randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

久々にヴァノワーズ国立公園へ(その2)

南仏メルカントゥール3泊4日から帰ってきてた翌日朝に子供たちと出発したヴァノワーズ国立公園。夏山シーズン目前にオープン準備中の山小屋の離れに泊まっての1泊ハイキングです。


山小屋の前のテラスでお昼ご飯を食べた後は、少し先までの湖に行こうと思います。お母さんと来る人手を挙げて~~♫
・・・山小屋の周辺でゆっくりする方がいいそうです_| ̄|○
じゃあお母さんは晩御飯までに帰るから・・・と山小屋の先に続くハイキング道を歩いて行きます。


谷に沿った道です。


しばらく進むといい感じの景色が広がってきました。


2350mくらいの地点。雪がかなり残っています。


奥にはエギーユ・ド・ぺクレ(3562m)が。


イワカガミが群生していました(≧∇≦) 写真に納まりきれない広さで・・・雪どけのすぐ後に出てくるので、ついこないだまでこの辺りは雪に覆われていたということでしょう。

分かりにくいですが、ここは川が流れているので結構ちゃんとした橋架けられていました。そしてここは分岐にもなっています。わたしはここから左側に曲がっていくのですが行先案内板には出ていません。でも地図に一応「メインコースではないけど道になっている」という意味の薄い切れ切れの線が引いてあります。それは途中でなくなっていますが、同時に山スキーのコースにもなっています。下調べしてこなかったので、地図を見る限り上の湖まで多分行けそうな印象というだけでポジティブに進んで行きます(^^; 無理そうなら引き返せばよいだけの話です。


ちなみにまっすぐ行くと、ジュブルラス氷河の麓を通りつつスーフル峠(2817m)に向かうことになります。雪がまだ多そうで難しそうですが(暑いときの雪は踏み抜き率高そうでイヤ・・)、雪が融けた7月くらいには良さげなコースです。その峠からそのまま下りていくと、2年前、山に目覚め始めた頃に友達カップルと一緒に1泊で歩いたエリアに到着します。写真が少なすぎるのでいちいち記事にしませんが、とってもきれいなところでした。以下、少し出てきた写真を載せます。👇

ジュブルラス氷河の麓。


そこからさらにハイキングコースを進むと出てくるブラン湖。


その少し下にあるのがその時泊まった山小屋。


あ~~どこもきれい、ヴァノワーズ(≧∇≦)
わたしがそれよりさらに好きなのは中部~南部エクランやもっと南のケラ山塊、それに初遠征を果たしたばかりのメルカントゥールの乾いた荒々しい感じの自然ですが、ヴァノワーズはヴァノワーズで優美な美しさだと思います💖
・・・さて、思い出話はこのくらいにしておいて続き、登ります(^-^;


この橋を渡ってしばらく歩いて行くと、朝わたし達が水を汲んでいるときに追い越していった若者5人組がそちらから戻ってきました。「湖に行かれたんですか?」と聞くと「湖までは行きませんでした・・・このもう少し先でお昼だけ食べて引き返しました。」「え、雪が多すぎたってことですか?」「雪は大したことなかったけど、かなり急な感じだったからやめておいたんです」 (;゚Д゚)・・・そんなに難関っぽい場所とは思ってなかったので意外。。でもせっかくここまで来たんだから、わたしも自分の目で本当に難しいのかどうかを確認したいと思います。


まあ、急っちゅーたら急ですが特に大変なわけでもないです。


5人とすれ違って20分後には一つ目の一番低い位置にある湖が。手前が少し高くなっているのでギリギリまで行かないと見えませんでした。彼ら、多分すごく直前まで来ていたはず・・・残念です。


こんな風にケルンが時々あるので目安になります。でも雪があったりもするので、結局は自分の目で見て一番登りやすそうなところを通るのが一番です。


一段落付きそうな地形になってきました。


あっ、やっぱりっ。ありました、湖。モン・クア湖(2672m)に到着です。大きいものひとつ(手前)、それにいくつかの小さい湖、水溜りが集まっています。


メルカントゥールでも散々見たけれど、雪どけの湖。幻想的な美しさです。メルカントゥールでもそうでしたが、こんなきれいな景色のところにだーれもいないのはどうしてなのでしょうか。しかもこの日は土曜日だったのに・・・


湖の左手が軽く丘になっています。100mほど高くなってるだけなので登っておこうと思います。しかも上のほうでマーモットが直立不動で像のようにポーズをとっていて可笑しかったです。どうせ携帯のカメラではきれいに撮れないので試しもしませんでしたが。


