randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

新しいスノーシュー(*^o^*)

へっぽこアルピニスタさん達もスノーシューを購入されたばかりですが、わたしも先週スノーシューを買い換えました。
去年の冬にケチって安いやつ(それでも一番安いやつではなかった)、日本円で7千円くらいの代物を買って機嫌よく使ってたのですが、重たい、異常に嵩高いというのに加えて足のサイズを調節する後ろのところの作りが甘くて、すぐに外れてしまうという大きな欠点がありました。特に雪にズボッとはまった足を抜くときや、地面や岩などにその部分がぶつかると調節するつまみが簡単に動いて外れてしまうので2、30分に1度は装着しなおすというあり得ない頼りなさ加減でした。
先週のシャルトルーズ山塊ではあまりに腹が立ったので帰りに駐車場のゴミ箱に捨てて帰ろうかと思ったくらいです。でもまあ何かの時に役に立つかもしれないので持って帰ってきましたけど、その勢いで先週末のうちにちゃんとしたまともなやつを購入しました。


ザ・スノーシュー💖
山グッズ専門店にて店員さんに色々出してもらって説明を聞きながら目的、体格にあったものを選びました。わたしの場合スノーシューでも森林を散策というのではなく結構登る気満々なので爪がちゃんとしたものにしました。


日曜の昨日はお天気は霞み気味だけど晴れ、ただしものすごい強風というものでしたが、そんな崖みたいになった場所じゃなければ大丈夫でしょと友達とシャルトルーズ山塊にレッツゴー♫


高速に入りやすい場所に住んでるわたしんちに友達が迎えに来てくれて、ただ彼女はちょっと朝弱いので20分ほど遅刻してやってきました。日が昇るのも遅いし今日は近場だしまあいいよ~、と出発。
新しいスノーシュー買ってん~とか言いつつ友達の車に乗り込み、高速に入って5分ほど走ったところでいきなり思い出した😨😨😨
スノーシューに気を取られ過ぎて、わたし靴忘れてきた
何十回と山には行きましたが、靴を忘れたのは今回が初めてです。昨日の晩ベランダで靴に防水スプレーをかけて乾かしたまま置きっぱなしになってます(◎_◎;)
友達はすかさず「あんた靴のサイズは?わたし2足持ってきてる」
さすが、わたしより山歴がずっと長い友達、準備がすごいです。ただ、彼女のほうが少しサイズが小さくてきつそうだったので、やはり取りに帰ることに(;´Д`)
高速からすぐに出てうちに戻り、再出発したのはもともとの出発予定時間から50分ほど過ぎた時間でしたが、「山に着いてから気付いたんでなくてよかったよ」と気を取り直して再度高速へ。


なんと友達と同じスノーシューでした!彼女は2、3年前から使ってるそうです。


先週シャルトルーズに来たときは1300m台から出発したのでだいぶ雪もありましたが、今日は800m台からなので全然雪がありません。しかたなくリュックに留めて歩き始めます。


緑色をした薬草リキュールの製造で有名なシャルトルーズ大修道会の前を通って歩いて行きます。ものすごく広く立派な建物です。
周辺の道は関係者以外は車で入れず厳粛な雰囲気が漂っています。


修道院のすぐ隣に木の伐採場があります。冬の間の修道院を暖める木のストックが積み重ねられています。


これは去年の12月初めに来た時に撮った写真です。この時は既に修道院の敷地内に運ばれて積まれた木が塀からも少しのぞいているのが分かります。


もう少し上っていくと、小さな礼拝堂がふたつあります。
シャルトルーズ大修道会の創始者であるブリュノ聖人を祀ったものです。


スノーシューしたいのになかなか雪がない・・・
1400m台のここら辺でつけようかと思ったんですが、かなり踏みならされていて平らになっているからあんまり必要ないのと、この坂の後また雪が少ないエリアに入りそうなのとでまだ付けられません・・・


