randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

晴天のボーフォータン山塊でスノーシュー(番外編)

晴天に恵まれたボーフォータン、帰りに山小屋で休憩し過ぎて最後走って下りる羽目になりましたが、無事に車を停めているグラン・ナーヴの村まで戻ってきました。
何をそんなに急いでいたかって、子供たちから夜ご飯にフォンデュのリクエストがあったので「よっしゃ、お母さんお山でおいしいチーズ買って早く帰って来るからみんなで食べよな♬」と豪語してしまってたんでした。しかもボーフォータンうちから遠いしな。


グラン・ナーヴ村の農家。一冬分の薪がストックされています。


こんなレストラン兼カフェもありました。急いでなかったらホットチョコレートでも飲んで帰るところだったんだけど…
夏はハイキング、冬は山スキーのメッカなので小さい村の割にはなかなか大きな店構えです。


いつもすることですが、空になったペットボトルに山の清らかな水を汲んで帰ります。無料のミネラルウォーターという認識。。


グラン・ナーヴ村に別れを告げ、下の世界に急ぎます。


朝来たときは薄暗くてあまり何も見えなかったんですが、車からの景色も素晴らしいです。


下りてくること約25分。朝は通らなかった町なんですが、大した遠回りにはならないので帰りにチーズを買うのに目星を付けていたお店。一昨年の秋にボーフォータンに来た時にここで買ったチーズが安くておいしかったんです。その時は、このエリアに農協がなかったので仕方なく寄ったお店です(それでも事前に調べてはいた)。
そしたら、ボーフォールの3分の2の値段なのにとっても味わい深いチーズが売っていたんです。他にも地元の特産品が色々売ってて爆買いしてしまい、一緒に行った友達に「すごい大人買いしてる」とびっくりされたんですが、そうそう来られない場所でおいしいものに出会った場合、常識を超えた量を購入するのはいつもの癖です。以前は「まあ、こんなもんか・・・」という量しか買わず後で後悔することが多かったので学んだんです。


山小屋でビールをおごってくれた山ガイドさんたちとこういったお店の話をしてて「君、僕たちよりボーフォータンに詳しくないか??」と言われたんですが、かかったガソリン代高速代で出来る限りのことがしたい、あと食い意地が張っているという2点です(^^ゞ いつでも来られる場所のことは案外色々詳しく調べないんではないでしょうか。


リンゴや洋ナシはサヴォア(ボーフォータン山塊もサヴォア地方の一部)の特産品です。
この茶色いやつはわたしがタルト(平たいやつ、タタンいずれも)に使う品種で、甘味は控えめなものの酸味が心地よく、水分が少ないため焼いてもあまり水が出ないんです。ただしそのまま食べるとジューシーでないためイマイチおいしくないです。


サヴォアはワインも結構あります。ただしボーフォータンらへんでは造ってませんが。白が多いですが、赤も軽めのもので少しあります。どちらも涼しい地方のワインらしくすっきりしたものが多いです。サヴォアの白がフォンデュにぴったりなことは言うまでもありません。


ワインコーナーの先にお肉や豚肉加工品コーナーがあるのですがチーズの方に急いでて写真撮り忘れました(;´Д`)


これはちょっとマニアックな特産品。グレーというか茶色っぽいのはクロゼといってそばのパスタ。とっても小さい正方形で、茹でてからボーフォールチーズをかけてグラタンで焼くという料理法が一番ポピュラー。マカロニグラタンみたいなもの? あとはバターで和えてメインの付け合わせに使われたりとか、地元ではよく食べられているみたいです。


黄色いのはなんとサヴォア産のポレンタ。サヴォアはイタリアと接しているだけでなく、18~19世紀にはピエモンテ地方(+サルデーニャ島)と一つの国だったので(ニースと共にフランスに割譲されたのが1860年)食文化でも似ている部分があります。
ピエモンテにもそばパスタがあり、形は全然違うんですが(むしろ長いタイプのパスタ)、つなぎが入ってないみたいでぽそぽそ切れて結構謎の食べ物でした。同じくあちらの山のチーズ「フォンティーナ」とブレットというちょっと青梗菜みたいなほうれん草みたいな野菜とクリームとで和えた郷土料理を旅行中に食べたことがあります。


