜遅くなりそうだし・・・
フランス側、先ほど歩いてきた谷の左手になだらかな山が見えます。上の写真で言うとストックの上の辺りに見えている山です。これ、なだらかで雪崩にくそうだし行けそうです。帰り道だし。さっきはガスってたし、地図にもハイキングコースとして線が引ていないので全く気付かなかったのですが。


最短距離&無駄にアップダウンせずに登れそうなところを狙って歩き始めます。


歩き始め。振り返って。


遠くから見てたらなだらかこの上ない山でしたが、手前の部分がかなり傾斜あります。横切りつつ少しずつ登っていきます。


そう遠くはなさそうです。少し手前もなだらかなので頂上よりむしろ手前の稜線の部分を狙って登り最後は稜線を歩く方がいいかなと思い、ちょっと方向転換。


朝歩いてきた谷です。


狙ってた地点に到着。これは反対側になりますが、下から見てふたつみっつ尖がってた部分、下からだと急でギザギザの部分もありそうでとても登ろうとは思いませんでしたが、こうやって稜線から見ると行けないこともなさそう・・・頂上にケルンあるし。
行けるかどうか分からないけど危なくないところまで近づいてみたいと思います。


雪庇になってるところを避けて少し低い辺りを歩きます。
このあともう少し進みましたが、最後急傾斜過ぎて危ないのでUターンしました(^^;)
雪のないときなら左側(フランス側^_^)の急斜面からよじ登れそうなもんですが。


はい、元々の予定(って思い付いたんついさっきですが)通り、なだらかな山の頂上に向かいます。写真の右上のやつです。しかもこっちのほうが高いしな。


さっき試みた尖がってて危ないわりに低い山を振り返って。


イタリア側。残念ながら山の名前はひとつも分かりません。でもこの辺りはどれも3000mにもならない山です。


稜線からの景色も十分に満喫しました。今日はこの山でおしまいと思うとちょっと名残惜しく、稜線を離れ少し低い位置から元々登ろうと思っていた面を歩くことにします。


限られたシチュエーションを目いっぱい楽しむアイデア?です(^▽^;)
最近日が暮れるのが遅いので時間はたっぷりあります。後は山を下り谷を下りて森を抜けて谷底の集落に戻るだけなので・・・


遠くからみてもチョコンと尖がっていましたが、頂上自体が巨大な雪庇みたいになっていて怖くて近付けず… (゚Д゚;) ブルブル。。


でもまあ、とりあえずパラルーサンPraroussin(2675m)頂上\(^_^)/
峠から1時間ちょっとでした。先ほどの尖ったやつはピック・ド・コル・ラクロワ(ラクロワ峠岳…)でここより135m低くなっています。


それではもう後は下りるだけです。右側の斜面を登ってきましたがこの後左の谷を歩いて村まで戻るのでむしろ真下に下りたいと思います。
谷底に地図に載っている「Refuge Napoléon(ナポレオン山小屋)」というのがあり、その名前に興味を惹かれます。雪に埋もれていて上半分しか出てないんですが、気になるのでそこを目指して下りていきたいと思います。


下りていく途中。峠の形がよく分かります。これを越えた反対側(イタリア側)にお昼ご飯を食べた小屋はありました。


急なので滑り下りしたかったのですがうまく滑らず、結果ドタドタドタッと下りました。こんなけ傾斜があれば絶対滑ると思ったんですが新雪過ぎると逆に滑らないのかな・・・


着きました、ナポレオン山小屋。・・・朽ち果ててました(;´Д`) 
何がナポレオンなのかは分からないままでした。


自分の下りてきたトレース。下りてて「ここ急だな~」と思ったけど下から見ても急でした(◎_◎;) この斜面も山スキーコ―スになっているようでした。


もうあとは帰るだけです。峠とさっきまでいた山を振り返って。


はい、しつこく振り返ります。だって行きはガスっててこの景色全く見えなかったので…


あ、自分の朝歩いてきたときのトレースに合流です(;´∀`)


谷の左の斜面には自分の行きのトレースがよく見えます。
対して、帰りは雪のない右の斜面から帰ろうと思います。こちらからだと車を停めてる集落の少し手前の道路に出ることになります。


こちらは雪がほとんど融けています。行きの森は北壁なのと木が茂ってて陰になってるのとで同じ高さで数十センチは積もってました。
スノーシューとりあえず脱ごう・・・またいるところあるかな、と思ったものの結局最後まで必要なしでした。


お天気もよく気持ちのいい道が続きます。


夏に見られるオルパン・デ・ザルプがもう咲いています。


春の終わりから夏にかけてあちこちの山で見られるジョンシアン・プランタニエールはこの日はこのひとかたまりしか見られませんでした。


雪がないっていいな♪ (;´∀`)