あっという間にてっぺん(2771m)に。
エギーユ・ド・ぺクレと氷河が先ほどよりもう少しよく見えます。


また下りてきました。


岩がたくさんあったので携帯を置いてセルフタイマーで1枚。


プルサチーユ(ツクモグサ) 


湖の周りの岩の上をあちこち歩いて回ってみました。写真の右側から来たので、できたら左側の岸を歩いて元来た方に戻りたかったのですが、湖の幅が広すぎて渡れなかったため、引き返して行きと同じようなところを通って坂に戻りました。2週間くらい前なら多分まだ湖面は完全に凍って雪も厚く積もっていて歩いて渡れたんだろうなと思います。


これだけ凍った状態の湖を見るのはもうこの夏最後かもしれません。


さて、来た道を通って子供たちが待つ山小屋に戻りたいと思います。


草の生えてる上り坂の辺りに明日朝歩く予定の道が薄っすらと見えています。


山小屋まで戻ってきました。子供たちはトランプをして遊んでる最中でした。





その3に続きます(^^♪

久々にヴァノワーズ国立公園へ(その1)

南仏メルカントゥール3泊4日ハイキング旅行から夜帰ってきた翌朝から子供たちと一緒にヴァノワーズ国立公園に1泊で出掛けてきました。
子供たちにとっては今年初めてのハイキングです。去年はちょっと早すぎの5月中旬にエクラン国立公園で初ハイキングして最後の辺りで1m以上雪が積もってるところをズボズボ歩く羽目になり、しかも迷って1日で高低差1900mくらい(元々の予定でも1700mくらい)歩かせるというとんでもないことになりました。👇 

わたしのなかでは結構早くに良い思い出に昇華されたのですが、子供たちはしばらく「お母さんとはもう山行かん」とかなり怒ってました。1か月半後にはまた一緒に来てくれましたけど(^^;


そんなわけで、今年はもうそんな目に遭わせてはいけないってので満を持して雪どけの進んだこの時期まで待ちました。しかも今年の冬は雪が少なかったので、例年よりも残雪は少めなようです。
そして軍隊の特訓のような高低差を歩かせるのはもうやめよう、と…。


今回の予定としては、1日目は標高差500m弱、2時間ちょいくらいで行ける山小屋へ。お昼ご飯のあとはオプションとして来たい人はわたしと一緒にお散歩へ、そうでなければ山小屋周辺にてゆっくりする。そして山小屋泊。この山小屋はメルカントゥールに行く前に電話で確かめたのですが、まだ管理人はいないけど使える小屋が母屋の隣にあるので使ったら使用料の小切手を置いて行く方式です。オープン間近なので水もガスも使えるようにしてあります、ストーブも木のストックあるから使えますとのこと。ありがたい・・・


今日は山小屋まで歩くだけなので、ちょっと遅い目の6時半出発にしました。2時間15分ほどの道のりです。
途中、高速のサービスエリアで一度トイレ&おやつ休憩にしました。子供たち(特に長男)に今日歩く場所を地図で見てもらいます。


9時15分、スキー場として有名なメリベルから出発します。標高は約1670m。既にたくさんの車が停まっており、夏山シーズンに入ったことを実感させられます。晩秋~春にかけては他に1台も停まっていないことも多く、1日中誰ともすれ違わないことも珍しくありません。こんなにいっぱい車が停まっていると「ハイキング道は大渋滞なんじゃ…」と心配になりますが決してそんなことはありませんでした(^-^;


朝歩くゾーンは、駐車場からしばらくは厳密な国立公園ゾーンには入っていない代わりに自然保護地域に指定されています。亀さんの甲羅のようなのが自然保護地域のマークになっています。右下のかたつむりみたいなグルグルは国立公園のマーク。


まずは池があります。何と釣り大会Σ(゚Д゚)が開催中でした。駐車場の車の一部はこれに参加している人たちのものだったのかもしれません。


浅い川に沿って歩いて行きます。


森に入ってきました。


「僕たちに餌を与えないでね。病気になってしまいます。 ヴァノワーズのマーモット達より」
そうですね、可愛らしいからついつい何かやりたくなってしまいますが、野性の動物には野生の食べ物以外は不向きなようです。


