randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

サイクリストとバイカーの聖地・ガリビエ峠からロータレ峠へ

今月半ばに1泊で次男とハイキングに行った帰りに遠回りにはなるものの、1週間前に除雪作業を終えて開通したばかりだったガリビエ峠道路を通って帰ることにしました。
その頂上であるグラン・ガリビエ(3228m)には昨年夏に登りましたが、ガリビエ峠には行ったことがありませんでした。ちなみにガリビエ峠から頂上へは普通には登られないようです。


峠道路自体を走るのは初めてとは言え、この辺りには去年の春、今年の春にもスノーシューハイキングをしに来ています。
👇

今年の4月。ひとつ上の写真で眼下に見えている谷を進んでいるところです。


ガリビエ峠といば、グラン・ガリビエ自体よりもツール・ド・フランスを思い浮かべる人がずっと多いくらい大会がよく通る峠道路です。去年も組み入れられていました。
この日もサイクリストさんに多くすれ違いましたが、バイクの人も同じくらい見かけました。自転車にはナンバープレートがないのでどこの国の人かは分かりませんが、バイクは外国ナンバーがとても多いです。自撮りしているのはベルギーナンバーのバイカー達。


峠道路自体にほとんど建物はないのですが(なにか決まりでもあるのでしょう)、チーズ販売の小屋がぽつんとあります。チーズというと、この辺りではボーフォールになります。


開いていたので入ってみます。看板を見ると、このエリアの農協の売店のようでした。


ボーフォールに他にトム・ド・サヴォアも。壁にはサラミも吊るしてあります。観光客が多いエリアなのでチーズも高い目なのかなと思って入ったのですが、ほかの農協の売店と同じ値段のようです。
ここに来る途中に通った最後の大き目の町、サン・ミッシェル・ド・モリエンヌの農協に寄り損なっていたのでラッキー💕商品の種類が少なかったのであれこれ目移りすることなく本命のボーフォールだけ2枚切ってもらいました。


お昼が近いので、峠道路の適当なところでピクニックしていきたいと思います。良さそうなところを探しながらゆっくり上がっていきます。


峠道路にときどき設けられていたサイクリストさん用に便利に作られたゴミ箱。自転車をいちいち下りずにポーンとゴミを投げ入れられるようになっています。他の峠道路では見たことがありませんでした。
このすぐ先が駐車スペースになっていたので車を停めます。


座るのに良さそうなところを探します。


買ったばかりのボーフォール♬
結構寒くてダウンが登場です。。


サーディン缶、サバ缶は車に積んでありました。パンの残りとスープでピクニックです。
今月初めにも峠道路では国内3番目の標高になるボネット峠道路(峠の先に作られた道路が2802mでヨーロッパ最高標高)の峠直前でもピクニックしたのに続いて「自分の足で全く登ってないのに絶景ピクニック」となりました(^^;


ご飯を食べ終わったら峠まであとひと頑張り(アクセル踏むだけ)です。


サイクリスト向けの「峠まであと何キロ、ここは傾斜何パーセント」という表示が時々あります。見ていると傾斜は6~9パーセントくらいのところが多かったです。


着きました、ガリビエ峠。2645mで国内4番目の標高になっています。雪かきが終わって開通してちょうど1週間目でした。


バイカー達で賑わっています。ボネット峠道路でもそうでしたが、ここもフランスよりもイタリアやドイツのナンバープレートのバイクが多かったです。


そして自転車の人達も。自動車は少数です。


バイカーや自転車乗りには憧れの看板の前でみんなが順番待ちして写真を撮っています。あまりに人が多くて途切れないので(この日、日曜日でした)前で写真を撮るのは諦めました。グループで来てる人は「個人の写真」「個人+バイク(自転車)の写真」「集合写真」とやる人が多いのでやたら時間がかかるのですΣ(゚Д゚) 一緒に写真順番待ちしていたイタリア人バイカーが「・・ったく。ひとグループにつき1分までにしてくれよな?」みたいなことを話しかけてきました(;・∀・)


