randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

水曜日に山に行く人 (その1)

水曜日なのに山に行ってしまう・・・それはわたしです(〃ノωノ)
日曜日の他に平日に休みが1日あるので、それが今週は今日水曜日でした。
3日前の日曜にも山に行ったばかりだけど、今週末は雨の予報なので。。今日は3日前に行ったヴェルコールとは違う感じの山にしときました。
フランスで山王国な県といえばサヴォア県、イゼール県、オート・ザルプ県にオート・サヴォア県あたりそれにピレネーやオーヴェルニュの方面ですが、今日行ったのはサヴォア県。複数の山塊が所狭しと県の面積を埋めています。
今日の行先はグランド・ルース山塊。そんなに大きな山塊ではありませんが遠くからでもよく見える目立った3つのとんがった山、エギーユ・ダルヴ(Aiguilles d'Arves)を含め3000m以上の高い山がいくつもあります。


家から2時間半かかるので早起きしました。トゥール・ド・フランスの定番コースとなっている道路を通ります。


ロードバイクをしている人たちの聖地?のひとつ、テレグラフ峠


本日のハイキングの出発地点の村に到着。標高約1670mの地点のその村の名前は「おやすみ(Bonnenuit)村」・・・しかしなぜにそんな名前になったのかo_0 ??


今日の主役、エギーユ・ダルヴやその周辺の山の説明が。
ただしエギーユ・ダルヴは眺めるだけで(;´д`)すぐ隣にあるエギーユ・ド・レペスール(3230m)に登ります。


登り始め。おやすみ村が遠くなっていきます。ローズヒップが色を添えています。


1845mの地点にある集落。ってもシャレーが3つあっただけでした。
エギーユ・ダルヴ山小屋までは地図に載っているハイキングコースになっているので看板があります。


は~看板があるっていいですね。安心して歩ける・・・でもアドレナリンのでてくる機会がないのがちょっと残念・・・?


谷を歩いて行きます。おやすみ村から谷に着くまでちょっと急な坂でしたが、谷は緩やかな登り坂でとっても気持ちよく歩けます。


谷の南北の山々から流れ込む川(滝?)が集まって何本かの川になり谷を流れていきます。ところどころに簡単な橋が架けられていて助かります。


おやすみ村から約1時間45分、エギーユ・ダルヴ山小屋に到着。シーズンはとっくに終わっていて管理人はいません。


テラスで休憩してから本日の目的の山に登ろうと思います。


また午前1時を過ぎてしまったのでまた明日に続きを書こうと思います^^;

ハロウィンとか関係ないと思ってたら・・・

子供たちも大きくなり、ハロウィンとかもう関係ないと思っていたら、、昨晩食事に招待された友達のうちは本物のハロウィンパーティーでした。
ハロウィンなのでメインディッシュはキャンディーです(;´д`) とりあえず子供達は。大人用にはもちろん塩味系のおつまみも準備されていましたが。。なにせハロウィンの目的のひとつはキャンディの人工着色料で舌を青や緑に染めることですもんね^^;


そこのうちは小学生の子供もいるからちょっとくらい飾りつけしてるかな~くらいに思ってたら、その小さい子の友達やその親、もっと大きい子たちやらいっぱいいて盛り上がり中。
わたしは仕事が終わった後に直接駆け付けたのですが、先に到着していた我が子たちは他の子同様、当然のごとく仮装しており(知ってたんなら言ってよね)、何も仮装してこなかったわたしのために友達は角付きカチューシャを貸してくれました・・・(;'∀') 


子供が小学生くらいのときは友達やその親を呼んでうちで誕生日会をしたものですが、もう中学生、高校生になりそういうことからは遠ざかっていまいた。なんだかノスタルジックな気持ちになってしまったハロウィンパーティーでした。


友達手作りのオレンジケーキ。



デザート。いただきまーす♪

秋深まるヴェルコール山塊へ

秋晴れの気持ちいい日曜だった今日は子供たちとヴェルコール山塊にハイキングに行ってきました。
ヴェルコールには時々行くのですが、今まで記事にしたことがありませんでした。ベルドンヌ山塊などから「見える」というような書き方をしたことがあるだけです。
ヴェルコール山塊はグルノーブルの南からずんずん南北に細長く広がっていて全体に乾燥しており、植物は少なく白っぽい石灰岩で構成されていて最高峰でも2341mと全体にそんなに高くないですが、50キロメートルも連なる山頂が塀のようですごい迫力です。


地図で見てみると


北半分👆


南半分👆。ひたすら南北に伸びているのが分かります。


グルノーブルの少し手前の高速のパーキングエリア。すでに山に囲まれています。


高速を降りて走ること約30分、山に近づいてきました。


標高約1000mの地点にある村を出発地点にしました。子供たちと一緒なので今日はごく一部を除きほとんどは正式なハイキングコースを歩く予定です。


高い辺はほとんど植物がないけれど、森の部分は秋色に染まっています。


まずは森の部分を1時間半近く歩きます。


半分くらい登ったところにある行先案内の看板


森を抜けました


貝殻の化石が時々あります


雲海に覆われているのはヴェルコールとデヴォリュの間にある小さな山塊、トリエーヴ。
そのすぐ後ろがデヴォリュ山塊。中央左の丸くなっていて高いのが9月に登った最高峰のオビウ。それより少し低い中央右のやや右を向いてるとんがりが今月初めに登ったグラン・フェラン。


もう少し北の奥にはエクランが。


レジスタンス運動の犠牲者の記念プレート。ヴェルコール山塊には複雑な地形を利用して多くのレジスタンス運動の活動家が隠れ込んでいました


まだ最終目的地まで少しあるんですが、みんなお腹が空いてたのでここでご飯にします。


今日は秘密兵器(折りたたみ座布団)を持ってきました(≧∇≦)


昼食の後は今日の最終目的地、プチット・ムシュロールへ


プチット・ムシュロール(2156m)に到着。
午前中溜まりに溜まってた雲海はほとんどなくなりました。


雲一つない青空でグランド・ルース山塊のエギーユ・ダルブ(左。最高峰は3514m)とエギーユ・デュ・ゴレオン(3427m)がよく見えます。この辺りの山はハイキングでは登れないアルピニスト向けの山です。


北エクランの名峰、メイジュ(3983m)の美しいお姿をズーム


すぐ向かいには兄貴分のグランド・ムシュロール(2284m)。しかし今日は時間ないのでまた次回に登りたいと思います。実はこの山は・・・リベンジが必要な山でもあります。いつのリベンジかはまたそのうちお話を披露したいと思います。


あとは車を停めてる村に向けてひたすら下りていきます。


今日一日ほぼずっと眺めることになったヴェルコールの南部。中央少し右の四角い山はモン・テギーユ、その右の少し高いのが最高峰のグラン・ヴェイモン。


半分くらい下りてきたところ


帰り道に見えたシャルトルーズ山塊。
お天気にも恵まれ、子供たちと共にヴェルコールの独特な景色を1日楽しむことができました。