1500m台の地点。雪は少ないです。ここ1週間ほどとても暖かい日が続いているのでかなり融けてしまった様子です。


1600m台。目的の山に登るための峠に到着。さすがにちょっとは雪があります。


ちなみに去年の12月初め、同じ場所👇

ただ、この時はまだスノーシューを持っていなかったので普通の登山靴では歩きにくく「この雪、いらん!!」と雪相手に怒ってたのでした。


ほんとのところ登りたかったグラン・ソン(2026m)は暴風の影響をもろに受けそうな切り立った崖のような場所が多いので諦めて峠を挟んで向かい側にある緩やかな登り坂のプチ・ソン(1772m)でお茶を濁します。


グラン・ソン


さて、ここでようやく登場、新スノーシュー 


プチ・ソンの登り始め。緩やかって書きましたが、切り立った崖ではない普通の登り坂という意味で、まあまあ勾配はあります(^^;)


わたしも一度登ったことがありますが友達は数回登ったことがあるので先を歩いてもらいます。



峠から200mも登らないのであっという間に山頂に到着。


シャルトルーズ独特の地層のラインがむき出しになった石灰岩で構成された山々。その後ろにはモンブランが悠々と。


シャルトルーズ西部のグランド・シュール(1920m)。シャルトルーズのなかでも特にリヨンから近い山ですが、頂上からのパノラマはすばらしいです。


頂上から少し下りたところにある切り目みたいになった場所から反対側に下ります。


スノーシューでは歩きにくい場所が少々あります。


しばらく雪のあるところが続きましたが、もうさすがにおしまいです。
スノーシュー履いたのたったの1時間(お昼ご飯休憩込みで6時間半のうち)(;´Д`)


お昼ご飯の準備にドンピシャな切り株がありました。風が強いので助かりました。ほとんど家具の領域です。


昼食の後は夏には放牧地帯となっているエリアを歩いて少しずつ下りていきます。放牧牛の水飲み場があります。
向かい左にとんがって見えるのはシャルトルーズ最高峰のシャムショウド。


今日諦めたグラン・ソンが遠くなっていきます。

午後3時半、駐車場に到着。朝着いたときはわたし達だけだったですが大盛況です。
しかも隣はベルギーからのツーリストです(ナンバープレート見る限り)。シャルトルーズも国際的に有名になってきたってことでしょうか(´∀`)


せっかく積もった雪もあまり高くない場所ではだいぶ解けてしまったようで、この新しいスノーシューをもっとしっかり試すには標高の高いところに行くか、本格的に冬になるのを待つ必要があるようです・・・・


帰り道。高速に乗る少し前の風景


シャルトルーズ山塊でスノーシュー

日月でフランス南部のケラス山塊まで遠征してきたばかりですが、近場のシャルトルーズ山塊にスノーシューしに行ってきました。
休みの日に天気が良いと、じっとしてられません(^^;)


シャルトルーズは南はグルノーブル、北はシャンベリーまでの間にある山塊で、最高峰でも2082mとそう高くはありません。全体が石灰岩で構成されているため、白っぽく切り立った岸壁にいくつもの平行した地層のラインが印象的です。
最近何度か記事に書いたヴェルコール山塊と似た感じなのですが、シャルトルーズのほうがずっと緑が豊かです。かなり切り立った岸壁の、その地層のラインに沿った細い道のようになったところがいくつもあり、そのうち歩けてハイキングコースとして使われているところもあれば細すぎたりまたは途中でなくなるので歩くのには向かないところもあります。これはヴェルコールではヴィール(vire)と呼ばれ、シャルトルーズではサングル(sangle)と呼ばれます。
シャルトルーズはグルノーブル、シャンベリー(どちらも県庁所在地の町)、そしてリヨンからでも近いので週末ともなれば多くのハイキング客で賑わいます。でもそれはメジャーなコースのことで、探せば人の少ない場所もあります。


午前中歩いたエリアでは人を見かけませんでしたが、午後歩いたのは比較的メジャーでしかも山スキーに適した場所だったので何人もの山スキーヤーを見かけました。わたしが下りていく最中だった夕方にひとりで登っていく人たちが多かったです。近くに住んでる人たちが仕事の後軽くひと滑りしにやって来たという印象を受けました。


