randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

アルプ・デュ・パン山小屋に1泊

6月の23、24日の週末に出掛けたエクラン国立公園北部のオワザン地方へのハイキング記です。仕事が終わった土曜午後に出発、夕方5時半に駐車場から歩き始め6時半に山小屋に到着しました。


前回来た時と管理人さんが変わっていてイギリス人の女性が新しい管理人さんでした。イギリス人が経営する地元ビールメーカーの白ビールを注文しました。山小屋に到着して頼むビール。なんでこんなにおいしいのでしょうか・・・


標高1805mと山小屋としては比較的低いところに位置するアルプ・デュ・パン山小屋。ベッド数16というこじんまりとしたサイズが気に入りました。


管理人さんのジュディットさんと娘さん。レティシア・カスタ似の綺麗なお嬢さんでした。


着いたのが6時半、宿泊客や管理人さん、その旦那さんなどと話をしていたらもう7時を過ぎています。そろそろ夕食の準備にかかりたいと思います。
今日は仕事先から直接来たので、肉っ気のものは持って来ませんでした(職場の冷蔵庫に入れたら絶対忘れてきそうな気がしたので)。パスタとフリーズドライのチゲ風味スープ、ドライオニオン&ハーブミックスで簡単なパスタ料理にします。あとはチーズとサラミとパンです。


パスタが茹ったらお湯をほとんど捨てて、フリーズドライのスープを投入。乾燥オニオンとドライ香味野菜を自分でミックスしてきたものも混ぜます。これらが水分を吸ってくれて、ほとんど汁気はなくなります。
外のテーブルで食べようと思ってたのですが、管理人さん夫婦が「寒いでしょう、中にどうぞ。一緒に食べましょう」と言ってくれました。
確かに登っているときや、山小屋に着いてもお日様が差しているうちは暑かったのですが日が沈んで急に冷え込んできました。


お言葉に甘えて管理人さん一家とテーブルを共にさせていただきました。この辺りの山のことやその他色んな話が出来て楽しかったです。


小屋内の台所は狭いので、洗い物は屋外で。お湯を沸かした鍋を持って出て、旦那さんが担当していました。ちなみに奥さんは管理人さんですが、旦那さんは最寄りの大都市グルノーブルで医療関係の仕事に付いておられ、週末ごとに山小屋にやって来られるとのことです。


とっても小さな山小屋で、ひと部屋しかなくて寝室と食堂が一緒です。左が出入り口になっています。夕食後はベッドメイキングです。といっても、持参の携帯シーツと備え付けの毛布を広げるだけです。
9時過ぎですが、夏至を過ぎた直後で最高に日が長いとき。まだ外は明るいです。外に出てみたいと思います。


9時26分。谷の向かいの山が夕陽に染まります。


赤色はやがて暗くなってしまいました。


奥(今日やってきた方向)にはベルドンヌ山塊の最高峰、グラン・ピック・ド・ベルドンヌが。


旦那さんが周りに見える山の説明をしてくれました。曇ってさえいなければ、エクラン最高峰のバール・デ・ゼクランもほんの少し見えるんだそうです。


かなり雲が出ていますが、夕陽を映し出してむしろ美しいです。
10時に近くなってきました。山小屋では消灯時間もあるし早く寝る人がほとんどですが、今日の宿泊客はお子さん連れのファミリーばかりなので特に就寝が早くてわたしが小屋に入ると全員寝床についてしかも本当に寝てるっぽい人が多かったです。わたしも習って早寝することに。


朝は5時半に目覚ましを合わせましたが、丁度5分前に目が覚めました。 
寝室と食堂が一緒になっているので小屋内で朝ご飯を準備するわけには行けません(まだみんな寝てます)。音を立てないよう、そーっと外に出ます。小屋内に戻らなくていいように、ザックなどすべての荷物を持って出ました。


山小屋側


奥に見えるひときわ立派なのはテット・ド・ロラヌール(3325m)。アルピニスムでしか登れない山です。この山小屋が最寄りになるので、前回来たときにはこれに挑戦するアルピニストさんが泊っておられました。雪が多すぎて頂上は諦めた、と午後に麓の村のカフェで再会した時に言っておられました。
エクラン、特に北部は全体的に険しく装備・テクニックなしで登れる3000m級がほとんどないのが残念なところです。