リンゴやナシだけでなく、サヴォア地方はベリー類などもたくさん作っているので小規模生産のところのジャムはめちゃくちゃ美味しいです。
くるみジャムというかペーストを前回ここで買ったのが卒倒するおいしさで、今回2、3瓶は買わなければと思っていたら売り切れでした・・・前回友達もそれを買い、ここの手作りバターと共にパンにつけて食べたら脳天を直撃のおいしさだったと言ってました。
もちろん他のジャム類でお茶を濁しましたが買えずにかなりショック・・・
そのショックからか、ジャム棚のこの写真だけブレています(~_~;)


さあ、肝心のチーズコーナーです。
サヴォアではポピュラーなタイプのチーズ、トム。大きいものは切り売りしてくれますが、奥の方の通常サイズのものはひとついくらです。このタイプのチーズはよく行く別の農家で買うので今日は目的ではありません。


今日買うのはこちらの上に乗ってるやつ、ボーフォール(キロ14.90ユーロと⒘,90ユーロと高い)ではなく、若いのが8.90ユーロ、熟成が長いのが10,90ユーロとお値打ちな分です。


8,90ユーロのでも結構おいしいんですが、10,90ユーロのはさすがにもっと濃いお味。面倒くさいのでそっちばかり切ってもらうことにしました。


後悔がないように3,140キロ買いました。しばらくは安泰です(´▽`) 


チーズを買った満足感からつい忘れがちなのがバター。キロで6,40ユーロとスーパーで普通に売ってる工場生産のどうってことないのと変わらない値段なので3包み買っておきます。そのまま食べきれないので(賞味期限が短い)、最後はパイ生地を作るのに使ったりするのですが、びっくりするくらいおいしいタルトになります、大して凝ったもの乗せなくても(^^;


ミッション完了で心安らかに高速に入ります。これはイタリア(トリノ・ミラノ)行きとリヨン行きと高速が別れるところ。奥にはシャルトルーズ山塊のグラニエが見えてきました。ボーフォータンからもこの日のお昼前に頂上に向かっているときに見えました。


シャルトルーズ山塊を代表する山のひとつですが、1年ちょっと前に頂上近くで大規模な地滑りが起き、目で見て分かるほど頂上の一部が欠けてしまい半年以上、登頂が禁止されていました。今でも一部立ち入り禁止地区があります。


道もほとんど混んでおらず、8時ちょうどに自宅に到着~~
チーズ3キロちょっととバター1キロほど、ヨーグルトにジャム、あとリコッタチーズのサヴォア版ともいえるセラックも買いました。ボーフォールチーズを作る際に残ったホエイ(乳清)で作ったフレッシュチーズです。これを使ってチーズケーキも作れるんですが、軽くグリルした酸味が少しある田舎パンにハチミツと共に乗せて食べるのが簡単でおいしいです。


子供たちとの約束も守ることができました。デザートにはこれも買ってきたヨーグルト。


典型的なハイキング&チーズの休日でした。
たった1日のことをとっても長くブログにしてしまいましたが、読んでくださってありがとうございました。

晴天のボーフォータン山塊でスノーシュー(その3・最終回)

スノーシューで登れる山がたくさんあるボーフォータン。標高はまあまああってもなだらかな山が多いのです。緑も豊かなので夏には放牧の牛たちが草を食み、それはそれは牧歌的な景色が広がります。
今回日帰りで歩いた辺りも全体的に傾斜の少ない山が多く、雪崩の心配があまりないエリアなので山スキーヤーやスノーシューの人たち何人もとすれ違いました。


イゼール川を挟んで大好きなヴァノワーズが真正面でドキドキします(;´∀`)
北エリアを代表するモン・プーリ、最高峰のグランド・カッス、グラシエ(氷河)・ド・ラ・ヴァノワーズなど遠くまでよく見えます。


