randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

山小屋での夕べ

先週の土日に子供たち+山行き初登場の長男の彼女との4人でエクラン国立公園で山歩きをしてきました。お天気が良くないのでさっさと山小屋に着いてお昼ご飯を食べた後はのんびり過ごすことにしました。


着いたときには4度だった屋外の温度計が雪が降ったころには0度まで下がっていました。管理人さんが薪ストーブに火を入れてくれました。あ~生き返るぅ(*^▽^*)


非常階段の踊り場(わたしのキッチン・・・屋内でバーナー禁止なため)からの景色。


一瞬晴れ間も覗くのですが、またすぐに暗くなってしまいます。先ほど降っていた雪は止んだようです。温度計は2~3度を示しています。


3時ごろから少しずつ登山客が到着し始めました。50代、60代の方が中心でした。持ち物を見ているとハイキング客がほとんどでアルピニストの方も数人はいました。
管理人さんに聞くと、今夜の宿泊客は20人ほどの予定だそうです。定員52人の山小屋なので半分も埋まっていない感じですが、お天気のせいでしょう。先週末は満員だったのことでした。


窓から外を見ていると4時半ごろ、小柄なひとりの女性が登ってきました。到着して管理人さんに予約していないんだけど空きはあるかと聞いています。夜ご飯はお願いするけど朝は要らない、と言いつつ寝室に案内してもらってその後食堂に戻ってきました。この女性とは話が弾んで2時間以上ずっと話をしました。


なんでも、男友達とエリア内の別のハイキングコースでテントで1泊する予定で朝出発したんだけど友達が調子悪くて駐車場まで帰ったので、ひとりで山小屋のあるこちら方面に登ってきたとのこと。おととい昨日と雨だったので友達は風邪を引いてしまったみたい、と言ってました。彼女はボーフォータン山塊とヴァノワーズ国立公園との中間くらいに住んでいてそちら方面の山に詳しいので色々教えてもらい、逆にエクランなど南方面の山はあまり知らないのでお勧めを教えてあげたりと、お茶を飲みながら楽しい午後を過ごしました。子供たちはトランプやカードゲームに飽きると山小屋周辺をウロウロしていたみたいですが寒くてすぐに戻ってきました。


話を聞くと彼女が昨晩友達と泊まってなかなか良かった、という山小屋は今回わたしが予約したかったのに空きが一人分しかなくて(定員23人の小さなところです)諦めた宿でした。同じエクランだとはいえ、ここからだと車で1時間以上かかるところで山小屋の多いエリアなので周辺には他に10軒近くあります。去年の今頃泊まって気に入ったので今回みんなで来れたら、と思ったわけですが面白い偶然でした。


さて、気が付くともう7時になろうとしています。他の人は全員晩ご飯も注文しているようで自炊組はまたわたし達だけのようです。
またまた晩ご飯用のお肉が若干凍ったままです💧 午後の間ずっと出しておいたのですが・・・仕方ない、小さめに切って早く融かします。


巨大なズッキーニはここ数年はやりの郊外の農家から自宅まで配達してくれるシステムで買ったもの。自宅というか、日中あまりうちにいないので仕事先に届けててもらいますが、中身は注文できないので何が入っているか毎回楽しみです。日本の野菜も積極的に栽培している農家なので、前回は日本と同じホクホクかぼちゃ(こちらにはあまり売っていない)、今回はオクラなどが入っていました。無農薬農家で、どの野菜も味が濃くておいしいのです。写真は届けてもらった直後に撮ったもので、これ全部持って山に行ったわけではありません(^^;


芸がないけど、ズッキーニとお肉を炒めます。フライパンが小さいので(というかズッキーニが大きすぎた💦)まず炒めたあと取り出して、肉を炒めたあとまたフライパンに戻します。


せっかくジェットボイルもあるのでお湯を沸かし、インスタントスープも作りました。


はいはい、熱いうちに食べましょ~~
いただきまーす(*´▽`*)


コンテチーズとイチジク入りパンも持ってきました。イチジク嫌いの長男も彼女の前ではカッコつけて何食わぬ顔で食します(;´∀`)
お昼ご飯のデザートに食べたMちゃんのお母さんのクッキー、いっぱいあり過ぎたので少しうちに置いてきてしまったのですがみんな普段以上にお腹が減っていることもあってか、午後にもおやつに食べたのでこの時点で2枚しか残っておらず半分に割りみんなで分けたという(^^; 全部持ってきたらよかった・・・市販のお菓子も持って来ていたのでそれも食べました。


お腹いっぱいになった後は、お昼もそうだったのですが長男と彼女が洗い物をしてくれました。それも終わると食堂でしばらく寛ぎます。わたし達が陣取ってるテーブルは右の奥のところ。
ギターが置いてあって、手前の男性(フランス語の上手なアメリカ人でした)がぽろろん、ぽろろん、と邪魔にならない程度に控えめに弾いています。上手そうだったのでもっと普通に弾いてくれていいのに、と個人的には思いました(;・∀・)
他にもドイツ人ふたり、イギリス人ひとり(そしてここに日本人も~)、となかなかインターナショナルな宿泊客の顔ぶれでした。エクランやヴァノワーズといった国立公園はやはりネームバリューがあるからか(実際きれいですけど)、ヨーロッパ各国からの登山客によく出会います。初夏に3泊4日で出掛けた南仏のメルカントゥールも国立公園ですが、シーズンイン直前で残雪も多く、山小屋もまだオープンしていなかったにも関わらずハイキング客にはいくらか出会いましたがその半分近くがドイツ人やらイギリス人やら外国人だったのでした。


子供たちには食後しばらくしてからホットチョコレートを作ってあげました。その後もトランプで10時前くらいまで遊んだあとはみんなで寝室に向かいました。
おやすみなさーい。
明日は晴天の予報です(#^^#)