フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

アイベックスの群れの中を歩く

先週の火曜日に一人で出掛けたハイキング記です。
アガット姉さんと妹ソフィーと名付けられた二つの山の間の峠、コル・デ・ドゥー・スール(勝手に訳して二姉妹峠。2056m)に登ってきました。


登ってきた峠から少し離れたところで1枚。


振り向いたまま右手がアガット姉さん。下から見ると岩々の絶壁なのに、峠まで登ってみるととてもなだらかな優しいような斜面です。


こちらは妹ソフィー。やはりなだらかです。峠からだと100mちょい登るだけで頂上まで行けることになります。


そして、こちらが今から向かうグランド・ムシュロール。2283mとヴェルコール山塊では2番目の標高になります。ちなみにアガットが3番、ソフィーが4番とこの辺りで上位を独占しています。ちなみに最高峰のグラン・ヴェイモンは山塊の南の端っこらへんに位置しています。


どうやって麓に進むんだっけ・・・1年ちょっと前に来たことがあるコースなのですが、その時は峠で出会った兄さんと一緒に歩いたんで(人任せにしてたために)よく覚えていません(;´・ω・)


道らしい道も見えないし・・適当に進んで行くか・・・
浸食の進んだ石灰岩の岩々デコボコ地帯に踏み出しましたが、予想外にデコボコが激しくて穴から這い出すのにいちいちよじ登らんといかん酷さです💦まあ進めんことはないけど非常に面倒くさいし疲れる(>_<)
・・・ここってこんな大変だっけ??


フト斜面の少し高い位置を見上げて・・・そっか、斜面には岩々があまりないから、あそこらへんをトラバースしたらいいんだ♬
遅まきながら斜面の下のへんに向かいます。


間もなくちゃんとした道に合流しました。なーんや、ちゃんと道あったんやん(;´∀`)


あ~道がちゃんとあるってほんとラクチン(^^♪
テクテクと気楽に歩いて行くと・・( ゚д゚)ハッ!
目の前に・・・信じられないものが。
そろーっとポールを片付けてザックに留めます。ポールは石に当たってカツンカツンとうるさいので・・・


そろりそろりと物音を立てないように大きな動きもしないように静かにゆっくりとその場所に近付いて行きます。


アイベックスが・・見たことない数のアイベックスがハイキングコース上下の部分(特に下)に寝そべったり草を食んだりして寛いでいます(@_@)見たとこ全部オスです。
去年の初夏にここらへんを歩いた時にも見かけたのですが、こんなに至近距離ではありませんでした。その時はオス2匹が一騎打ちみたいに角をカツ―ンカツ―ンとぶつけ合っていて、それを他のオスが周りをぐるっと囲んで観戦してたのでした。その時期は携帯しか持っておらず、離れていたのできれいに撮れないから写真は残念ながらありません。


わんさかいます。
特に逃げようともしません。アイベックスはシャモアやムフロンと違って、こちらが静かにしているとあまり逃げないのです。


アイベックスは早い話が野性の山羊。草食動物ですがオスは立派な角をしています。


少し離れた上の方にメスだけ集まっている地帯もありました。


こちらもメスの集まり。
今まで出会った経験では、アイベックスは数頭いる場合オスばかりか、メスや子供ばかりのグループになっています。


そろりそろりとそ知らぬふりでゆっくり歩き続けます。何匹かはこちらに目を向けますが、わたしがそのまま進んでいるのと見ると、もう興味ない、みたいに目を背けてしまいます。
わたしも彼らに習って少しハイキング道上で座り込みました。ゆーっくりと、です。座ったまま何枚も写真を撮りました(^▽^;)


これも確か座って撮った一枚。目線が彼らと同じ高さなのが気に入っています(*‘∀‘)
山の裏側がスキー場になっているので(わたしが出発した駐車場付近とはまた別の)、人工雪用の水源地として作られた池が上の写真に写っています。
ちなみにヴェルコールは石灰岩で出来ており水をはじいてしまう土壌のため、湖はおろか小川もほとんどと言っていいほどありません。