森を40分ほど歩くと開けた場所に出てきました。


分岐がありました。山小屋まではあと1時間だそうです。


もう一つの方向に進めばこちらのエギーユ・ド・フリュイの峠まで行くことができます。
予定では周回して明日この峠から戻って来るつもりでいます。


森の中で少し急なところがあった以外は勾配があまりない楽なコースです。


既に2000mを超えました。


シャレーと水場があったので生ぬるくなった水を捨てて冷たい水を汲みます。
このとき若い5人組の男女がわたし達を追い越していきましたが、あれだけ車が停まっていた割にはこのグループの他にはトレランの男女二人組(とても若くて二人とも多分10代)とすれ違ったのみでした。


砂のように見えるザレ場が印象的なエギーユ・ド・フリュイ(3048m)。峠(2516m)までは地図に載ってる道で普通に行けそうですが、頂上には登れそうにない系です(~_~;)


山小屋までもうすぐというところで雪が残ってる場所が。
太ももまではまるような雪は勘弁という彼らも、これくらいの雪なら大歓迎のようです。


しばし雪合戦が開催されました(^^;


この地点から厳密な国立公園のエリアに入ります。


山小屋に到着します。時間は11時45分になっています。


ル・ソー山小屋(2100m)に到着。1週間後にオープンするということで管理人の女性のほかに3人ほどが色々と作業中でした。
これはメインの建物で、わたし達が使うことのできる離れがすぐ横にあるようです。


こちらです。入ってみます。


新しくてきれいです。一番奥のベッドを陣取りました。
奥・・といってもあちら側からも出入りできるようになっています。


下りる階段があります。


下は台所になっています。ガス台やシンクもあり普通のおうちみたいです(;・∀・)


片隅にはストーブ。


水洗トイレΣ(゚Д゚)
まさに普通のおうちみたいです。


その普通のおうちの台所(^^)で早速お昼ご飯を作ります。


そうめんとそばをMIXして具に乾燥わかめと乾燥スライス椎茸を入れた和風の一品を作りました。なぜMIXするかというと両方少しずつしか残っていなかったからです(^▽^;)  つゆは少な目です。こんなにちゃんとした台所だし1日目は歩く距離も少ないので色々持って来てもう少し気の利いた料理を作ることもできたはずなのですが、南仏でのハイキング旅行から前の晩に帰ったばかりだったので冷蔵庫に大したものも入っておらず。。でも子供たちは喜んで食べてくれました(;'∀')


その代わり、南仏からの帰りに買ってきたサラミや少し前にハイキングの帰りに買ったボーフォールチーズを持ってきました✨



その2に続きます♪

ヨーロッパでいちばん高い道路(2802m・メルカントゥール)

3泊4日の最終日の南仏メルカントゥール。午前中さっくりと簡単なハイキングをした後はぼちぼちと帰途につきます。


前日に下山後寄ったツーリストオフィスにこんなステッカーが置いてありました。
「ラ・ボネット道路・2802m、ヨーロッパで一番高い」
ヨーロッパで一番高い峠道路はヴァノワーズ方面にあるイズラン峠(2770m)のはず?? よく見ると峠とはどこにも書いてありません。
つまり、ボネット峠の位置は2715mなので峠道路としてはフランスで3番になるのですが、峠からすぐ近くの山頂周辺までループする道路が作られており、それをもって「ヨーロッパ1」とし、観光客を誘致しようということみたいです。実際多くのバイカー、サイクリスト、ドライブの車がありました。夏はもっと多いんでしょう。


夏山のハイキングなら2800mくらいまで登ることはありますが、その場合の駐車場は高くても1500mとかでスキー場からの出発でも通常1800mくらいまでです。
午前中のハイキングをした出発地点がすでに2200m台で荒涼とした風景が広がっていましたが、さらに600m上がる・・・想像もつかないです(◎_◎;)


標高が上がるにつれ、雪が残ってる場所が増えてきました。


観光客が多い道路のようなので何台か停まれる駐車スペースがしょっちゅうありました。


峠のひとつ、ラスぺヨン峠に到着。ここからもハイキングコースが出ていますが、ここからだと下ることになります(~_~;) 終着点は北部に位置する標高2000m弱の駐車場。。


そろそろボネット峠に到着です。どうやら正面の山の山頂に続く道路が「ヨーロッパいち高い」ことになってるようです。それにしてもサイクリストさん、お疲れ様です・・・


多くのバイカーたちが停まっています。どうしてこんな半端なところに…?そこまで進んで窓から「ボンジュール」と声を掛けると「ここから先の部分は除雪が終わってなくて入れないんだよ」・・・( ゚Д゚) この峠道路自体、開通したのが1週間ほど前らしいのでまあ仕方ないのかもしれないけれど、あとちょっとのことやん~~(;´Д`) 観光の目玉なのに、、除雪しようよ~!


