フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

救急へ(><)

両足首の骨折、手術のために2週間半の入院を経たのち自宅で車椅子生活を始めて半月が経ちました。病院での次の診察まであと半月あります。


訪問看護師の方に毎日、抗凝固剤の注射と手術跡、左足首の複雑骨折のための固定器具周りを消毒しに来てもらっています。


男女ふたりいる看護師さんのうち昨日は女性の方が来られました。
前回のブログにも書きましたが、少し前から固定器具の刺さっている一部が腫れてきています。血液が混ざった液体が滲んでくることもあります。


看護師さんが「一度病院で診てもらった方がいいと思う。今日、救急に行って下さい。わたしからも一筆書いておきます」と携帯番号入りでメッセージを書いて下さいました。


医療タクシーに来てもらいました。来月上旬にレントゲン撮影と病院での検診があるので、既に予約しているのと同じ会社に依頼しました。


長男が付き添ってくれます。


病院の入り口。
救急がある病院はいくつかありますが、どうせなら来月診察の予約を入れている病院に行ってもらいました。予約時は、予定の時期に予約が取れるか焦っていて気にも留めていなかったけれど・・・


デジュネット軍隊病院🤣😂
でも一般の患者も診てくれます。軍隊病院なるものはフランス中に8つあり、デジュネットは19世紀の偉大な軍医の名前だそうです(^^;)


中まで運んでもらいました。看護師さんが4人ほどいて事情を説明すると「すみません、日曜や祝日は外科医がいないんですよ」_| ̄|○
仕方ないのでもう少し先にあるもっと大きな病院の救急へ連れて行ってもらいました。本当ならこちらで来月の検診も受けようと思っていたのですが、月末まで予約が取れず、もっと空いてるだろうということで「軍隊病院」を勧められたのです^^;


大きな病院だから救急も混んでそうだな・・と思っていると一般の救急の入り口とは違うところから入ります。そうか!寝台で搬送されたから救急車で来たのと同じ扱いで優先で診てもらえるみたいです。セレブっぽい(≧∇≦)


わたしの前に診てもらってた同じくセレブの男性患者。
なんだ、腕の骨折かい!しかも1本!!わたしの圧勝間違いなし(違)


最初の問診を経て15分ほどでセレブにふさわしく個室に運ばれました。
きれいなお姉さんが心電図を調べてくれます。足の怪我で来てるのに心電図とは予想してなかったのでちょっと驚きました。えっ、この後手術とかなんとかになるかもしれんの?不安が押し寄せます。


間もなくお医者さんがやってきました。わ・若っっ(◎_◎;)
さっき待合室で見かけた看護学校の学生かと思ってた少年青年です。
いくらか質問されたのち、別のお医者さんが来るとのことで(´▽`) ホッ


で、入ってきたのは

ま、また若っ(;゚Д゚)


間もなくレントゲン撮影に連れていかれました。左足の固定器具がズレたりしていないか確かめるためです。

ここのレントゲン室はすごかったです。上の写真は最後に足裏からの写真を撮ってる場面ですが、この前に中央の寝台に寝かされ、天井のレールをレントゲンの機械2台がシャーッと走り回るんです。日本では普通にあるのかもしれませんが、フランスの病院では初めて見たので驚きました。


先ほどはいなかった真面目そうに見えるけどひょうきんな男性看護士がわたしの世話をしてくれました。わたしが山で怪我したというと自分も山が大好きなこと、トライアスロンをやってることなど話してくれました。
ばい菌に感染していないか調べるために採血をしてもらいました。


採血の結果待ちの間にレントゲン撮影の結果を見に医師がふたりやって来ました。


さきほどの坊ちゃんっぽい若い男性医師と、もうひとりは初登場のこれまた若い、でもかろうじて20代後半くらいには見えるジュード・ロウ似のイケメン医師がペアでやって来ました。


ふたりして頑張って固定器具を撮ったレントゲン写真を見ています。
ジュード・ロウの方が先輩のようで、続きはこっちの方が相手をしてくれました。器具がずれたりはしていないそうで一安心。
固定器具が付いている方の足の痺れや、膝の水は仕方がないもので器具が取れるまで我慢してください、とのこと(;'∀')


この固定器具は手術と同時に付けられたのでもう1か月ちょっとになりますが、それでも棒が刺さっている部分は時折、血が混じった体液が滲んできます。そしてかさぶたになり傷口をふさいでしまうのですが、これをいちいち除去しなければならないのです。正直めちゃくちゃ痛い。でも入院中は徹底的にやってくれていました。そうしないと腫れてくるから、と毎回説明されつつ。うちにくる看護師さんはふたりとも、特に男性の方はそこまで徹底してくれていませんでした。