しばらく座っていましたが、キリがないので立ち上がって(もちろんゆーっくりと)、彼らの群れを後にしました。再び歩き出して振り返って撮った一枚。


最上部にいた最後の数匹。


どんどん麓に近付きます。


いよいよ本題に入ります(^^;


新たに先ほどとは違うグループのメスたち数頭が下を横切っていきました。


間もなく急になってきます。


少し登った辺りから。手前がアガット、奥がソフィー。


ワクワクします(≧∇≦)


いろんなお花が枯れちゃっています(;´・ω・)
去年来た時は確か6月末だったのでお花だらけだったのでした。


だいぶ登ったところでちょっと広いところがあったので一息つきます。


広いんだけど・・こんなことになっているので変に足を踏み出さないように注意です(;゚Д゚)


絶景だけど崖なので💦わたしの足👆


ペンキマークはないしケルンもほとんどないんですが「普通ここだろ?」と思うところにちゃんと足や手をかけられる岩があり脆くもないので見た目よりも登りやすいです。


もう一息っぽい✨


登りつつ、右側の景色。


で、広いところに到着。立派なケルンがあるんだけど・・・ここはまだ頂上ではありません。


じゃじゃーん。これが待っています。そうだ、去年も最後がちょっと怖かったなという印象だったのでした。


稜線が細いんです・・・足元もガタガタだし。


でもまあ高所恐怖症でもない限り、テクニック的に難しいというわけではありません。



グランド・ムシュロール(2284m)の頂上に着きました(^^♪


ケルンにお約束の思い出ノート入れのプラスチック容器がはめ込んであります。


あんまり書きこんでる人はいないんですが、、あれ、これは昨日書かれたものです。
どれどれ・・


モルガン(女性の名前)愛してる♡
登頂の思い出では全然なくて、遠くピレネーに住む恋人へのラブレター(≧∇≦)でした💦


先ほどとほとんど変わらないけど・・ヴェルコール山塊南半分がザーッと見渡せます。
城壁みたいに連なった最後にツンと高くなっているのが最高峰のグラン・ヴェイモンです。写真を撮っていると頂上の反対側から一人の中年男性が登ってきました。この日初めて出会うハイキング客です。向こうも同じことを言ってました(^^;


聞くと、わたしと同じコースを逆回りで歩いてるようでした。ここから少し南の、でも十分に地元と呼べる地域に住んでおられるそうでいくつかのヴェルコール山塊のいいコースを教えてくださいました。ドライフルーツミックスも分けて下さいました(#^^#)


男性に撮っていただいた一枚。
間もなくお互いに反対側に下りていきました。



次に続きます。

1年ぶりに二姉妹峠へ

8月は雪のある季節だと難しい高い山に登ることが多かったのですが、そういうのも続くと食傷気味になるのが不思議なところです。
仕事が休みだった先週の火曜日、気分転換にヴェルコール山塊に行ってきました。ヴェルコールは最高峰でも2300m台と全体的に低い目なのですが、南北に城壁のごとく連なる岸壁と頂上のラインが独特で、あまりしょっちゅうは行く気がしないのですが、しばらく行っていないと無性に恋しくなるのです。


ヴェルコール山塊は一番北の辺りだと、うちから1時間半くらいで行けるのですが、今日は真ん中らへんまで来ました。途中、高速が夜間工事の地区があるため結局2時間かかってしまいましたが、日帰りでも2時間半以上運転することも多いことを考えるとやはり近い目だと言えます。


