randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

1泊で南仏ケラ山塊へ(その1)

月曜が祝日だったフランスではわたしも含め多くの人が3連休でした。土曜がフランス中で悪天候、残りの二日も南仏以外は今ひとつ。初め2泊で出掛けようと張り切っていた友達は、1泊で南仏の山は遠すぎると言うのでひとりでケラ山塊へ遠征してきました。
Le Queyrasは人によって「ケラ」または「ケラス」と発音しますが地元の人はみんなケラと言っているみたいなのでケラとしておきます。


ケラに行くのは今回が2度目。今日行く場所はうちから4時間強かかるので今までで一番早い4時出発。広大なエクラン国立公園が途中あり横切ることが出来ないので高速はグルノーブルまでの1時間弱のみ、あとは山間部の国道と県道となります。
写真は高速を出て30分ほど走った辺り。普段なら右手にデヴォリュ山塊の最高峰、美しいオビウが眺められる地点ですが、お天気が悪くて何も見えません。ほんとに南は晴れてるのかな・・・


南下するにつれ雲が少なくなってきました。ウキウキする景色のきれいな道を通ります。


自宅を出発して約3時間後、エクラン国立公園の最南部にあるセール・ポンソン湖を通過。エクランを大きく迂回しつつ北東方面へ上がります。


湖畔のパーキングに停めて保温マグのコーヒーとビスケットで一休みします。


正確にはここは湖に流れ込むデュランス川の畔になります。デュランス川は南仏を代表する川のひとつでこの湖を通過した後はプロヴァンス地方を東西に横切る形でアヴィニヨンの南でローヌ河に合流します。
しかし、南なのに山が真っ白・・・


さて、まだ1時間以上の道のりがあるのであんまりのんびりもしていられません。
エクラン国立公園最南部のの山々を左手に眺めつつケラ自然公園へ向かいます。


出発から4時間後の午前8時。ケラ地方中央部に位置するシャトー・ケラを通過。ここは昨年11月に初めてケラに来た時にも通りました。中世のお城が高台に建っていて圧倒されます。


おおっ、今年のツール・ド・フランスはこの辺りを通過するそうです。


なんか雲がだいぶ出てきてるけど大丈夫なんかな・・・


8時30分。最終目的地のすぐ手前の村を通過し、村の奥に続く道路の先にある集落へ。


道路わきには新雪が。前日はフランス中あちこちで雨だったのがこの辺りでは雪だったようです。5月なのに・・・


あ、左手に家がいくつか見えます。道路はこのすぐあと行き止まりでここが最終集落&駐車場となります。


村の中心に3、4台車を停められるスペースがあったのでここに停めてみます。


真冬かと思う景色です。


いるかな、どうかな、と思いながら一応持ってきていたスノーシュー(プラス3種の神器ビーコン、スコップ、ゾンデ棒。ひとりだとあまり意味がないのですがうちに置いておくのはもっと意味ないのでいつも一応持っています^^;)は必須のようです。念のためアイゼンも。どんどん重くなります(;´Д`)


ここの駐車場から真南に歩いて行ける湖ふたつみっつまで往復しようかと思っていたのですが、高低差は900m強とそれほどでもない代わりに距離がかなりあります。南に向かうということは歩くのは北壁で雪も多そう。新雪だとしんどいかも・・・雪融けの湖を期待してたんですがこの雪ではまだまだまだでしょうし。地図を見ていてふと別の行き先を思い付きました。前日夜に地図を見て行き先を考えた時には全く目にも入らなかった場所です。車の中で地図を熟視します。山スキーコースにもなっているため、スノーシューで歩くこともできそう。こちらの方が歩く距離は少なそうなのであっさり変更。どこに行くかは…次回のブログを見てください♪
まだ歩き始めてもいませんが、今から仕事に行くので今日はここでおしまいです。

