randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

放牧地帯にチーズを買いに行く(前編)

先週末の日曜日は雨の予報だったので、山はスッパリ諦めてうちでチマチマと溜まっている家事をしたり、夕食には数か月間会っていない友達夫婦を招待しようとリラックスして寛いでいた土曜の夜(の0時18分)、寝る前にもう一度天気予報を見ると・・・


え~~っ!
だいぶましになってるぅ~!?これやったら短いコースなら十分に行けるやん!
というのも、期待をかけていたその次の休みである火曜の天気予報は悪化しています。
👇


日曜もお昼過ぎには天気は崩れるということで、朝一番に歩き始めてお昼過ぎには駐車場に戻って来られるところ、かつ2時間以内くらいでうちまで帰って来られるところが理想です。友達夫婦には夕方6時に来るように言ってあるのです。


そこで思い付いたのは、近場ボージュ山塊。シャルトルーズ山塊に次いで里山第2号と呼びたいところです。シャルトルーズとの違いは、牧草地が多く牛の放牧が盛んで牧歌的風景が広がっていることでしょうか。最高峰が2217mで2000m以上の山が全部で14とシャルトルーズより全体的に若干高いものの、周りの山塊に比べると穏やかで優しい感じで、まさに癒し系といえるでしょう。アドベンチャー系で楽しかったけど往復8時間の運転もありちょっと疲れたエクラン遠征から1週間も経っていない上、今いきなり行くことを決めたわけですからあまり色々考えている時間はありません。土地勘のある知ってるところにしたいです。
以前、子供たち+友達とで出掛けたハイキングで、放牧地帯のシャレーでチーズを帰って帰ったことがあります。癒し系な上、チーズまで買えて言うことなしです(*‘∀‘)


こんな場所です、ちなみに。👇

ピンクがハイキング道。もっとずっと北の方から歩いてくることになります。
お天気が予報以上に悪かった場合はシャレーまでのみ、まあまあ良かった場合はその先のアルキュルザ峠(Col d'Arculsaz)まで、もししっかり眺望もある青空ならコースから右に逸れて登れるっぽいダン・ダルキュルザ(Dant d'Arculsaz)にチャレンジするのもよさそうです。何にしても、それをやってから帰りにチーズを買うということです。何キロもチーズ抱えて登るのはイヤです(^-^;


お客さんが着くのが6時なので5時くらいには帰ってくるつもりだけれど何があるか分からないので(道迷いとか渋滞とか)今日のうちに出来ることはやっておいてから寝ることにします。もう0時30分なのでさっさと~~
まずはデザートを作っておきます。作り慣れているプリンにします。

砂糖を直接型に入れて直火でカラメルにするのはタタンと同じです。

さやからしごき出したバニラビーンズと砂糖の半量を入れて沸騰直前まで沸かした牛乳を、残りの砂糖を摺り混ぜた卵(全卵と卵黄だけと半々)に注いで混ぜたあと、濾しつつ先ほどのカラメル入り型に流して湯煎したオーブンで焼きます。


プリンが焼ける間に、チーズを切ります。そう、明日はまたフォンデュです(^-^; 先週の日曜もだったのですが・・・冷凍庫に入っていた最後のボーフォールです。明日またフォンデュに使うチーズを買うつもりなので今使い切るのは都合がいいです。明日買えるのはボーフォールではありませんが・・・


約30分後。プリン焼けました。熱くて冷蔵庫に入れられないので、アルミホイルだけふわっとかけて、明日朝冷蔵庫に入れることにします。


さて、これで一安心。万が一明日夕方、帰るのがギリギリになっても何とかなります。
もう1時半になりました。おやすみなさーい。




1時間45分くらいで行ける場所なので翌朝は遅い目(5時半)の出発でした。


この林道は何度か来たことがあります。最終駐車場まで行くことが多く、奥に見えている山塊最高峰のアルカロ(2217m)に登るにもそこからになります。今日は真ん中らへんの駐車場に停めます。すでに1台停まっていました。


こんな立派な案内板が立っています。そしてボージュ山塊のロゴ。自然公園に指定されています。先週行った格が上のはずの国立公園であるエクランにはこんなものひとつも立っていませんでしたが・・・お金がある地方とそうでない地方ということなのでしょうか。この辺りはシャンベリーやリヨンといった大都市から近いのでハイキング客も多いのでしょう。エクランは人気のあるエリアもありますが、人里離れすぎててアクセスがとっても悪くほとんど人の来ないような場所もあり、メンテナンスが行き届いていない印象を受けたことも多々あります。


出発地点の親切な行先案内板。癒し系ですから、これでなきゃ(^^♪  自分でコンパス合わせたり、地図と地形を交互に睨めっこ・・は今日は御免です💦
標高865m、、、低っっ!今年の記録更新です。あ、春先にまだ雪のシーズンに林道が閉鎖されていて700m台から歩き始めたこともあったかな、ほんとは1700m台の駐車場まで車で行ける道で!!


