フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

次男と雪融け最中の湖畔を歩く(6月上旬)

今月初めに次男と2泊で遠征した南仏のメルカントゥール国立公園です。
今年は残雪が多く、少し苦労しつつフェール峠を経由して到着したヴァンス山小屋で1泊した翌日はふたつの湖の畔を歩きつつ行きとは別のコースで駐車場に向かいます。ちなみに行きとは違う駐車場に下りるので、最後は道路を少し歩くことになります。


早朝、山小屋前から。6月というのに寒くてダウンジャケットの上から毛布を被って少しの間、外に出ていました。


朝食の後は湖をぐるっと半周しつつハイキングコース通りに歩いて行きます。


1泊したヴァンス山小屋を振り返って。後ろの山々の稜線はイタリアとの国境になっています。


この日もイワカガミダマシがいっぱい咲いていました。


去年の同じ時期に来た時には湖は完全に融けていたし、雪もこんなにありませんでした。


振り返って。
湖の最後は小川のようになって低い位置へと流れてゆきます。


雪が多くてハイキングコースはもはやよく分からないので適当に歩いて行きます。


ぐるっと右側に回り込むようなのですが・・・


地図上のハイキングコースは川の左側を歩くようになっています。が、なにしろ雪が多くて歩きにくそう。右側の雪の少ない岩っとした小高い場所を越えていくことにしました。


雪の上は滑りやすいのでアイゼンを履いて歩いてましたが、いきなり夏山のごとき岩々の斜面を登るので外します。


続いて登ってくる次男。


岩々のところが好きなサクラソウ。黄色やピンクが多いのですが、薄紫です。


ピッケルは車に積んでいたので一応持って来ましたけど、特に必要な場面はなく、ただの飾りとなりました(^^ゞ


さて、この下には・・・



ふたつ目の湖が隠れていました。


3~5月くらいに見ることが多いクロッカスがまだ咲いていました。


落ちないようにね(;´∀`)


朝早い時間帯はどんよりしていたけれど、回復しつつあるようです。


今回ほとんど見ていなかったジョンシアン(リンドウの仲間)がつぼみだけどいくらかありました。雪融け後しばらくしないと出てこない花です。


湖の湖畔から右の斜面を登っていきます。雪が融けていてハイキング道がよく分かり助かりました。


ぐんぐん登ってきます。雪がないって楽だ~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


たまに雪渓を横切ろうとすると思いっきり踏み抜いたりします。特に岩の近くを歩くときは要注意です。


次男が一足先に峠に到着しました。



下山の最後まで書くつもりでしたが、眠たいのに加え、明日仕事のあと1泊ハイキングに直接出発しようと思うので荷物の準備があるので短いけどこれで投稿します。続きは帰って来てからになります(^^;

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。