フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ベルドンヌ第2弾

7月初めの週末、ベルドンヌ中部へ友達と1泊でハイキングに行きました。

土曜日仕事の後出発したので夕方から歩き始めました。
前回のベルドンヌ同様、雨です。


花が咲き乱れています。


初めの目的地の峠に付きましたがめちゃくちゃガスってます。


そして峠の反対側は結構雪が残ってます。


仕方ないので歩き続けますが峠から山小屋まではときどきケルンがあるのみでしかも雪や濃霧のためそれもよく見えず、道をたどるのに苦労します。


泊まるつもりの無人山小屋が少しくぼんだ場所にあったため、ルートを若干ずれて歩いていたわたし達の視界には全く入らず、一度は通り過ぎてしまっていました。磁石と地図をたよりに引き返してきてようやく見つけたのが21時45分。日の暮れるのが一番遅いこの時期でしたがほとんど暗くなりかけでした。


翌朝5時25分。昨日超えてきた峠の辺りが明るくなってきました。


今日向かう予定の湖のある方向の山(Grand Morétan, 2775m)をお日様が照らします。


朝食後、湖に向けて出発です

途中通過したシャレーの水飲み場。


一つ目の湖、Lac Inférieur(1998m)に到着。


ちょっと上から見たところ。


そこから少し上がるとLac Spérieur(2055m)があります。


湖のほんの一部がまだ凍っています。


湖の周辺。


個人的にはヴァノワーズ国立公園を思い浮かべさせられる景色が広がります。


雪解け水で川幅が広くなっていますが、なるべく狭いところを探して渡ります。


靴はもちろん脱いで。。


荷物を置いていたので山小屋に一度戻ります。


中はこんなんです。


毛布はありませんがマットレスはあります。


ドアから見える景色。


いい時間になったのでお昼も山小屋のそばで食べていきます。ワインは友達が持ってきてくれました。


昨日越えてきた峠に向かいます。


峠に到着。昨日はここから何も見えませんでした。

後ろを振り返るとこんな感じです。やっぱりヴァノワーズっぽい・・・

花の絨毯です。

駐車場近くには野イチゴがいっぱいでした。

豊作です。

モリエンヌ高速道路を通って帰ります。とってもいい景色です。

エクラン北部、ローヴィテル湖へ

今日は子供たちにとって夏休み最後の日曜日だったので手軽なハイキング先としてエクラン国立公園でも最も近くてリヨンから2時間弱で行けて標高の低いローヴィテル湖を行先に選びました。駐車場からの高低差が500メートル程度と小さな子供でも歩けるのでファミリーコースとして人気があります。

国立公園のボーダーラインにある看板。禁止事項やそれに対する罰金などが書かれています。

歩き始めたばかりですが既に日差しがきついです

ローヴィテル湖(1505m)に到着

昼食後、ヴァロン峠に向けて出発

ローヴィテル湖がどんどん遠ざかります

迷子の羊…エクランは羊の放牧が盛んです

奥には有名なスキー場、Les Deux Alpesが望めます

マルモット

ヴァロン峠(2540m)に到着。眼下にはミュゼル湖が。ローヴィテル湖から一気に2時間10分で登りました^^;

ミュゼル氷河


帰り道


出発点の村の水くみ場でおいしい水を汲んで帰ります

ベルドンヌ第一弾(中部、6月上旬)

ブログを始めたのは昨日ですが、1年ちょっと分の山歩きの写真が溜まっているので順序はめちゃくちゃになりますが少しずつ更新していきたいと思います。


Massif de Belledonne(ベルドンヌ山塊)は日本ではもちろん、フランスでも全国的に有名な山地ではありませんが、わたしの住むリヨンからでも近い辺りだと1時間40分くらいでハイキングの出発地点に行くことができるため、よく行く方面になっています。野性的な雰囲気があり近いのに遠くに来たようなお得感があります。


6、7月で3回いずれも1泊で出かけました。これは6月上旬の第一弾です。
仕事が終わった後の平日の午後に出発、スタート地点に着いたのは18時ごろ。


出発点近くの橋。天気悪いです。


めっちゃ雨降ってきました。助けて〜


もう一つ先の無人山小屋(避難小屋)に泊まるつもりだったのですが、雨が全然止まないので1542メートルの地点にあるこちらの小屋で1泊することにします。


とても新しくてきれいです。


屋根裏も避難小屋としてはとっても清潔。


雨も止んできました。明日は晴れの予報です。


翌朝。小屋の前の水場。


さっさと朝ごはんを食べて6時には歩き始めました。


泊まるつもりだった1779mの地点にある避難小屋


小屋の中から。
標高が上がった分だけ視界が開けています。


奥にうっすら見えるのはシャルトルーズ山塊。


右下に見えるのがここら辺での3つ目の避難山小屋、他の二つに比べてずっと小さくふたりくらいしか泊まれません。ここから左側に曲がります。


川の上流に向かって歩いて行きます。初夏は雪どけ水で川の勢いがすごいです。


雪解けの季節に見られるソルダネル(イワカガミダマシ)。


8時23分。
Rocher d'Arguille(2885m、右)と Pic de la Grande Valloire(2887m)。


4つあるうちのひとつ、Lac Blanc(2124m)
ひとりだったので、シャレーの廃墟みたいな石垣に携帯を乗せて撮りました。


Lac Blancの横のちっちゃいおまけの湖。


ちょっと高いところから見てみます。


もうひとつの湖、Lac de la Folle(2150m)がすぐ近くに。


近くで見るために下りてみます。


きれい、というよりおいしそう?フローズンなんとかみたいです。


サクラソウ。


帰り道。


リヨンへの帰り道、グルノーブルの幹線道路が工事か事故かで死ぬほど混んでたので珍しく町中を抜けてみました。グルノーブル名物のロープウェイが丁度通りかかりました。