しばらくは林道を歩きます。放牧業者などだけ走れる道です。


オラトワール(ミニ礼拝所)がありました。この辺りには帰りに通りますが、結構立派なチャペルがあり参拝客が散策するエリアでもあるようです。


林道はまだ続きがあるのですが、ハイキング用の道が始まるのでもちろんこちらを通りましょう。


日本っぽいゾーン(勝手に思ってる)がありました。


あれ・・こんなに急な坂だったっけ。しかもかなり続きます。
ああそうだ、思い出しました。2年前に子供たちと、あまり山に行く習慣がない友達と来た時に疲れ果てた彼女が「内臓が口から出てきそう」と言ってたのを・・・(^^;


でっかいキノコが。他にもいろいろ生えていました。


内臓が口から出る前に緩やかになってきました。(´▽`) ホッ


と、思っていると扉があります。もう放牧地帯に入るようです。ボージュ山塊は全体的に標高が低いこともあってか、結構低い辺りから放牧地帯になっています。


カンパニュラは秋になってもしばらく見られます。


わたしがずっと「どうして春の花であるクロッカスが秋にあるの?」と不思議に思っていた花が、クロッカスではなかったことがこないだ判明(;^_^A
👇 今月初めに泊まったエクランの山小屋に置いてあった高山植物の本です。

コルシック・ドートム(オートムは秋、の意味)だそうです。でも咲いている場所も湿ってた草原、とクロッカスとよく似ています。




まだ全然シャレーにたどり着いていませんが、長くなってきたのでこの辺で一度切り上げます。明日に中編を書きます。







ザレ場を迷いつつ転びつつ下山(~_~;)

1週間前の火曜日にソロで登ったエクラン国立公園中部のラ・ポワント・ド・レグリエール(3307m)。ガスで真っ白な中の出発でしたが、2700m地点の湖に到着したころには時々青空も見られ、3000mくらいからはガスも消えてくれました。頂上で景色を楽しみつつお昼ご飯を食べた後は下りていきます。


初めの尾根の辺りは雪が多くて少し怖いところもあったものの、ルート的には問題なく何の疑問も持たずに下りていけました。
その後は、途中経由した湖を目指して下りていこうと思ったのですが複雑な地形(デコボコしてる)のうえ、湖といってもほとんど枯れたようなたいして湖の形もしていない湿地帯のようなところだったためか、下りて行く途中も全然見えません。焦りました。唯一の目印なのに・・・
登るときも少なくて苦労したケルンですが、帰りにも全く見当たりません。おそらくかなり見当違いなところを歩いているんでしょう。行きにはちょくちょくでも見かけましたから。


あと、頼りにするのは「登りに見た風景」ですが、この辺りではガスっていたので地面とすぐ近くの山肌以外は見えなかったため、ほとんど記憶にありません。


湖そのものの姿かたちは見えないものの、地図を見ると湖から小川が流れ出ててそのまま谷を流れていくのですが、その川らしきものは見えています。
それ以前に「登りでは湖から尾根の初めまでは北北東を目指して歩いたから今は南南西?」と思ってそのように歩いていましたが、ふと考えると今もう一度湖を通過しないといけない理由はありません。もう一度見てみたいほど風光明媚な湖というわけでもありませんでしたし(^^;)


湖から山頂まではコース外でこれといった道がありませんでしたが、湖と駐車場の間はちゃんとハイキング道がありました。そして地図では道と小川は大体平行した辺りを通っています。ただしすぐ隣というわけでもないので、行きはそういう印象はありませんでしたが(どうせガスってて大して何も見えなかった)、道を見つける手っ取り早い方法は小川目がけて下りることでしょう。ハイキング道があったと書きましたが、結構細くてときどき見えなくなってしまうような頼りないものでしたので、ここからは全く見えませんが、近くまで下りると見えてくると期待します。


