フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

知らないうちにリベンジ峠!

日曜の今日は、友達の男子とハイキングに行こうって言ってたんですが、2日ほど前に「天気予報では曇りらしいから別の日にしよう」と言ってきましたヽ(`Д´)ノ
え?雨って予報じゃなくて、「曇り時々晴れ」ですよ!!??あんたホンマに男か??
先週のへっぽこアルピニスタさんのように土砂降りと分かっていても出掛ける人もあるっていうのに…
他のことをしようかとも思ったけど、腹が立つのでひとりで行ってくることにしました。

駐車場に着く少し前。ビームみたいに明るくなってます。
行先は3週間前にも来たちょっと南仏方面のデヴォリュ山塊。こないだは山塊最高峰のオビウに登ったので、単純に今回は2番のグラン・フェランという山にすることに。こないだオビウからちょっと見えてたので気になっていたのです。



ハイキングの出発地点。わたしの車の他には停まってません。


車での道のりは曇りで濃霧も出ていたのですが、歩き出したころには晴れてきました!


今日は手を使って登るところが多いので小さなリュックです。そして落石の危険の多いデヴォリュ山塊では不可欠なヘルメット。


後ろを振り返った景色。奥にはエクラン国立公園の山々がきれいに見えます。


谷を歩きます。右に見えるのが今日登るグラン・フェラン。


駐車場から2時間強で峠に到着。シャルニエ峠…なんか聞いたことあるような。。
でもわたしデヴォリュ山塊に来たの自体まだ今回で3回目だし、知ってるわけないよね…


ロゾン湖まで20分?そこって今年の3月の初めにデヴォリュ山塊デビューした時に行った場所だ~ ただ、その時はこっち側から登らず反対の方から出発しました。なので出発地点まで行く道も全然違うため、気付きませんでした。
👇こんなちっこい湖ですわ、ロゾン湖。

下は、3月に来た時の写真👇です。雪が積もってますけど同じ湖です。

で、タイトルですが何が「リベンジ峠」かと申しますと。。
この日、この写真は一瞬光がさした時を狙って撮りましたがお天気が悪く(ホワイトアウトもいいとこです)雪も思ったより多かったので、このあと行くつもりだった峠を諦め湖までのピストンで戻ったのです。
そしてその時諦めた峠というのが今日通ったこの峠。雪もなく悪天候でもなく、同じ方向からではなかったですけど、今日はいとも簡単に到着したこの峠に半年前のわたしは行きたくっても行けなかったのです。
しかし今思い出すと、あの日はキツかった。なにかとポジティブに生きているわたしですが、あの日のハイキングは超楽しい~って思えるツボがほとんどなかった・・・ってことで次回のネタはこれを使わせてもらうのでお待ちください(*‘∀‘)


話が横道にずれてすみませんでした。今日の話に戻ります。


峠からグラン・フェランの頂上まではコース外ですがケルンがところどころにあります。
道ははっきり分かる部分もあれば、分かりにくくて気が付くと道でないところを歩いてたというのは何度かありました。上の写真は登り始めで道がはっきりしています。
この辺りもそうなのですが、羊の放牧をしている地帯では、羊がよく歩く場所が踏みならされ、ちょっとした道のような感じになってしまっておりハイキング用コースと間違えそうになることが度々あります。


歩くこと小一時間。草の生えたエリアから出て石ころエリアに入りました。
少しずつ曇ってきました。


登るにつれ周りのまわりの山がよく見えるようになってきました。どの山も雲海がいっぱい溜まっています。
風もだいぶ出てきました。この分だと頂上はだいぶ寒そうなので先にお昼ご飯を食べてから続きを登ることにします。

左はプラトー・ド・ビュール。その右端の高くなってるところはピック・ド・ビュール(2709m)といってデヴォリュ山塊で3番目に高くなっています。この山には電波干渉計が設置されていることで知られています。

南仏ドローム県の山、トロワ・ベック。今年の冬に行きました。ベックとはくちばしのこと。

エクランの4000m前後の山々

おおっ、少しずつ晴れてきました!
パンとサラミ、チーズとビスケットという地味なご飯を食べていると(荷物を少なくするためバーナーや鍋は持ってくるのを諦めました)今日初めてのハイキング客と出会いました。登ってきた二人組の20代半ばくらいの男子は南仏から2泊でデヴォリュ山塊にハイキングに来たそうで、わたしが3週間前に登ったオビウに明日登るというので少しその話をした後、先に登っていきました。
天気がいまひとつだったせいか、日曜日だというのにこのふたりと帰りにパーキング近くでひとりのハイキング客に出会ったのみの1日でした。
👇登っていくふたり