左側のザヴォア県側から来ました。今からオート=ザルプ県側に下りていきます。面白いのは、ガリビエ峠から下りた地点がロータレ峠という別の有名な峠になっていることです。ガリビエ峠に来たのは初めてでしたが、ロータレ峠はしょっちゅう通過しています。


昨年8月にグラン・ガリビエに登った時に山頂から眺めたロータレ峠👇

ロータレ峠からこちらに向かっている道がガリビエ峠道路です。
エクラン最高峰のバール・デ・ゼクラン(4102m)が遠方に。右半分にはメイジュやラトーがもっと近くに見えていました。


少し下りたところでグラン・ガリビエをバックに次男が撮ってくれた「宣伝のポスターっぽい」Mazda2(デミオ)の写真(^▽^;)
「ハンドル回して前輪ずらして!」という注文通りにしています。


峠からどんどん下りていきます。
車の中からとは思えない絶景ぶりにワクワクしっぱなしでした。


少し下りたところで。谷から見える遠くの山の説明がありました。


こちらはツール・ド・フランスの生みの親、アンリ・デグランジュの記念碑です。


ちょっと登ることのできる高台があったのでひとりでさっさと往復することに。次男が下から撮ってくれていた写真。


約5分で無事登頂( ̄▽ ̄;)
まるで自分でいっぱい登ったかのような写真を数枚撮ってすぐ下に下りました。


いかにも峠道路な風景。いいところに建っているレストランがあるもんですね・・・


ロータレ峠に到着しました。標高2058mですが、基本一年中開いているのでとっても便利、南仏寄りの山に行くときによく通っています。
この2週間前にもメルカントゥール国立公園からの帰りに通りました。
その時は白い水仙が咲き乱れていたのですが、この日はほとんど見られず、その代わりにすごいカラフルなことに・・・


目がチカチカするかというほど色とりどりの花が咲き乱れていました(^▽^;)



これで2週間前の次男と出かけた1泊ハイキング記は終わりです。読んで下さった方、ありがとうございました。

初めてガリビエ峠(2645m)へ

6月半ばに次男と出かけた1泊ハイキング記です。


2日目朝。朝ごはんを済ませて荷物をまとめます。
お天気はまずまずのようです。


谷の奥には、昨日の午後散策中にすぐ麓を通ったグラン・コルドニエ(3086m)。頂上へはアルピニスムの装備と経験が必要とされています。


マーモットがあちこち走り回っていました。この岩の下に穴を掘り、おうちにしているようです。


谷を下りてゆきます。
本来なら2日目も山小屋をベースにウロウロしようと思ってたのですが、あまりの雪の量に次男がゲンナリ気味だったので(わたしも・・)昨日の晩考えた挙句、今日はドライブ中心の行楽にしようということに。


雪がなかったら1時間で駐車場までおりられるはずですが、それに加えて雪崩跡で倒木したままのゾーンがいくつもあり、最終駐車場まで車で来られなかったので余計に歩く必要もあります。


2000mちょいといった大して高くない地点にも最大3mくらい?の厚さの残雪があります。


3か所ほど川を渡る地点があります。昨日来た時は怖々でしたが、渡れると分かって自信が付いたので(^^; 案外サッサと渡ることが出来ました。次男はためらいもせず普通に歩いて行きます。


昨日は気付かなかったのですが、この雪崩跡。どうやらここが最終駐車場です。昨日は「あれ、駐車場見かけなかったな・・・案内看板が立ってたはずだから見落とさないはずなのに」と思ったのですが、木が折れたりするほどの勢いの雪崩です。行き先案内の看板など余裕で倒されてしまったに違いありません。


道の右側の折れた木の幹の上の部分が道の反対側に(;゚Д゚)
管理人さんに聞くと、この冬は積雪量が半端でなかったので雪崩の勢いもものすごく、林道部分の何か所でも起こったようです。


林道の整備にも時間がかかりそうです。


車で山道を下りる途中。可愛いチャペルがありました。


雪国から春の世界へ。てかほとんど初夏なんですが、シャバでは(;´∀`)