小川目指して、って言っても小川は谷を流れているので谷底にどんな風に下りたとしてもどこかでは交わります(^^; 要は、通ることが出来、かつ最短距離のところを探して下りるというのが目標です。近くまで行って「あっ、こりゃダメだ、下りられない崖がある」とかになって引き返して別の通れるところをいちいち探したりしてると時間がかかってしまうので、一発で通れそうなところを目で見てシミュレーションしてから狙って下りないといけません。
この斜面は全体が急なザレ場で急いで下りたので何度も滑って転びました。行きはゆっくり上がったし、第一、登りは転びにくいので全く大丈夫だったのですが。


もうじき小川にぶつかるさ~ そうしたら道も見つかるさ~✨
そう思って下りていくと季節外れのジョンシアン・プランタニエールを目ざとく見つける余裕まで出てきました(;´∀`)


あ~ほらほら、道がありましたよ💖
川は・・もう少し下の辺りを走っているようです。川といっても形だけで、湖自体水量はとても少なかったですし、あまり勢いよく流れているとは思えませんが。


あとは谷を下りていくだけです。不思議なことに2度ほど道が消えてなくなってしまったのですが(道間違える天才・・)、遠くに道の形が見えるところがあるのでそっち目指して歩くので特に問題はありませんでした。


秋色の草原です。


赤く染まっているのはブルーベリーです。


だいぶ谷の低い位置まで下りてきました。小川の幅が広くなっています。



朝の真っ白けのガスの中とはまるで別の場所のようです。


ミニ稜線がありますが、ハイキング道は左下へと下りていきます。
左側の面だけブルーベリーとジュニパーベリーの木(茂み)がぎっしりなのが面白いです。


もう少し下へ降りると、行きで隣を通った滝のあるところに出ます。滝自体はきれかったのですが、その隣がとても急な坂道でぬかるんでいたため、ズルズルと滑ってたいへんだったのでした。ハイキング道とは別の林道(伐採業の人たちが使うようです)が交わっていたので、そっちを通ってみたら、滝の横は通らずに駐車場まで下りることができました(´▽`) ホッ


午後6時。ハイキング出発地点に帰ってきました。
羊用の囲いと、その奥にわたしの車が見えます。
考えたら、今わたしが立っているこの場所こそハイキング客用の駐車場で(このすぐ後ろにハイキング用行き先案内看板が立ってます)、ここよりも奥は羊の放牧業の方のエリアのようでした。放牧業の方のものと思われる古いRV車が朝来た時のまま停められていました。
まぁ、不法駐車したからといってレッカー車で移動されるような場所ではありませんが…侵入してしまってすみませんでした、羊飼いさん(;^_^A


朝来た時にはなかったフレッシュな羊の糞があちこちにありました。朝もここに羊はいなかったし、今も全くいないのですが日中羊たちはここにしばらく滞在したのでしょう。


最寄りの集落に水場がありました。エクランの水はとってもおいしいのでペットボトルに汲んで帰ります。


林道も景色がきれいので2度ほど車から下りました。


朝、天気の悪い中走ってきた道なので、同じ場所とは思えません。


見晴らしのいい場所には小さな駐車場がありテーブル+ベンチが備え付けられています。もう遅くなりついでなので(子供たちにはご飯を作ってきて、先に食べるように言ってあります)、とことん楽しむため、このテーブルでぬるくなった保温マグのコーヒーとビスケットでおやつ休憩していきました。といっても5分くらいですけど。


林道から県道に交わる寸前にチャペルがありました。朝通った時にも気になっていたのですが。形からしてとても古そうです。遅くなりついでなので様子を見に行ってみたいと思います。


シャペル(チャペル)・サン・ヴァンサンという12世紀のチャペルでした。中にあるフレスコ画が有名らしいのですが、残念ながら鍵がかかっていて中には入ることはできませんでした。


帰りもきれいな景色の道を通るので、最後まで楽しいです。ブリアンソンまでは知らない道、それ以降は何度も通ったことがあるロータレ峠経由の県道でした。


最後に1枚、日が暮れる直前のロータレ氷河。雲がかかってますが・・・



朝はガスの中不安な気持ちになり、思わぬ積雪に驚かされ、頂上ではガスが明けたパノラマを独り占めすることができて(帰りにはまた軽く迷い💦)、運転中の景色も美しくとっても充実した休日となりました。往復8時間かけた甲斐もあったと思います。お付き合いくださった方、ありがとうございました。


