フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

雪山の日の出を求めて早朝ドライブ

しばらくバタバタしていてPCやスマホとしっかり向き合うまとまった時間が取りにくいので、少し予約投稿しますがコメント頂いた場合お返事しにくいのでコメント欄はしばらく閉じさせていただきます。


1か月半も前のお話で恐縮です。骨折後初めてひとりで南仏方面のお山地方に1泊でお出かけした2日目の朝、どこか朝日(というか朝の空)を見られるところはないかと前夜から考えていました。民宿の方にも聞いてみたけれど、ここらは谷の底になるので近くにこれと言ったヴューポイントはない、それどころか日向になるのは9時10時だと言います💧


ここからだと、フランスで2番目に標高の高いアニエル峠道路(2748m)が30分もかかりません。もちろん今の時期は閉鎖期間ですが、そこそこの標高までは除雪されているようだし、広々とした谷なので空が奥までしっかり見えそうです。


アニエル峠方面に出掛けることにして7時前に民宿を出ました。ただし朝ご飯には戻ってきます(^▽^;)
案の定フロントガラスがガチガチに凍ってますが、普通よりも分厚くて手強い(;´Д`)えらい力入れてゴシゴシして、リアガラスも最低限ゴシゴシして・・ってやってると10分くらいかかってしまいました💦


エンジン掛けても寒すぎるせいか、いつまで経ってもカーナビの画面が現れません。
まあ道は分かるしスマホもあるから大丈夫だけど・・・可哀そうなデミたん。


名前は全然分からないけれど右手にちょっと立派なお山。山肌が既に朝の色です。やっべ~、間に合うのかよ?ちょっと焦りますが、スリップしても怖いのでゆっくり目に走ります。


先日クリスマス山小屋泊遠征に行く時にも通ったモリヌ・アン・ケラの村。
ここで道が分かれるのですが、うっかり違う方に進んでしまい少し先(小さなスキー場になっています)でUターンしたため、またタイムロス(-_-;)


最終集落のフォンジラルドの村を抜けます。


い、急げ~~:(;゙゚''ω゚''):


進入禁止の看板が。
どうやらここで除雪が終わっているようです。


それでも少し進み、広く除雪されている駐車場らしきところに停まります。
期待通りの空のグラデーション💕
左手に橋が見えますが、この地点は「ラリアン橋(Pont de Lariane)と呼ばれ、標高2024m。山スキーやスノーシューのいくつかのハイキングコースの出発地点になっているようです。


もちろんデミたんの写真を撮っておきます。


しかしボディをよく見ると激しく塩カルで汚れています、やっぱり。可哀そうに・・・


少し戻ったところでも撮影ゾーン( ̄▽ ̄;)があったので可愛いデミたんをまた激写。


美しい空の色を眺めながら民宿まで20分ちょっと運転しました。
しかし12月初めだというのになんちゅう雪深さでしょうか。。


通下道路を下り、人里まで戻ってきました(^^;)
これは比較的大きいヴィル・ヴィエイユの町。町はずれのロータリーにはいつも寄る道の駅があります。


民宿のある村、エギーユ。左が今回のお宿にしたカフェ兼民宿です。素泊まりで約3000円と周辺では一番安いようでした。


民宿前はパン屋さんになっています。あれ、珍しいメルセデスのピックアップが(@_@)ナンバーを見る限り地元の人のようです。質素な地方なのに意外・・(偏見)。


素泊まりなので朝ご飯は持って来たもの、というか昨日買った地元の食材です。お湯だけ頂きました。奥のパンは栗の粉主体のほのかに甘味が感じられるパンです。


ジャムはカシスとルバーブという酸っぱいコンビでお気に入り。道の駅で買えます。
ひとりの朝ご飯だし小さな瓶のを買おうかと思ったのですが、どうせ持って帰ってうちで食べるので、大きな瓶にしておきました😅


朝からチーズ食べ過ぎという疑惑(^▽^;)
昨晩一緒にご飯を食べたご夫婦が食堂に降りてきたので、同じテーブルに座ってもらっておしゃべりしました。
わたしは素泊まりで夜も朝も自炊だったけど、お二人は「晩ご飯もとてもおいしかったし、朝からパンの他にクレープも焼いてくれるし」とおっしゃってました。



