フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

エクラン中部へ


7月最後の週末にモントリオールから一時帰国中の元同僚と一緒にエクラン中部・ヴァルゴドゥマール地方に2泊で行ってきました。というわたしも前日に日本から戻ったばかりだったのですが(汗)
エクラン国立公園のなかでも大好きなセクターのひとつです。

ヴァルゴドゥマール地方の中心都市(。。村です、ATMのひとつもない)、La Chapelle en Valgaudemar

猛暑なので川や滝がありがたいです

駐車場から1300メートル登って到着したオラン山小屋。

白ビールで乾杯

夕暮れ。といってもまだ日が長い季節だったので21時くらい。

21時20分

翌朝6時10分。日本の夏に比べると日が昇るのは遅いです。

山小屋の後ろ側。Cime du Vallon(3409m)方面。山小屋の宿泊客の中にはここへ行く人も多いです。

山小屋の朝ごはんにはいろいろな種類の手作りジャムやコンポートが。いつもは山小屋に泊まっても晩御飯も朝ごはんも自炊派なんですが今回は山歩き初心者の友達とだったのでご飯も予約しました

今日も晴天。嬉しいけど暑くなりそう!

雪が残っていてはしゃぐ友達…

Pas de l'Olan(2695m)
切れ目みたいになってて超えることができるところ(フランス語でPasパといいます、海峡という意味もある単語ですが)に到着。

絶景です

裏側はこんな感じ

少しずつ下りながら1時間半ほど歩くとコロンブ峠に到着、、雲行きが怪しくなってきました

今日の目的地、Pic Turbat(3028m)に向かいます。道らしい道はなくケルンが時々あるので(見つけにくいのですが)目安になります。何度も見失って適当に登りましたが…

雪が残っています。L'Olan(3564m)が後ろにそびえます

もう少しです。最後はちょっとハード

よじ登り系です。メインルートではないのでチェーンなどもなく。。

到着しました。とっても狭い頂上。誰もいなかったからよかったけど10人もいたらギューギューで危ないくらい狭いです。常に存在感を見せつけるオランが隣に

その反対側にはPic des Souffles(3098m)

峠から少し行った場所に湖があるので峠には戻らずそっちに向かって下ります

再び天気が良くなってきました

メインルートに戻ってきたので看板が登場

今晩の山小屋に向かいます。先ほど真横から見たピック・デ・スーフルの麓を歩きます

ブルーベリーがいっぱいです

山小屋に到着。ビールで一服

翌朝。夜のうちに降ってた雨はようやく止んだようです

zygène du trèfle よく見かけるかわいいやつ

だいぶ下りてきました。ピック・デ・スーフルが遠ざかります

標高が下がるにつれ、ブルーベリーの代わりにラズベリーが登場

駐車場まであと1時間ほどです


エクラン南部へ

大好きなエクラン国立公園ですが、住んでいるリヨンからだと南部へは片道4時間くらいかかってしまうので今まで避けていたのですが、一緒に行きたいという友達が見つかったので1泊で行ってきました。

駐車場(1440m)から300メートルほど上がったところにあるDormillouse(ドルミルーズ)の村。今回はここは通りません。

森を抜けてきました。向かいの山がいかにも南っぽい山肌です。

湖に向かうメインのルートから外れて羊飼い小屋に向かいます

羊飼い小屋に到着

荷物を置いて湖に出発

浸食のあとが残った岩がたくさんあります

Lac Faravel(2386m)

羊飼い小屋、上から見たところ

翌朝

わたし達を泊めてくれた羊飼いの兄さん。しかもイケメン…

朝日がまぶしいです。今日も1日歩きましょう

前日夕方に行ったファラヴェル湖。通過してもうひとつある湖に向かいます。

日が昇るにつれどんどん暑くなってきました。

Lac Palluel(2472m)に到着。奥に見えるのが最終目的地のGrand Pinier(3117m)です

湖の奥からどんどん上がっていきます

もっと小さい別の湖(水たまり)。地図に名前は載っていません

頂上までもう少しです

一部雪も残っています

グラン・ピニエに到着しました

ケラス方面。中央右の奥に飛び出て見えるのはイタリアとの国境近くにあるMont Viso(イタリア側になりますが)

エクラン方面。Pelvoux(3932m)Ailefroide(3953m),そしてエクラン最高峰Barre des Ecrins(4102m)などが望めます

Androsaces

Saxifrage
黄色いのが多くピンク系はちょっと珍しいので出会えてラッキー