ベルドンヌ方面がピンク色に染まりつつあります。
一番右の高くなっているのがグラン・ピック・ド・ベルドンヌ。2977mで山塊最高峰。その隣のピック・ソントラル(2945m)もなのですが、アルピニスムの装備なしでは登ることが出来ません。ようやくそのもうひとつ隣のクロワ・ド・ベルドンヌ(2927m)だとハイキングで登頂可能なので去年の今頃登りました。


朝食を終え、片付けも終えると水をここで汲んで出発します。


今日向かうのは、ヴァロン・ド・ラ・マリアンド(マリアンド峡谷)です。峡谷の入り口付近まで50分、とあります。


ここの山小屋からは主にふたつの湖にハイキングで行くことが可能なようです。2年前に来た時は、この遠い方にある湖、マリアンド湖(湖2)を目指したのですが、雪が多すぎて途中で諦めたのでした。


今回も、その湖を目指すか、それとももう一つ手前にある湖を目指すか・・・
どちらにしても、歩いてるとこからは見えないしコース外で特に道もない上、雪も結構残ってるとなるとちゃんと行けるか定かではありません。でも他に目ぼしい目的地もないし、そこら辺に挑戦すっかー、と思ってると管理人さんの旦那さんがいい情報を。
「そのもう少し先の峠、僕は山スキーで時々行くんだけどすごくきれいだよ。ちょっと遠いんだけどさ、5時間くらいはかかるかな」
管理人のジュディットさん「えー、わたしは雪があるとき、6時間くらいかかったわよ」
ちょっとちょっと、なんちゅう遠いとこ勧めてくれるんですか(◎_◎;)
しかし、旦那さんの次の一言「峠から、オランとか反対側の山がズラーっと見えるんだよ」が、やたら頭に残りました。
どれを目指すか決まらないまま山小屋を出発しました。どっちみち、どれも途中まで同じ道です。


まずは山小屋から岩々で幅のとても狭い怖い道を通り、怖くない普通のハイキング道に下りてきました。駐車場から山小屋までに全く怖いところが含まれていなかったので意外でした。


ヤマツツジが咲き始めていて色を添えていました。


平坦、というかむしろ下り気味の(;´Д`)道を進みます。あーそうだ、これが案外長いんだった。


サクシフラージュ(ユキノシタ科)には何種類もありますが、毎週のように新たな種類が顔を出します。


2年前に来た時もそうでしたが、クレマチス(クレマチィ・デ・ザルプ)があちこちに見られました。こんなにクレマチスが群生している場所は他に見たことがありません。


歩いてきた方向を振り返って。


ヴェネオン川の谷の奥を眺めて。


雪の残る山々を背景に咲き誇るヤマツツジ。絵に描いたような初夏のハイキングコースです。



次回に続きます。

約1年ぶりにエクラン国立公園・オワザン地方へ

少し前に「今からエクランに1泊で行ってきます!」という内容で短く投稿した1泊ハイキング記になります。
昼過ぎまで仕事だった土曜日、勤務先近くに車を停めておいてうちに帰らずに直接出発しました。


高速で眠くなりすぎて一度SAで長い目に休憩(そのときブログ記事もアップしました)した他は渋滞もなく順調にやって来ました。


最後は少し急な山道になっている県道です。最後は行き止まりになっているので峠道路ではないものの風光明媚なため自転車の人が多く、峠道路に見られるような「最終目的地まであと何キロ、標高、勾配」の表示があります。


今回、夕方から歩き始めることになるので駐車場から近く、しかも翌日それなりに歩く場所がある山小屋を予約しました。2年前にも一度来たことがあるアルプ・デュ・パン山小屋(Refuge de l'Alpe du Pin)です。
いつものことながら行き先を決めるのが遅くて前日の夕方に電話で予約をしましたが、土曜の夜ということもあってかベットの空きが調度ひとつしかなかくてギリギリセーフ💦


2年前に一度来たことがあるという安心感とオワザン地方自体、最近こそ来ていなかったけど山にハマり始めた2,3年前にはかなり足繁く通っていた方面なため何となく「知っている」と過信していて、駐車場の位置関係をしっかり確認しませんでした。すると・・・見事に迷いました💧 
もう少し先だったと勘違いしてだいぶ行き過ぎた地点で駐車場に下りる林道をウロウロ探していました。


