randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

里山感覚?の近場シャルトルーズ山塊へ

グルノーブルからだとすぐ、リヨンからでも1時間半前後で来られるシャルトルーズ山塊はファミリーコースも多く、とてもポピュラーな行楽地となっています。
地層のラインがむき出しの独特の石灰質の岩肌、すぐ隣の山塊ヴェルコールとも似た城壁のように細長く山が連なっている部分もあり面白い場所なのですが大都市から近いことで人が多いのと全般的にハイキングコース自体が野性味に欠ける感は否めないのであまり頻繁には行きません。
ただしもちろん例外はあり、今回紹介するのは周回の前半(頂上まで)は地図にハイキングコースとして載っていないためか人は少なく、平日の朝早くの出発だったこともあり、帰りにひとり地元のおじさんとすれ違って少し会話をした以外は誰とも出会いませんでした。


今回の出発地点はシャルトルーズ山塊でも一番リヨンに近い部分。グルノーブルの手前で高速を出ます。1時間10分で来られました。2時間半以上運転することもあることを思えば地元と言いたい位の気分です。


ちょっと間違えてひとつ下の駐車場(668m)に着いてしまいました。すでにきれいな場所だったのでまあこれもハイキングの一部ということにして歩いて約2キロ先の本来の駐車場(786m)へ向かいます。


はい、こちらが本来のハイキング出発地点です。黄色いオフィシャルな行き先案内看板(地図に載ってるコース)、それに誰かが付け加えた手作り看板があります。わたしが今回行くのはこの「La Grande Sure 4h」の方です。
グランド・シュールは南北に細長い山で、その東側はなだらかで放牧地帯となっています。ファミリーコースともいえる簡単な登りがそちら側でシーズン中の天気の良い週末ともなればかなりのハイキング客で賑わいます。
対して西側はほとんどが急な岩壁になっており、今回行くのはその隙間から登るコースです。


ハイキングコースの初め。


今回一番たくさん見たのはプリムラ。


春の終わりから初夏によくみられるグロビュレール。今年初めて見ました。


すみれはあちこちに。


このへんはちょっと名前分かりません(^^; 森の部分だけで出会う系です。


少し登った辺り。先ほど通過してきた町や村が眼下に。


あまり踏みならされていない小さな道なのでときどき分かりにくくなるのですが、そういう怪しい場所には大抵ペンキマーク(黄色と赤の矢印)が。消えかかってるのが多かったですけど…おーい、塗りなおそうよ~~(^^;)


どんどん上がってきました。もうじき1000mくらいといったところでしょうか。


じゅうさん・・・??…なわけないよね(^^;
「306」とか…ときどきこういう数字が書いてるんですが、暗号っぽくて何に相当する数字なんだかよく分かりません。


気付けばペンキマークはいつの間にか薄黄色に。・・分かりにくいなぁ、どうして赤とか青とかピンクとかにしないんだろう・・・まああるだけましか。。
迷うのは得意とするところなので、こういうメインコースでないところを歩く日はしつこすぎるくらいに地図を出します。「どう考えてもこっちだろ♪」と感覚に任せて歩いて行った場合70パーセントの確率で間違えます(;´Д`) 勝率5割以下なのが何とも不思議なところです。


あれ、また黄色と赤のペンキマーク(消えかけ)も登場しました。2本立てということですか・・・


ケルンもありました。ペンキマークは薄オレンジ…
木がまばらになってきてどれが道なのかあまり分からないので助かります。


石がないゾーンなので木にペンキマーク。


おおっ、目の前が開けてきました。


アルパージュ(放牧地帯)の野原に到着しました。
この山の反対側は野原がそのままなだらかな坂として山頂まで続いているのですが、こちら側は見てのとおり、岩々としています。


パッと見のぼれそうにないんですが。
水仙が満開でした。


おおっ、シャモアか・・・?と思ったら角がクルクル。ムフロンの群れでした。


今日は軽い靴を履いてきました。クロッカスやスミレとお揃いみたいじゃないですか…?