国境の町、モダーヌ方面へ行く途中にこの地方がイタリア(サルデーニャ王国)だった時代の要塞が集まっているエリアを通ります。


これはヴィクトール=エマニュエル要塞。ひとつひとつの要塞には王家の子供たちの名前が付けられたようです。


サンミッシェル・ド・モリエンヌの町を経由、また山道に入ります。といってもとても状態の良い県道です。ふたつのスキー場があるし、ツール・ド・フランスもよく通る(去年も通りました)サイクリストの多い道でとてもきれいに整備されており道幅も広く運転しやすいです。


まずはテレグラフ峠に到着。あれ、なんか作業中です。
看板の横にはサイクリストの像(なぜか藁でできた)があったのですが、それがなくて代わりにスキーヤーの像を作っている最中っぽいです。やっぱり藁で‥(^▽^;)


ちなみに以前来た時は👇こうでした。

去年の春(左)と今年の春。よく見るとサイクリストも違っていました。今こうして見比べるまで気付いていませんでした(^^;  「サイクリストの像があった」程度の認識でした💦1年に1度くらいのペースで作り替えてるようです。
普通に石とかで常設の像を作る代わりに藁で一年交代で新しいものを作る・・面白いなと思いました。


そして、ここもお馴染み?の「おやすみ(Bonne nuit)村」です。スノーシューハイキングの拠点としてこの辺りには何度か来たことがあります。
ガリビエ峠に続く道なので、サイクリストの姿をちらほら見かけるようになってきました。


峠道の始まる地点。ハイキングでグラン・ガリビエ(3228m)に登るときに一番標高差が少なくて登りやすいコース(高低差約1100m)の出発地点にもなっているようです。
グラン・ガリビエには昨夏登りましたが、標高差は1,5倍近くになるけれどバラエティに富んだ面白いコースになっている反対側から登りました。


同じ地点、スノーシューで来たとき。去年の春(左)と今年の春(右)。
ただし、この峠道を登っていったのではなく、反対方向を散策しました。これは通りがかった時にそちら方面を撮ったものです。



この回で終えたかったんですが、長くなりすぎそうなのと今日はあまり時間がないので一度ここで投稿します。




次男とアンバン山小屋で1泊(6月中旬)

次男と6月16、17日で出掛けたハイキング記です。昨年10月にひとりで訪れたエリアですが、その時は雪がなかったし一人だったのでガッツリと周回で歩きましたが、次男と一緒だし雪もたくさん残っているので2800m台の地点まで行き、夕方には山小屋に向かって下りていきました。


先日の今月初めにメルカントゥール国立公園に遠征した時にアイゼンデビューした次男。今回も活用しまくりでした。


ピンクのクッションのようになるサクシフラージュ・トロンケ。


雪が少ないところまで下りてくると夏のハイキングコースの道に交わることが出来ました。ペンキマークが殺人現場っぽくなっていることが度々(;´Д`) 風の強い日にペンキを塗りなおしてしまったのでしょう・・・
教訓・風の強い日にペンキは塗らないようにしよう。塗る場合はペンキの量に気を付けよう。・・いや、わたししないですけどね(^▽^;)


谷底の平たいところまで下りてきました。緩やかな傾斜ですが距離は少しあるので黙々と早足で歩きます。


ようやく帰ってきました。


小屋の看板です。


小屋前でふたりの中年男性ハイキング客がビールを飲んでいました。小屋で出してるメーカーとは別のやつです。さては自分で持って来たか・・やるなっΣ(゚Д゚)
うち一人は「寒い寒い」と中に入ってしまいましたが、もうひとりとしばらく立ち話をしました。わたしの住むリヨンから車で30分ほどの町に住んでいるそうで、普段歩きに行く場所も似ているので(わたしのほうがずっと遠征してるみたいでしたが😅)、盛り上がってしまい、気が付けば15分くらい外で話していました。
特に寒い日ではありませんでしたが、日が沈むと一気に冷え込みます。早歩きで山小屋に向かっていた時には「山小屋に着いたらビール注文してやる」とばっかり考えてたのに、すっかり体が冷えてビールを飲む気は失せてしまいました(~_~;) 冷え性なので、寒いときはビールが飲めないのです。うう。山小屋で飲むビール、楽しみにしてたのに。お金使わないで済んで 良かったということにしとくか(;´・ω・)