出発地点の行先案内看板。1300m台ですが既にかなり積もっています。


森の中を歩いて行きます。比較的太くて分かりやすい簡単な道です。



簡単。。だったはずの道がいつの間にかなくなりました(◎_◎;)
とっても不思議です・・・わたしって迷う天才じゃないだろうかと時々思います。


正しい道はもっと高い位置にあるみたいです。
近道ってことで(^^;) きつい傾斜の坂を上っていきます。


は~だいぶ上ってきて傾斜が楽になりました。このすぐ手前でシャモワが2匹いたんですが、素早くて写真は撮れませんでした。


おっ、目の前のこれは・・・


正しい道に戻ることができました。正面に見えるのが目的地その1のラ・ピネア(1771m)。
シャルトルーズ山塊の中で最南部に位置しており、ヴェルコールなど南方面から帰ってくるときによく見える山です。


景色が開けてきました。これは南東方面。


先ほど遠くから見て分かったように最後はかなり急傾斜な山です。
しかも日が昇るにつれ雪の表面が解けてきて歩きにくくなってきました。一歩ごとにズボズボはまります(;´Д`)


かなり悪戦苦闘して頂上に到着。南側にはヴェルコール山塊やデヴォリュ山塊が広がります。


東にはベルドンヌ山塊。3つとがっているのが最高峰のグラン・ピック・ド・ベルドンヌ(2977m)


北エクラン方面


モンブランが奥に。


手前がこのあと登る予定のシャルマン・ソン(1867m)。
駐車場からすぐのコースがふたつほどあり(もろろんこっちは経由せずに)、ファミリーに人気の定番コースになっています。
奥に見えるのはこれもシャルトルーズで代表的な山のひとつ、グラン・ソン(2026m)。ちなみに「ソン(som)」とは頂上(sommet)を意味する方言です。


さて、シャルマン・ソンに行くには主にふたつ行き方があって、ひとつは今来た道をある程度まで戻って、そのまま稜線ぽくなっている部分を歩くコース。稜線っぽいけどかなりアップダウンがありそうです。
それでいくつもりだったんですが、今ピネアから降りてきて一つ目の案内表示板に「シャルメット峠」という表示が。これは今さっき上ってきた面から反対側の面に一度下りてその峠から新たにシャルマン・ソンに登るというもの。
反対側に越えるために今ちょっと下りてきたけどもう一度上(頂上ではないですが)まで登る必要があります。前者がかなり甘ちょろい道っぽかったので「今の登りはキツかったけどこの後は退屈そうだな」と思ってた矢先だったので、この「山を裏側に越えて一度ほとんど下りてから登りなおす」コースに俄然飛びついてしまいました。


とは言え、スノーシューには厳しすぎる登り坂です(;´・ω・)


登っていった人たちあるけど、スノーシューの後ではなく靴のようです。
でもわたしは斜め歩きで頑張ってスノーシューで登ります。


は~めちゃくちゃしんどかったですが何とか登り切りました。
・・・で、登った反対側の光景( ゚Д゚)
トレースのある部分は地図からしても正しい道のようなのですが、怖すぎる・・・
スノーシューでは無理だし、脱いだにしても重たくて嵩もたかいので今日の小さめリュックだと入らないし、結び留めてもブラブラして大変です。


で、まだましそうなのがそのすぐ右にある谷底に直接下りていく方法。
どうせ左側の道も地図によるとそのあとこの谷に並行した辺りを下りていくことになっているし・・・


が、20分くらい注意深く(何せめっちゃ急なので)下りて行ったのですが、谷としてありがちなことですが川というか水が流れているのでそれが凍ったのが雪から露出して、しかも絶壁っぽくなっている部分があり、周りを見てもそれを避けて通れるような代わりの場所が見つかりません。

普通に雪がない状態のときに歩ける場所がそのままスノーシューで歩けるとは限らない良い例でした(~_~;)
諦めて上のほうまで戻ることにします。今下りてきた谷は結構怖いので谷から遠ざかりつつ、行きたい方面に向かって稜線に戻りたいと思います。