わたしも登り始めました。さっきの雲が信じられない青空になりました。
ザレ場もいいとこで、急こう配だし滑って歩きにくいです。


最後は急な岩場です。よじ登り系もあります。


古代劇場とか廃墟になった城とかの遺跡を探検しているみたいです。


遠景


こんな怖い穴もあります。落ちないように~
 

思ったよりあっさりと頂上に到着。下りてくるさっきの兄さんたちとすれ違いました。


天気がまた悪くなってきて雪までぱらついてきました。降水確率ゼロパーセントだったのにぃ。まあ山の上は仕方ないです。


その雪は下りる時には雨に変わっていきました。滑らないようゆっくり下ります。



申し訳程度に残っている雪


だいぶ下りてきました。ザレ場過ぎて雪の上みたいにポールを刺すことができます(-_-;)

ほとんど植物が育たないザレ場にもけなげに咲く花があります。


ススキを思わせる草が秋の景色をつくっています。


パーキング(として車を停めたところ)に戻ってきました。
みなさんの登山のブログに出てくる駐車場の写真がとってもデラックスな場所なのでいつもさすがは日本!って感心しているのですが一味違った質素な駐車場の写真を最後に。。

もちろん売店もトイレもありません😢

去年も同じ日にブルゴーニュに行っていた!!

特別ブルゴーニュ大好きというわけではないので平均して年に1、2回しか行かないんですが、携帯電話にストックされている写真のデータから去年も全く同じ日にブルゴーニュに行っていたことが判明。
そんなわけでその日のことも記事にしてみようと思いました。とってもきれいな地方なので、もしフランスに旅行に来られることがあればお勧めしたいところのひとつです。

この日は、ワイン好きのご近所さんとブルゴーニュへドライブ兼ワイナリー訪問をしました。一昨日行ったのよりもっと北、県で言うとディジョンやボーヌがあるコート・ドール県です。


中世の城壁や物見の塔がのこる町、ソミュール・アン・オーソワ。
町の中心にはハーフティンバーの古い家が並びます。
古い町並み…はいいのですが、服屋さんのショーウインドウに並ぶ服もいつの時代のストック出してきたん??とびっくりするレトロ感で、この品揃えでなければ保守的な田舎の町の住民には受け入れられないのか…?と同行のご近所さんと考え込みました(-_-;)
思わぬことで「遠いところに来たな~~」と実感させられた瞬間でした。


田舎道にはリンゴの木がたわわに実をつけていました。


次に訪れたのは「フランスで最も美しい村」のひとつにも選ばれているフラヴィニー村。
この「フランスで最も美しい村」、フランスじゅうで現在153の村が加盟されていて、色々訪問してみた結果、かなり当り外れがあることが判明しています。ここは当りです(*‘∀‘)


アニス風味の有名なキャンディーのアトリエがあります。

今現在のトラック

昔のトラック。ナンバーは新しいのでちゃんと走るみたいです。


アトリエになっている建物。昔は修道院だったようです。


アトリエに隣接した売店。中もかわいい💕
こんな缶に入ったキャンディー。👇 見たことある方もあるのでは・・・??


村には2軒レストランがあり、一軒は普通のクラシックな感じのお店。もう一軒は近所の農家が集まって経営しているという、食堂っぽいシンプルなお店。もちろん後者にしました。が、お腹が空きすぎていて写真を撮るのを完全に忘れていました(-_-;)
これは外から見た一枚。。👇


村には中世のクリプト(地下礼拝堂)が。ほんと見どころの多い村でした。
👇観光中のご近所さん



村中が可愛くって撮影大会に。。
ご近所さん、めっちゃ「撮ったる撮ったる」って撮ってくれるのはいいんですが、斜めに撮るのが好きみたいで後で見たら何枚もこんなのが👇・・・


名残惜しくも村を後にし、ドライブを続けます。これは川のように見えますがブルゴーニュ運河。めちゃくちゃ古くて、17世紀初め、アンリ4世(フランスでは人気のある王様。ナントの勅令で有名)の時代に考案され、工事が終了したのは18世紀後半。フランス北部のセーヌ河と中南部のローヌ河を結ぶという壮大なアイデア。南仏のミディ運河と言い、すごい規模の工事だったんだろうな~と感嘆させられます。