追記・・
この日登った山、エクラン国立公園のポワント・ド・レグリエール(3307m)ですが前日の夜まで名前も聞いたことのがありませんでした。3300m台の山って普通に高いですけど、最高峰が4102mで高い山がたくさんあるエクランではどうってことのない普通の山のひとつなんだろうな、と思いつつ登り、今回のブログも書いていました。


・・・で、今ちょっと気になったのでネットで調べてみました。エクラン山ガイド協会によると国立公園内には3000mを超す山が150ほどあり、うち50ほどは3500m以上なんだそうですΣ(゚Д゚) 残念ながらそのほとんどが普通のハイキングでは登れない険しい山で、遠くから眺めて楽しむだけです。それを思えば、ちょっと難儀したとはいえ素人のわたしでも登れてしまう3300mはありがたいといえるでしょう。

3307mのちゃぶ台で昼食

日帰りの遠征でやって来たエクラン国立公園中部。自宅から4時間の道のりです。目的地はポワント・ド・レグリエール(3307m)。行き先を決めた前日夜まで聞いたこともなかった山ですが、エクランにはハイキングで登ることのできる高い山が少ないため、この標高は魅力的です。ただコース外で麓から道がほぼ全くないうえにガスっていて山の形が見えなかったため少し苦労しましたが、3000mくらいの地点からだいぶ晴れ間が出来てきました。



思い描いていた通り、山頂で晴れてくれて幸せ✨


またまた誰もいないので岩の上にカメラを乗せてセルフタイマーで撮りました。
結局この日は1日中誰ともすれ違うことはありませんでした。


エクランの男前な山々。左の頂上がギザギザになっている山は、2週間前に子供たちプラス長男の彼女とで1泊で出掛けた山小屋からの帰り道でずーっと正面に構えていたシラ(Le Sirac 3440m)。


とっても残念なことに一番楽しみにしていた谷を挟んで10キロほどの至近距離に位置する大物スター達はみんな雲に隠れていました。中央にかろうじて姿を半分以上見せているはエールフロワッド(3954m)。その右隣に下の部分だけ見えているのが最高峰、バール・デ・ゼクラン(4102m)。その右に連続してぺルヴ―(3946m)やピック・サン・ノン(3913m)も見えたはずなのに、憎たらしいほど雲が集中してかかっています。


中央やや左の高い山は、ケラ山塊の北の入り口にあるロッシュブリュンヌ(3221m)。この山は今いる山と共に昨日の晩、行き先最終候補に残っていました。自宅からかかる時間も同じ位で標高も大体同じです。決め手は今いる山の方が高低差が大きかったことでした。ロッシュブリュンヌは1160mしかありません。往復8時間かけて行くわけですからある程度登らないと元が取れない気がします(^^;


三角点。


この山で亡くなった方の記念碑が建っていました。


この素晴らしい場所でお昼ご飯です。
今日は日本風でサラミもチーズも持って来ていません。
そうめん、レトルトパウチのさば、乾燥わかめ(夏に日本で購入)。
あとはだしの素、しょうゆ、七味唐辛子。


そうめんやっぱり揖保乃糸♪


ジェットボイルで茹でます。あっという間に茹るのがいいです。


だしの素、しょうゆ、乾燥わかめと味付けサバを投入。最後に七味をふって出来上がりました。


いただきまーす💙
オイシイ~~(≧∇≦)


食後にはインスタントのカフェオレとイチゴジャムの乗ったお菓子「バルケット」。小市民的な地味ーなおいしさでしょっちゅう山に持って来ています。出してくるといつもボロボロに崩れてるのですが、今日はましだったので写真に収めておきました。


写真をお願いする人はいなかったものの、カメラを乗せる岩が豊富にあるので(^^; またセルフ。ご覧の通り立方体みたいな岩がゴロゴロあります。ちゃぶ台みたいなやつを見つけてて食卓にさせてもらいました。


あ~気持ちいい✨もうしばらくのんびりしたいところですが、下りるのにもちょっと時間かかりそうだし、何より帰りのドライブに4時間かかります。そろそろ腰を上げるとするか・・・


はい、こっちから来たのでこっちから下ります。


左側の尾根沿いに下りていきます。


花は少ししか残ってませんでしたが、アルコールに風味を付けたりするのによく使われているジェネピ。


尾根部分から右手を覗いて。


尾根をどんどん下っていきます。



念のために持って来ていたゲイターが役に立ちました。




・・・この回で一気に終わらせるつもりでしたが、思いのほか写真が残っていたので今日はここまで、明日最終回を書きます。