木々の間から山肌が見えています。石灰質で出来ているため、全体に白っぽくて暗くても月の光に照らされてよく見えます。


駐車場は1229m。夏は駐車場自体高い辺から出発することが多いので、この低さはちょっと新鮮です(^^; スキー場のすぐ近くなため、冬でもこの駐車場までは除雪されています。
まずはソルダネル山小屋を経由します。ソルダネルとはイワカガミ(イワカガミダマシ)のことです。地名以外の名前が付いた山小屋(民宿やホテルでなく)はフランスでは非常に珍しいです。


山小屋の宣伝というか説明が貼ってあります。


もうすぐ6時半になりますが、まだ薄暗いです。この道を登るのは確か3回目、分かりやすい道だしヘッドランプは常に持っていますが出してくる必要はありませんでした。


暗い森の部分は全然面白い要素がないので(^▽^;)大急ぎで登ってきました。じきに野原っぽいところに出てきました。もうかなり明るいです。


おおっ、ちょうど空ピンクの時間帯です。こちらは南に位置するデヴォリュイ山塊。


ソルダネル山小屋、標高1500mに到着です。駐車場から271m、23分で登って来れました。本来はもっとトロいんですが、最近歩くの早い同僚S君とよく山に行ってたので鍛えられたのでしょう。でも頑張って急いで歩けるのは1時間までという弱点があります…
プロトレックはまた誤差出てますけど、もうあまり気にしていません💧




ヘンテコ・・いや個性的な四駆が。山小屋の車のようです。ハイキングコースと少し離れたところに林道がありますが、一般の車は駐車場以降入れません。


ここはスキー場でもあるので、残念ながらこういう風情のないものもあります。。でもハイキング道はこのあとここから離れていくので一瞬の辛抱です。
まずは左手の斜面を登っていきます。


プレ・アシャールという平たい地点に着きます。東屋のようなものが作られていて休憩スポットになっています。見晴らしも良いので、駐車場からここまでファミリーコースとして散歩やピクニックに来られる方も多いようです。さて、ここから姉妹のもとに急ぎます。


タイユフェール山塊とエクラン国立公園。右はデヴォリュ山塊最高峰のオビウ。手前はトリエーヴ山塊。
空ピンク時間は長続きしないので出来るだけ早くに高い位置に登らねば(一番手前の山のよりも高い場所に上がりたい)💦


ペケ印は「こっちはコースじゃありませんよ」という意味ですが、コースでない近道かつ景色が綺麗な道で峠まで行きたいので敢えてこちらへ。



かなり急なのですが、早く二姉妹の麓まで行くことが出来ます。
ちなみに二姉妹とはGrande Soeur Agathe(アガット姉さん 2194m)とPetite Soeur Sophie (妹ソフィー 2162m)と名付けられたふたつの山で、その間がCol des Deux Soeurs(二姉妹峠  2056m)になります。山を姉妹になぞらえて名前が付けられているのはあまり他に知らないです。


朝日がエギーユ・ダルヴの後ろから出てきました。お日様はものすごいスピードで上がってしまうので出来るだけ高いところまで上がるために駆け出しました(;'∀')


石灰質の白い山肌がピンクに染まっています。手前の植物はもともとピンクっぽいのですが朝日の色を受けてさらにピンクになっている気がします。


アガット姉さんも照らされます。左端にちょこんと写っている尖った山はこの後向かうグランド・ムシュロールです。


朝日を浴びてとんでもなくハイで幸せな気分になってしまいます(≧∇≦) 


お月様もポツンと残っています。


砂がサラサラなので滑って登りにくい💦


妹ソフィーの姿も見えてきました。


もうお花の種類もほとんどありません・・・


堂々と構える姉妹。


去年の6月末くらいに来たコースです。この辺りからがとても楽しいのです。かなり細いもののちゃんと道にはなっていますが、地図に出ているハイキングコースではないためあまり人と会うことはありません。


振り返って。


出発からちょうど1時間経っています。約550m登りました。写真撮りまくってた割にはいいペースですが、意識的に早く歩くのはもうお終いです(;´∀`)  もうお日様が高くなってきていい色はこのあと消えていくばかりだし、体力的に続かないし何よりも景色を目いっぱい楽しむためにのんびり歩きます。