19世紀の有名な詩人、ラマルチーヌは南ブルゴーニュはマコン(一昨日行った辺り)の生まれでわたしがよくハイキングで行くサヴォアに定期的に滞在していたため、なんとなく身近に感じられる歴史上の人物のひとりなのですが彼が先祖から譲られたというお城(というよりは邸宅といった趣)がありました。彼自身が住むことはなかったようです。


ようやく葡萄畑ゾーンにやって来ました


あ~。。また斜めに撮ってる・・・(;´Д`)


ピノ・ノワール。おいしいワインはやはりおいしい葡萄からできるんですね(≧∇≦)


ボーヌ近くのマイナーなワイン、ペルナン・ヴェルジュレスを1ケースだけ購入。
…今思うと、1本しか開けてない・・・確か段ボールに入ったままでその上にはいくつも段ボールが重ねられている・・・そして今写真で見るとこれって2008年の?じゃあそんな色んなワインの下敷きにしている場合ではないやん(◎_◎;)


 

南ブルゴーニュでの休日

昨日は仕事が休みだったので友達とブルゴーニュ南部にドライブに行ってきました。
同じブルゴーニュでも、一番有名なディジョンやボーヌの辺りはちょっと遠いんですが、南の方だと高速1時間くらい、プラス地道で行けるので気軽に行ける地方のひとつです。
ちょうど今の時期、葡萄狩りをしている畑がたくさんあって、葡萄畑から近い道はトラクターが走り回ってました。

この辺りはもっと北のブルゴーニュと同様、白はシャルドネ、赤はピノ・ノワール。若干アリゴテも植えられています。アリゴテはキールに使う白ワインとして知られており、キールにはあとクレーム・ド・カシスが入りますが、カシスもブルゴーニュの名産物です。
ただしアリゴテはそのまま飲むとそんなにおいしくないという弱点(爆)があり、普通にブルゴーニュにワイン買いに来た人がどっさり買っていくということはまずありません。

ところで、この近くにはシャルドネという村があり、葡萄の品種のシャルドネはそこからきています。


シャトー・コルマタン


標高差はありませんが田舎道を散歩しました。


ミュール(ブラックベリー)が食べごろでした。


小さな村にあるレストラン。ツーリストと地元の人が半分半分くらいなカジュアルな店でした。中も素敵だったのですが、お天気が良かったのでわたしたちはテラス席で食べました。

南ブルゴーニュにはシャロルという町があるのですが、おいしい品種の肉牛・シャロレ牛の名前のもとになっています。ここの店のスペシャリティはやはりシャロレ牛でしたので、迷わずシャロレ牛のタルタルにしました。・・・絶品でした💛

デザートは大好物のバニラ・クレーム・ブリュレにしました。奇をてらうこともなく、普通だけどおいしかったです。


村の古道具屋さんの壁に描かれていた絵。ちょっと怖い。。


こんなかわいいビンテージ風アクセサリー屋さんもあったんですが(古道具屋の隣…)、昼休みで閉まってて残念でした。


リュニー村の農協。とっても立派なブティックです。昔寄っておいしかったのでまた来てみました。


そのとき一番気に入って買ったのが左の白ワイン。オーク樽で熟成されています。右のはもっと軽いのですが、とても爽やか。他にも白(シャルドネ)だけで7、8種類あり、主に葡萄の植えられている畑の土壌の違いなのですがいっぱいありすぎだし違いが分かりそうにもないし(しかも午後だし、ご飯食べた後だし…コンディション悪し)、そのうち
比較的しっかりしている2種類だけ試飲しました。

せっかくなので赤も。こちらもオーク樽で熟成されたものを試飲しました。
結局、白も赤もオーク樽の香りが移ったのを1ケースずつ。友達も同じ選択でした。
ただ、今思い返すと右のやつも買っときゃよかった・・・あれもおいしかった。。。

車のトランク、まだ空きがあったのに。。。


てか、家の地下カーブ、めちゃくちゃでしょ!!??何のワインの何年のやつが何本あるか全く把握しきれてないでしょ⁉3つ目の買わなくてよかったよほんと。。(冷静な自分の声) 
👇左の箱も全部ワイン

早く整理しないと~~