道路が走る谷底が見えてきました。


この道はGRと呼ばれる町や村の間を結ぶ長ーいハイキングコースの一部になっています。GRのペンキマークはフランスじゅうで共通していて白と赤。


どんどん下りてきて道路や村がよく見えてきました。朝はこの奥の方から車でやって来ました。


春に咲く花の中でも大好きなプルサチーユ。アネモネの仲間です。白はよく見かけるのですが、紫色のを見るのは初めてです。この出会いがあっただけでもここに来た甲斐があったように思えます(^^♪


ちっちゃいときから毛深いんですね・・・


これは白いほうのプルサチーユ。この周辺は紫のばかりあちこちに咲いていましたが、白は逆にあまり見かけませんでした。でも普段行く山で見るのと若干品種が違うようです。


谷底まで下りてきました。車を停めている集落まで道路を歩きます。


集落の入り口に到着。
あれ、右の奥が駐車場になってるようです・・・朝は目に入らず集落の中心まで行ってしまいました。。


道路わきの駐車場がハイキング客用みたいでした(いまさら)。
対してわたしの車は村の住民用と思われる集落の中心の小さな駐車場に(^▽^;)


歩いて村まで上がっていく途中にありました、ハイキング客用の行き先案内看板。
ここひとつも看板ないとか朝愚痴ってたんですが、ハイキング客が通らない場所から出発してるんだから仕方ありません💦


ただいま~😊 車に戻ってきました。
現在夕方5時過ぎです。予約してる民宿は車で15分ほどの距離で朝来るときにその村を通ってきました。到着は午後の遅い時間になりそうですと電話で言ってありましたがその通りになりそうです。
この日は連休中の日曜日だというのに一日誰ともすれ違うことはありませんでした。


湧水が出ているので汲んで帰ります。
ドラゴンなんだかトカゲなんだか可愛い顔になっています。


車に乗り込み、本来ならハイキング客が停めるはずの駐車場に寄ってみました。


道路はもう少し続くのですが、ここで通行止めになっています。
あれ、ここなんか見覚えある・・・「モン・ヴィソ自然保護地区」。。
あ、ここは11月にケラ山塊に初遠征した際に1日目にハイキングした場所でした。その時はこの道路は開いていて(道路にも雪いっぱいあったのに)もっと先まで行けて、そこからヴィソ山小屋まで歩いて行ったのでした。
モン・ヴィソはこの地方を代表する山で3841m。頂上はイタリア側になります。わたしが行った山小屋はフランス側です。



その3はここで終わりです。その4では泊まった村、翌日のハイキング前の観光?などもアップするつもりです。

1泊で南仏ケラ山塊へ(その2)

ひとりで1泊でやって来た南仏ケラ山塊。先週に数日、そして前日にも降った雪のため山は真っ白!いるのかどうか分からずとりあえず持ってきたスノーシュー、これがなければどこにも行けないところでした。
ケラ山塊は全体的に町や村の標高が高く、この地方にあるヨーロッパで最も標高の高い村(行政的に独立した市町村として)、サン・ヴェランは2042mありますがこの日のハイキングの出発地点の村の標高も1700mとかなり高くなっています。


地図に載っているコースなのに登山口の案内板がない・・・ウロウロ探してみて見つかった道、これしかなさそうなのでとりあえず歩き始めます。初めのうちは雪があっても形が大体分かるくらいしっかりした道でした。


少し上がったところから。川とそれに沿ったさっき走ってきた道路が見えます。


森の部分に入ってすぐに咲いていた花たち。


森に入りました。このへんは雪があってもまだ道の形が分かりました。


このように時々ペンキマークはあるものの、ほんと少なくてペンキマークとペンキマークの間に迷子になりそう。


随分と長い間ペンキマーク見ないなーと思いつつも歩いていると・・・どちらの方向を見てもすっかりさっぱり道らしきものはなくなってしまいました。迷ったなどうやら。
そんなときは最後に見たペンキマークのところまで一度戻るべきかと思うんですがウロウロしてしまったため、迷ったことに気付いた場所さえもどこだったのか定かではない・・・分かってるのにまたやってしまう失敗のひとつです(^▽^;)


お、小屋のようなものが見えたので近寄ってみました。地図に載ってるだろうから
地図上での現在地が確かめらるはず。
・・・載ってない(◎_◎;)   
地図は2011年発行と小さく書いてあります。この見るからに新しそうな小屋、どうやらそれ以降に建てられたようです。
こじんまりとして可愛らしい小屋です。迷ってる真っ最中だというのにとりあえず中をチェックしに入ってみます。