次に続きます。次を最終回に出来るか、あと2回になるか分かりませんが・・・
お付き合いくださってありがとうございました。

ケラ地方の山奥の民宿で1泊

骨折以来初めて一人で出掛けた12月初めのリハビリスノーシューハイキング記の続きです。
この2週間ほど前にお医者さんから運転OKサインが出て、ひとりで日帰り長距離運転やスノーシューなしでのハイキングを体験したうえでのステップアップでした。


高低差で300mくらい、距離で3,5kmほどの地点でお昼を食べて折り返すことにしました。自分の行きのズボズボトレース通りに引き返します。


クロスカントリースキーをする人向けに雪圧がされている道路まで戻ってきました。といってもこの辺りまで来る人は少ないようで最後に均してからだいぶ経ってるらしく、フワフワとしているのでスノーシューがあった方が歩きやすいです。


先ほどは木の橋の手すりを除雪してテーブル代わりにしたため幅が狭く、ジェットボイルを川に落とすのが怖くて暖かいものを食べられませんでした。それに、少し風が出ていて寒くあまりしっかりと食べられなかったので、森の中でもう一度軽く食べていくことに(^▽^;)


定番のインスタント春雨スープ。担々麺風味だったと思います。
お昼過ぎからもうずっと日陰で気温もマイナスだしとても寒かったので生き返りました。


駐車場に近い辺りではクロスカントリースキーを楽しむ人たちが。


結構遠くて疲れましたが、ようやく出発地点の小屋が見えてきました。このすぐ先が冬の最終駐車場になっています。


スノーシューの留め具の辺りがガチガチに凍ってて外すのに苦労しました💧


日が傾いて凛とした空の下、車を走らせます。
まず向かう先は・・・


こっち方面に来ると毎回寄っていて店の人に覚えられつつある( ̄▽ ̄;)道の駅。


しょっちゅう買い足しているお気に入りの陶芸家のお茶碗と湯飲み(右)を友達用に購入。


あとはチーズ類。右の写真の上の棚にあるのはラズベリーの糖分少なめのジャム(要冷蔵)で絶品なのでこれもリピートしています。


お買い物の後は夕暮れの空の色が美しい谷の奥へと進みます。
ケラ地方には何度も来ているけれど、今回民宿を取っている村へは初めてなのでちょっと楽しみです。


民宿は村のメインストリート(;'∀')の最後にあり、すぐ裏に車を停められました。
ナンバープレートから村の人のものと思われるきれいな色のMazda3(アクセラ)の隣に停めました(*´ω`)


村のメインストリート。


カフェ兼民宿です。ここら辺で一番安かったので・・・(素泊まり約3000円)
シャワーとトイレは廊下にあります。


宿の方が荷物を持って部屋まで案内してくれました。相部屋なのですが、誰もいなくてひとりで使いました。思いっきり寛ぐ気満々でうちからスリッパを持って来ました。


ご飯を頼むこともできますが節約のため自炊です。カフェの厨房を使わせてくれます。
野菜スープいっぱいあるから食べなさい、とサービスしてくれました(^^♪
トマト風味のツナ缶、乾燥ハーブ&野菜とパスタで簡単な一品を作り持参の赤ワインも。
食事付きで個室に泊まっている初老のご夫婦が「一緒に食べましょう」と言って下さったのでこの地方のおすすめの場所などおしゃべりしながら楽しい夕べになりました。
この日の宿泊客はわたし達のみでした。夏やスキーシーズンはそこそこ混むそうですが、まだシーズン入りしていないこの時期(12月初め)はこんな感じだとか。



2日目に続きます。
お付き合いいただいてありがとうございました。

山友Aちゃんに会いに行く

お山のお話が途中ですが、気分転換に別の話題を挟みます。


今まで何度かブログに登場している山友のAちゃんは以前はご近所さんでしたが、山好きが高じてお山だらけなサヴォア県の県庁所在地シャンベリーに移住しています。
今週はAちゃんがバカンスだったので、リハビリ合宿から戻った翌日、久しぶりに会いに行ってきました。