傷口周辺の皮下部分に溜まっていた血交じりの液体をジュード・ロウが生理食塩水で濡らしたガーゼをあてて柔らかくしながら指先で押さえてグイグイ全部出していきました。8本刺さっているうちの6本です。痛いのなんの(T_T)
しかしここで叫んだり泣いたりすると末代までの恥。「ククク」と呻く程度で留めておきました。


この後血液検査の結果、感染の可能性はないことを待合室(常に寝台ですが)に救急医の女性医師が伝えに来てくれ、最後にもっと上の外科医が検診報告をチェック&看護師向けに今後の消毒についての説明を書くから待っててくれ、と1時間以上放置され(施術中だったため)た後、帰る許可が出ました。


病院が手配してくれた医療タクシーでうちまで運んでもらったのは8時になる頃で、午後まるまる救急で過ごしたことになりますが、どうせうちですることもないので(;・∀・)問題なしです🎵
診察はもちろん、医療タクシーによる搬送も保険からおりるし、痛みなどの問題が解決したわけではないけれど、心配する必要がないと分かっただけでも行った甲斐がありました。それだけでも痛みや不快感が少し軽減されたような気分になります(^^♪


固定器具はこんな感じに刺さっています(@_@) 脛に刺さっている一番太い3本。
恐ろしい💦もちろん外す際にも手術になります。



今日もまた可愛くない写真ばっかりになってしまいましたので、ここで我が家の可愛い子の写真を披露したいと思います。


ハムスターの「ビリー」です(*´▽`*)


買ってきて世話をしているのは長男です。


ハムスターは夜行性なので、夕食の後に籠から出してきて遊びます。
ビリーの遊び場「ビリーパーク」長男が空き箱やトイレットペーパーの芯で作りました(^▽^;)


針金と古いトレーナーを使って作った「脱走用ハシゴ」も( ̄▽ ̄;)
脱走させた先で待ち構えておきます。


わたしが食べている有機栽培のシリアルの中からナッツや甘味のないシリアルを選んで💦餌にやっています。長男がネットで購入したハムスター用の餌も時々やります。


もー可愛いヽ(^o^)丿
癒されます💕



今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

膝に水が溜まる(T_T)

足首を複雑(開放)骨折した方の左足は同時に膝にも怪我をしていました。骨折などにはなっていませんが、7針縫ってあります。


約2週間半の入院中には何ともなかったのが、退院後数日して左膝が腫れてきて曲げにくくなってきました。曲げようとすると突っ張った感じで痛いけど動かさなければ痛みはありません。日本だとささっと近所の外科に行って診てもらうところでしょうが、こちらの開業医は予約制で2、3週間待ち。予約なしで見てもらえるのは大きな病院の救急くらい(緊急でなければ数時間待つことも)。第一、車椅子では簡単に出ていけません。


数日前にどうしても腫れと突っ張る感じが気になり、訪問医を要請しました。救急車を呼ぶほどではない、でも具合が悪くて自分で病院に行けない、というときに電話をすると来てもらえる「SOSメドゥサン(ドクター)」というシステムです。4時間後くらいに来てくれました。


「おそらく膝に水が溜まってるんでしょうね」どうやら日本語で「滑液」「関節液」と呼ばれるもともと存在する関節の滑りをよくする液体が変に大量に溜まってしまっているようです。


今まで幾度となく耳にしたことのある「膝に水が溜まる」が自分に起こってしまったようです(;´・ω・)
退院時にもらった「入院中に受けた治療のまとめ」には、膝の怪我の治療の際、滑液を覆う膜は傷ついていなかったこと、消毒をして縫ったことが記されています。
急を要することではないので左足首複雑骨折の固定器具を外す頃にまだ治っていなければ治療してもらいなさい、ということでした。腫れが酷ければアイシングが良いそうです。


もう・・・骨折だけも面倒なのに「滑液包炎」(おそらく)ですよ_| ̄|○
でも、ここ2日ほど腫れが少し引いたような気がします。このまま勝手に治ったらいいのにな・・・


ところで膝の縫い目ですが、もうしっかりくっついています(^O^)/


「ちゃんとくっついてイイコイイコ♫」ですが、実際にあまりいいものではないので、
閲覧注意ということで。。





左から順に3日目、5日目、9日目、17日目。


現在。皮膚が少し腫れて膨らんでいるため傷も面積が伸びている感じです…


愚痴ついでに…ほとんど病気・怪我自慢みたいになりますけど💧
「パイプ」「キルシュナー」と呼ばれる複雑骨折の固定器具…細いの太いの合わせて8本の金属棒が骨に埋め込んであります😭 「痛くないの?」とよく聞かれるんですが、初めの1週間ほどは痛みがひどく、痛み止めも余計に飲んでいました。痛みは退院前には治まっていたのに、自宅に戻って数日した頃からまた痛くなってきました。太い3本のうち1本が刺さっている部分の皮膚が腫れているんです。