県道にある村のカフェの方に聞いたりして5時20分、ようやく正しい駐車場に到着。実に30分以上の時間のロスです(-_-;) 
まぁ山小屋まで登るだけだし、ご飯も頼んでないからタイムリミットもなく日が沈むのも9時半とかだから何の問題もないんですが、ご飯真っ最中に到着すると迷惑だと思うのでやはりそれより早くには着きたいです。


5時25分。歩き始めです。これは約2週間前、猛暑が始まった時期でした。この辺りは既に標高があるので少しましとはいえ、夕方はまだ日が高くて暑い💦
ここら辺のハイキングコースの難点は、駐車場から一度谷に下りないといけないことです。ここも高低差で100m以上は下りることになります。
それなりに手入れはされてるっぽいけど人の気配が全くなくて誰か住んでるのかよく分からない集落を通り抜けつつ下まで下ります。


集落を抜けると緩やかな下りのハイキング道になっています。「帰ってくるときに最後こんなけ登るんかー」と暗い気持ちになります💧


一番下、つまり川の流れている地点まで下りてきました。これはオワザン地方を流れる中心的な川であるヴェネオン川になります。オワザン地方イコール、ヴェネオンの谷、と考えていいでしょう。


標高1290mの地点になります。予約している山小屋までは2時間(先ほどの駐車場では2時間10分との表示)とありますが、確か前回来た時は1時間半くらいで登れた記憶があります。


山小屋からのメッセージ「開いています(&管理人が滞在しています)」のボード、それに放牧地帯を通過するときの注意事項の看板(ここらへんは羊です)などがありました。
時間は既に5時35分です。さっさと登ろう~~


いきなり急な坂道です。


初めのうちはこの滝の横をジグザグに登るので何度かすぐ隣に出てきましたが、間もなくハイキング道は滝から離れていきました。


いい香りのロジエ・デ・ザルプ(野生のバラ)があちこちに。ピンクのものが多いのですが、ここら辺では白が中心でした。気のせいかピンクのものよりも香りが良いように思いました。


足元にたくさん咲いていたのはセレストと呼ばれる花で8月いっぱいくらいまで見られます。


バラ(Rosier des Alpes)とユリ


面白くない足腰の訓練には良さそうな地味な登り坂をひたすら登ります。


退屈な坂道ですが、幸い時々見晴らしのいい所も通ります。


木が少なくなって視界が開けてきました。


野原っぽいところに出てきました。


「にっこりして下さい(写真を撮るときとかに言うセリフ)、山小屋まであと10~15分です」


ジュバルブ(サボテンみたいです)の花がニョキっと伸び始めていました。この花が伸びてくると「ああ、夏も本格的だな」という気分になります。


あ、目の前に小屋が見える♬
そちら目指して登ってったものの、なんか小屋の周りは案外しっかりと柵や紐が張っており、なかなか敷地内に入れません。「なんだよー、営業する気あるのかよ・・」とぶつくさ言いながら小屋の周りをぐるっと一周してフト少し遠くを見ると。。あれ、なんかもうひとつ小屋が見える。。


あ、こっちの小屋。何となく見覚えがあります。そうだそうだ、こんなだったわ、山小屋💦


着きました~アルプ・デュ・パン山小屋(1805m)。6時28分。53分で登ってきました(^^;
小屋間違えてなかったら50分で来られてたと思います。


昨夜電話で管理人さんと話した時に聞いていたのですが、わたし以外は子供連れのファミリー3組。少し急なところはあるものの危険箇所は全くないし距離も短いので小さな子供でも登ることができるコースです。


こじんまりとした可愛らしい山小屋です。収容人数16人。小屋の外に小さなテントがふたつ張ってあり、それも併せると合計20人まで泊まれるようです。


小屋から50歳前後の女性が出てきました。こんにちは、管理人のジュディットです、と英語訛りで自己紹介してくれます。あ、昨日電話した時に外人っぽい人が電話に出たからワーホリみたいなので手伝いに来てる若者かと思い込んでました(;´∀`) 
前回来た時も女性管理人でしたが別の人でした。ジュディットさんは在仏12年のイギリス人で山好きが高じて今年から山小屋の管理人になったそうです。前の管理人さんは別の山小屋に移られたんですか?と聞くと蜂蜜好きが高じて養蜂家に転職したそうです。