振り返って。放牧の牛用の水飲み場がありました。
野原の部分はどこを歩けばいいのかよく分からないので適当に山に近付きます。


放牧用のシャレー。


あっ、ケルンがありました。(´▽`) ホッ。


久々に登場の黄色と赤の矢印。


こ、これは・・・


デジャヴな感じ・・・(゚Д゚;) (前回のベルドンヌ💦)
でも登る距離(高さ)自体はほんの少しだったしそこまで急でもありませんでした。
なんでわたしこんなとこばっかり来るんでしょうか(^▽^;) 今回は癒し系のつもりだったんだけど。。


矢印が律儀に時々あります。はーい、ありがとう、導いてくれて!!


上に着きました。もう頂上(1920m)です。


登ってきたところ。こないだのベルドンヌに比べたらどうってことありません。もちろん油断は禁物ですが。


頂上のケルン。奥は残りのシャルトルーズ山塊です。一番左の四角いのはグラニエ。


手前がシャルトルーズ山塊最高峰のシャムショウド(2082m)。奥の雪深いのはベルドンヌ山塊で黒っぽい3つの尖がりがその最高峰、ピック・ド・ベルドンヌ(2977m)。


その少し北側もずっとベルドンヌです。頂上が3000m近い夏でもアルピニストにしか登れない山も多く、近寄りがたい風格というか厳しさがあります。


もっと遠くにはモンブランも薄っすらと。


まだ11時過ぎですが、このあと下るのでここでお昼にしたいと思います。
今回は癒し系なので?軽い荷物で来たかったので暖かい飲み物はナシ。


さて、ご飯も食べ終わってそろそろ下りることにします。周回コースなので頂上の尾根のようになってる部分を少しずつ南方面に下ります。


これは山の南端。これを左側に下りていきます。


麓まで下りてきたところ。この辺りからは地図上のコースなので行き先案内看板が見えてきました。


頂上の部分には花は咲いてませんでしたが、ここまで下りるとまたたくさんあります。


雪融け水が小川になっています。


さて、帰りはちょっとドキドキコースです。


谷の向かい側。


さりげに怖いです、地図に載ってるコースの割に・・・


あっ、今年初のジョンシアン。・・足元注意ですが(~_~;)


普通の森に戻ってきて一安心。うっそうとしていて苔がむしてたりとなんか日本の森っぽいです。


シャルトルーズといえば林業も盛んなので森の低い方では伐採された木がまとめて積まれていることも。


朝と同じ道に戻ってきました。先ほど通ったのはこの左側の山肌に沿った道です。


駐車場に着く少し前。
癒し系ハイキングの最後にふさわしいほっこりする風景でした。

雪がなかなか融けない山塊、ベルドンヌへ(最終回)

谷の部分だけで3時間半以上かけてやっとこさ登ったペルチュイ峠(2365m)。
この谷の3分の1くらい登ったところから右手に別の坂があり、本来そこから山小屋へ行くつもりだったのですが急だわ雪は多いわで無理っぽかったので、とりあえずそのまま谷の一番上(峠)まで登ったわけです。それも後の方はさり気にどんどん急になってきてかなり大変でした。車のトランクに入っていたので何気なく持ってきたピッケル、超必需品でした。なかったら途中で引き返してたでしょう。
上からも山小屋へはアクセスできなさそうなので谷を下りつつ、何とかなりそうなところはないかもう一度しっかり見てみたいと思います。


あぁ~~ブルーです。なんでこんなとこ登ってきてしまったんだ・・・
下り始めてすぐ気づいたことには、太陽が当たり気温も上がってきて雪がシャリシャリになってきたため、お昼前に上ったときのようにアイゼンが雪に引っかからない(◎_◎;)


峠からおそらく100mくらい下りるまでが特に急で、ゆっくりジグザグに下りましたがほんとに怖くて神経すり減らしました。あまりに足元に集中していたので写真撮ってる余裕はナシでした。


これこれ、山小屋へのアクセスの問題の坂。これは峠の辺りからズームで撮ったものです。どこをどう通れるのか考えるために目を皿のようにして見つめます。
急こう配の坂を上るとなだらかな上り(雪で真っ白の平たい部分)で、その奥(黒い岩壁に隠れてるずっと左側)に山小屋はあるようです。


谷の一番急なところはクリアしなんとか怖くないところまで下りてきました。
さて、問題の坂に近付いてみます。朝に見たのと当然変わらないこの急こう配…(・_・;)


