フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

「裏ベルドンヌ」でスノーシュー

日曜だった昨日は、友達とベルドンヌ山塊へスノーシューをしに行ってきました。
「裏ベルドンヌ」と呼ばれるベルドンヌの東側の地域です。何をもって「裏」なのかといえば、もちろんベルドンヌを「自分たちの山」だと思ってるグルノーブル市民から見てですよ~(;´∀`) 彼らに近い部分、つまり山塊の西側が「表」で遠い部分は「裏」だと信じて疑わないみたいです(-_-;)
 

この日の天気予報は「曇り時々晴れ、午後から曇り空がさらに広がる」だったので期待してなかったのですが、かなり晴れています\(^_^)/
ちなみに、ひとりだったら朝は5時台に出発するわたしに対して友達は朝が苦手(山女なのに…)。頑張って早起きしてわたしを迎えに来てくれたのが6時20分。。。


道路の除雪がどの程度されているのかが心配だったのですが、問題なく出発予定地点の村までやって来ることが出来ました。1265mの地点にある村です。


出発前にビーコンをチェック


まず初めは川に沿って村から森に入ります。


…雪、少なっっ。
これくらいまで雪が減っている部分を何度か通りました。
よく考えると、今シーズンフランスで雪が降ったのは主に2回の時期しかありません。11月初めと1月初め。先月に比べて雪はあるというものの、例年に比べるとかなり少ないようです。


放牧地帯を通る際の心構えを呼びかける看板がありました。この辺りはおそらく羊でしょうが、もちろん今の季節は放牧は行われておらず、6月から9月くらいにかけてのみです。


森ゾーンを1時間半弱、600mほど登って視界の開けた場所に出てきました。


地図を確かめます。


雪の量が大したことないので、川も凍らずにちゃんと流れています。


登りつつ横を眺めた景色。


雪からジュニパーベリー(ねずの実)が元気に顔を出しています。ジュニパーベリーはジンの香りづけにも使われるスパイスです。


ヤマツツジもあちこちから出ています。これだけあちこちにあると、初夏にはきれいんだろうな~と想像しました。


小川に沿って登っていきます。


だいぶ登ってきました。


方角に一抹の不安があったため、登って来た山スキーヤーさん達に地図を見てもらいました。彼らはわたし達が行くのとは別の山に行くようでした。


わたし達が思ってた方向で合っていました。でもこれで不安が解消されてさわやかな気分で登ることが出来ます。


登っていて暑くなり、上着2枚はとっくに脱いでいます(^^;


登って来た谷を振り返って。


もうあとひと頑張りです。


頂上はどうやらすぐそこです。


ポワント・ド・ラ・シアレ(2313m)に到着。


朝に比べてだいぶ雲が広がってきました。
手前はグランド・ルース山塊。右手奥は北エクラン。


すぐ右手にはベルドンヌ山塊最高峰のグラン・ピック・ド・ベルドンヌ(2977m)。


今日も活躍、ジェットボイル~✨ 友達には初披露でした。


友達にホットチョコレートを作ってあげた代わりに手作りのジェネピを注いでくれました。
ジェネピとは同名の高山植物の薬草を漬け込んだアルコールでもちろん彼女はハイキング中に摘んだジェネピで作ったそうです。



グッズがおっさんっぽくなってきました(^^;)


風が強く気温も低くて寒かったので30分ほどの休憩の後はさっさと下りていきます。


行きと大体同じルートで戻ります。でもまあ方向さえ正しければ好き勝手な場所を通って下りて行くことが出来ます。


森ゾーンに戻ってきました。


出発地点の村に戻ってきました。


行きに通ったのとは別の近道を行きます。


近道っていうか完全に人んちの庭です(;´Д`)
ごめんなさい💦


午後3時30分。駐車場に到着。朝は山スキーヤー達の車でいっぱいだったのがわたし達のほかに1台になっていました。
わたしひとりならどっか遠回りして夕暮れぎりぎりまでウロウロしてたと思うのですが友達はそういう考えはないみたいで「早く帰ってこられてよかった。夕方に昼寝ができる」とか言ってました。


帰りも助手席で楽ちんです(*‘∀‘)
運転ありがとう、友達!

