フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ピック・ブラン(2955m)頂上へ

クリスマス明けの日帰りハイキング記の続きです。山スキーのコースとしてとてもポピュラーだというピック・ブラン・デュ・ガリビエにスノーシューで挑戦です。
一番簡単な東側の稜線伝いに登るのではなく、谷からぐるっと回りこんでもう少し急な南壁から登って緩やかな東側から降りるという周回コースにしてみました。


風が作った雪の模様や雪庇を眺めながら歩き続けます。
こちら側はポピュラーではないというだけあって、初めのうちを除いてほぼトレースのない場所を歩きました。あるにはあったんでしょうが、そんなにたくさんの人が通った跡ではなくて浅いうえに、風がかき消してしまったんでしょう、スキー板で登った跡が時々薄っすらと浮かんでいる場所もありました。


南東方面にはぼんやりとしたお日様が。対して反対側の空はスカッと晴れています。


スタートから2時間半経っています。高度的には3分の2くらい登ったことになります。


パワー切れになる前におやつタイムにしましょう。一面雪で座る場所がないので立ったままの休憩ですが、5分ほど休んでドライフルーツ入りパンを3切れほどむしゃむしゃ(^^;) 


あんまり立ち止まっていると寒くなってくるので、歩き始めます。ここまで比較的なだらかな谷間を歩いていましたが、すこし急な登りになります。


とはいってもこの程度です。トレースはないのでどこを歩くかは自分で見て一番緩やか、かつ歩きやすそうなところを選んでジグザクなり直接なり、まぁフィーリングで登っていきます。


ここでもうさちゃんの足跡と交差しました。


上を眺めます。あと200mくらい(高低差で)の地点。遠くから見てて緩やかだと思っても、登り始めると案外キツくなってきました(-_-;)



ましそうなところをジグザグに・・・いや、これ・・どこがなだらかなんだか分かんなくなってきました。幸いわたしのスノーシューは爪がしっかりとしていてアイゼン並みに引っかかってくれるので、この程度の斜面は今日は雪が硬いので滑らずに歩くことができます。ただし、ゆっくりと慎重にです。ポールでなくてピッケルがあればもっと歩きやすかった💦


もう・・・どんどん急になってきました(つд⊂)エーン
時間はかかるけどジグザグ作戦です。


最後らへんは雪が柔らかく、今日初めてのズボズボです。


最後はこのくらいなだらかになりました。ほとんど稜線に到着しかけです。嬉しい・・・急斜面をトラバースしていた30分弱くらいはめちゃくちゃ緊張しました(;´Д`) 「緩やかな登りのみで山スキー初心者に最適」という評判のピック・ブラン・デュ・ガリビエがここまでアドベンチャーになるとは😅
ちなみに左のは目指してる頂上ではありません。向かって右側がピック・ブランの頂上になります。


稜線までもうほんの15メートルほど(高低差で)でしょう。さあ、どんな景色が待っているのでしょうか。山歩きをしていて最もドキドキする楽しい瞬間の一つです。


・・・。


ちょうど真正面にモン・ブラン(≧∇≦)


ひゃあ、きれい✨
サヴォア、オート・サヴォア方面。
中央やや左の奥がモン・ブランです。


セルス山塊。奥はイタリアです。 
うう・・幸せ・・・登ってきた甲斐がありました✨


いや、まだ頂上には着いていませんでした(;'∀')まだ少しあります。


そこまで細い稜線ではないし、雪庇にもなっていないものの安定の良さそうな場所を一歩一歩選びつつ雪が崩れないように気を付けてゆっくりと進みます。


稜線の後ろ側を振り返って。奥のほうでひとつ尖っているのはレ・トロワ・ゼヴェシェといって3100m台の山頂。これも登ることが可能らしいので今日の候補地のひとつだったのですが、こうやって見るとシャレにならんくらい急です。高低差だけでなく距離でも長くなるので、こちらにしといて良かった(´▽`) ホッ


稜線上にもうさちゃんの足跡。可愛くて、上を歩いて潰したくありません(^-^;


これは右側。こちらの谷から登ってきているので、歩いてる途中も常に見ていたエクラン山塊。とはいえ、やはり上がってきたほうがよく見えます。左からラトー、メイジュ。右にはバール・デ・ゼクラン。アルピニストにしか登ることができない4000m前後の巨人たちです。


雪が硬くなっている部分ではうさちゃんの肉球の形まで分かる足跡になっていました。可愛い😻


少しずつ頂上に近づいています。この辺り急で岩々のため足がズボズボと思いっきりはまるので(岩と岩の間ってどういう積もり方してるのか分からないしとっても深かったりもするので要注意です)、慎重に進みました。
左はグラン・ガリビエ。このピック・ブランはセルス山塊に含まれますが、その最高峰になります。