岸壁の麓ギリギリを歩きます。


ちょっと細くて怖いのでポールがここから登場です。


いよいよ峠の真下に到着します。二姉妹峠を越えるのは3回目になりますが、その前に一度雪がまだ多い季節にチャレンジして撤退したこともあります。


アガット姉さんを真下から見上げて。


峠を登り始める前に今来た方角を一瞥。大好きな景色です。


初めの部分は鎖場になってますが、普通に手足を使って登る方が登りやすいと思います。


ケルンもペンキマークもありませんが、高所恐怖症でもない限り特別難しいようなところではありません。


石ころのところは滑るので出来るだけ避けて草の生えてるところか岩場を登ります。


上方で動くものが・・・
あっ、雌のアイベックスが~


こっち見とります。可愛い😻


もう少し上にもう一匹います。


その横が洞窟っぽくなっていて・・・


二匹ともこちらにスタスタと入っていきました。人間だとクライミングでもしないとアクセスできない場所です。彼らにとって誰にも邪魔されない落ち着く場所なんでしょう。


ほとんど登り切ったところで振り返って。


残るはほんの少し!


二姉妹峠に到着\(^_^)/


今歩いてきた道はハイキング地図上には現れないので東屋のあったプレ・アシャール以降看板などはありませんでしたが、この峠を登り切った平たい場所には山の裏側の駐車場から来られる(=地図に載ってるコース)ので行き先案内の看板がまた登場しています。
奥に尖っているのが今から登るグランド・ムシュロールです。



次に続きます。

一家でテント泊から帰ってきました

予告していた通り、土日で子供たちと3人で初めてテント泊にて山歩きをしてきました。
早速じっくりとレポートしたいところなのですが、行き帰りがそこそこ長距離ドライブだったことや、テントって使ったものをうちでまた開いて乾かさないといけない&調理器具等の洗い物なんかで結構帰ってからも忙しく、そして明日も休みなので(子供たちは新学期)近場シャルトル―ズ山塊に半日ハイキングに行くつもり(はい、クレイジーだと分かっております💧)なので準備してさっさと寝ないと、なのでダイジェストでさわりだけ・・。


土曜は仕事が1時までだったのでうちまで文字通りダッシュで帰り、荷物は食品(冷蔵庫、冷凍庫から出す)以外完璧に準備していたので1時35分には出発していました。
今回の旅でキロメートル数がぞろ目の8に(;´∀`) なんか縁起が良さそう?
写真は助手席の次男が撮ってくれました。


夏は色んなもの引っ張って走ってる車をよく見かけますが、ドイツナンバーのこの車はまた特別にレジャーに忙しそうでした。


3人でテントふたつ、エアーマットふたつ、シュラフ3つ、調理器具なんかも合わせると結構な荷物なので直接高いところから出発できるという理由で峠道路をチョイスしました。他の峠道路にも言えることですが、とっくにハイキング中かと思うような開けた景色が広がっています。しかし、この日予報に既に出ていたのですがものすごい風。さ・さむ~~い(*_*; 一家でのテント泊初めてっていうわたし達に試練を与えるつもりですか!?


根性決めて湖まで来ました。ブルブル・・・到着は6時半です。


風が収まらないので少しくぼんだ場所に。この場所はおろか、駐車場からこの湖までテント泊の人はひとりも見かけませんでした。


コンデジでは撮影に限界がありますが、ものすごい満天の星でした。


朝の湖。わたし達以外に誰もいません。


次男が撮ってくれた写真。
荷物は多めです。これで1日中たくさんの高低差を歩くのはキツそうです。。




もちろんキャンプファイヤーもやってとっても楽しいテント泊でした。近々ちゃんとアップします(*‘∀‘)