お菓子のワールドカップINリヨン(後編)

リヨンで先週行われたお菓子のワールドカップ「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」1日目およびその日招待されたネスプレッソ主催のイベント・ディナーの途中まで前編では書きました。


この日の料理を担当したのはパリのミシュラン二つ星レストランのシェフ。しかもイケメン(≧∇≦) 


しかし、ここで問題が・・・
わたしは貝アレルギーで、あさりひとつふたつくらいならまあ大丈夫なんですがホタテひとつとか牡蠣ひとつとか食べるとじんましんが出てしまうのです。なので、レストランとかでは気を付けているのですが・・・


ホタテはフランスでも高級食材。この日も出てくる予定で、メニューに載っています。
しかも、イベント的ディナーなので全員が同じものを食べる方式で選べない。(;´Д`)
レストランなどでは事情を説明して代わりのものを出してもらったりするのですが、この日はリヨンの町外れにある絹の染色工房を借り切っての仮設レストラン。普通のレストランと違って、メニュー外の食材など準備しているわけがありません。
しかし出されたものをそのまま残すのも残念というかもったいない話なので、食事の初めにダメもとでサーヴィスの兄さんに話してみました。すると「どうなるかは分かりませんがとりあえずシェフには説明しておきました」


すると、みんなにサン・ジャック(ホタテ)が配られて同時にわたしには・・・

おおっ、タラのような分厚い魚代わりに出てきました(^O^) 
突き出しに出てきたサバくらいならまだ冷蔵庫に残ってそうだから、その辺が出てくるのかな~くらいに思ってたのですが・・・
全くみんなに出す予定のない食材までとりあえず絹の染色工房に持ってきているジェロームさん(シェフ)に拍手👏
ネスプレッソの新グラン・クリュのキリマンジャロを使ったソースが香ばしくておいしかったです。


ピントがずれてて残念ですが、肉のメインは子豚(しかもまだお母さん豚のミルクしか飲んでいない)、皮がぱりぱりです。こちらにはもうひとつのネスプレッソの新作、ネパール産コーヒーを使ったソースが。


お口直しの冷たいお菓子。リンゴの蒸留酒カルヴァドスのソルベ、グレープフルーツ、寒天かゼラチンで固めた極薄の洋ナシピュレ、、だったと思います。


お菓子の担当は日本にも店があるセバスチャン・ブイエ氏。今週ちょうど東京のサロン・デュ・ショコラで日本に行っているはずです。


ヘーゼルナッツのムースがミルクチョコレートの殻の中に入っています。
しかし・・でかい。準備中のセバスチャンに「でか過ぎないですか?」と聞くと「いや~ちょうどいい大きさの卵型の型がなくってね」・・そういうことですか・・・


中にはみかんのジュレが。酸味が足りなかったのが残念でした。お菓子研究家Oさんも後でセバスチャンにズバリ「もう少し酸っぱかったらもっとおいしかったけどね」Σ(゚Д゚)
言いたい放題のわたし達でした(^▽^;)


金髪の女性はフランスでは有名なグルメ評論家のメルコットさん。紺色のスーツはルレ・デセール(高級パティスリーの集まったグループ)の会長を務めるパティシエ、フレデリック・カッセル氏。


今晩活躍したシェフ達に声援が飛びます。
長かった1日、やっと終わろうとしています。疲れてお腹もいっぱい・・・
なんとネスプレッソと契約している黒塗りタクシーが自宅まで送り届けてくれました
(´▽`) ラッキー



さて翌日。クープ・デュ・モンド2日目は、1日目と比べてこれといった優勝候補の国もなく盛り上がらないのでは…という気がしていたのですが、心配無用でした。


各国の応援で盛り上がっています。


進行役のふたり


2日目のチームの採点が終わったので、1日目2日目を合わせた全チームの入場です。
勇ましく日本チームが現れました。



日本チーム、楽しそうです。
左から山本 隆夫氏(クラブハリエ)、駒居 崇宏氏(アンリ・シャルパンティエ)、植﨑 義明氏(森永)各選手。
右はコーチ兼審査員の寺井則彦氏(エーグル・ドゥース)。かつてのメダリストでもありフランスのパティシエからも慕われています。


ドキドキの発表です。
3位、スイス。 本人たちも予想していなかったのか大騒ぎ、2日目のチームだったので客席も沸きます。
2位・・・
日本~~
。。。選手たち、日本の応援席は落胆の色を隠せません。
皆、優勝する気でした。
20代、30代の出場選手が多い中、今年の日本チームは全員が40代。ベテランと言われる年代の熟練パティシエばかりのチームで大会に備え訓練を重ねていただけに、2位でも喜べない雰囲気でした。人づてに聞いた話によると、コーチの寺井氏はメダルをフランスに置いて帰ったそうです。


表彰される日本チーム。選手と抱き合っているのは大会の創始者、ガブリエル・パイヤッソン氏。


2位でも、すごいことです。


そして、言うまでもなく、1位は・・
フランス~


大喜びです。
おめでとう!!