最後は安定感のある歩きやすい斜面でした。稜線に着いた地点から、思ったよりも距離がありました💦


振り返って。ボチボチ小股に進んできた自分の足跡がよく見えます。


つ・着いた~(≧∇≦)
こちらの谷の下が自分が今朝出発した駐車場方面になります。


奥には先日同僚と友達と3人でそのすぐ麓のあたりを歩いたエギーユ・ダルヴのてっぺんのとんがりが覗いています。同じ稜線上になるのです。出発地点(道路的に)は方向が全然違ったのに、すぐ近くで地図的にも同じハイキング地図になります。山歩きをしていて面白いことの一つです。


頂上には50代くらいのイタリア人のご夫婦がおられました。おふたりの姿をさりげに入れた写真を撮りたかったのですが、そのたびに「あらあら、ごめんなさい。わたしたち邪魔ね」とササッと移動してくださって💧 唯一撮れたのが奥さんのほうのスキー板です😅
お二人ともフランス語を話され、特に奥さんのほうはとてもお上手。何日かバカンスで来られてるんですか、と聞くと「日帰りなんですよ、うちからは2時間ちょっとだから」…2時間半かかるわたしよりも近場でした。。フランスの山が大好きで、よく来られるそうでとても詳しく知っておられたので、おふたりが下りられるまでの15分間くらい周辺の山について情報交換をしました。



写真が多くて💦ご飯~下山編と分けることにしました。



元旦雪山合宿から帰ってきました

年末の日帰りハイキング記が途中ですが・・・
今日夕方、次男とふたりで出かけた2泊3日の遠征ハイキングから帰ってきました。
有給を1日使って1月1日~3日まで休みだったのでどこか遠い地方に行きたいとは思っていたのですが、最近かなり寒いので避難小屋とかはキツそう・・・じゃあ民宿?とまあまあ遠いのであまり行く機会のない南仏ケラ地方の民宿リストを見ていると、民宿に混じって山小屋が入っていました。夏の3か月間に加え、今の時期山スキーヤーさんやスノーシューハイキング客が多いため、管理人さんがいてオープンしているみたいです。山の中で寝起きできるのは、山の麓の村の民宿で寝起きするよりもさらに魅力的です。
長男は大みそかは友達とパーティー、元旦は彼女一家に招待されているうえ、3日には大学の授業が始まります。何の予定もない次男は一緒に来ると言ってくれたので、2泊予約したのは12月30日のことです。いつもながらぎりぎりですが(いや・・天気予報とか見ないといけないし💦)前日や当日の夜中じゃなかっただけましといえます。ウンウン、素晴らしい♬


予約したのはここ、ラ・ブランシュ山小屋。これは今日帰りに山小屋でもらって帰ったカードです。裏表に冬と夏の小屋の写真になっています。次男と山小屋の食堂に色々と飾られている写真を見つつ「夏はどうってことないフツーな場所みたいだけど冬のほうがきれく見えるね」と意見を交わしたのでした。・・・みなさんはどう思われるでしょうか(;'∀')


幸い、エリアの地図はすでに持っているので慌てて買いに行く必要はありません。
ひとつ前のブログにも少し書いた(そして今までのブログにもその名は何度も登場している)「モン・ヴィゾ」がタイトルの地図で、サブタイトルが「サン・ヴェラン、エギーユ ケラ地方自然公園」となっています。モン・ヴィゾはイタリアとの国境にある3800m台の山で山頂はイタリア側に位置しています。今回、サン・ヴェラン村の駐車場からハイキングに出発することになります。


偶然、昨年10月下旬に子供たちと昨年最後のテント泊をした場所とすぐ近くでした。直線距離だと4~5kmといったところです。ただし、そのときに通ったフランスで2番目に標高の高い道路であるアニエル峠道路は10月末から積雪のため冬季閉鎖期間に入っています。


サン・ヴェラン村はかなり近くまでは行ったことがあるものの、初めてです。どのくらい時間がかかるんだ?と前夜グーグルマップに入れてみると・・・


なんと、行けないみたいですΣ(゚Д゚)
試しに電車(公共交通機関)でも入れてみると・・
それでも行けないみたいですΣ( ̄□ ̄|||)
いや、もちろん、そんなことないんですよ。行けるし、行き方も大体分かるんですが、どんなけかかるんだ、と聞きたかったのに。おそらく、最短距離で行くのに通るイゾアール峠道路が冬季閉鎖期間であることに関係あるのかと思うんですが…もちろん少し遠回りをすれば行けます。サン・ヴェラン、山奥の村には違いないけど冬の間孤立してしまうほど辺鄙な場所ではありません😓