4、5日間ほんとに痛くてどうしようと困っていたんですが、毎日注射と消毒に来る看護師さんが特に念入りに消毒してくれた結果、だいぶましになりました。


なんでここだけ…?と不思議だったんですが。その一本だけなんか歪んで刺さってるんですよね😅
👇

まさか、、そのせいじゃないよね…と信じたい(-_-メ)


全然可愛くないものを連続で失礼しました
<(_ _)>



先日は子供たちとの初ハイキングの様子を今更ながら紹介しました。その半年後の家族ハイキングの様子です。当時は山以外の場所にハイキングに行く柔軟さがありました😅


2016年の春、場所は南仏アルデッシュ川の峡谷です。


駐車場からしばらく森の中を歩いた後、河岸に下りて行きました。


川が中洲のように曲がりくねった地点に廃墟があります。教会?お城?と思うところですが、12世紀に建てられたハンセン病患者を隔離していた病院だったそうです。


かなり大きな建物だったようですが、いくつかの壁と土台部分しか残っていませんでした。中でお昼ご飯にしました。


鬱蒼とした小径を歩いていきます。


アップダウンが多く、時々こんな感じに高いところまで上がります。石灰質の岸壁と青々とした常緑樹の茂った河岸が印象的ですが、たまたまこの翌年に同じエリアでカイヤックをしました(*^^)v

まだ5月でしたが、初夏の陽気の連休でした。


それではまた、春先のハイキングに戻ります。

4月で水仙が所々に咲いていました。


洞窟があちこちにあります。
駐車場まで戻った後、まだ時間が早かったのですぐ近くにあるエゲーズという村を散策しました。


中世の街並みがそのまま残っており、「フランスで最も美しい村」のひとつにも選ばれています。


教会前の広場には南仏らしくオリーブの木が。


元々の地形に一体化したように城壁や民家が張り付いています。


きらびやかさは皆無の質実剛健な中世のお城です。


城壁沿いの階段を上ってみました。


先ほどまで河岸を散策していたアルデーシュ川がよく見えます。


遠くには城壁のような岩壁が見えました。スマホ撮影ではズームに限界・・(-_-;)



南仏の自然や村も風光明媚で好きなのですがお山にハマり始めてからというもの、お山以外の場所にお出かけする機会が随分と減ってしまいました。 
ハイキングはまだ無理だけど運転はできる、くらいまで回復した際にはお山以外の場所にもお出かけしてみようと思います。



今日もお付き合いくださってありがとうございました。

車椅子で公園デビュー(//∇//)

ほんの数日前までは用事もないのに車椅子で外になんて出掛けたくないと思っていました。わたしの場合、車椅子であるだけでなく右足にギブス、左足には開放(複雑)骨折のサポートのための器具がついているので目立つんじゃないか、恥ずかしい、という気持ちがありました。
しかし今週半ばに次男の付き添いで近所のかかりつけ医に行くために初めて外に出て自信がつきました。


今朝訪問看護師さんが「お天気いいのに。外へ出てたら気持ちいいよ!」と言ってくれたのがきっかけになりました。
子供たちが小さかった頃よく連れてきていた近所の公園に来ました。


来ました…っていうか、連れてきてもらいました、次男に(^^;; 長男は彼女と昨日から2泊でイタリア旅行に出発しました。いいな〜(´ー`)


前回同様、足のごちゃごちゃした物💦を隠すために膝掛けをしてうちをでましたが、わ、すごく暖かい✨カルシウムの吸収に必要なビタミンDはお日様からも享受することができます🌞膝掛けばかりか、上着も脱ぎました😅


お山のお花の写真の代わりにアパートの入り口の植木の写真を撮っときましたT^T
 来年は…待っておれよ。。



先日、今の時期、冬眠から目覚めて山を走り回っているであろうマーモットの写真をいくらか載せました。
フランスで山歩きをしていて出会える動物にシャモアがあります。ニホンカモシカにちょっと似てるんですが、シカではなくてヤギの仲間だそうです。


(エクラン国立公園、2017年12月)
高いところが好きなようで、よく稜線部に佇んでいるのを見かけます。冬眠はせずに冬になると雪の少ない標高の低い辺りに下りてきます。


(ジュラ山塊、2018年4月)
ソロ行動をしていることもありますが、数匹から多い時だと10匹くらいのグループでも見かけます。レマン湖に近いこの山で今までで最も多くのシャモアを見かけました。


(シャルトルーズ山塊、2018年8月)
シャモアはとても臆病なので、こちらの姿を見つけると一目散に逃げてしまいます。この日は運良く近くで撮影することができましたが、4年山を歩いてもあまりきれいに撮れた写真がありません_| ̄|○



今日もお付き合いいだきありがとうございます😊