さて、今晩は会場をリヨン市内南部に移しての、クープ・デュ・モンドのガラ・ディナーがあります。


ローヌ河とソーヌ河が合流する地区にある会場。1930年代に建てられ砂糖の精製工場として使われていた建物で今はイベントホールになっています。


惜しくも金メダルを逃した日本の選手達、お菓子研究家Oさんと。


お菓子界のスターがわんさか登場します。
元フォーションのシェフで日本にも出店してるエクレア専門店のオーナーシェフ、クリストフ・アダム氏や元プラザ・アテネのシェフで自らのブランドを立ち上げているスーパーシェフ、クリストフ・ミシャラク氏(どちらもイケメン)がテーブルの前をウロウロしています。



それらのスターパティシエとフランスチームの選手たちが談笑しているのを見つけて集合写真を撮るカメラマン。と、それを撮るわたし・・だってご飯なかなか出てこなくて退屈だったんで(^^ゞ


ご飯は昨晩のに比べると数段落ちましたが、ワインは白も赤もシャトーヌフ・デュ・パップでどちらもおいしかったです。
タクシーを待つのが大変そうだったので(確か300人とか400人とかそういう人数のディナー💦)デザートを待たずに帰ったため、デザートの写真はなしです(´Д⊂ ナイター見に行って8回裏くらいに球場を出るのと同じ?ですね。
それでもうちに着いたのは夜中12時半回ってました(~_~;)


その次の日は日本の雑誌の記者ふたりも合わせてショコラチエインタビュー三昧の1日でした。1日中チョコレートを試食して、もうしばらくは欲しくなくなりました。とってもおいしいチョコレートばかりだったのですが。。


前編後編と食べ物の話ばかりで見てるだけで苦しくなりそうだったと思いますが、読んでくださってありがとうごさいます!

お菓子のワールドカップINリヨン(前編)

先週末から今週の半ばにかけての5日間、リヨンでは2年に1度の外食産業の見本市SIRHA(シラ)が開催されました。リヨン市郊外の会場は13万平方メートル、5日間での入場者は19万人、出展企業は3000以上という巨大な規模です。
見本市では毎日、食に関係ある職業の色んなコンクールが催され、中でも目玉は料理人のコンクール「ボキューズ・ドール」とお菓子職人のコンクール「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」です。
わたしが今回日本のジャーナリストさん達のアシストで見学したのは後者、いわゆるお菓子のワールドカップです。


ジャーナリストさん達の泊まるリヨンの市内のホテルに合流してから郊外の会場、ユーロエキスポへ。開場後間もないというのにもう結構な人出です。日中の最高気温でもマイナス2、3度という寒さに日本の方たちは震えあがっておられました。


とりあえずは、コーヒーです(^^; ネスプレッソのVIPスタンドにて。
今回ご案内させていただいたお菓子研究家Oさんと。


コンクールを間近に見られるプレス席です。後ろは応援席ですがここでもVIPゾーンなので、見本市への入場者の大半はアクセスすることはできません。そして見本市自体、外食のプロ向けなのでそれ以外の職業の人は、外食関係の仕事をしている知り合いとかから招待券を分けてもらうなどしないと会場内にさえ入られないという、案外閉ざされた空間なのです。
確かに物見遊山で一般の市民がドッと押し寄せたら(…( ゚д゚)ハッ!わたし…?)商談に来ているプロの人たちはたまったものじゃないですもんね・・・


応援席の一部は辻調理師専門学校リヨン校の学生さんたち。1年の予定で留学されています。


参加国は21か国で1日目2日目と半々で競います。日本もフランスも1日目。強豪と言われるこの2国が同じ日に出るのは実はとても珍しいです。
各国3人チームです。
日本からは目の前で氷細工を製作中でアイスケーキも担当するのは「クラブ・ハリエ」山本隆夫氏、飴細工とチョコレート菓子担当の駒居崇宏氏は「アンリ・シャルパンティエ」から、チョコレート細工と皿盛りデザート担当は森永製菓の植﨑義明氏。皆さん各分野の熾烈な国内予選を勝ち上がってきた勇者たちです。


そして参加各国にはコーチ兼審査員。日本からはかつての大会入賞者で有名パティシエの寺井則彦氏(エーグル・ドゥース)。右から二人目がそうです。技術はもちろん、その人柄からも世界のパティシエから敬愛されているのをよく目の当たりにします。フランス語も流暢に話されます。


大会の実行委員は全員がMOF(フランス国家最優秀職人賞)受賞のパティシエ。その多くがかつての大会メダル受賞者です。正にパティシエのためのパティシエによるコンクールです。
テイスティング用にケーキを切るのはリヨン市内に店を構えるアラン・ロランシー氏と昨夏からパリの超高級ホテル、プラザ・アテネのシェフパティシエを務めるアンジェロ・ミュサ氏。以前は日本にもあるパリの有名店「パティスリー・デ・レーヴ」のシェフをされていました。


フランスのコーチ兼審査員はパリのヴァンドーム広場に店を構える老舗お惣菜店「ポテル&シャルボ」のシェフ・パティシエ。フランスチームの3人のうちひとりがこの店のパティシエです。


