randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

子供たちと「クラレの谷」で2泊3日のハイキング

先週末は有給以外ではまずほとんど起こり得ない3連休(残業分の調整)✨
しかし天気予報は金曜以外はフランスじゅうでどこもイマイチ。。まだ少しましな予報だったのが何の因果かわたしが溺愛するちょっと南らへんの山間部でした(^^;
お天気さえよければ仏南西部などに民宿泊で普通の観光ドライブに行こうかと思ってたのですが、こうなれば山小屋泊でハイキングしかありません~!
子供たちの了解を得て(^▽^;) よさげな場所を探し始めました。


あまり歩きたがらない彼らなので、駐車場から遠くない、でも景色が奇麗な場所で、そこをベースに簡単なハイキングコースが少なくともふたつくらいはある場所(2泊なので)…というのが条件です。わたしひとりなら周回して1泊目と2泊目は別のところに泊まるところなのですが・・・
山小屋でなく麓の村の民宿とかでもいいかと思い調べてみましたが、今の時期ちょうど夏山シーズンとスキーシーズンとの間の閑散期でこじんまりとしたところは閉まっていることが多く、だからと言ってホテルなどの味気のないところには泊まりたくありません。やはり山小屋で探すとしましょう。


ちなみにサバイバル度が増して楽しい避難小屋という選択もあるわけですが、夏の間はいいけれど今の時期寒そうだし、行ったことがない小屋だと水場とか薪ストーブがちゃんと使えるのかといった様子もよく分からないので今回は見送ることに(^^;


場所はオート・ザルプ県のセルス山塊に決めました。山小屋も多く、ハイキングコースもバラエティ豊かで、そんなにしんどい目をしなくても^_^; きれいな景色に出会える山塊で、今回は中でも南側の「クラレの谷」と呼ばれる方面に決めました。


地図を広げるとこんな感じに高い山があちこちに広がっている様子がすぐに目に浮かびます。湖がたくさんあるのも分かります。
地図の上半分は7月末にひとりで2泊3日で大きく周回した辺りです。ただしこの時は北側のサヴォア県から出発しました。今回は南側中心に歩くつもりなので出発地点もうちからの距離は少し遠くなりますが南側からにします。


ネットと電話で調べた結果、標高2100m台のところにある山小屋に冬季使用料だけ払って泊まれるところがありました。駐車場は1800m台なので1時間もかからないのが子供たちには喜ばれそうです(;´∀`)



3時間で行ける、と思ったらイタリア経由でした💧
国境トンネルとイタリアの高速を通ると恐ろしく高いのでそれは困ります。


結局これで行きました👇

休憩も併せると4時間ちょいかかりました。
帰りは麓の村からすぐのところでチーズ買うのに停まったけれどそれ以外は休憩なしで帰りました。


後半部分を拡大。最後やたら遠回りしてる感がありますが、そこをダイレクトに行ける道がないので仕方ありません(~_~;)
右側のグレーの細い線はイタリアとの国境になります。



行きはこんな感じでお天気もよく夏山の延長といった感じの景色の中運転しましたが…👇

うちから2時間半の地点、ロータレ峠(先ほどの写真の地図の表紙のタイトルにもなっています)周辺。標高約2000mです。


その2日後。同じあたり👇

いや、ほんとですってば💦


今回ちょっと全貌だけ書いてみました。2泊3日なのでちょっと長くなりそうなので・・・
頑張って書きますのでお付き合いしていただけたらうれしいです♬




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。