面白半分で自転車、そして徒歩では行けるかどうか見てみると・・・
行けるようです( ̄▽ ̄;) 
しかも丁寧に、徒歩だとイゾアール峠道路を通るように指示してあり(確かにスノーシューや山スキーで通れます。わたしも昨冬スノーシューハイキングしました😅)、自転車だと遠回りの別の道を通れと言っています💧
そして、今の時期に普通に車で行く場合、(最短では)そのどちらでもない行き方になります。グーグルマップ・・・たまに間違ってくれるけど、トータルでは頼りにしてるんですが。。今回のコレはちょっとナイんじゃないの😓


さて、道路情報も完璧(^▽^;) あとは天気予報です。
さすが南仏だけあり、晴天続き。素晴らしいですね・・さ・寒っっ💦



自宅アパートのエレベーターの中。
たった二人分なのに・・テント泊するわけでもないのに・・荷物がすごいです。


1日早朝の出発でした。
初日の出はロータレ峠で迎えられるように時間を計算して出発しました。クリスマス明けのハイキングで登ったばかりのピック・ブラン(中央右ののっぺりしたやつ)などがピンクに照らされています。


この後通過するオート・ザルプ県第2の町ブリアンソン方面からぼんやりとした朝日が昇ってきました。


谷の反対側。


年末に買った(中古ですが)新しい車、この日が初めての登場となりました。次男がロータレ峠で一眼レフで撮ってくれました( ̄▽ ̄;) 右下の写真だけ、帰り(今日)に撮ったものです。


雪に埋もれた(いや、ちゃんと雪かきしてありますよ😅)今回のお宿。


メイン入り口。


周りをいい感じのお山に囲まれた素敵な立地条件です。


次男はスノーシューをするのはまだ2回目でしたが頑張って歩いてくれて、素晴らしい景色に感動しっぱなしでした。




年末のハイキング記を書き終え次第、こちらを書くつもりです😊
今年もよろしくお願いしますm(__)m

2018年の締めくくりスノーシューハイキング

明けましておめでとうございます。
ブログを読んでくださってありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


クリスマス明けのハイキング記です。
これを書いているのは12月30日夜(フランス時間)。明日が仕事納めで翌日1月1日から3日にかけて次男と南仏方面の山に2泊で遠征予定なので、この記事は予約投稿にしようと思っています。


今日の目的地は、よく通過する機会があるロータレ峠です。これは峠まであと10分弱くらいの地点でしょうか。
この峠道路は2058mと標高が高いにも関わらず年間を通じて開通しているのでよく利用します。南方面の山からの帰りなどに峠の駐車場で車を降りて軽く休憩したりしますが、実際にこの峠の周辺からハイキングに出発したことは、今考えてみるとたったの3回しかありません。意外過ぎて自分でも驚いてしまいまた(^^;)


峠の少し手前にある道路情報の電光掲示板。もちろんこの地点よりも前にも何度も峠道路が開通しているのか閉鎖しているのか表示されています。「ロータレ峠 開通」「ガリビエ峠 閉鎖」とあります。ロータレ峠からさらに上って行くガリビエ峠道路は2645mとフランスで4番目に高い峠道路で、10月末くらいから6月初めくらいの年間7か月以上は積雪のため閉鎖されています。


峠というだけある地形だな、と度々思います。オート・ザルプ県第2の町、ブリアンソン方面までさーっと見渡せます。


ハイキングの出発地点は峠を反対側に少し下りた1980mの地点です。しょっちゅう通るので、この辺によく車が何台か停まっているのも記憶にありました。人気コースらしいので駐車スペース小さいから大丈夫かな、と少し心配していたのですが(しかもクリスマスバカンスの時期だし)、ワゴン車が1台停まっていただけでした。薄暗いので、えらい早朝なのかと思われるでしょうが、これで8時前です(^^;) 日が暮れるのも早いし12月は日が短くて嫌になってしまいます・・・
雪はたっぷりあるので、道路わきから直接スノーシューで歩けるのが嬉しいです。


このエリアのハイキング地図。難しいほうのレ・トロワ・ゼヴェシェ(3116m)だと高低差1150m、距離も長いめです。簡単なほうのピック・ブランだと高低差970mだそうで、ハイキングサイトによるととってもポピュラーなコースだとか。でも、それは最短距離のなだらかな斜面を登るコースのことで、レ・トロワ・ゼヴェシェに登るのと同じ谷から登る遠回りの方法もあるみたいです。気分的にはトロワ・ゼヴェシェに挑戦したいところなのですが、今日は夕方に用事があり(後日に回すことも可能だけどそうなると他の予定に負担がかかってくる💦)、午後3時くらいまでには駐車場に戻っておきたいのです。ちょっと厳しいかな・・・そんな忙しい時に来なきゃいいのに?と思われるでしょうけど、夕方までは暇だったもので( ̄▽ ̄;)


最近10日間くらいは雪が降っていないので雪は固い目です。山スキーのトレースもしっかりとあります。ガリビエ峠道路と初めのうち少し交差するので鉄塔がいくつか見えます。