おお~!!普通に誰かんちみたいです。こんな避難小屋初めて見ました。なお水道の水は出ませんでした。水道管が凍っているのでしょう。


テーブルの上にはメッセージ用紙が。思い出や次の宿泊客に向けた注意事項などが書き残されていました。


さて、あんまりのんびりはしていられません。なにせ迷い中の身ですから(^▽^;)
地図では東方面に向けて歩くことになっているのでそちらに向かって進んでみます。


わ、嬉しい。ペンキマークありました。正しい道に戻ってきたみたいです。


そのあとしばらくは分かりやすいはっきりした道を歩きます。


谷みたいなところに出てきました。


ケルンがひとつありました。


この後は谷の奥に進んで行けばよいだけのようです。わたしが今いるのが左岸になります。


適当に進んで行きます。


しかし・・・いつの間にかお日様は隠れてしまい、空は真っ白(-_-;)
向かいにちっちゃく屋根だけ雪から出ている小屋が見えます。
この辺り、谷の幅が狭まってきていてどっちみち底は雪に埋もれているので反対側に渡ることができます。わたしの歩いてる側の山の斜面のほうがかなり急になっています。山スキーのコースとして地図にも載ってるしまあ木も結構生えている地帯だとはいえ、新雪が結構な量あり、絶対雪崩がないとは言い切れません。対して谷の向かいのほうが斜面は緩やかです。迷わずこちらにさっさと渡ることにしました。ちなみに地図上のハイキングコースとしてはもっと先、谷が最高に狭まった地点で谷の向こう側に渡るようになっています。


振り返って。どっち方面も雲に覆われています。天気予報では1日中晴天って言ってたのに(;´Д`) でもそれは麓の町のことで山の天気は分かりません。
そして強風に加えて雪まで降ってきました。・・・つまり・・・吹雪いてるってわけかい!!


は~~、谷の反対側の小屋の前までやって来ました。風と雪が辛いので小屋で一休みしたいんだけど、開いてるかな。地図に「羊飼い小屋」として載っているので、避難小屋として使える可能性(=鍵が掛かっていない)は高いです。


あ、つっかえ棒。つまり鍵は掛かってないってことですね~


えっ。なっっ・・・
つっかえ棒の一部は雪に埋もれ、雪も下の辺りは氷の塊となっていて棒を掘り出せないことが判明(;´Д`) お湯を沸かして上からどんどんかけて融かす・・・とか考えたけど、ここで今日泊まるってわけでもないのでもういいです。
ただ新雪の中を歩いて疲れてきたし、あまりに雪と風がひどいので少しだけ小屋の陰で立ったまま休憩しました。


はい、再度出発です。
アホなので小屋のすぐ後に唯一見えたこれ(視界が悪くそれ以上先は何も見えない)が峠なのかと思って5分くらいずんずん上っていったのですが、なんだか様子がおかしい。もっと遠いはず。少し引き返すと遠くにぼんやりそれらしきものがガスの合間から見えています。


こちら方面が目的地の峠のようです。進んで行きます。近いようで結構あります。



あ。太陽が雲の間から覗きました。一気に山のラインが分かるように。


ここか!?峠・・・地図によれば反対側に小屋があるはず。越えたらあるかな・・・


・・・(~_~;)
何にもないのでとりあえず隣の高くなっている場所に登ってみます。


あ、見えました。写真の左下の端の岩と一体化して見えにくいですが、小屋が半分雪に埋もれているのが分かります。


とりあえず、このすぐ右側にある峠が今日の目的地でした。この今あるところのほうが少し高いのでここを「本日の頂上」としようかな・・・?


左側は雪があると難儀っぽいですが、夏なら普通に歩けそうな稜線が少し続きます。


峠側。こっちの稜線も雪のないときなら行けそうな感じのところですね。今日はいいですけど(~_~;)


お天気が回復してきてるようで嬉しいです。


正しい峠に向かってゆるゆると下りていきます。


さっきまでいた高台のほうを眺めて。


あ、はいありました、小屋。


近付いてきました。


ラクロワ峠(2299m)に到着。
その手前に看板があるようですが上のところが辛うじて雪から出ているだけです。


ちょっと掘ってみたら十字架のようになってました。地図には国境を示す看板(なり石碑なりケルンなり十字架なりの何か)があると載っているので、どうやらこれのようです。
そうです、国境です。


これは小屋の辺りでのグーグルマップのスクショ。国境からほんの少し右側(イタリア側)にいます。


上のは情報が少ないんで、下は峠より高い岩の部分にいたときのスクショ
👇

はい、今日の目的地はイタリアでした。


イタリアのすぐ近く、ほんの数キロとかいうところをハイキングで歩くことはたまにあるけど国境を越えたのは初めて・・・と考えたら、一度ありました。9月に登ったサヴォア県のグランド・サシエール。ここは国境のラインになっており、スマホで撮った写真の一部は位置情報でイタリアで撮ったことになってありました。
👇



正面は、というかこの小屋のある辺りもイタリアです\(^_^)/


小屋っていっても完全に朽ち果てています(;´Д`)


でもまあ風よけくらいにはなるのでこの中でお昼ご飯にします。先ほどからまた風が強くなってきています。
もう1時です。歩きながら一度おやつは食べたもののお腹がだいぶ空いています。


長くなってきたのでその2はここれおしまいです。その3に続きます。