う~~ん、上から見てたぶんには登れるとすれば多分この辺りっぽいのですが実際に見上げてみるとかなり厳しいです。そして気温が上がった分、雪は朝よりも状態が悪くなっています。


う~~~ん、無理だ無理だ。


てっぺんの辺りを眺めてみます。近くて遠い・・・
この右の雪が融けているこんもりした部分、もっと下までこんもりしてて全体に雪が少なめで(上から見てるとちょっと尾根のような地形になってた)、最後の手段はここか?と坂を横切ってそこを下からアタックし始めたんですが、岩が微妙に途切れていたり、木が茂り過ぎてて通れずアウト。


・・・一泊するつもりで泊りの準備もしてきたんだけど・・・
今日は諦めてうちに帰ります!!


諦めて問題の坂から谷に戻るところ。
谷も怖い急傾斜のところはもう過ぎたので後は走り下りたいくらいですが、雪が柔らくて走るのはちょっと無理です(^^;


振り返って。


目の前。谷の最後らへん。おしりで滑り降りた人の跡があります。このあとわたしもかなりの距離滑り降りました。適度な速度で面白いほど良く滑り、2回くらい方向調整で止まりましたがあっという間にほぼ一番下まで下りることが出来ました。


はい、雪ゾーンおしまい! 
乾いた道を歩ける幸せ✨


この時期、どこの山でもフキノトウだらけです。フランス人は食べないみたいですが。


ツクシも。これも摘んでる人を見かけたことがありません。



朝閉じていたクロッカスは全部開いてました。


夕方6時半に駐車場(1090m)に戻ってきました。朝は10台近く停まっていましたが、わたしの車だけになっていました。


今帰って来たばかりのハイキング道を振り返って。


さて、車に戻ろう、とキーを探したら、ない。 
車のカギと貴重品はいつも入れてるポケットが決まってるのですがそこにないので超焦りました。現金はあまり入ってないけど身分証明書、免許書、クレジットカード…(;´Д`)大げさでなく、地べたにザックの中身全部出して探しました。ない。
あの鬼のようにしんどかった谷をもう一度、今度はヘッドライトを付けて登ってる自分が脳裏をかすめます。
で、急に思い出しました。お昼ご飯のあと峠からすぐ隣の山頂に往復した時、ザックを峠に残し、サブリュックで上がったのですがそのとき貴重品もそちらに入れてそのままになってたんでした(´▽`) ホッ
余談ですが、昨年9月にエクラン国立公園の中南部はシャンプサー地方を散策した時、一番の目的地であったヴュー・シャイヨール(3163m)の頂上で、思い出ノートが入ってる小さな郵便受けのような木箱がケルンに守られるような形で設置されていたのですが、ノートと共に落とし物と思われる車のキーが(三菱の車のものでした)。持ち主の人、それはそれは焦って絶望したことでしょう・・・
落とし物を探して3000m級に登りなおす…これはキツいです。
教訓・貴重品は普段開け閉めすることがほとんどない奥の方に入れよう。


👇車のキーのことは書いてませんが、ヴュー・シャイヨール登頂の様子


高速から見える夕焼けのベルドンヌ。
あ~ほんとは山小屋に泊まって山中から夕焼けや朝焼けは見るつもりだったのに。。
でもまあこれからいい季節になってくるのでまた別の機会にチャレンジです(ここはもういいです・・リベンジする気もなし。。)^_^
読んでくださった方、ありがとうございます。

雪がなかなか融けない山塊、ベルドンヌへ(その2)


山小屋に一泊するつもりで一人で出掛けたベルドンヌ山塊。山小屋にアクセスする登り坂にもたっぷり雪が残っており、傾斜が急なためとても登れたもんではありません。とりあえず山小屋に直接登るのは諦めて、トレースがあったのと人が上に見えたのでそのまま峠を目指しました。こちらも最後が急になっていてかなり時間がかかりました。あとで調べたらGHM(Groupe de Haute Montagne)からアルピニズムのコースに指定されており、協会が定める難易度では7段階あるうちの簡単な方からふたつめになっていました。キツいのも当然か…ハイキングに来てるのに何でこんなことになったんでしょうか。。