少し上がってきているので、谷の奥の山並みがさっきよりもよく見えます。左寄りのひときわ高いのは8月に同僚S君と登ったロッシュブリュンヌ(3321m)。それよりも右側は主にケラ山塊になると思います。次男とのお正月ハイキングの行き先です(#^.^#)


浅い谷、というかくぼんだ所を進んでいくようです。


・・・あーっΣ(゚Д゚) 空ピンクが始まりかけています💦空ピンクの時に空とすぐ近くの斜面だけしか見えないのは残念過ぎます。空ピンクを背景にした立派な感じの山、がベストです(;´∀`) こんな窪みにはまってる場合じゃなぁ~い!土手みたいになった斜面を駆け上がります(イメージ)。


満月に近いお月様。
さあ始まるで始まるで(;・∀・)


そうそう。こんな感じが見たかったんです✨


ちなみにこれは今日向う方角ではありません。ロータレ峠道路(県道)を挟んだ反対側になります。


もっと早くに出発できていたらもっと高い位置から色々見えたのでしょうが。。でも今日はこれで満足です(*´ω`)


時々振り返って遠くの空の色を確認?します。
土手みたいな盛り上がったところを引き続き歩きます(;´∀`) スキーヤーさんのトレースと大体並行してるし、眺めはここからのほうがいいのでこのまま進んでもう少し先でトレースに合流するか・・・


すこし急なところもありますが、今日は今シーズン初めて「ズボズボじゃない雪」なのでだいぶ歩きやすいです。


緩やかな谷をぐるーっと半周するように登ってきています。谷ですので雪の下には小川が流れているようですが、水面が見えてるところはほとんどありませんでした。


瞬く間にはっきりとした色調の青空に変わりました。


そして・・・ついにブリアンソン方面から朝日が昇ってきました😻おお~幸せ(≧∇≦)
元気がチャージされるみたいな感覚になります♬


きりっとした青空。雪が積もっていない山肌が少し赤みを帯びています。


ここまではなだらかな上りです。


写真の右側に茶色いものが写っているのが見えるでしょうか。これはガリビエ峠道路が小川と交差する地点にかかる橋でした。地図にも橋は載っているので現在地がはっきりとわかりました。


ところで、雪の状態だとか気分的なことだとか何らかの理由でピック・ブラン(簡単な方、高低差970m)さえも登るのイヤになった時のために第3候補もあるんです( ̄▽ ̄;)
この左手の小高いところをどんどん登って行くと2600m台の峠に到着します。景色も多分良さそう。でも今日はズボズボではないし、そこまで短い距離&少ない高低差でなくても大丈夫です。かと言って奥にあるトロワ・ゼヴェシェはこうやって見てもかなり遠く、往復できないことはなさそうだけどお昼ご飯のんびり食べる余裕がなくなりそう💧時間制限のある時にはチャレンジしたくありません。やはり手前のピック・ブランを周回するのが一番良さそうです。


このあたりは雪の表面が凍って膜のようになっています。昇ってくる太陽に照らされて不思議な景色です。


この朝は風はあまりありませんでしたが、雪の上に模様ができているところはときどきありましたが大きなシュカブラは見られませんでした。


ピック・ブランに登ると決めたので谷の反対の斜面からこちら側に移って少しずつ登り始めました。すると遠くにひとりの人が歩いているのを発見。今日はここまで誰も見かけていませんでした。


登りつつ上を眺めます。頂上かもしれないけど偽頂上かもしれない部分が見えています。スキーヤーさんのトレースはほとんどなくなってしまったので自分で思ったところを登って行きます。かと思うと急にまたトレースがうっすら見えるところがあったり・・・このあたりから登る人が少ないのでトレースも浅く、風が吹いたらすぐに消えてしまう、といったとことでしょうか。


谷の反対側に北エクランのメイジュ(右・3984m)など美しい面々が。


少し奥にはエクラン最高峰のバール・デ・ゼクラン(4102m)。メイジュはロータレ峠道路からも見えますが、バール・デ・ゼクランは見えません。登ってきた甲斐があります。ただし、ガリビエ峠道路からは見ることができます(^^;)


そして南、ブリアンソン方面。先ほどまでは見えていなかったモン・ヴィゾ(3841m・左)がロッシュブリュンヌの隣に✨
この山の登山口はフランス側にもありますが、山頂は国境でもなく、完全にイタリア側にあります😓なので、正確にはフランスの山とは言い切れないのだけど、このエリアでは一番高く目立つ山なのでわたしは「南仏のモン・ブラン」だと思っています。


あちこちに薄っすらとおもしろい模様ができています。つぶすのもったいないような気もしますがそんなこと言ってられません(^▽^;)



後半に続きます。