3連休1日目は雨…

フランスには日本のGWと同じ時期である5月上旬に2日祝日があります。1日のメーデーと8日の第二次世界大戦戦勝記念日です。そのほか中旬~下旬に毎年日が変わるタイプの祝日(イースターもそうですが)も1日あります。
今年は1日と8日が月曜に当るため、2度3連休があった人が多かったと思います。わたしは先週は日月の2連休、今週末は3連休(^^♪
しかしメーデーの先週月曜は1日中雨、日曜だけ近場の山へハイキングに。
そして3連休1日目の今日も1日中雨💦💦


いや、ほんとに断続的に降ってます。これは今朝マルシェに出掛けた時。


今日はどこも雨・・・しかも雷マークまで(-_-;)
諦めも付きます。


3連休なんてバカンス時以外ではほとんど起こり得ないことなので2泊3日で遠出する気満々で行き先を探していたのですが3、4日前まで3日間ずっと天気が悪いという予報が出ていて特に1日目である土曜は見事にフランスじゅう雨。
日曜と月曜は2日ほど前から予報が変わってきて、南仏では晴れるそう✨
なので迷わず日月だけ南方面に遠征することに。2泊3日でなら一緒に行くと言ってた友達は、1泊で行く距離としては遠すぎるので今回はパス、とのこと(´Д⊂💦 彼女は公務員で休みが多く2連休3連休なんて当たり前なので遠いところは3連休以上のときでないと行きたくないらしい・・・わたしは2連休さえ月に1度2度くらいなので用事がなくて天気さえよければ1泊で遠出を試みます。


南方面の山と言えばニースの北に広がるメルカントゥール国立公園がまず思い浮かびますが、こちらは車で6時間くらいかかるのでさすがのわたしでも躊躇します。もう少し手前にあるのが11月に初遠征を果たしたケラス(人によって「ケラ」「ケラス」と呼び方が分かれる)山塊。こちらは4時間前後で行けます。
👇

高速部分がグルノーブルまでで後は山道の県道中心になるため距離はさほどではないものの結構時間がかかります。エクラン国立公園が途中あり、横切る大きな道がないため迂回することになるのがきついですね。
あと以前に2回ほど書いたことがある、グーグルマップなどのGPSアプリで出てこない工事中のトンネルに並行した仮道路を通っていくパターンもあるんですが、近道っぽい感じがするもののそこの部分は林道状態でのろのろとしか走れないため(すれ違うことさえ難しいほど細い)思ったほど時間の節約にはならないというのが実感です。まあどうやって行っても4時間ちょいといったところです。


どこを歩くかは後で考えるとして金曜の昨日、宿だけとりあえず予約しました。ジットと呼ばれる他の泊り客と相部屋の民宿です。
上の画面はその宿のある村を入力したものです。



ケラス山塊のハイキング地図。11月に初遠征するにあたって購入したものです。あの時は行先決めたのが前日、地図買ったのが夕方、宿を予約したのが夜でスタッドレスタイヤに付け替えたのが夜中というはちゃめちゃぶりでした。それを考えると今回は天気予報に惑わされたとはいえ、余裕✨の類です。なにせ48時間前に宿を予約してますから💖


しかし11月のときもそうでしたが、10、11月と4、5月ってのはスキーシーズンとハイキングシーズンとの狭間のオフシーズンになるため、ほとんどのこじんまりとした宿は閉まってるんです。ホテルとかは1年中開いてると思うんですが。今回もあまり選択肢がない感じでした。この民宿も固定電話に電話すると誰も出なくて、携帯電話にかけてみるとお昼寝中だったっぽいおじいさんが出て「うちは開いてるけど、ご飯は作れないから。台所勝手に使ってください」だとな。わたしの名前も聞こうとしないので無理やり名乗って「電話番号はいらないんですか?」とこちらから聞くと「あ~・・まあいいよ。だってどうせ他に誰もいないと思うし。」∑(゚Д゚)
…😩そないですか。。


気になるのは雪の量。宿のおじいさんは2000mまではほとんど残ってないと言ってましたがさすがにもう少し上まで行きたいし…地図を見ながらいけそうな場所を考えます。幸せな時間です💚
今日のワインはマイナーなブルゴーニュの白、ペルナン・ヴェルジュレス。少し前にワイン好きなご近所さん(アパートの地下駐車場で真向かい)とブルゴーニュにドライブに行った時に買ったものです。ちょっと古くなってきて若いシャルドネ特有のフルーティーさが落ち着きあまり華はないけどしっとりしたおいしさでこんな雨の日にぴったりな気がします。