10時過ぎにAちゃんちに到着。Aちゃんのポロの隣に駐車します。
Aちゃんは見晴らしの良い町はずれの高台に住んでいます。お山がほんとに近い・・・


コーヒーをいれてもらってしばらく近況報告をしたのち「せっかくだからちょっと歩きに行く?」と提案されました。


そう来ると思って、ちゃんと靴を持ってきてますよ~(≧∇≦)
事故で骨折するほんのちょっと前に買ったミエの真っさらの(;^_^A登山靴です


街を抜け、20分ほど山道を上がったところにあるクロスカントリースキー場周辺でウロチョロしようということです。


はしゃぐAちゃん。


少し歩いたところにあるハイキング標識。1200m台です。1時間弱で山の頂上まで行くことが出来るようですが、あいにくどんどん雲が広がってきてついに雨まで降り始めました。


全然防水でないダウンはどんどん雨を含んで重たくなってきました。
Aちゃんに「ねえ・・わたし全然頂上にはこだわってないから💦」と訴え、ここを本日の頂上として折り返しました。


ってことで、本日の「健康のための散歩(Aちゃん談😅)」はお終い。Aちゃんちにさっさと戻ります。


ごちゃごちゃしててもなぜか可愛いAちゃんの台所。手作りのジャムがいっぱいありました。ハイキングにもよく手作りの焼き菓子など持ってきてくれるし、女子力高めでしかも美人なAちゃんです(#^.^#)


一緒にご飯を作ろ~ヽ(^o^)丿
ポワロー葱を切って洗い、ジャガイモ、玉ねぎの皮をむいて適当に切りました。


ココットで炒めたあと、白ワインと地元のスモークソーセージを入れて煮ます。ここまではわたしもよくやりますが(ポワロー葱の代わりにキャベツのことが多い)、なんと最後に生クリームが入ります。スイス風、なんだだそうです。


ローヌの谷の赤ワインを開けてくれました。グルナッシュ(品種)多めの太陽を感じさせる陽気な感じのワインでどんよりした天気を一掃してくれるように感じました。気に入ったけれど、午後にまた運転するので1杯だけにしておきます。フランスではワイン1杯分にあたるアルコールは道路交通法で容認されています。
お料理はとってもおいしくておかわりしてしまいました。
食後には、サヴォア地方の特産チーズのひとつ、ルブロッション。


デザートにはわたしが持って来た胡桃&蜂蜜タルト。
お山地方のお気に入りの養蜂農家が作っているもので何度もリピートして買っています。


コーヒーをいれてもらってAちゃんが秋冬に行った山の話、わたしのリハビリの進み具合などについておしゃべりしているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。よくメッセージは交換していますが、実際に会ったのは約半年ぶりでした。
名残惜しいけど、帰りに寄りたいところもあるのでおいとましなければ。


寄りたいところはお山の中です。標高を上げるにつれ、雨は雪に変わりました。除雪車がまだ来ていないので慎重に運転します。


チーズの写真のある看板が見えてきたらもうすぐです🎵


チーズ農協(≧◇≦)
ここボージュ地方では放牧を含む酪農が盛んでチーズなどの乳製品が伝統的によく作られていて、農協もたくさんあるのです。


中でも、ここの農協ブティックは大きめでチーズ以外の地元の名産品の品揃えも多い目です。


右の写真のチーズ、一度も買ったことがないので上に乗っている4分の1のやつを買いました。


名産ソーセージであるディオ・ド・サヴォアと無殺菌牛乳も買いました。牛乳は1ユーロ(1リットル)となぜか激安です。スーパーで工場製のを買ってもそのくらいするけど・・・


肝心なのはこのチーズです。写真を撮り忘れたので、前回行ったときに撮ったものを探し出してきました(^^ゞ
加熱圧縮タイプの典型的な山のチーズ。マルジェリアというここからすぐの山の名前が付けられています。熟成の若いさっぱりしたものと、熟成の進んだ味の濃いものとありますが、もちろん後者です。3キロ弱買いました。


それにバター3つつみ(ひとつつみは250g)と胡桃ジャムも。
うちに美味しいバターがなくなりかけていたので、不安になっていましたが、これで一安心(^^♪


町中に下りる県道から。
お天気が悪いなりに味のある風景を窓から楽しみつつ帰途につきました。
この後、高速走っているときに雨がめちゃくちゃきつくなってワイパー最速&時速80kmくらいでしか走れない部分も30分くらいあって緊張しましたが、7時過ぎに無事帰宅(´▽`) ホッ



お読みいただいてありがとうございました。
次回はリハビリスノーシューハイキングに戻ります。