下り始め、振り返って。
メインの目的地であったポワント・ド・ドンフィエ(2455m)でお昼ご飯休憩をした後、トレース通り尾根伝いに下りていきます。一度谷へ下り、朝に休憩した山小屋に戻りつつすぐ手前右手ある丘のような山、ル・グラン・クレテ(2292m)に登ろうと頭に描いていました。


その場合、このあと左方向に曲がりつつ下りていくことになるのですが、モンブランを目の前にして(奥のやつ)、何となくもう少し眺めていたくなりました。これ以上下りると、手前の山に隠れて見えなくなっていくのです。


特にモンブランファンではないけれど、やっぱり別格の美しさです。左奥がそうです。


見渡してみて、そして地図も見てみて、このまま歩いて行くことができそうな感じなので予定を変更、こちら側から峠に下りることにしました。緩やかな稜線のような地形になっています。先ほどは山小屋から歩いてきて、峠の手前の斜面からポワント・ド・ドンフィエに登り始めたので、まだ峠は通っていません。
先ほどの登頂には既にトレースがありましたが、こっち方面は誰も歩いておらず、真っ新な雪です。わくわくします♪


結局峠より少し先(山小屋と反対方向)に下りてきました。このまま山小屋に向かってもよかったのですが、正面にこれまた緩やかな丘のような山があります。地図を見ると山の名前は載っていませんが、先ほどの山より若干低い2423mとあります。今下りてきた場所からだと150mほど上がる感じです。よっしゃ、こっちも登っとくか~、しかもモンブランの方角だし…奥に見えてるのがそれです。


こちらも誰も登った跡がありません(≧∇≦)


ああっ。下から見て頂上だと思っていたところの後ろに続きが隠れていました(;´Д`) でも150mほど登るだけだからこのあとふたつもみっつもどんどん後ろから出てくることはないでしょう。たぶん奥に出てきたあれが頂上に違いありません。


はい、もう続きはないのでここが頂上のようです。地図に名前が載ってないだけあって看板も十字架もケルンも何もありませんが・・・


頂上は平たいので奥まで進んでみました。モンブランにほんの少しだけ近づいたかな~…(;´∀`)


ちょうど真正面に先ほどまでいたポワント・ド・ドンフィエが。
もう一度地図見るために1、2分ほど荷物を置きます。方向音痴なので地図はいつもしつこすぎるくらい確認します。


問題なくチュフ峠まで下りてきました。ここからは地図上のコースなので看板およびトレースもしっかりあります。


山小屋に戻るには大まかには下っていくことになるのですが、前を見る限りアップダウンがあるようです。
上の写真の右の方のトレースは、前を一家で歩いている人たちがリアルタイムでつけているもので、このあと登り坂のあたりで追いついたのですが一家の次男君が登るのイヤでゴネてる最中でした。なんだか他人事とは思えないのでお母さんに励ましの声をかけました(^▽^;)


アップダウンしたあと、これが右手に現われました。もともとポワント・ド・ドンフィエから下りてきて山小屋の手前でこの山(ル・グラン・クレテ)に登るつもりでした。今 歩いているところからは200mほどの高さなので登って下りるのに小1時間もあればOKなはずなのですが、今晩は子供たちとフォンデュをする予定で、早めに帰りたいのです。ボーフォータンはうちから遠いし、しかもうちにフォンデュに使うチーズがあまりないので、帰りにチーズを買う時間も取らなければなりません。今日のところは諦めます(わたしにしては珍しく)。
冬に営業している山小屋、初めて通りがかるので興味半分、少し休憩していきたいし・・


山小屋が見えてきました。


14時50分。山小屋(新しいほう)に到着。
山小屋のテラスでは山ガイドさんたちが研修後のビールを飲んでいる最中で、わたしも寄せてくれました。麻で風味付けされた地ビールをご馳走になりました(^▽^;)