5か月ぶりにボージュ山塊へ(最終回)

友達とふたりで出掛けたボージュ山塊。季節外れの雪が降ったばかりなのでスノーシューとアイゼンを持ってきましたが、途中雪の多いところもあったものの結局どちらもなしでモン・コロンビエ(2045m)の頂上に。
この日風速50キロ(15m/s)が予測されており、尾根伝いに登ったわたし達は時折突風にさらされたものの登頂後は風も止み晴天とは言えないもののまあまあのお天気の中お昼ご飯を食べることができました。


ご飯を食べているとトレランの若い男性がひとりでやってきました。この日ここまでは誰にも出会わず、日曜日なのでもう少し人がいるかと思っていたので意外でした。これは友達が撮ってくれた写真ですが、風が再び出てきてフードを被ってるのはわたしで、トレランの男性はこんなに寒いのにショートパンツ。最初は半袖でしたが風が強くなったので上着を出してきましたが、それでも寒そう・・見てるだけでブルブルっでした。あんなに雪のあるところをトレランシューズで登ってきたというのもびっくりでした。よく来るらしく、2週間前にも来たけれど雪は全くなかったよと言ってました。


お昼ご飯を食べ終えてコーヒーをいれてお菓子を食べていると、じっと座っているのが辛いほど強い風が出てきたのでそろそろ出発することに。帰りに通るつもりの場所は上りより雪が多いのでスノーシューを履くことになりそうです。頂上付近の雪は融けていますが、いつでもササッと付けれるようにザックからとりあえず外してしばらく手にもって下り始めました。

左手(西側)に下りていきます。


約1年半前の12月ににひとりで来た時はこの面を往復したのですが、ほとんど記憶にありません(◎_◎;)
まだ山にはまって半年経たないくらいの頃でした。夏~秋はそこそこ一緒に行ってくれる人(友達、子供たち)がいたものの晩秋以降は山に行きたいという人が周りにいないため一人で行くことが増えてきた時期でした。


薄紫とピンクを混ぜたようなきれいな色の花はユキノシタ属のなかでは早い目に出てくるもので今年初めて見ました。


夏のコースはどうやらここを通るようなのですが、反対側を覗いた友達が「あ~無理無理」・・・岩々し過ぎていて雪があると危ないようです。
なのでここをぐるっと下から避けて通る必要があります。


雪が継続的にある辺りに来たのでここからスノーシューを付けました。


友達が撮ってくれました。笑ってますが急なところが結構続いたのでかなり疲れてます。


は~なだらか地帯に下りてきました。もうじき峠に到着します。
向かいの岩の塊はダン・ド・ロサナ。前回ひとりで来た時はこちらにも登りました。この日も天気さえもってくれて、かつ元気だったら寄っていこうと朝のうち言ってたのですが、二人とももうお疲れ気味です。こっちにも寄ると累計標高差1300mくらいになるので雪が多いときのハイキングとしてはハードになってきます。タフな友達さえ「今日はもうええわ」と(^^;


峠に到着。


先ほどまでいたモン・コロンビエ。


ここでマーモットが向かいの斜面を走って横切るのを目撃。1か月前から鳴き声は聞くことがあったのですが、姿を見たのは今シーズン初めてでした。もう少し下りたところでも見かけました。


友達が撮ってくれた1枚。


この場所は四方を山に囲まれた窪地になっています。中心部は平たいので、まるでここに湖でもあるような典型的な地形なのですが、実際にはありません。ボージュ山塊で残念なのは湖が全然ないことです。