小屋内、小屋の前で他の宿泊客の方たちと少しお話しました。面白いことにドイツ人ファミリーと英仏(旦那さんがイギリス人)ファミリーが一組ずつ、もう一組は普通にフランス人一家でしたが英語やドイツ語が飛び交っていました(;'∀')


気さくで面白いジュディットさん。英語訛りは強いもののフランス語は上手です。
ご飯は自炊しますが到着時のビールは欠かせません( ̄▽ ̄;)


一般的なメーカーのもありましたが見たことのない地ビール(白)にしました。オワザン地方の中心の町、ブール・ドワザンで作られているそうです。ラベルのセンスも垢ぬけていフランスの地ビールっぽくないな、と思ったら経営者はイギリスの方だそうです(イギリス人ネットワークか・・)。スッキリしているのに味わい深く、とてもおいしいビールでした。



次回に続きます。

南仏へ結婚式の2次会へ

ここ1週間ほど猛暑続きのフランスですが、昨日の日曜は特に暑い南仏まで友人の結婚式の二次会へ行ってきました。
フランスで結婚式は大抵土曜日。パーティーは夕方位から夜更け、明け方まで続くのが恒例です。そして日曜のお昼にも同じメンバー(のうち来られる人)でご飯を食べるのがよくあるパターンです。
土曜は仕事だったので、この日曜の集まりだけに行ってきました。


いつも山行きに乗る高速とは別のA7(オートルート7)、マルセイユ行きに乗ります。
ローヌ河の谷のリヨンから南はしばらくごじゃごじゃエリア(石油精製工場やら製薬会社等)が続き、イマイチな景色でちょっとブルーですが来るべき南仏の爽やかな風景に心を馳せ運転。


土曜のメインのパーティーだったらちょっとちゃんとした格好がいいのでしょうが、今日は新婦の実家のお庭でガーデンパーティーらしいのでみんな普段着だそう。40度近い猛暑という予報なのでこんなのでいいか。。


最近薄着になってきて同僚から「ちょ・・あんた何その腕?」と指摘が入った上腕。
いや、何もしてないんですけど。。どうしてこんなことに。


南行きの高速は既にキャンピングカーやキャラバン引っ張った車だらけです。ドイツやオランダといった外国のナンバーの車が目立ちます。


途中トイレ休憩に寄った高速のSAもわたしがいつも山に行くときに乗る高速のコンビニみたいに小さなSAに比べるとショッピングモールかというくらい立派。10倍、いや20倍くらい広い感じです。


この辺りの名物はヌガー(手前の袋)やカリソン(右の棚)といった砂糖菓子。
奥にはお決まりのラベンダーのサッシェ(香り袋)。クッピーラムネの小さな袋がつながったやつみたいにいくつかくっついてるのでばら撒き用お土産に最適とされています(^^;


そのヌガーで有名なモンテリマールで高速を降ります。なんかお山のシルエットがあるけどあんまり高い山ではなさそうです。


あっ、道路わきにラベンダー畑が!
そうだ、全く忘れてたけど7月初めくらいってラベンダーの収穫時期なのでした。満開になると割とすぐに収穫されてしまうため、案外パーッと咲いている時期は短く、見られてラッキーでした。


ツーリストなので車を停めてラベンダー畑に侵入。写真を撮らなきゃ。


これは別の場所の畑。まさに収穫中でした。いかにもなカッコ(オレンジのギンガムチェックの半袖ブラウスにジーンズの半ズボンに麦藁帽💖)の女性が作業中でした。もしかしてツーリストのインスタ映えを考えてくれたお召し物なのでしょうか・・・と疑ってしまうほど景色に馴染んでいました。


その畑にあった宣伝の看板。時間がなかったので寄りませんでしたが、エッセンスオイルやラベンダーの蜂蜜などを売ってるそうです。


お呼ばれしているおうちのある町からすぐのところに「フランスで最も美しい村」のひとつに選ばれているル・ポエット・ラヴァル村があるので寄り道していきます。


石畳に中世の古い民家が残るフォトジェニックな村です。


こちらは塔があったりしてちょっと立派なおうち。鉢植えの植物もお洒落です。


葡萄の木が日よけになった?アンティークな郵便受けが絵になります。


写真いっぱい撮ったけどキリがないので早送り(^^;