あ~助かった(;´∀`) 無事「退屈コース」まで戻って来ることができました。


シャルマン・ソンがだいぶ近づいてきています。


シャルトルーズ最高峰のシャムショウドが真向かいに。左奥はダン・デ・クロール。どちらも山肌を縫う細い道・サングルが有名です。


この景色のよいところでお昼にします。今日は阪神タイガース座布団です。


わたしが景色の写真を撮っていたら山スキーヤーの女性が来て写真を撮ってくれました。頼んでもないのに・・・よっぽどツーリストっぽかったんでしょうね(^▽^;)


写真を撮ってくれた山スキーヤーの女性


さて、休憩おしまい~ 目的地シャルマン・ソンに向けてまた歩きます。


オラトワール(小さな礼拝のための祭壇)がありました。


麓にある行先案内板。
雪がない状態で55分…だとスノーシューで1時間ちょっと…往復で軽く2時間プラス山頂でちょっと休憩…2時半か・・・


今日はここでおしまい


というのも1週間前に調子が悪かった掃除機をまずゴミ捨てステーションに捨ててからそこから最寄りの家電量販店に買いに行ったのですが、良さそうだったのが品切れ(新しいの買ってから捨てろという説も)。注文しておいたのを仕事が休みの今日取りにいかないと、今度はいつ行けるか分からない…というのっぴきならない状況にあったのでした。掃除機なくても生きていけるけど、子供に「お母さん休みの日に掃除機取りに行かないで山に行った」と思われるのも嫌なので、今日はこのあと電気屋さんに行こうと思います。
ちなみに今回はリベンジは必要なしです(^▽^;)


帰りは幅の広いらくちんな道から下ります。何度も山スキーヤーとすれ違いました。特に上っていく人が多かったです。


こんな可愛らしい素敵な老夫婦ともすれ違いました。
帰りに通ったこの道はかなり踏みならされているので真ん中を歩く限り、スノーシューなしでも大丈夫な硬さでした。わたしは脱ぐと重いのでもちろん履いたままでしたが。


帰りのグルノーブルまで下りる道が半端なく景色がきれいです😻


グルノーブルまで下りてきました。高速に乗るまで町中のイゼール川に沿った道路を走ります。これ渋滞してちんたら走ってる最中なんですが、ゆっくり周りの景色を見渡すことが出来て、本当に山に囲まれた町だなぁと実感。


このあとリヨン周辺の幹線道路の夕刻の帰宅ラッシュの大渋滞に巻き込まれつつも無事掃除機を取りに行ってうちに帰り、子供たちに誇らしげに新しい掃除機を掲げることができました(;´∀`)

南仏ケラス山塊へ初遠征(その3・最終回)

ケラス山塊初遠征2日目は前日以上の快晴!青空と雪の真っ白なコントラストのなかスノーシューをするのが楽しみです。


今回の2日間の旅行は出発前日夕方に決まったもので、行き先とお宿を決めるのがやっとで1日目のハイキングコースは家を出発してから行く途中にハイキング地図を見ながら決めました。
2日目のハイキングコースはちょっと良さそう?と思ってた場所が、出発点である峠に向かう道路が10日ほど前に閉鎖されたため、アクセス不可能と前日夜に判明(´Д⊂ 
当日の朝に地図を見て目についたコースの出発地点までの道は車で行くのに問題なさそうかお宿のご夫婦に聞くと、そんなにきつい登り坂じゃないから雪があってもスタッドレスなら大丈夫だろうとのこと。コース自体も危ないようなところじゃないけど、一応夕方下りてきたときに電話してきてください、と。


村と村を結ぶメインの道路からハイキング出発地点がある小さな道に入ります。やっぱり全然除雪されていない・・・
この先もうちょっと進んだんですが、軽く登り坂になっていて、タイヤがスリップして全く登れない(;´Д`) こういう雪の道は都会生まれ都会育ちのわたしにとってはほとんど未知の世界です・・・


なので、方向転換して(それもとっても大変でした)、車を停めていても邪魔にならない、かつ再発進できそうな平たい場所に停めるのに四苦八苦しました。もうそれで一日のエネルギーの半分くらいは使い果たした気がします。