日本にも店を出してるジュラのショコラチエ、イルサンジェ氏も大会を手伝っておられました。東京の店には行ったことがありませんが(日本ではとても高いらしい…)、ジュラのアルボアという町の本店には年に2、3度は行きます。わたしの大好きなチョコレート屋さんのひとつです。


さて、お昼に小休憩があります(さすがに)。わたしとOさんはプレスルームへ簡単なお昼をつまみに。
地元の惣菜店ピニョールのものでしたが普通。ワインはおいしかったです。


山本氏の作品、楽器(チェロ?)を演奏するカエルに注目が集まります。毎回のことながら日本の氷細工、飴細工、チョコレート細工はどれも高レベル。


日本の飴細工とチョコレート細工を対にしたもの。シェフたちはもちろん、世界中から訪れたジャーナリストたちも前に集まり気味でした。


艶も細部も完璧ですね~ 
テーマは「Frog Jazz」らしいです。ミスマッチ的にバラの花が添えられているのは、大会の規定にバラとか蘭とかそういう花のひとつを取り入れなければならない、というのがあるためです。


こちら、フランスの作品。テーマは「ロック」!!動きがあります。
写真を撮りそこなったので、ネットで拾ってきた画像です(わたしのブログでは初めてのことなのですが)。


各国の3種類のお菓子(チョコレートのアントルメ、アイスケーキ、皿盛りデザート)のテイスティングとピエスモンテ(チョコレート、飴、氷)が出来上がったところで1日目終了です。選手たちは一般開場時間よりずっと前の6時にコンクールを開始していたそうです。
そして、3種類×10か国のお菓子をテイスティングした審査員の人たちも大変です(^^;


一度タクシーでホテルまで戻った後、夕食の会場に向かいます。
今晩はネスプレッソのテーマ・ディナーというべき「アトリエ・ネスプレッソ」に招待されています。


ホテルにはネスプレッソから黒塗りタクシーが2台送り込まれ、分乗してリヨン9区はひと昔前まで工場街だった、今は寂れた地区に連れてこられました。
怪しい真っ黒な建物の前にこれまた黒服が待機していてわたし達が車から降りるとスッと扉を開けてくれました。


おおっ、中は明るいです。


すぐにシャンパーニュをサーヴィスされます。


中はネスプレッソ博物館か美術館のようです。


なんとここは今も機能している今となっては数少ない絹織物の染色工房でした。今回シラに合わせてネスプレッソが5日間借り切って毎日(というか晩)50人ちょっとの招待客にアトリエ(いろいろ新製品などを実験を交えて楽しく宣伝してくれます)を開催、そしてディナーをふるまうのです。
ウロウロ見ていると、出来上がった商品の棚にはKENZOに納入予定のものなどもありました。


リヨンはフランソワ1世の時代(16世紀)以降、絹織物で栄えた町なのです。郊外にはエルメスのスカーフを染める工房もあります。
飾られている織物は、よく見るとなんとネスプレッソのコーヒーカプセルをデザインしたものです。



お腹が空いてきて、どうせ買うつもりもない( ̄▽ ̄;)ネスプレッソの新作の説明なんて上の空で、早く何か食わせろ~とそればかり考えてました。


8時過ぎ。よ~うやくディナーの場所に連れてこられました。


おお・・なんとも素敵なコーディネートがされていますΣ(゚Д゚)


ドキドキ・・何を食べさせてもらえるんだろ~


ああっ。お腹が空いているのに今日料理をするシェフたちの紹介とか始まってしまいました(;´Д`)
料理を担当するのはパリのミシュランふたつ星レストラン「ガブリエル」のジェローム・バンクテルシェフ。お菓子はリヨンのセバスチャン・ブイエ。日本にも新宿伊勢丹などに店があります。そしてソムリエは近場アン県のミシュラン3つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」のMOF(国家最優秀職人賞)ソムリエであるファブリス・ソミエ氏。


まずは突き出しを準備中のシェフ。サバらしいです。


出てきましたが…大量のキャビアを乗せて。しかしなんとも微妙な。。わたしはコンブででも〆ててくれた方がよかったです(・_・;) まあね、こんな簡易調理台みたいなところじゃ実力出せないわよね、とOさんと意見を交わしました。


こちらはとても美味しかったです。菊芋のグラッセにネスプレッソのコーヒーが隠し味に使われた泡泡のソース。


そして刻み海苔のように大量にふりかけられたのはトリュフ…
先ほどのキャビアといい量乗せときゃいいってもんじゃないのでは(⌒-⌒; )


超中途半端なところですが、今夜1時を過ぎてしまったのでもう寝ます。また週末の間に続きを書きます。