さて、この後は谷の部分を下りていきます。


しばらく雪が多かったのでスノーシュー履いたままだいぶ下りました。雪が減ってきて歩きにくくなってきたので外している最中に、5、6人のハイキング客が下りていきました。峠にいた時にダン・ド・ロサナの頂上付近に数人人がいるのが見えたのですがその人たちでした。モン・コロンビエには行かずにダン・ド・ロサナだけ登ったそうです。前回両方上った経験から、ダン・ド・ロサナは若干高いモン・コロンビエが景色が良い東側に立ちはだかっていて邪魔。ひとつだけ登るなら間違いなくコロンビエの方だと思うんですが・・・


雪のないゾーンまで下りてきました。モン・マルジェリアのスキー場の真正面です。


行きと比べて花があまりありませんでした。


下界は春です。


16時10分。車を停めているエイヨン・ル・ヴュー村(924m)に到着。峠から約1時間半の道のりでした。


ここから車で10分かからないスキー場の麓になるエイヨン・ル・ジュンヌ村には酪農農協ショップがあり、確か日曜午後も開いていて(昼休みはあります)何度か行ったことがあるのですが友達に聞くと、それもいいけどわたしの行きつけの農家のほうが興味があると言います。


行きつけの農家は2軒あるのですが、うち1軒は朝晩の搾乳の時間帯以外は前もって電話しておかないと誰もいないことが多く、もう1軒は規模が大きくていつも誰か働いていて敷地内に住居もあるため飛び込みで行ってもまず誰かいます。後者に行くことに。
車で約15分の距離です。


農家のある村に到着。


敷地に入るといつも誰か忙しく働いているのにしーーんと静まり返っています。日曜だからな~…(-_-;) 農家の人もゆっくりする権利がありますよね。なのに、休息中の奥さんに自宅から出てきてもらってしまいました(;´Д`) ごめんなさい💦


笑顔がチャーミングなマダムです。


まずは毎回買うグリュイエールタイプのチーズを2切れお願いしました。熟成されたものにあたればボーフォールのように味わい深く、キロ9ユーロととても安いのです。そのまま食べてもおいしいですが、うちではこれでよくフォンデュをします。
そして今回初めて見るチーズがありました。ひとつ上の写真の上の段の中央にある黒い模様が入ったようなチーズ。これは彼らのオリジナルチーズでラクレットタイプのチーズなのですが、中に「熊のにんにく」と呼ばれるニラのような野草を練りこんだもの。試しに少しこれも切ってもらいました。
それにサラミとテリーヌを買いました。サラミは別の農家で作ったものですが既に2、3回買ったことがあり奇をてらわないストレートなおいしさ。テリーヌは初めて買います。
友達はトム・デ・ボージュ(ひとつ上の写真の右下のやつ)を一つの半分買っていました。


お土産も買えてホクホクと帰途につきます。帰り道も景色がきれいです。


正面には迫力のダン・ド・ラルキュルザ。ボージュを代表する山のひとつなのにまだ登ったことがありません。とても登り甲斐があるらしいなので近いうちに行ってみたいと思っています。
👇ボージュ山塊のハイキング地図の表紙もこの山です。


山の麓はブドウ畑になっています。ワイン農家の看板もいくつか見かけるのでたまには寄って帰ればいいようなものですが、大抵ここの地点を通るときは既にチーズをしこたま買った直後なため、さらに何かを買う気は失せていることが多いのです(~_~;)



あ~もう雪は疲れるなぁ、5月なのに・・・でももうさすがに終わりでしょ。。と翌朝天気予報を見てみると👇

・・・またかい_| ̄|○
寒いし。もう雪、飽きたんですけど~~。。。
そして今週末は3連休でどこか遠征する気満々だというのに雨の予報Σ( ̄ロ ̄lll)
毎日予報が変わってるので1日に何回も見てどこか天気がましな地方はないか探しているのですが、ここしばらくフランスじゅうで悪天候なのです。今週も曇り~雨(=山では雪・・)が多くしかも寒くてヒートテック大活躍だし、上着は薄手のダウンをもう1週間くらい着ています。皆さんのブログを拝見していると日本のGWはお天気がいいみたいで羨ましい!!
・・・どうなっちゃうの~わたしの3連休。。。(つд⊂)💦