奥が今来た方向。帰りやすいようにこっち向きに停めました。
停めたかった最終駐車場まで3キロくらいある地点です。だいぶ余計に歩くことになりますが、仕方ありません。


この写真の奥の右に曲がったところの坂が車で上り切れませんでした。


気持ちのいい道なので楽しみつつ歩きたいと思います。


1時間近く歩き、目的の駐車場に到着。地図に載っているコースなので黄色いオフィシャル行先案内の看板があります。


初めはこの車でも通れそうな太い道を上がっていきます。既に誰かが歩いた跡があります。


一つ目の案内板は、シャレーがいくつか集まる集落にありました。
山スキーをした人の跡があります。


どんどん進んでいきます。少しずつ急になってきました。


坂を上り切ったところにふたつ目の集落がありました。ただし、一つ目の集落と同じで夏の間の放牧に使われると思われるシャレーばかりで全くの無人です。
この集落以降、さっきまで見られた山スキーヤーひとり分のトレースはなくなってしまいました。ここで折り返して往復したんでしょうね。


うしろを振り返った景色。


山スキーヤーはよく好き勝手なところを歩く(滑る)のでトレースをあんまり信用してはいけないんですが、ここより先は道のかたちもまるで見えません。
地図とコンパスはあるから方角は大体わかるけど、どこを通るかは目で見て決めるしかありません。


今日の一応の目的地としては、こちらの方角に全部で3つある峠のひとつです。そこに行く道がハイキングコースとして地図に載ってるんですが・・・
峠だったら目で見て分かるかと思ったんですが、ちょっとはっきりと分かりません💦


でも、まあパッと見て通れそうなのはこんな感じ・・・?


う、嬉し~~ 岩に印がありました💙


振り返った景色。


ここら辺が峠・・?と思ってたんですが、まだ続きがあるようです。


峠どころか、なんか別の山まで出てきました(*_*)


もう、峠どうでもいいから今日はこの山に登っておしまいにします(;´∀`)


上ってる途中に左に行き先案内看板が見えました。どうやらあそこら辺のようです、地図に載ってるコースの峠とすぐ後ろに湖がある辺りは。
地図でよくよく確かめると、峠といっても地形的には稜線(わたしが上ってる最中の山も含めて)の一部のほんのちょっと凹んだ場所って程度で、遠くから見て分かる代物ではありませんでした(;´Д`) 
湖もこの一帯に全部で10個近くあるあるみたいなんですが、雪でひとつも見えません。たぶん、わたしそのうちのひとつふたつ上を歩いてた気がします💦


そろそろ頂上です。


頂上のケルンがありました。地図によるとこの山はテット・ノワールといって2587m。
峠は2500mなのでこちらのほうが見晴らしもいいでしょう。


今来た方向


ちょっと続きがありますが、標高的には手前のほうが少し高くなっています。
でももちろん進んでみます。




定番のサラミ。これもハイキング先(サヴォア地方)で買ったものです。


ケルンにカメラを置いてセルフタイマーでパチリ。


出発前には地図を見つつ周回して帰れるな~と思ってたんですが、雪で道も見えないし、どこをどう通れるか考えながら進むのに時間がかかるので、来た道を自分の足跡をたどって帰りたいと思います。
日が暮れるのも早いし、しかもまた4時間の運転が待っているのであまり遅くなりたくありません。そうそう、民宿にも電話しなきゃ、無事戻りましたって・・


行きと同じ道で帰りますが、初め頂上から降りる時だけ登ったところとは別のもっと急な面で滑り降りしました(^^;) スノーシューでも角度を工夫すればスキーみたいにとは言えないけど、ちょっと滑れます。


よくよく目を凝らせば湖の形が薄っすら浮かび上がっていることに気付きます。


駐車場に5時半、家には夜10時過ぎに帰ることができました。
とっても魅力的な南仏ケラス山塊でした。2日間しかなかったのと、事前に調べる時間がなくて100パーセント満喫できたかどうかは分かりませんが、また別の季節にでも今度はもう少し長く滞在してみたいものです。

いつものことながらとっても長くなってしまいました。全部読んでくださった方がもしあれば、ありがとうございます。