小屋の入り口すぐの部分には泊り客のスキーやスノーシューが立てかけてありました。
・・・って、今6月中旬なんですけど。。わたしたちはアイゼンのみでした。最後にスノーシューをしたのは5月の下旬だったと思います。この冬・春は雪が多かったので11月から数えて7か月間もスノーシューでのハイキングでした(例外は時々あったとはいえ)。もう、いい加減勘弁して、という気分です(;´Д`)


寝室に荷物を運びます。何人分かのザックが並べられていました。
小屋にはふたつ寝室があり、合計30人が寝泊まりできるようになっています。


夕食作りに必要なものをかごに入れて食堂に入りました。うわ、暖かい~💓
10人ほどの泊り客がいてビールやココアを注文して賑やかに過ごしていました。
もう7時になろうとしています。まずはポテチを開け、インスタントスープを作りました。これをつまみながら夕食作りを開始します。


山小屋でご飯を頼まずに自炊する場合、指定された場所または外でしかバーナーは使えないことが大半ですが、ここはアバウトで(^▽^;)「えー、いいよ、台所(食堂の一角)でやってくれて」・・・助かります、もう外かなり寒いので。。


食堂の薪ストーブ。


ズッキーニとパプリカ、お昼の残りのマッシュルームを炒めよう、と思ったらオイルとか持って来てないことに気付いた。。さすがにいくらテフロン加工のモンベルのフライパンでもくっつくので、鍋で少量の水を足して蓋をし、直接蒸し煮みたいにしました。


野菜に火が通ってきたら水分を飛ばすために蓋を開けてしばらくそのまま火にかけたままにします。水気がなくなってきたら火を止めてクノールカップスープ「トマトBBQ味」一袋を投入、よく混ぜます。


こちらは仕事の帰りによく寄るアラブ系肉屋さんオリジナルの味付けした牛ミンチです。少しピリ辛で香味野菜やオリーブが混ぜてあります。


オリーブオイルも混じっているのでフライパンにくっつかずいい感じに炒めることができました。いっただきま~す\(^_^)/


夕食後、外に景色を見に行きました。だいぶ曇っています。


消灯時間後、かなりすぐに寝てしまいました。3時過ぎに一番早い人たちが起きだすまで熟睡できました。その後4時台、5時台に3グループが起き出したので、みんなそれなりにそろりと動いてくれているけれど、やはり無視してグッスリと寝ることは出来ず、明け方はウトウトした程度でした。


5時半には寝室はわたし達だけになってしまいました。山スキーヤーさんとアルピニストさん中心だったので皆さん行動時間が早いです。
眠りが深い次男は人が隣でゴソゴソと起き出しても熟睡中ですが、わたしは二度寝できない質なのでもう起きることにしました。


小屋の外に出てみます。
あ、そうだトイレトイレ。小さな山小屋はどこでもそうですが、ここも例外に漏れず小屋から少し離れた(しかもガタガタのところを下りないといけない)ところなので、夜中にトイレに行きたくなりませんように・・と祈るような気持ちで眠りに着きましたが、何とか大丈夫でした。


お天気はまあまあっぽいです。


ポツンと離れたトイレ💦


中は・・穴があるだけです(;・∀・)
下に直接落ちるようになっています。


小屋に戻ると5人組山スキーヤーさんが出掛ける準備をしていました。


小屋でインスタントコーヒーを作って外に出ます。


最後の山スキーヤーさんグループは5時45分ごろ出発して行かれました。

寒くなってきたので小屋にもどりました。食堂の窓からでも全く同じ景色を楽しむことができます。


管理人さんと周辺の山の話題で盛り上がりました。デコボコ付き地図が壁にあるので、場所を教えてもらうのに重宝しました。


さて、まだ6時半と決して遅い時間ではありませんが次男を起こします。


さっそく朝ごはんにしました。



次回に続きます。