もうひとつのテーブルにはさっき追い越した一家が到着して一服中です。
山ガイドさんたちと盛り上がってしまい、15分ほど休憩するつもりだったのが1時間近く滞在してしまいました💦 チーズを買う時間も考えるとギリギリもいいとこです。大急ぎで駐車場まで戻らなくては・・・


山ゾーンから森ゾーンに入るあたり。
既に日が低くなりつつあります。ロジエール山塊の山々を眺めつつ、小走りに山を下ります。


森の中も急ぎ足です。
このあたりで、先ほど宴を?共にしたガイドさんたちに追い越されました。彼ら山スキーなのですごいスピードで下りてきたようです。スノーシューでドタバタ走っても全然勝ち目はありません(;´Д`)


16時40分。山小屋から1時間弱で村まで戻ってきました。夏のコースタイムで1時間半ほどらしいのでドタバタ急いだ甲斐がありました。先ほどのガイドさんたちには「君なら1時間で戻れる」と言われましたが(スノーシューでガシガシあちこち登ってるって話してたので)、その通りに(^^ゞ


ハイキング記自体はその3(今回)で終えたいと思います。が、肝心の?お買い物編を別途書き足したいと思いますのでよろしくお願いします(;´∀`)

晴天のボーフォータン山塊でスノーシュー(その2)

先週日帰りでスノーシューをしてきたボーフォータン。標高1315mのグラン・ナーヴ村を出発して一つ目の目的地であるナン・デュ・ブール山小屋(2080m)のテラスで休憩した後、再び歩き始めます。


山小屋の飼い犬にお別れして次の目的地へ。


山小屋を振り返って


チュフ・ブラン峠(2304m)方向に進みます。


ただし、峠までは行かずに正面に見えているポワント・ド・ドンフィエ(2455m)に登ります。ご覧のとおり、こちらの面からは登ることができないので裏側に回り込み尾根伝いに頂上を目指します。


山スキーヤーさんたちのトレースに並行して歩かせていただきます。尾根に近付いてきました。


飛行機雲・・・アルプス山系の上空はものすごい数の便が毎日行きかうのでどこの山塊でも飛行機雲だらけです(;´Д`)


振り返って目に入ったのはシャルトルーズ山塊最北部のグラニエ(1933m)。石灰質の絶壁が印象的です。


少しずつ頂上に近付いてきます。


北側にモンブランの頭(奥の白いの)が見えてきました。


もうほんの少し~~


最後はちょっと急です。


山スキーヤー男女3人組がいたので少し話をしました。60代後半くらいの方たちでした。カッコいい~!!
この辺は初めてらしくてわたしに周りの山の名前を聞いてきたので「いや、それわたしが教えてほしいですよ(汗)」と返事しました。お互いに知ってる山の名前をいくつか言い合いました。


その中のひとりのおじさまと。


ポワント・ド・ドンフィエ頂上(2455m)。
この頂上はコース外なので黄色い案内看板は立っていませんでしたが、十字架がありました。


風も全くなく寒くないのでまだ12時になっていませんがですが、ここでご飯にします。
ヴァノワーズ国立公園が真正面です。


反対側にはロジエール山塊。これもボーフォータンやヴァノワーズと同じくサヴォア県になるのですが、まだ一度も行ったことがありません。険しい結構高い山があるという印象です。


先ほどの熟年スキーヤー達は下りて行ってしまいましたが、もう少し若い中年の男女3人組(が多いな、今日…)が登ってきました。3人の写真撮りましょうか、と言うとお返しにわたしの写真を撮ってくれました(*‘∀‘)


モンブランがバックです。


そのスキーヤー達。ご飯も食べずに10分くらいの滞在で下りる準備を始めました。
山スキーヤーはひたすら1日中スキーをするのが目的みたいで、ご飯やおやつにたっぷりと時間を取ってる人は見たことがありません(;´Д`) みんな荷物ちっちゃい!!


颯爽と滑り降りていきました。


さて、わたしはというと1時間弱お昼ご飯休憩をしましたがそろそろ次の目的地に向かいたいと思います。



・・・また長くなってきたので、続きはその3、最終回で!