・・・仕方ありません、ここに停めたら邪魔なので少し進んでループの道路の最後らへん(一通になってる)に路駐しようと思います。ライダー達はとってもフレンドリーでよく話しかけてきます。絶景を目の前にして、みんな幸せそう。
通行禁止になっている部分の道路を徒歩で進んでみます。


除雪車が中途半端なところに停まっています。作業中ではなく無人です。


おお、こんなところでも日本製品が大活躍です。


あ~なるほど・・・除雪できてないですね。雪の上を歩いて行くのも面倒そう。第一わたし普通のスニーカーだし、もうここまでにしとこう・・・
ぎりぎりのところにスペインナンバーのオレンジのハーレーダビッドソンが停めてあり、雪の道から帰ってくる人があります。その人としばらく話をしました。とっても気さくなスペイン人の男性で、27日間かけてスペインから南仏にかけての峠道路を中心に旅行中だそうです。


スペイン人が撮ってくれた写真。


めっちゃノリノリです。


気が付けば30分以上話していたことになります。どうせお互いこの後は峠の反対側に下るだけなので、しばらく先まで進んで適当なところでまた停車しよう、ということに。


は~~。。めっちゃ奇麗な景色の道です✨


「ヨーロッパいち高い道路」の看板のある駐車場が少し下にあったのでここで停車します。後ろから来たハーレーも続いて停車。


家財道具一式みたいなすごい荷物です。


看板の前でハーレーと記念撮影。


ここでも少し話をして同じようにまた発車、今度はだいぶ下りて峠道路が普通の道路に交わる村でもう一度停車、またしばらく話をしましたが、もうそろそろ帰り始めないと家に着くのが遅くなるので名残惜しいですが連絡先を交換し別れました。


その後はウバイ山塊、ケラ山塊の峠道路や県道を通りエクラン国立公園方面のブリアンソンに向かいます。


ケラ山塊には11月と5月に来ているので町の位置関係、道はかなり把握できています。2度とも地元製品を扱う店でチーズなど色々買い物したのですが、おいしかったチーズの製造元の看板が道にありました。5月に買ったチーズを食べ終わったのはつい最近だったので、製造元の名前やロゴもまだ記憶に新しかったのです。あちらに何キロ先、と書いているので迷わず寄り道していくことに~~


午前中は製造を見学できるようです。


時間は2時半になろうとしています。
12時から3時まではお店は昼休みみたいなのですが、たまたま中に人がいて鍵を開けてくれました。(´▽`) ホッ


農協のセレクトショップに売っていた商品もあれば、初めて見る商品もあります。販売の女性はアピール上手でとても詳しく説明してくれ、試食させてくれます。
チーズ以外にも地元の商品がたくさん置いてありどれもこれも欲しくなり大変。。


またいっぱい買ってしまった・・・


この後は何度も通ったことがある国道です。いつ来てもきれいな場所です。


不思議なもので旅行している人たちが。イギリスナンバーでした。
忍耐強くないバイカーの人が追い越し禁止のラインのところで追い越してますけど、この不思議なもの、ちゃんと90キロ(制限時速ぴったり)で走っていたのでわたしはしばらくその後ろをのんびり走り続けました。


国道から県道になり、最後の峠道路でロータレ峠へ。場所はエクラン山塊の北の辺りにになります。


ツール・ド・フランスでもお馴染みの峠でツーリストも多いためホテルやカフェ、大きな駐車場があります。お昼ご飯を食べ損なって夕方4時になりかけていたのでお腹がペコペコ。でもケチなのでそのカフェやレストランでご飯を食べたりというのはありません。非常食?として持っている缶詰のサーディンとビスケット、先ほど買ったばかりのチーズでピクニックです(;´∀`)


トイレを使うのが目的でコーヒーだけ飲んで帰りました。


エクラン、きれい・・・氷河も見えます。
さて、だいぶ帰ってきました。自宅まであと2時間半ほどのドライブです。


夢のように美しかったメルカントゥール、通過した風光明媚なケラやエクランから現実にリターンです(;´Д`) 自宅付近、渋滞しています(◎_◎;)
でもそれ以外は特に道も混まず、7時過ぎに帰って来ることができました。
この時点で8連休の6日が終わったところ。残りの2日間は子供たちとヴァノワーズ国立公園に行くことになっていたのでハードスケジュールでした(^-^;




とても長くなったメルカントゥールシリーズ、読んでいただいてありがとうございましたm(__)m