そうやって必死のパッチで登ったペルチュイ峠(2365m)。まずは岩にカメラを置いて1枚。


わたしのすぐ後ろに写っている山、上はこんなことになっています。


反対側はこんな感じです。


こちらは真正面、向かいに見える大きな山はグラン・モレタン(2775m)。
下の部分は完全に四方を高い山に囲まれた盆地になっています。


雪が融け始めるころに顔を出すアネモネの仲間、プルサチーユ。かなり毛深いです(^^;


写真を撮ったりしてるうちにもう1時半を過ぎました。先ほどまで緊張しすぎてお腹も空いてなかったのですが、峠に着いてホッとしてるとさすがに空腹を覚えました。そういえば今朝はおやつも食べていません。
今日は豪勢に日本のインスタント食品を持ってきました。「きのこのパスタ」だそうです。お湯を線のあるところまで入れ、3分待つ…簡単ですね♪

「線のところまでお湯を入れる」はずが、ちゃんと見てなくて適当に入れたら完全に入れ過ぎだったみたいでスープのようになってしまいました。インスタント食品もまともに作れないのか、わたし・・・(;´Д`)


さて、ごはんのあとにすることがあります。それはこちら!
すぐ隣に頂上がある山、ヴァイ(2439m)に登ってみようと思います。
ほんの少し上がるだけなのでザックは置いて行きます。


日本で夏に買ったモンベルのミニリュックの登場です。1泊するつもりで来てたので持ってきていました。雪はあまりなさそうだけど、念のためアイゼンも持って行きます。


特に難しそうではありません。…が、ほんの少し登ったところでストックを取りに一度下りました。登りはいらないけど、雪があるところを歩くときや急いで下りたいときに役立つので…


山スキーの跡があります。


あっ、また毛深いのが今度はデュオで咲いてます。


あ~雪のないところって楽だぁ(*´▽`*)


さすがに少しは雪がありますが、困るほどではありません。


グラン・モレタン。平たい場所にはモレタン湖(大き目のふたつといくつかのちいさなもの)があります。この辺りは昨年初夏に友達と避難小屋(今日行きたいのとは別の)に一泊して歩きました。
その時の様子👇


ちょっと雪はあるけどストックがあるから歩きやすいです。


そろそろ頂上です。


はい、もう頂上に着きました。峠から74mという高低差なので当然です。


景色は峠からとそう変わりません。ただし奥のヴァノワーズ国立公園は上からの方がよく見えます。


あっ、これは・・・


地図と見比べると、モレタン湖のうち一番高い位置にあるシュペリエル湖(2055m)のようです。ほんの少し融けつつあります。この辺り、初夏にほんとにきれかった…まあ初夏ってどこでもきれいんでしょうが。まだ雪も少し残っていて緑も豊かで花も一番多いときで雪融け水で小川も元気よく・・山が地上の楽園みたいになってる時期ですね。雪のことを気にせずにどこにでも行けちゃうのも夏のいいところです。冬は行けるところを探すのに一苦労という感じですから・・・道路も雪で通行止めになってないか調べるの面倒だし。


シャルトルーズ山塊が真向かい奥に。


そのもっと北にはボージュ山塊。


しばらくパノラマを堪能します。


先ほどの急な谷の最後らへんからもここに登ることが出来たっぽいです。なんかこっちにも登れるな~と思って見てたんですがその場合恐らくここに出てくると思われます。


ところどころ赤っぽい岩になっています。


さてさて、お楽しみタイムもそろそろおしまいです。現実に戻るときが近づいてきました…ほら、いやーなものが眼下に見えます。。


そうですよ、この登るの大変だった谷、今度は下るんですよ・・・
もしかして峠から山小屋にアクセスできるんじゃないかな、と淡い期待を持っていたもののすれ違った人に「遠いしアップダウンもあるけど、不可能ではないコース。ただし雪が深くてしかもお昼になって融けて来てるから難しいだろう」と言われ、その後実際目で見て納得。雪の表面が融けたのどうだのという問題以前に、普通に雪深過ぎます(~_~;)



・・・やっぱり前編・後編では収まり切れませんでした。その1~その3にしたいと思います。ということで次回が最終回(その3)です!