キリがないばかりか、時間もあんまりなくて(11時半から12時くらいに来て、と言われてます)駆け足で村を廻って車に戻ります。


20分弱で到着しました。友達(O君)と新婦Nさんの名前が入り口に立てかけてある民家が田舎道の奥にありました。わたしは初めて来る新婦さんの実家です。


広大なお庭にはオリーブの木や果樹園コーナーも奥にありました。


な・・なんかすんごい豪邸なんですけどΣ(゚Д゚)


広いお庭のおうちに近い辺りにパーティースペースが設けられています。専門のイベント業者に依頼したようです。


真ん中がJUST MARRIEDなO君。その親友たちと。昨日は150人ほどの招待客だったそうですが、今日はその半数以下だとか。それでもそれだけの人数を招待できるお庭ってすごいです・・・新婦Nさんは出たがりではないので残念ながら写真はなしです。


おうちのテラスの部分もステキ😻お庭がなくてこれだけだったとしても既に満足なんだけど(@_@)


荷物を置かせてもらうのにおうちの中にもお邪魔しました。インテリア雑誌そのまんまといった趣味の良い内装です。


台所に新婦の両親、祖父母がおられたのでご挨拶しました。台所も広くておしゃれです。


再びテラスに出てきます。田舎の高級コテージのようです。


お庭に置いてあったミニチュアの小屋。中はミニチュアの台所になっていましたがえらいリアルでした。可愛すぎる💕


コーヒー?紅茶?それとももうワインいっとく?と聞かれましたが、テーブルに地元産のアプリコットがあったのでむしろそれをいただきました(^^; 久々に食べる、完璧に美味しいアプリコットでした。


テーブルには朝6時まで続いたパーティーに最後までいたツワモノたちが短い休憩を経て既に復活しています。歳はわたしと同じ位か少し若い程度なのですがフランス人、元気でいつも驚かされます。
新郎新婦へのメッセージカードを書いているところです。


お楽しみのお料理は、ケータリング業者と新婦の家族の手作りとのコラボでした。写真に撮り忘れましたが、ケイク・サレ(塩味のケーキ)と呼ばれるオリーブやらベーコンやらハーブやらを使った塩味のパウンドケーキが何種類もあり、どれもおいしかったです。たくさんの種類焼くの大変だったでしょう?と新婦のNさんに聞くと「何日か前から1日2種類くらいずつ焼いて冷凍しておいたのよ」とのこと。
メロンも南仏のものでめちゃくちゃ甘くて美味しかったです。


ちなみにわたしは左下の写真に写っているルブロッション(平たいやつ)と円筒形のチーズを差し入れに持って来ました。円筒形のはその数日前にサヴォア県の農協で買ったボーフォールチーズの中心部です。こんな珍しい切り方をしているのは初めて見たので買いましたが、一般的に大きなチーズは真ん中の部分が一番おいしいと言われているのです。
ルブロッションはその1週間前にオート=サヴォア県の生産農家で買ったもので両方超おいしいので自信を持って持参しましたが、招待客にも喜んでもらえたようでわたしも嬉しかったです。


美味しいもの尽くしでちょっと飛ばしてしまったので(^▽^;) デザートまでプールで軽く休憩です。


休憩・・ビール付きです(^^ゞ
乾燥した気候ではあるものの40度近い猛暑だったので何度かプールに入りました。


あ~さっき食べたもの、ちょっと下りてきて胃にデザートのスペース出来たっぽいな・・・でも動くの面倒。って思ってるとデザートが自らこっちにやって来てくれました✨


カスタードクリーム入りのミニシューと・・・


マカロンが散歩してきてくれました(^▽^;)


極楽じゃ・・・


招待客へのお土産コーナー。小さなサッシェにはヌガーが入っていました。


まだ夕方ですが、遅くなると高速が渋滞しそうなので早い目においとまします。


ラベンダーのブーケをもらいました。いい香り♬


助手席のカバンの上に置いていたのですが。。


ラベンダーってめっちゃポロポロ落ちるんですね(;´・ω・)
こんなことになってしまいましたが、車の中は良い香りで満たされました。
早くに出たおかげで全く渋滞に巻き込まれず1時間40分ほどで帰ることができました。